« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

聴いてない 第287回 スライ&ザ・ファミリー・ストーン

たとえば。
ぷく先輩やカナさんやモンスリー師匠やゲッツさんという列強の洋楽論客とともに世界の山ちゃんあたりで音楽談義に興じたとしよう。
レベルの高い話題に適当に相づちを打ちながら聞いていて、もし「やっぱスライは暴動だよ」「いやいやフレッシュでしょう」などといった展開になったら?
もはや相づちすら打てず、ひたすらメニューをながめて「次何を頼もうかな」と熱心に選んでいるフリをするしかない。
そんなバンド。
以上です。

・・・世界のスライに対してあまりにも雑な扱いで申し訳ないけど、自分の偏差値はこんなもんです。
聴いてないのはもちろん、そもそもよく知らない。
スライさんという人がやってるバンド、という低次元な認識はあるが、それ以上のことは何もわからない。
まあそんなのはスライに限らないけど。
スライ&ロビーというユニットも名前だけ知っていたが、実はこれも同じスライさんがやってるユニットだと思っていた。
・・・すいません、このスライさんはスライ・ストーンに憧れてスライを名乗ってる別の人(スライ・ダンバー)なんですね。
プリティ長嶋みたいなもんかな。(ずいぶん違う)

前置き長くなりましたが、スライ聴いてません。
ロックの長い歴史の中で非常に重要な存在であることはおぼろげに認識してはいるけど、1曲も知らない。
聴いてない度も1。
ただし「暴動」「Fresh」のジャケットだけはなぜか見覚えがある。

このままでは世界の山ちゃんに集合してもメニューを見るだけの時間が過ぎゆくだけなので、スライ&ザ・ファミリー・ストーンについて召集令状が来る前に学習することにした。

スライ・ストーンことシルヴェスター・スチュアートは、1943年テキサス州ダラスに生まれた。
父は教会の助祭としてギターを弾き、母はゴスペル・グループで歌うという音楽一家で5人兄弟の長男として育つ。
9歳でカリフォルニアに移住した後、1952年に弟妹たちと共に「スチュアート・フォー」というコーラスグループを結成。
さらに16歳でソロデビューして「Long Time Away」という曲でヒットを飛ばす。

なお「スライ」とは、シルヴェスターが小学生の頃に友だちがSylvesterのスペルをSlyvester=スライベスターと間違えたことがきっかけでついたあだ名とのこと。
スライ少年はその後ギターを演奏するようになり、高校時代には複数のバンドに参加。
人気が出てそのままプロに・・と思ったら、卒業後の仕事はカリフォルニアのラジオDJや、小さなレコード会社のプロデューサーだったそうだ。
実績としてはボビー・フリーマンやビリー・プレストン、またグレース・スリックが在籍していたザ・グレイト・ソサエティというバンドをプロデュースしている。

やがて裏方の仕事よりも自身がステージに立ちたいと考え、シングル数枚を発表するがあまり売れなかった。
66年には高校でバンドを組んでいたシンシア・ロビンソンと共にスライ&ザ・ストナーズを結成。
翌67年には弟のバンドと合体してスライ&ザ・ファミリー・ストーンが誕生する。
メンバーは以下の7人。
・スライ・ストーン(Vo・K)
・フレディ・ストーン(Vo・G):スライの弟
・ローズ・ストーン(Vo・K):スライの妹(ロージー)
・シンシア・ロビンソン(Vo・Trumpet):スライの高校時代の友人
・ラリー・グラハム(Vo・B):シンシアの親戚
・ジェリー・マルティーニ(Sax)
・グレッグ・エリコ(D)

スライからラリーまでが黒人、ジェリーとグレッグは白人という男女人種混合バンドである。

67年にアルバム「A Whole New Thing(新しい世界)」でデビュー。
シングル「Dance To The Music」はビルボードのポップチャートで8位、R&Bチャートでは9位のヒットとなる。

69年のシングル「Everyday People」で全米1位を獲得。
8月にはあのウッドストック・フェスティバルに出演し、10曲も演奏した。
アルバム「Stand!」も売り上げ300万枚以上となり、「Hot Fun in the Summertime」「Thank You」「Everybody Is a Star」のシングル3曲をチャートの上位に送り込んだ。
デビュー3年目にして歴史に名を残す快挙を成し遂げたことになる。

しかし。
成功の陰でスライは麻薬や周囲からの圧力などで大きなダメージを負っていた。
レコード会社からの売り上げ伸ばせ圧力も当然あったが、スライを最も苦しめたのはバンド内外の圧力だった。
当時バンド周辺にはブラックパンサー党などの黒人解放運動家たちが存在し、バンドの音楽性に口出ししたり白人メンバーを追い出すようスライに迫ったりしていたそうだ。
この圧力はファミリー・ストーンのメンバーたちとの仲にも影響し、バンド内にも摩擦が生じるようになる。

そんな圧力と混乱の中でもアルバム「There's a Riot Goin' On(暴動)」は発表された。
レコーディングにあたって、ファミリー・ストーンのメンバーがスライといっしょに演奏することを拒むほど、バンド内の亀裂は大きくなっていた。
仕方なくスライは大半の曲でボーカルや楽器を一人で録音し、メンバーの演奏のほとんどはオーバーダビングで録音された。
こんな異常事態の中作られた「暴動」だが、人気は非常に高く、今もファンクの名盤として評価されている。

71年にはグレッグ・エリコが脱退し、翌72年にはラリー・グラハムも解雇され、メンバーチェンジが相次ぐ。
ただバンドの人間関係悪化は作品の質や人気にはあまり影響がなく、73年のアルバム「Fresh(輪廻)」とシングル「If You Want Me to Stay」も高い評価を得た。
この「Fresh」のドロップキックジャケットはやはり強烈で、80年代の貸しレコード屋や音楽雑誌でも何度も目にしている。(目にしただけ)

74年にアルバム「Small Talk」をリリース。
メンバーの出番は少なく、実質スライのソロという見方もあるそうだ。
この頃にはスライの状態は心身ともにさらに悪化しており、ライブでもドタキャンを繰り返すようになっていた。
また麻薬や銃の不法所持、脅迫などで何度も警察に逮捕されている。
こうしてスライ・ストーンのイメージはどんどん悪化。
ファンやレコード会社やプロモーターからも見放されるようになり、75年1月のラジオシティ・ミュージックホールでの公演は席が1/8しか埋まらず大失敗に終わる。
これがスライ&ザ・ファミリー・ストーンの事実上の解散につながる最後の公演となってしまった。

バンド解散後スライ・ストーンはすぐ停滞したわけではなく、ソロアルバムを4枚も発表している。
残念ながら評価も成績もバンド全盛期には遠く及ばず、以降ボビー・ウーマックやアース・ウィンド&ファイアーの作品に参加したり、ジョージ・クリントンとの共演もあったが、話題になることはあまりなかった。
この後スライはほぼ隠居状態となる。

93年にスライ&ザ・ファミリー・ストーンがロックの殿堂入りを果たし、セレモニー会場にメンバーが久しぶりにそろって登場。
だがメンバーとの活動が復活するようなこともなく、スライは再び隠居。
後にドキュメンタリー映画「Coming Back For More」で明らかになるが、スライはこの頃マネージャーのジェリー・ゴールドスタインとの契約を無視されて収入がなくなり、生活保護や慈善団体の寄付で暮らしていたそうだ。
その10年後、ザ・ファミリー・ストーンのメンバー6人が新しいアルバム録音のためスライにも参加を呼びかけたが、スライはこれを拒否。
かつての輝きを失い生活にも困るほどの落ちぶれた姿を、昔の仲間には見せたくなかったのだろうか。

事態が少しずつ動き出すのは2005年頃から。
2005年7月、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの曲をカバーやサンプリングして作られたトリビュートアルバムが発表される。
2006年度グラミー賞授賞式の会場に、このアルバム参加者が集まってスライの曲を演奏したが、この時スライ本人も登場。
ザ・ファミリー・ストーンのメンバーと共に久しぶりに演奏した。

この共演がきっかけで、バンドは翌年からヨーロッパ各地のジャズ・フェスティバルに少しずつ参加するようになる。
2008年には東京で奇跡の初来日公演が行われた。

2010年には前述のドキュメンタリー映画「Coming Back For More」が公開される。
映画ではスライがマイケル・ジャクソンに提供するための曲を作っていたことも明らかにされている。

2011年に周囲の支援を受けて、元マネージャーのジェリー・ゴールドスタインを詐欺や契約不履行などで提訴し、5000万ドルの損害賠償を請求。
(500万ドルと書いてるサイトもあり。10倍違うんですけど・・?)
ゴールドスタイン側も名誉毀損でスライを訴えるという訴訟合戦に発展した。
この混乱の中でもスライはアルバム「I'm Back! Family & Friends」を果敢にリリース。
訴訟費用と浪費で再び生活に困窮し、一時期トレーラーハウスで暮らすなど波乱は続いたが、2015年に裁判には勝訴した。

以上がスライ・ストーンおよびザ・ファミリー・ストーンの華麗かつ波乱に満ちた名勝負数え歌である。
知ってた話はもちろんゼロ。
なお学習にあたり、いくつかのヒット曲もYou Tubeで見てみたが、やはり聴いたことのある曲はなかった。

80年代にほぼ隠居してたという点が、聴いてない最大の理由。
FMでスライ&ザ・ファミリー・ストーンの曲を録音どころか聴けたことも一度もない。
自分にとっての洋楽三大講師である柏村武昭・小林克也・東郷かおる子からも、スライ関連情報を一度も受け取ったことがない。(うるさいよ)

ファンクというジャンルを確立させたミュージシャンとして、ジェームス・ブラウンという大御所もいるが、ファンの人たちから見ると「パワフルなJB、クールでロックなスライ」というイメージがあるそうだ。
この言葉どおりであるならば、自分にとって聴けそうなのはスライのほうではないかという気が(わずかに)する。
気がするだけで玉砕・無定着も十分あり得ますが・・・

というわけで、スライ&ザ・ファミリー・ストーン。
自分みたいな万年素人が手を出して平気な音楽なのかすらわかりませんけど、もし聴くとしたらやはり名盤「暴動」「Fresh」ははずせないでしょうか。(小声)
他のアルバムも含め、おすすめの作品を教えていただけたらと思います。

| | | コメント (7)

聴いてない 第286回 ワン・チャン

すっかり一般に普及して意味も運用も変わってしまった言葉として「テンパってる」「ワンチャン」があります。
どちらも元々は麻雀用語で、「テンパってる」はあと1枚で上がりの状態(=聴牌)なので良いことのはずが、普及したとたんに「余裕のない・切羽詰まってる・相当ヤバい」といった危険な状況を示す言葉に変わってしまいました。
コレ変えたの誰?
15年くらい前に、会社で電話取ったバイトの若い女性から「なんかテンパってる人から電話です」と言われた時は心底驚いたもんです。(遠い目)

一方「ワンチャン」はOne Chanceの略で、終盤で負けが込んできても一発逆転を狙う希望に満ちた言葉だったけど、今は「可能性あり・もしかしたら・案外いける」みたいな幅広い運用が可能なライトな意味合いだそうです。
しかももうナウいヤングな若者の間ではすでに古い言葉らしい・・

そんな郷愁のワンチャンス・・とは全く関係なさそうなバンド、ワン・チャン。
元はハン・チャン(Huang Chung)だったそうだが、やはり半荘とは関係ないようだ。
いずれにしても聴いてません。
86年の「Let's Go!」だけ聴いているので、聴いてない度は2。
そもそもどこの国の何人組バンドなのかも知らない。

そこでワン・チャンについてワンチャン狙いでテンパりながら調査敢行。
だが調べてみたら意外に情報が錯綜していることが発覚。

バンドの源流は77年頃にイギリスで発生。
ニック・フェルドマンはイギリスの音楽雑誌「Melody Maker」にバンドやろうぜ募集の広告を掲載。
それにジェレミー・ライダーが応募し、バド・メリックとポール・ハモンドと共にインテルクタルズというバンドを結成した。

インテルクタルズは1年後に解散したが、ジェレミーとニックは別のメンバー3人と「57Men」を結成。
その後2人が抜けて3人となった時点でバンド名をハン・チャン(Huang Chung=黄忠)とした。

メンバーは以下のみなさんだが、結成当時は全員が芸名を名乗っていた。
・ジャック・ヒューズ(Vo・G・K 本名ジェレミー・ライダー)
・ニック・デスピック(G・K 本名ニック・フェルドマン)
・ダレン・ダーウィン(D 本名ダレン・コスティン)
・ホッグ・ロビンソン(Sax 本名デイヴ・バーナンド 少し遅れて参加)

81年にシングル3曲、82年にアルバム「Huang Chung」、シングル「「Dance Hall Days」を発表したが全然売れず、メンバーは別のプロジェクトでバイトみたいな活動をするなど苦労が続いた。
バンドはこの後レーベルをアリスタからゲフィン・レコードに変更。
デイヴ・バーナンドは売れないバンドあるあるな「音楽的な違い」を理由に脱退した。

バンドに転機が訪れたのは83年である。
まずゲフィン・レコードの提案で、バンド名をワン・チャン (Wang Chung) とした。
イギリス人にはハン・チャンよりも発音しやすいからという理由だそうです。

さらに84年にセカンド・アルバム「Points on the Curve」を発表。
シングル「Don't Let Go」が全米38位、再録した「Dance Hall Days」は全米16位・全英21位まで上昇。
これでゲフィンに認められたワン・チャンは、ロマンティックスやベルリンと共にアメリカでのツアーを行い、カーズの「ハートビート・シティ」ツアーでオープニング・アクトも務めることができた。

しかしツアー後にドラムのダレンが脱退。
通常ここまでメンバー脱退が続くとバンドとしては維持不能で解散・・という展開が大半だが、ワン・チャンのサクセスストーリーはむしろここからであった。

ワン・チャンは85年に映画「To Live and Die in L.A.」のサントラ盤を制作。
このサウンドトラックはそのままワン・チャンの3枚目のアルバムとなり、アメリカのビルボードチャートのサウンドトラック部門でトップ10入りを果たす。

さらに翌年シングル「Everybody Have Fun Tonight」が全米2位、「Let's Go!」は9位 「Hypnotize Me」は36位を記録し、4枚目のアルバム「Mosaic」もバンド最大のヒットとなった。
87年夏のアメリカ公演では、ティナ・ターナーのワールド・ツアーのオープニング・アクトを務めた。

しかしワン・チャンが順調だったのは残念ながらここまで。
89年に5枚目のアルバム「The Warmer Side of Cool」を発表するが、シングル「Praying to a New God」は全米63位止まりで、アルバムも商業的には失敗。
ジャックとニックはそれぞれ他のプロジェクトに参加するようになり、ワン・チャンは90年に事実上の解散をする。

ニック・フェルドマンはカルチャー・クラブのジョン・モスと一緒にプロミセッド・ランドというユニットを結成し、92年にアルバムもリリースしている。
一方ジャック・ヒューズは90年の「ガーディアン」を含む様々な映画のサウンドトラック制作に参加した。
またジャックは95年ジェネシスのトニー・バンクスと組んで「Strictly Inc」という名でセルフタイトル・アルバムを発表している。

ワン・チャン再結成は意外に早く、97年に新曲「Space Junk」も収録されたベスト盤発表を機に復活。
ただし2000年代はスポット的に他のバンドとツアーに参加する程度の活動だった。
ワン・チャンはABCやベルリン、カッティング・クルー、ミッシング・パーソンズといった懐かしの面々と共に2009年6月から行われた「リジェネレーション'80sツアー」に参加している。

2010年にワン・チャンは過去のヒット曲の再録音4曲と新曲4曲を収録したダブルEPをリリースし、プロモーションのためアメリカツアーも行った。
また同じ年にはビートルズの「Rain」をウクレレでアレンジして発表する。

2012年12月には23年ぶりのスタジオアルバム「Tazer Up!」をリリース。
2013年にはダレン・コスティンも参加して一回限りのパフォーマンスを行った。

2016年にジャック・ヒューズが脱退し、カッティング・クルーのガレス・モールトンをボーカルに迎えてライブを開始するが、ジャックは翌年復帰。
なんかワン・チャンて解散や脱退からの復帰が早いスね。
2019年にはプラハ・フィルハーモニー管弦楽団と共に「Orchesography」と題したベストアルバムをリリースしている。

ワン・チャンの来歴は以上だが、毎度のことながら全然知らない話ばかりだった。
最大のヒット曲「Everybody Have Fun Tonight」のPVをYou Tubeで見たが、やはり聴いたことはない曲だった。
ただサウンドは80年代そのものであり、「Let's Go!」と雰囲気は近いと感じる。

さてワン・チャンを調べている間に、バンド以上に(失礼)興味を持ったのがプロデューサー情報の錯綜であった。
84年頃にドラムのダレンが脱退するが、プロデューサーであるピーター・ウルフを新しいドラマーとして採用し、ワン・チャンは新曲の録音を続けた・・とある。
ただしピーターはバンドの公式メンバーとはならなかったそうだが。
このピーターさんに関する情報が、書いてあるサイトによって異なるのだ。

1 スターシップの「We Built This City」を手掛けた辣腕プロデューサー
2 J.ガイルズ・バンドのボーカル

ピーター・ウルフと言えば大半の洋楽ファンは2を思い浮かべるだろう。
自分も「あのピーター・ウルフがワン・チャンのプロデュースを?」「そもそもスターシップの大ヒット曲もピーター・ウルフがプロデューサーだったの?」と非常に驚いた。

だが。
よく調べてみたら、1と2のピーター・ウルフは別人であることが判明。
正しくは、ワン・チャンのプロデューサーは1のピーター・ウルフである。
サイトによっては「J.ガイルズ・バンドのボーカル、ピーター・ウルフをプロデューサーに起用し・・」などと書ききっており、別人情報を混同してしまっている。
まあワン・チャン活躍当時はネットも普及してなかったし、きっと日本の雑誌にもそんな誤情報が堂々と書かれていたんだろう。
自分も深掘りしていなければそのままこの記事に誤情報を引き写して炎上していたはずである。(炎上はしないよ)

ということで、ワン・チャン。
日本での人気や知名度もさっぱりわかりませんし、CDが入手できるかどうかも不明ですが、聴くなら当然最大のヒット作「Mosaic」ですよね?
これも含め、おすすめのアルバムや深掘り情報があれば教えていただければと思います。

| | | コメント (2)

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »