« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

聴いてない 第292回 ファルコ

80年代洋楽の沼をさまよいながら、ふと思い出したファルコ。
日本では「Rock Me Amadeus」だけの一発屋的な扱いだと思うが、実は本国オーストリアでは想像を超える大スターだった。
わりと早くに亡くなったことはうっすら知っていたが、調べたら40歳という若さでこの世を去っていた。

ファルコは意外に聴いてるほうで、最大のヒット曲「Rock Me Amadeus」以外に「Vienna Calling」「The Sound of Musik」も聴いている。
確か3曲とも柏村武昭プレゼンツではなく、「クロスオーバー・イレブン」でエアチェックしたと思う。
アルバムは聴いてないので、聴いてない度は3。

「Rock Me Amadeus」がヒットしてた頃、FMステーションにもこの曲の記事が載っていた。
短髪にサングラス姿の顔写真もあり、グラハム・ボネットに似てると思った記憶がある。
しかし以降ファルコに関する情報を得ることはなく、3曲を聴いてそれっきり。
死亡したことを知ったのはずいぶん後である。(ネットで知った)

ファルコの短く儚い生涯を調査してみた。

本名ヨハン・ハンス・ヘルツェル、1957年2月19日オーストリアの首都ウィーンに生まれた。
幼い頃に両親は離婚し、母親に育てられる。

ヨハン少年は非常に早く音楽に目覚める。
4歳でピアノを始め、5歳ですでにエルビス・プレスリーやクリフ・リチャードやビートルズのレコードを聴いていた。

母親はクラシック音楽をやらせたかったらしいが、ヨハン本人はあんましマジメな学生でもなく、16歳で現在のウィーン市立音楽芸術大学に入学するもすぐに退学する。
17歳でオーストリア軍の兵役に徴用されるが、1年もたず除隊。

その後ウィーンのアングラなクラブなどで歌うようになり、芸名ファルコを名乗る。
ファルコという名は、東ドイツのアルペンスキー選手のファルコ・ヴァイスフロクから拝借したとのこと。

81年にデビューし、ドイツ語で歌った「Der Kommissar(秘密警察)」がヨーロッパでヒットする。
この曲はアフター・ザ・ファイアーというバンドが英語でカバーし、アメリカではチャート5位を記録した。

82年にデビューアルバム「Einzelhaft」をリリース。
続くセカンドアルバム「Junge Roemer(若きローマ人たち)」は、本国オーストリアでは1位を獲得したが、他の国では前作ほど売れなかった。

この後ファルコの運命を大きく変える曲が登場する。
ファルコはアカデミー賞を受賞した映画「アマデウス」に触発されて作った「Rock Me Amadeus」を85年に発表。
すると本人も驚く世界的なヒットに発展する。
・アメリカ、イギリス、日本を含む十数カ国で1位を獲得
・ビルボードホット100で3週間首位を維持
・ビルボードR&Bトップシングルチャートで6位を記録
・アルバム「Falco 3」はビルボードのアルバムチャートで3位を記録
・「Falco 3」はトップR&B/ヒップホップアルバムチャートでも18位を記録

実績数字としてもすごい記録だが、ヨーロッパ出身の白人アーティストが英語とドイツ語を駆使してモーツァルトの生涯をラップで歌ったという非常に珍しい曲の世界的ヒットでもあった。

続くシングル「Vienna Calling(ウィーン・コーリング)」も世界中で大ヒット。
ビルボードチャートで18位、キャッシュボックスチャートで17位を獲得した。
86年には来日公演も行われている。

同年アルバム「Emotional」をリリース。
シングル「The Sound of Musik」はアメリカのダンスチャートでトップ20に入るヒットとなった。
しかしアルバムはオーストリアと西ドイツで1位を獲得したものの、イギリスとアメリカでは記録に残る実績はない。
発表すらされなかったということだろうか?

「Rock Me Amadeus」成功後、アメリカの音楽関係者と本格的に仕事をする話もあったようだが、アメリカ側はファルコのヒットを冷ややかに見ていたようで、「オーストリア人がドイツ語でモーツァルトをラップで歌ったらたまたま珍しくて当たっただけ」という辛辣な評価もあったらしい。
またファルコはこの大事な時期にアルコールやドラッグ中毒にもなっていたそうで、それもアメリカの関係者からは敬遠されたようだ。

アメリカで話題にならなくなったファルコは、当然日本でも名前や曲を聞くことはほとんどなくなった。
88年にアルバム「Wiener Blut(ウィーンの血)」を発表したが、やはりオーストリアと西ドイツ以外ではあまり評判にならなかった。

90年にアルバム「Data de Groove」をリリースするが、本国でも最高5位どまりで1位を獲得できずに終わる。
92年のアルバム「Nachtflug(夜間飛行)」はオーストリアで再び1位となるが、ドイツでは73位と低迷した。

そして再起をかけた次作「Out of the Dark (Into the Light)」が、最後のスタジオアルバムとなる。
98年2月6日、ドミニカ共和国内の高速道路でファルコの運転するパジェロと大型バスが衝突し、重傷を負ったファルコは病院で死亡。
亡くなったことを知ったのもかなり後だが、死因が交通事故だったことを今回初めて知った。
当時の日本ではファルコ死亡のニュースはどれくらい報道されたのだろうか・・

死亡から3週間後に「Out of the Dark」がヨーロッパで発売され、オーストリアでは21週にわたってチャート1位を記録した。
さらに99年には生前録音した未発表曲を収録したアルバム「Verdammt wir leben noch」がリリースされた。
タイトルの意味は「ちくしょう、俺達はまだ生きているんだ」とのこと。

2000年にはベルリンでミュージカル「Falco meets Amadeus」が初上演され、その後もドイツ語圏各地で上演されている。
2008年には没後10年を記念して製作された伝記映画「Falco - Verdammt wir leben noch!」が製作され、オーストリア、ドイツ、チェコで公開された。
(日本では未公開だがDVDで発売された)

ファルコの生涯と作品は以上だが、他にも本国やドイツではスターであることを証明するエピソードがネット上で見つかる。
ファルコの友人である元F1レーサーのニキ・ラウダは、ファルコの死を悼んで経営するラウダ航空の飛行機に「ファルコ」と命名している。
またウィーン郊外にあるレストラン「マーチフェルダーホフ」では、今なおファルコ専用の予約テーブルが用意されているそうだ。

「Rock Me Amadeus」はサウンドやボーカルに様々なアレンジが加えられていて、ラップというよりダンスやディスコやDJのような曲だと認識していた。
タイトルを連呼するのが女性の声なので、最初はグループかと思った記憶がある。

自分が録音した「Rock Me Amadeus」はかなり長く、8分くらいあったと思う。
標準版シングルは3分半くらいなので、たぶんロングバージョンである。
当時の「クロスオーバー・イレブン」は、こうしたヒット曲の長いバージョンを好んでオンエアしていたのだ。
今思うとそれほど長さを感じず、わりと面白い音なので飽きずに聴いていた。

「Vienna Calling」「The Sound of Musik」も路線は似たような感じだ。
このサウンドや楽曲を苦手と思ったことはないが、アルバムを聴いてみようという意欲は起こらなかった。
自分の中ではと同じような位置づけである。
生声でゆったりボーカルを聞かせたり、アコースティックなサウンドに乗せて歌う曲なんてのはあるんだろうか?

というわけで、ファルコ。
今から聴くなら当然「Rock Me Amadeus」収録の「Falco 3」でしょうね。
日本ではデビュー当時から知ってたりアルバムを全部聴いたりといった方はあまりいないんじゃないかと思いますが、「Falco 3」以外でもおすすめのアルバムがあればご紹介いただけたらと思います。

| | | コメント (2)

聴いてない 第291回 W.A.S.P.

前回のラットに続くLAメタル聴いてないシリーズ、今日はW.A.S.P.。
カタカナでワスプと書くとなんかイメージが少し違う気がするので、一応英字表記にします。
なおピリオド付きのW.A.S.P.が正式な表記とのこと。
「今までピリオドを使ったバンドはなかった!」と彼らはドヤ顔で豪語したらしいが、実はW.A.S.P.よりも早くR.E.M.がデビューしているのだった。

そんな傲慢なW.A.S.P.。
1曲も聴いてない・・と思っていたが、92年の「Hold on to My Heart」を聴いていたことが判明。
FMエアチェックではなく、MTVの音声をテープに録音している。
聴いてない度は2。

前回ラットの評価が「メタルの暗く汚いイメージを覆したバンド」だったと書いたが、W.A.S.P.はむしろメタルの暗く汚いイメージを押し通したバンドらしい。
ではW.A.S.P.の暗く汚い歴史を学習開始。

W.A.S.P.はラットよりも少し後の82年頃に結成。
源流は、ブラッキー・ローレスとランディ・パイパーを中心としたサーカス・サーカスというバンド。
ちなみにブラッキーはモトリー・クルー結成前のニッキー・シックスとバンドを組んでいたこともあるそうだ。
サーカス解散後、ブラッキーとランディはリック・フォックスとトニー・リチャーズの2人を誘いW.A.S.P.を結成。
W.A.S.P.は観客に生肉を投げつけたり半裸のモデルをステージ上で拷問道具に縛りつけたりといった野蛮で下品なパフォーマンスで知られていった。

84年にデビューアルバム「W.A.S.P.(邦題:魔人伝)」発表。
ファーストシングル「Animal (Fuck Like a Beast)」は、タイトルや歌詞が下品という理由で、アメリカでは大手レコード店での販売禁止を防ぐためにアルバムから省かれたそうだ。
全米チャート74位という実績だったが、キッスのツアーで前座を務めたりサバスのツアーでサポートを行うなど、実力を認められた。
しかしアルバム発表後にドラムのトニー・リチャーズが脱退し、スティーブン・ライリーが加入する。

85年11月に2枚目のアルバム「The Last Command」をリリース。
直後にランディ・パイパーが脱退し、後任としてジョニー・ロッドが参加する。
W.A.S.P.もスタートからメンバーがいまいち定着しないバンドのようだ。
ジョニーが加わったため、ブラッキーはリズムギターに戻ったところ、これがあまり歓迎されなかったらしく、コンサートホールに爆破予告が届いたり、メンバーは殺害予告を受けたりした。
さらにブラッキー本人は2度にわたり銃撃もされる事態となった。
幸い弾丸が命中することはなかったそうだが。
怖い・・・

89年に4枚目のアルバム「The Headless Children」をリリース。
このアルバムでは、ドラムを元クワイエット・ライオットのフランキー・バナリが担当。
ザ・フーの「The Real Me」のカバーを収録している。
全米48位・全英8位を記録し、現在ではバンド史上最も売れた作品とされている。

しかしアルバム発表直後に今度はオリジナルメンバーだったクリス・ホルムスが「妻のリタ・フォードと人生を楽しみたい」というカッコいいのか悪いのかわかんない理由で脱退。
バンドは事実上の解散状態となり、ブラッキーはソロ活動を開始。

92年6月、ブラッキーが作ったコンセプトアルバム「The Crimson Idol」は、レコード会社のアドバイス(圧力と書いてるサイトもあり)により、W.A.S.P.の作品としてリリースされた。
このアルバムに自分が聴いた「Hold on to My Heart」が収録されている。
ブラッキー本人はバンド名義で発表することに不満だったらしいが、ファンからは最高のコンセプトアルバムとして高く評価されているそうだ。

続く95年の6枚目アルバム「Still Not Black Enough」も、前作の世界観を拡張したダークで内省的な曲のコレクションとなった。
ブラッキーが自身の感情について直接語りかけた歌詞は、社会から追放された不適格者、名声と圧力、愛の探求といった暗い内容が多いとのこと。
なおこのアルバムではジェファーソン・エアプレインの「あなただけを」とクイーンの「Tie Your Mother Down」をカバーしている。

この後バンドはクリス・ホームズの出入りに振り回される。
96年にクリスはW.A.S.P.に復帰。
バンドはアルバム「Kill.Fuck.Die」「Helldorado」をリリースした。
さらに2001年にはアルバム「Unholy Terror」を発表。
順調かに見えたW.A.S.P.だったが、発表直後にクリスが今度は「ブルースをやりたい」と言い出し(本当?)バンドを脱退。

クリスの勝手な行動にブラッキーもあきれたようだが、バンドは解散せず2002年にはアルバム「Dying for the World」を発表。
このアルバムは前年起きた9.11同時多発テロを受けて作られ、作曲からレコーディングまで1年かからずにリリースされている。

2004年には再びコンセプトアルバム「The Neon God: Part 1 - The Rise」「The Neon God: Part 2 - The Demise」を発表。
虐待され孤児となった少年が、人の心を読み操る能力があることを発見するという内容で、2部構成となっている。

2006年に入るとバンドはまたも不安定になる。
ドラマーのステット・ホーランドがまず脱退。
さらにギターのダレル・ロバーツも脱退。
翌2007年にギターのダグ・ブレアーが復帰し、ドラムのマイク・デュプキーが加入する。

本来2006年10月にリリースされる予定だったアルバム「Dominator」は、メンバー交代の混乱もあって2007年4月まで延期され、なんとかメンバーが落ち着いたところでようやく発表となった。

2007年10月、W.A.S.P.はアルバム「The Crimson Idol」の発売15周年を記念して、ギリシャからツアーを開始した。
バンドの最高傑作とされるこのアルバムの10曲が、最初から最後まで忠実に演奏されたのは初めてのことだった。
2009年14枚目のスタジオアルバム「Babylon」を発表。
ここではパープルの「Burn」をカバー。

15枚目のアルバム「Golgotha(ゴルゴダの丘)」は4年の歳月をかけて作られ、2015年10月リリースされた。
アルバムはなんと26年ぶりに全米トップ100入り(でも93位・・・)を果たす。

2018年にはアルバム「The Crimson Idol」の発売25周年を記念した再録音集「Re-Idolized (The Soundtrack To The Crimson Idol)」を発表。
定期的に記念イベントが行われる「The Crimson Idol」は、やはりバンドとしても重要な作品なのだろう。

2020年8月20日、ドラマーのフランキー・バネリが膵臓癌で死亡。

いろいろあったW.A.S.P.だが、現在も活動中。
2021年10月から12月にかけて北米ツアーを行い、なんとマイケル・シェンカーのサポートも受けたステージもあったそうだ。
何かと後輩芸人から頼りにされるマイケル・シェンカー。
・・・ちゃんと会場には来たの?マイケル。
来年には結成40周年を記念したワールド・ツアーも予定されているとのこと。

以上がW.A.S.P.の野蛮で破天荒な沿革と概要。
知ってた話は今日もなし。

総合すると、下品で粗暴なステージと、緻密でストーリー性重視のコンセプトアルバム、という相反するような特徴を合わせ持つバンドということになる。
それぞれの特徴は同時進行というより少しずつ制作志向に移行していったようだ。
最初は凶暴で野蛮なパフォーマンスで注目され、徐々に作品作りに凝るようになっていった、という感じだろうか。
こうした成長過程はなんとなくストーンズを思わせる。(知ったかぶり)
あと結構カバーが好きで、特にイギリスのアーチストの名曲を採り入れているのも興味深い。

前回ラットがグランジの波で粉砕されたと書いたが、W.A.S.P.の歴史を説くサイトには、グランジの影響を受けたとはほとんど書かれていない。
商業的にダメージゼロではなかっただろうが、92年の「The Crimson Idol」はむしろメタル界の名コンセプトアルバムとして高く評価されている。
狙ったかどうかは不明だが、ブラッキー・ローレスの作り出した「社会の型枠にはめられてもがく若者」というテーマが、グランジの持つ内省的な怒りや不満といった感覚に近かったため、当時のナウい欧米ヤングの共感を得た、という説があるようだ。

なので「LAメタル=グランジにより粉砕」という図式は、W.A.S.P.においてはあんまし当てはまらないことになる。
W.A.S.P.の持つ暗さが幸運?にもグランジの波に多少共鳴することができた、ということだろうか。

バンド名のW.A.S.P.は、一般的な意味は「ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント」というアメリカ建国当時の移民の子孫たちで、今もアメリカ社会では主流・支配層を占めることの多いグループを指す。
たぶんメンバーもみんなそこに属しているからだとは思うが、あまり強調すると傲慢でイヤミで問題もあるからだろうか、ブラッキー・ローレスも明確な回答はしていないようだ。
またwaspという単語には「ハチ・怒りっぽい人」という意味もあり、そこからヒントを得たというこじつけっぽい話もあるらしい。

唯一聴いている「Hold on to My Heart」は、アコースティックなサウンドでゆったり進行するバラード。
粗暴な部分は一切なく、ハードロックやメタルの人たちがたまに作るバラードそのものである。
壮大で崇高なイメージは非常によかったが、残念なことに他の曲を聴く機会や意欲はなかった。
この曲しか聴いてないので、W.A.S.P.の本質的な魅力は結局全然知らないままである。

というわけで、W.A.S.P.。
聴くならまずは最高実績の「The Headless Children」か、最高傑作の「The Crimson Idol」だと思いますが、他におすすめのアルバムがありましたら、教えていただけたらと思います。

 

| | | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »