« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

聴いてみた 第171回 ビートルズ その2

洋楽を聴くようになったきっかけはビートルズ、という中高年は非常に多いと思うが、自分もそうである。
以来40年以上にわたってシングルからアルバムから再結成やら企画盤やら書籍雑誌から懐かしの映像まで様々鑑賞してきた。
もうええかげん聴いてない曲も公式アルバムもないやろとふんぞりかえっていたが、先日曲目をながめていて、どうも脳内再生できない曲が多い・・と寒気を感じたアルバムがあることが発覚した。
「With the Beatles」である。

「聴いてないアルバムなどない」と思い上がっていた自分だが、実はビートルズのLPレコードを買ったことは一度もない。(ダメだろ)
FMで全曲録音した・友人にレコードを借りて録音した・・という極貧鑑賞ばかりである。
公式アルバムの鑑賞履歴を記すと以下のようになる。

・Please Please Me 友人に借りた
・With The Beatles 聴いてない
・A Hard Day's Night 友人に借りた
・Beatles For Sale FMで全曲録音
・Help! 中古CD購入
・Rubber Soul FMで全曲録音
・Revolver 友人に借りた
・Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band FMで全曲録音 その後CD購入
・Magical Mystery Tour 友人に借りた
・The Beatles FMで全曲録音
・Yellow Submarine 友人に借りた
・Abbey Road FMで全曲録音 その後中古CD購入
・Let It Be 友人に借りた その後中古CD購入

「Help!」だけは長いこと聴いてない自覚があって、10年ほど前に中古CDを購入した。(遅い・・)
だが「With The Beatles」は聴いてないことすらきちんと認識していなかった。
アルバムとしてまるごと正しく鑑賞していない・・ことはうっすらわかっていたが、収録曲は「全部どこかでバラバラに聴いてきたはず」と勘違いしていたのだ。

「With The Beatles」の曲目を見ていて「まあ1曲2曲は知らないかも・・」と初めは余裕だったのが、「あれ?これも知らない・・」というのが次々と出てくる。
イヤな汗が出てくるのを感じながら、やはりまともに聴いてないことを自覚。
予定ではジョンリンゴのソロでも鑑賞するかなと思ってたところを(本当か?)、急遽緊急事態としてディスクユニオンで「With The Beatles」を購入した。

With-the-beatles

鑑賞前に概要を斜めに学習。
「With The Beatles」は、デビュー作「Please Please Me」発表からわずか8ヶ月後の1963年11月22日にパーロフォンから発売された。
8曲のオリジナル曲(レノン=マッカートニー作7曲とジョージ作1曲)と、ロックンロールとモータウンR&Bのヒット曲カバー6曲が収録されている。
レコーディングは前作よりも時間をかけて行われ、7月から10月までの3ヶ月間にわたって録音された。
全14曲のうち、イギリスでシングルとして発売されたものはない。
・・・そうなの?知らなかった・・・

当時のLPレコードにはよくあった話だが、本国以外ではタイトルや収録曲が微妙に異なり、アメリカでは「Meet The Beatles!」と「The Beatles’ Second Album」に分割して収録されてリリースされている。
また日本では曲順の違う「ステレオ! これがビートルズ Vol.2」というタイトルのレコードとして66年に販売された。

なので日本ではたやすく聴ける状況になかった・・というわけでもない。
現にその他のアルバムは友人たちが日本盤や輸入盤を入手しており、たまたま自分は聴く機会がなかっただけだ。

若い時に聴けなかったのは残念だが、今気づいてよかったと思う。
手遅れだけど・・
果たして本当に聴いてない曲はいくつあるのだろうか。

・・・・・聴いてみた。

1.It Won't Be Long
2.All I've Got To Do
3.All My Loving
4.Don't Bother Me
5.Little Child
6.Till There Was You
7.Please Mister Postman
8.Roll Over Beethoven
9.Hold Me Tight
10.You Really Gotta Hold On Me
11.I Wanna Be Your Man
12.Devil In Her Heart
13.Not A Second Time
14.Money(That's What I Want)

結論から言うと、1・5・9・12はやはり初めて聴く曲だった。
どこかで聴いたことがある、曲の一部分だけ知っていた、メロディと曲名がやっと一致した・・というレベルではなく、いずれも全く聴いたことがなかった状態。
14曲中4曲も知らなかった・・・(悪寒)

このトシになってまだビートルズの「新曲」を聴けるとは思わなかった。(勝手新曲だけど)
しかも1・5・9はカバーではなく、レノン&マッカートニーのオリジナルである。
FMでエアチェックしたこともなかったので、日本ではオンエアされる機会も少なかったのだろうか?
若い頃の体験って大事ですね。(何言ってんだか)

アルバムを通して聴くと、カバー曲のほうがいいと感じる。
「Till There Was You」「Please Mister Postman」「Roll Over Beethoven」「Money」など、名曲ぞろいだ。
もちろんオリジナル曲「All My Loving」「I Wanna Be Your Man」「Not a Second Time」も名作であることに異論はない。

初めて聴いた曲の中では「It Won't Be Long」がジョンが元気でいいと思う。
やはり初期のビートルズはジョンが牽引していたのは明白である。
「Rubber Soul」までのビートルズでは、ジョンが作って歌いポールとジョージがコーラス、というパターンが、やはり完成度が高くて好きである。

それ以外の「Little Child」「Hold Me Tight」「Devil In Her Heart」はどれもそれほど印象に残らない。
ただ若い時に聴いていれば、評価は全く違っていただろう。
「Little Child」はジョンとポールが時間がなくて急いで作った曲で、初めはリンゴが歌う予定だったらしい。

ジャケットもこれまた有名なハーフシャドウのモノクロ写真。
もちろん見覚えもあるしタイトルとともによく知っている。(聴いてなかったけど)
ロバート・フリーマンという写真家が、ホテルの廊下に椅子を並べて1時間あまりで撮影したもので、4人の誰も笑っていない。
当時のアイドルバンドのレコードジャケットとしては異様だったせいか、EMIはこの写真をジャケットに使用することに難色を示し、ブライアン・エプスタインとジョージ・マーティンが説得してようやく採用されたそうだ。

それにしても。
今さらだが極貧の自分でもよくここまでビートルズを聴いてきたもんだと思う。
FMで全曲オンエアされていたのも貴重ではあったが、やはりでかいのは友人の存在だ。
「Please Please Me」「A Hard Day's Night」「Magical Mystery Tour」「Yellow Submarine」を貸してくれたのは中学の同級生M君。
厳密にはMの所有してたレコードではなく、近所に住んでいたMの親戚のお兄さんのものだった。

当時Mは、お兄さんのアパートに勝手に入って置いてあるレコードを好きに聴いていい、という恵まれた環境にあった。
お兄さんは大学に行っててほとんどアパートにおらず、Mは上記の各アルバムを自分にもどんどん録音させてくれた。
お兄さんのコレクションには公式盤以外の「Beatles No.5!」「Something New」「Yesterday And Today」などもあり、これも全部録音させてもらった。
たまたまその中には「With The Beatles」がなかったのだ。

まあ全部タダで聴かせてくれたMとお兄さんには感謝しかない。
その後Mとはポールの日本公演にいっしょに行く予定だったが、ポール逮捕により公演はマボロシとなり、Mはブツブツ文句を言いながらチケット払い戻しもしてきてくれた。
Mとは別の高校に進学したので、すっかり疎遠になってしまい、今何をしてるのかすらわからない。
もしMに会うことがあったら、「オレ最近やっと「With The Beatles」聴いたんだよ」とバカな報告をすることにしよう・・・

というわけで、「With The Beatles」。
当たり前ですけど、聴いてよかったです。
中身に感動・・よりも、無事聴けたことに対する安堵、というのが正直な心境。
こんな恥ずべき事態をわざわざ世界中に発信してるという、東アジア最大級のスカ記事になりましたが、すでにBLOG全体が18年間同じような調子なんで、どうでもいい話ですけど。
これで本国公式盤は全て制覇した・・ことにしたいと思います。
今後も引き続き4人のソロ作品鑑賞研究に精進いたします。

| | | コメント (8)

聴いてない 第285回 ダム・ヤンキース

聴いてはいないし活動期間も短いけど、知名度はかなり高いであろうダム・ヤンキース。
自分の鑑賞は非常に雑で、アルバム「Don't Tread」はレンタルで聴いたはずだが、「Don't Tread on Me」という曲しかテープには残っていない。
聴いてない度は3のはずだが、実質2である。(どうでもいい)

ダム・ヤンキース、どこのサイトでも「スーパーグループ」と形容されている。
メンバーと出身バンドを見れば確かにそういうことになる。
・ジャック・ブレイズ(元ナイト・レンジャー)
・トミー・ショウ(元スティクス
・テッド・ニュージェント
・マイケル・カーテロン

ナイト・レンジャーもスティクスも80年代はリアルタイムで聴いており、ジャックとトミーの名前も知っていたので、ダム・ヤンキース結成のニュースで驚いたことも覚えている。
テッド・ニュージェントのことはあまりよく知らないが、ハードロックやメタルを学習するとよく目にする名前である。
マイケル・カーテロンは技巧派セッションドラマーとして知られていて、メジャーなキャリアスタートがダム・ヤンキースだったそうだ。
その後アクセプトやジョン・フォガティやフレディ・マーキュリーなどの作品に参加し、現在はレーナード・スキナードに在籍している。

93年頃にテッドがソロ活動に戻り、ダム・ヤンキースは解散したが、解散した時期は明確には知らなかった。
アルバム2枚で解散というのも今回初めて知った。
なのでファーストアルバムを聴けば全盤制覇である。(偉くない)

さて全盤制覇を目指し(棒読み)、事前学習のためいつもの通りウィキペディア日本語版をのぞいてみた。
・・・が、何か変だ。
冒頭にグループの紹介文があるのは当然だが、続く目次のトップが「解散後の動向」ってどういうこと?
ふつうはメンバーの生い立ちとか略歴とか出会いとか結成前後のエピソードなどがあって、活動記録の後におカネや女でモメて解散・・というバンドの歴史が細かく書かれているはずだ。

なのにダム・ヤンキースについては、
  1 解散後の動向
  2 代表曲
  3 メンバー
という目次。
要するに活動期間中の案内が抜けている。
何コレ?
どこからか圧力でもかかったんだろうか・・?

・・・まあウィキペディアはバンドの公式サイトではないし、活動期間の克明な記録を絶対に記載しないといけない規定でもないが、こういうケースは初めて見た。
仕方がないのでウィキペディア英語版を中心に調査続行。

英語版でも結成に関する細かな情報は書いていない。
メンバーはそれぞれ元のバンドの実績伸び悩みを受け、1989年にダム・ヤンキースを結成する。
セルフタイトルのデビューアルバムは、ロン・ネヴィソンのプロデュースにより90年にリリースされ、2004年にダブルプラチナムを獲得した。
このアルバムからジャックのリードシングル「Coming of Age」や、トミーが作曲した「Come Again」、ジャック・トミー・テッドの共作「High Enough」のヒットが生まれた。
なお「High Enough」はリーバイスのCMで使用されたそうだ。

デビューアルバムリリース後、バンドは18ヶ月に及ぶワールドツアーを行い、バッド・カンパニーやポイズンなどと共演。
アメリカでのツアーは湾岸戦争と重なり、バンドはアメリカの国旗を広げて愛国心を強調した。
ちなみにテッド・ニュージェントはアメリカ音楽界きっての保守派として知られ、その右傾化思想からか度々問題発言で物議を醸すお騒がせ芸能人とのこと。

92年に2作目で結果的に現時点でラストアルバムでもある「Don't Tread」を発表。
前作ほどは売れなかったものの、「Mister Please」「Where You Goin' Now」「The Silence Is Broken」などのヒット曲が収録され、ゴールドを獲得した。

順調かと思われたダム・ヤンキース。
しかし93年にテッド・ニュージェントがソロ活動に戻ることになり(なんで?)、バンドは自然消滅。
スーパーグループ特有の人間関係のもつれ・・という楽しそうなモメ事があったかどうか不明だが、グランジ・オルタナの台頭という時代背景もあったようだ。

テッドがいなくなった後、トミー・ショウとジャック・ブレイズはデュオユニット「ショウ・ブレイズ」としてアルバムを録音することにした。
レコーディングにはマイケル・カーテロンも3曲参加し、ジャーニーの陽気なドラマーであるスティーブ・スミスも参加した。
このアルバム「Hallucination」は、音楽評論家からの評価は高かったが、レーベルからのサポートがほとんどなく、プロモーションや全国ツアーはワーナーブラザーズによってキャンセルされてしまった。
この頃のレコード業界はオルタナティヴやグランジ・バンドに力を入れるようになっており、80年代風の古くさい音楽を続けるミュージシャンには急速に冷たくなっていったためである。
当時メタルがグランジに粉砕されたのは知ってたけど、ダム・ヤンキースの面々も影響を受けていたとは・・・

結局トミー・ショウとジャック・ブレイズはそれぞれ元のバンド、スティクスとナイト・レンジャーに戻った。
だがトミー復帰後のスティクスは全く安定せず、ドラムのジョン・パノッツォが亡くなったり、トミーとデニスの確執が再発してバンドが分解したり名前を巡って訴訟に発展したりと、インディーズのプロレス団体みたいな楽しい展開に。
一方ナイト・レンジャーはスティクスに比べ安定していたようで、アルバムを出したり来日公演したりといったマメな活動が続いた。

トミー・ショウとジャック・ブレイズは、それぞれのバンドに在籍しながら2007年に再びユニットとして60~70年代フォーク・ロックの名曲カバーアルバム「Influence」を発表。
サイモン&ガーファンクルの「I Am a Rock」「The Sound of Silence」、イエス「Your Move」、EL&P「Lucky Man」、ママス&パパス「California Dreamin'」などが収録されている。

トミーとジャックは今もダム・ヤンキースの名曲「High Enough」を、それぞれスティクス、ナイト・レンジャーのライブでも演奏しているそうだ。
(スティクスのアルバムにも収録されている)

・・・調査終了。
やっぱり知らない話ばかりだった。
ダム・ヤンキースとしてはテッド脱退時点で消滅している。
活動期間は4年程度。
ブラインド・フェイスやハニー・ドリッパーズ、バッド・イングリッシュやパワー・ステーションなど、短命はスーパーグループの宿命とも言える。
なおダム・ヤンキースは解散後21世紀になってからライブ盤や企画盤が出てるらしい。

ダム・ヤンキース結成は知っていたが、聴くのに少し出遅れており、レンタルで聴いてみたのは2枚目のアルバム「Don't Tread」だった。
借りた時も2枚目という認識もあまりなかったと思う。
当然ナイト・レンジャーかスティクスを期待して聴いたものの、感想は「どっちでもなかった」。
「Don't Tread on Me」も悪くはないが、他でも聴けそうな音だと感じていて、それは今も変わらない。

今ネットでファーストの各曲を聴いてみると、2枚目の曲よりも全然いい。
やはり最初にこっちを聴いておくべきだった。

ということで、もう結論は出てますが、ダム・ヤンキース。
アルバム「Damn Yankees」を聴いて全盤制覇を高らかに宣言したいところですが、ショウ・ブレイズのカバー盤「Influence」も聴いてみようかと思っています。
皆さまの鑑賞履歴やうんちくなど教えていただけたらと思います。

| | | コメント (0)

聴いてない 第284回 ザ・レンブランツ

1曲だけ聴いてそれっきり、しかもそれは大ヒット曲というアーチストは結構いる。
思いつくだけでもヒューバート・カードン・マクリーンブラインド・メロンブラックウォーターボーイズなどが該当する。
今日紹介するザ・レンブランツも同じ状態。
大ヒット曲を聴いてまあまあ気に入っておきながら、その後他の曲やアルバム鑑賞にまで進むことはなかったという定番のパターンである。

ザ・レンブランツ、聴いてるのは95年の大ヒット曲「I'll Be There for You」だけ。
柏村武昭指導のFMエアチェックではなく、MTVの音声をテープに録音したのだが、映像は全く覚えていない。
なお同時期に録音したのはオアシスの「Roll With It」、スキャットマン・ジョン「Scatman」、TLC「Waterfalls」、ボン・ジョビ「Something For The Pain」などの懐かしいヒット曲たち。
聴いてない度は2である。

さてレンブランツを調べてみて、「I'll Be There for You」はアメリカのテレビドラマシリーズ「フレンズ」のテーマソングということを初めて知った。
当時日本でこのドラマの視聴は可能だったんだろうか?
ちなみにこの曲、日本の「鶴瓶上岡パペポTV」でも使われたそうだ。
やはり見てませんでしたが・・

ということでもしかしたら当時のナウいヤングはみんな知ってるレンブランツ・・かもしれない恐怖におびえながら、内偵開始。
しかし、心の支えウィキペディア日本語版は極めて淡泊で4行くらいしか書いておらず、詳細な経緯や実態が全然わからない。
しかたなく英語版をムリヤリ翻訳・・・といういつものパターンで調査を進めた。
最近はGoogleよりもDeeplという翻訳サイトを使用している。
これが非常に優秀で、自分みたいな日本語すらカタコトの三流でもかなりわかりやすい翻訳をしてくれるのだ。
以下は主にDeepl翻訳により得た情報のまとめ。

ザ・レンブランツは、1989年にダニー・ワイルドとフィル・ソレムによって結成されたアメリカのオルタナティブロック・デュオである。
ダニーは70年代にザ・クイックというバンドに所属しており、80年代にはソロアルバムを数枚リリースしている。
ダニーとフィルはあるパーティで出会い、お互いデビッド・ボウイが好きなことで意気投合。
その後二人はグレート・ビルディングスというパワーポップな4人組バンドを結成。
81年にアルバム「Apart From The Crowd」を発表したが、この1枚だけで解散。

89年にザ・レンブランツとして独立したダニーとフィルは、バンドと同名のファーストアルバムを発表。
アルバムは全米チャート88位という地味なスタートだったが、シングル「Just the Way It Is, Baby」は14位を記録し、最初の成功を収めた。
・・・そうなの?聴いたことがない・・・
日本ではヒットしてたんだろうか?

92年のアルバム「Untitled」では、「Johnny, Have You Seen Her?」が54位、「Rollin' Down the Hill」は映画「ダム・アンド・ダンバー」に使用された。

そして95年、彼らの代表作となる「I'll Be There for You」が大ヒット。
90年代以降、ビルボードなど全米のチャートはジャンルが細分化されており、ビルボードチャートの記録では最高17位だが、「Hot100」で11週連続1位、また「メインストリームトップ40」や「アダルト・コンテンポラリー」でも1位を記録している。
さらにカナダでも1位、イギリスやオーストラリアやニュージーランドでは3位を記録。
アルバム「LP」にはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのベルモント・テンチとリトル・フィートのビル・ペインが参加している。

しかし。
せっかく大ヒットを生み出したのに、2人は活動方針を巡って対立し、コンビを解消してしまう。
98年にはダニーが「ダニー・ワイルド&ザ・レンブランツ」を名乗り、アルバム「Spin This」をリリースする。

ここまでは「お金まわりが良くなると人間関係が悪化」というロックバンドあるあるな話だが、その後が少し珍しい展開。
二人は2000年に再会し、翌年レンブランツとして「Lost Together」をリリースした。
なので解散してた期間は数年程度だったことになる。

しかしその後新曲を次々発表・・とはならなかったようだ。
2005年に彼らは少し変わった形で企画盤を発表する。
「Choice Picks」というお気に入りの曲を再録音したアルバムだが、異なるレーベルから別バージョンとしてリリースされ、それぞれ別の新曲も1曲ずつ収録されている。
この試みが受けたのかどうかは不明。
何で普通のベスト盤にしなかったんだろう?

2006年には今度こそ本当にベスト盤「Greatest Hits」を発表。
全20曲からなるキャリア回顧録で、グレート・ビルディングス時代の曲も2曲収録されている。
現時点での最新作は、前作から実に18年ぶりとなる2019年発表の「Via Satellite」。

今回も当然知ってた話は全くないが、本国ではずうっと人気者でヒット曲連発・・という話でもなかったようだ。
日本での知名度もかなり厳しい状況にあると思われる。

最大のヒット曲「I'll Be There for You」はアメリカのテレビドラマシリーズ「フレンズ」のテーマソング・・ではあるが、曲としてフルバージョンが完成したのはドラマがヒットした後だそうだ。
しかもレンブランツの二人だけで純粋に作って歌った曲ではないらしい。

元々はドラマの音楽監督や製作総指揮担当者がメロディと歌詞を書き、フィル・ソレムがそれに手を加えてドラマ用の42秒しかない曲ができあがった。
ところがドラマ「フレンズ」が爆発的にヒットし、ナッシュビルの放送局がこの42秒しかない曲をループして流し始めた。

レンブランツはレコード会社からアルバム収録のためにこの曲をフルバージョン化するよう促された。
二人はハイ喜んで・・とやる気茶屋の店員みたいに引き受けたかと思いきや、実はそんなに嬉しくなかったらしい。
当時二人が取り組んでいたのは、もっと暗めで内省的でニュアンスに富んだ、少しヒネたヘビーなロックで、「フレンズ」みたいなナウいヤングの青春ドラマとは対極にあるような音楽だった。
なので二人はしぶしぶ?「I'll Be There for You」のフルバージョン化を実行。

完成された曲は、それでもやはりレコード会社の思惑に沿うものではなかったようで、結局やっぱりドラマ関係者によって大幅に手が加えられ、陽気で軽快な曲に仕上がった。
結果的にこれが大ヒットし、アルバム「LP」はプラチナ・ディスクになったので、レンブランツの二人も反論のしようがなかっただろう。

フルバージョンが公開された後も、レンブランツはこの曲への関与を控えめにしていた。
しかし「I'll Be There for You」の大ヒットは、その後の二人の人生も大きく変えてしまう。
レコード会社にせっつかれて突然ツアーに出た二人は、「自分たちよりも曲(とドラマ)のほうが圧倒的に有名」であることに気づかされる。
二人がステージに登場しても歓声がいまいち上がらず、「I'll Be There for You」を演奏し始めてやっと大歓声。
しかも演奏中ずっと「フレンズ!」と叫ぶファンばかり。
「I'll Be There for You」を終えると観客の半分が退場してしまったそうだ。
キツい・・・

またフィルは、殺到するメディアのインタビューを早朝から受けて声を酷使することに悩むようになった。
当時のレンブランツの曲ではフィルのボーカルはとてもキーが高いところにあり、おかげで声が枯れやすく、のどを回復させるための十分な休みもなかった。
でもダニーはライブ中心で活動したがり、できればスタジオにこもってやりたかったフィルと意見が合わなくなった。
そんな不満が積もり、フィル・ソレムは解散を決意する。
しかもフィルはその後離婚もしてしまい、レンブランツで稼いだおカネはほとんど離婚(訴訟?)に費やしてしまった。
「元妻がいなければ、もっとラクな人生だった」とド本音も漏らしている。

ただしその後レンブランツとして復活し、今も継続中なので「あんな曲もう二度とやりたくない」という感情はないようだ。
「フレンズ」の出演者たちとも仲がいいらしい。
「I'll Be There for You」のプロモ・ビデオにも、「フレンズ」の出演者が登場している。

「I'll Be There for You」は、確かにノリのいいリズムに覚えやすいメロディで、コーラスワークや手拍子などビートルズを基盤にしたサウンドという評価も共感できる。
ただレンブランツの本来の方向性とは異なるそうなので、このノリを他の曲にも期待して聴くとたぶん戸惑うことになるんだろう。
自分みたいなこれしか知らない三流リスナーが、気安くアルバムに手を出すと痛い目に遭いそうなバンドなのかもしれない。

というわけで、ザ・レンブランツ。
意外な歴史も持つユニットのようですが、日本での人気も知名度も全く見当がつきません。
聴くとしたら当然「I'll Be There for You」収録の「LP」からだとは思いますが、どなたかお詳しい方がおられましたら、おすすめのアルバムをご指導いただければと思います。

 

| | | コメント (2)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »