« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

聴いてみた 第170回 リンゴ・スター

映画「Get Back」配信によりにわかに高まった、三流中高年ビートルズ再学習熱。(映画見てませんけど)
再学習強化課程として昨年はポールジョンジョージのソロ作品を地味に少しずつ鑑賞してきたが、そうなるとやはり無視できないのがリンゴ・スターである。

リンゴのアルバムは1枚も聴いておらず、シングルもエアチェックしたことがない。
ビートルズ時代は4人の中で極端に露出も作品数も少ない立場だったが、解散後に真っ先にヒット曲を連発し、3人と共作共演してきたのがリンゴなのだ。(聴いてないけど)
ということで、解散後に4人の歌と演奏が1枚のアルバムで聴けるというお得な「Ringo」を安直姑息に鑑賞することにしました。

Ringo_20220321090001

鑑賞前に背景などを事前学習。
「Ringo」は73年リリースの3枚目のスタジオ盤。
全英7位、全米2位を記録し、カナダでは1位も獲得している。

ビートルズ解散以降、ダメージの大きかったジョンとポールとは対照的に素早く活動し始めたリンゴ。
70年にスタンダード・ナンバーのトリビュートアルバム「Sentimental Journey」と、カントリー曲集「Beaucoups of Blues」を発表。
翌年にはジョージ・ハリスンとの共作で、シングル「It Don't Come Easy」「Back Off Boogaloo」を発表し、どちらも全英チャートでトップ10入り。
ファンもレコード会社もアルバムを期待したが、リンゴはこの時期俳優活動に集中するためアルバム制作に時間を取らなかった。

73年になってようやくソロアルバム制作を決断。
ただし売れたシングルを安直に収録することはせず、全曲を新しく録音することにし、リチャード・ペリーをセッションのプロデューサーに指名した。

録音は3月からロサンゼルスで始まった。
リンゴの呼びかけに応じたのは、マーク・ボランザ・バンドのメンバー4人、ビリー・プレストン、クラウス・フォアマン、ニッキー・ホプキンス、ハリー・ニルソン、ジム・ケルトナー、ジェームズ・ブッカーなどの大物芸人たち。
さらにビートルズの3人も曲と歌と演奏を提供し、解散後にアルバム内で4人が集まるというファン歓喜の状況を作り上げた。

アルバムは前述のとおり大ヒット。
普段は辛辣な評論家たちも絶賛し、ローリング・ストーン誌では「ジョン・レノンのように極端で擦れた感じでもなく、ジョージ・ハリスンのように辛辣でもなく、ポール・マッカートニーのように薄っぺらでもなく、バランスが取れている」と称賛された。

リンゴ絶賛の一方で3人はなんか散々な言われようだけど、じゃあ3人はこの73年に何をしてたかっつうと、ポールは4月にウィングスとして「Red Rose Speedway」、ジョージは5月に「Living in the Material World」、ジョンは10月に「Mind Games」をそれぞれ発表している。
評価は様々と思うが、4人は解散ダメージからやっと脱却し、互いを攻撃することもやめて個々の活動に専念し始めた時期・・と言える。
その中でリンゴの呼びかけに3人が応じて協力したので、これは再結成も近いと誰しもが期待を寄せたに違いない。

企画盤ではなく、リンゴの最初のソロ作品と言える「Ringo」。
3人の参加も含め聴きどころ満載のアルバム、果たしてどんな音がするのだろうか。

・・・・・聴いてみた。

1. I'm The Greatest
ジョン・レノンの作品で、ジョン自身もピアノとバックコーラスで参加。
ジョージもギターを弾いている。
言われてみればジョンらしくクセの強いメロディだ。
終盤はほとんどキレ気味にリンゴがシャウト。
モハメド・アリの言葉にインスピレーションを受けたジョンは、ビートルズ解散以前にすでにこの曲を書いていたが、リンゴのために歌詞を書き直し、リバプールやビリー・シアーズといったビートルズ由来の言葉を入れたそうだ。
ジョンは「こんな歌詞でもリンゴが歌えばカドも立たんやろ」と思ったらしい。
「Sgt. Pepper's」の歓声や笑い声も再現されており、ホワイト・アルバムにあってもおかしくない構成。

2. Have You Seen My Baby?
ランディ・ニューマンの作品。
楽しそうなリズムにリンゴがノリノリで歌う。
マーク・ボランがギターで参加しているが、リンゴといっしょに演奏ではなく、別録りで後から足されたとのこと。

3. Photograph(想い出のフォトグラフ)
この曲はジョージ追悼コンサートでリンゴが披露していたので知っていたが、スタジオ版を聴くのは初めてである。
おだやかな調べだが、歌詞は結構悲しい内容。
71年にリンゴとジョージはミック・ジャガーの結婚式に出席した後、南フランスでヨットを借りて楽しんだが、そのヨットの中でジョージが書いたのがこの曲。
録音にはジョージも参加し、クレジットはリンゴとの共作になっている。

4. Sunshine Life For Me (Sail Away Raymond)
ジョージの作った曲で、ザ・バンドの4人も参加。
どこかカントリーっぽいサウンド。

5. You're Sixteen (You're Beautiful And You're Mine)
ジョニー・バーネットが1960年にヒットさせたオールディーズ曲のカバー。
ボブ・シャーマンとディック・シャーマンという兄弟の作品。
このシャーマン兄弟はディズニーの映画音楽を数多く手がけたことでも有名だそうだ。
(テレビで浅倉大介が紹介していて知りました)
これも楽しいリズムとサウンドで、ポールも紙に口を押し当てて音を出すという「マウス・サックス」で参加している。

6. Oh, My My
リンゴとヴィニー・ポンシアという人の共作。
3枚目のシングルで全米5位を記録。
ジム・ケルトナーがドラム、ビリー・プレストンがピアノ、クラウス・フォアマンはベースを演奏。
バックボーカルにはモータウン女性シンガーのマーサ・リーブス。
ファンクで黒っぽく、どこかストーンズのような音がする。
全米5位の快挙にジョンはリンゴに「おめでとう。よくもまあ・・(大したもんだね)。じゃあ今度はオレにヒット曲を書いてくれよ」と電報を打ったそうだ。

7. Step Lightly
リンゴが書いた曲で、タップ音も聞こえる。
リンゴが録音前に運転手に頼んでタップ靴を用意させたそうだが、リンゴが踏んでいるかどうかはわからない。
リズムは朗らかだが、なんとなく気だるいメロディ。

8. Six O'Clock
ポールの作った、アルバム中唯一といっていいピアノバラード。
ピアノとシンセサイザーもポールが弾いている。
リンダもコーラスに参加しているので、雰囲気はほぼウィングスである。

9. Devil Woman
これもヴィニー・ポンシアとの共作。
なんとなくジョン風の急いだロックにリンゴは割と平坦に歌う。

10. You And Me (Babe)
ラストはジョージとマル・エバンズの共作。
マルはビートルズのローディーを長く務めた人で、ジョージはギターでも参加。
ゆったりしたテンポにリンゴ節がマッチしている。
エンディングではリンゴがラジオ番組のようにアルバムに協力してくれた人々(ジョージ、ジョン、ポールも含む)に向けてお礼を言い、最後に「リンゴ・スターでした!」と言って終わる。

聴き終えた。
曲の大半にジョンとポールとジョージが関わっていてボーカルもリンゴなので、トータルなイメージはこれまで聴いてきた4人のソロアルバムの中では最もビートルズの香りが強い。
4人全員が揃った曲はないので、評判どおり「ホワイト・アルバム」のような感じ。

4人がそれぞれ参加しながら、思ったほどインパクトのある曲もなかったが、全部安心して聴けるのはリンゴの歌の良さである。
もしリアルタイムで聴いていたら、話題性もあったため間違いなくローテーション入りしていたはずだ。

少し意外だったのはリンゴのボーカルがかなりはじけている点。
ビートルズではどの曲でもほのぼの調の鼻声でなごませたリンゴだが、このアルバムでは曲のテーマやメロディ印象に合わせて、器用に変幻ボーカルを駆使している。

またバラードがポール作の「Six O'Clock」だけというのもなんとなく意外。
自分はリンゴが歌うビートルズの曲の中では「Good Night」が最高だと思うのだが、ああいう感じの曲がもう1つあればよかったのに・・と感じた。

時系列で言うと、73年3月にロスでジョンやジョージとレコーディングし、4月にはロンドンでポール&リンダと録音を行っている。
ジョンやジョージとの楽しいレコーディングの最中、「この後ポールを誘わないままアルバム作ったらきっと大騒ぎになるし、ポールもいい気はしないやろなぁ・・」とリンゴは考えたんだろう。
リンゴえらい。(知り合いかよ)
この判断は非常に正しく、リンゴのアルバムにポールだけ不参加だったら、その後の事態はまた深刻になっていた可能性が高いと思う。

アルバム発表前から、ジョンとジョージとリンゴがロスでレコーディングしてることはもうニュースになっていたらしい。
音楽雑誌「メロディメーカー」は、「今週元ビートルズの3人が再結成のためにロスでチームを組んだ!後任ベーシストはクラウス・フォアマンか?」と東スポっぽく報じている。

結局この時も4人による再結成はなかったが、リンゴによれば76年に一度4人で再結成のオファーをマジメに検討したことがあったそうだ。
だが公演イベントの内容を聞くと、前座に「でかいサメとプロレスラーの戦い」が予定されており、4人は互いに電話で意志を確認し合い、「そんな話なら断ろう」となった。

・・・世界中が待ちわびるビートルズ再結成の前座に、どうしてサメ対プロレスラーというたけしプロレス軍団超えのスベリ企画を持ってくるのか理解できないんだが・・
ちょっと考えればわかる気がするんだけど、かの大英帝国でもたまにファンの心理を信じられないほど読みはずす主催者というのも存在した、ということですかね。
こんなポンコツ企画のせいで4人での再結成は幻となった・・と思うと、甚だ残念である。

ジャケットはビバリーヒルズで宝石職人の見習いとして働いていたティム・ブラックナーという人のデザイン。
LPレコードならではの楽しい絵である。
ステージ上の「RINGO」の電飾のIの代わりにリンゴが立ち、脇で天使が同じポーズ。
後ろのバルコニーには「Sgt. Papper's」風に多くの人物が描かれ、ポールの横にはリンダが、ジョンの横にはヨーコがいる・・ように見えるけど、合ってます?

ということで、「Ringo」。
話題性ばかりに気を取られがちですが、それを差し引いても楽曲や歌や演奏はやはり世界中を魅了した4人の成果だったことは、三流の自分にも理解できました。
ジョン自身が評価していたとおり、正直ジョンのソロよりも聴きやすいと感じました。
次は同じように豪華なゲストで作られた「Goodnight Vienna」「Ringo's Rotogravure」を聴いてみようと思います。

| | | コメント (4)

聴いてない 第283回 ガース・ブルックス

本国と日本での人気が大幅に異なるアーチストの最たる例であろう、ガース・ブルックス。
ロックではなくカントリーの歌手なので、日本では人気以前に知名度がかなり厳しい状況にあると思われる。
皆さんはご存じでしょうか?

ガース・ブルックス、聴いているのは「Shameless」だけ。
こんな自分でも1曲聴いているのがむしろ自慢でもあるが、ガース・ブルックスを知らなくてもこの曲を知っている人は多いはずだ。
作ったのはビリー・ジョエル。
89年のアルバム「Storm Front」に収録された曲である。

ガース版「Shameless」はMTVの音声をテープに録音しており、厳密にはライブバージョンである。
何度か繰り返し聴いているうちに「あれ?これビリー・ジョエルの曲じゃないの?」と気づいた。
ガース・ブルックスが実はカントリーの超大物歌手だと知ったのはずっと後のことだ。

しかしそれ以降他の曲を録音する機会もなく、当然アルバム鑑賞に発展することもなかった。
当時の日本の(中古含む)CDショップでガース・ブルックスのアルバムを入手できたのかどうかもわからない。
聴いてない度は2である。

カントリー界の超大物・・という情報はその後なんとなく入ってきたが、具体的にどうスゴイ人なのかは全然知らない。
そこで今回生涯で初めてガース・ブルックスを調べてみたが、その実績は想像を超えるスゴさだった。

ガース・ブルックスはアメリカのカントリー・ミュージックの歌手である。
カントリーを基盤にポップやロックの要素を取り入れたことで、アメリカにおいてチャートでの成功を収め、記録破りのライブパフォーマンスなどを行い、ポップスの分野にも進出した・・というのが、だいたいどこの紹介サイトにも書いてある。

ガースは1962年2月7日オクラホマ州タルサで生まれた。
本名はトロイアル・ガース・ブルックス。
父親は石油会社の工員、母親はアイルランド系のカントリー歌手。
母親の影響もあって子供の頃からギターやバンジョー演奏に親しんだ。

89年にカントリーの本場ナッシュビルから歌手としてデビュー。
ファーストアルバム「Garth Brooks」はビルボードのカントリーアルバムチャートで2位を記録。
またシングル「If Tomorrow Never Comes」「Not Counting You」「The Dance」も大ヒットとなり、デビュー早々にケニー・ロジャースのオープニング・アクトに起用される。
続く90年のセカンドアルバム「No Fences」は、カントリーアルバムチャートで23週連続1位を獲得し、全米で1700万枚を売り上げた。

ここまでは伝統的なカントリーミュージックを歌う純朴な青年歌手だった。
しかしその後ガースはカントリーの枠を超えたスタイルを次々に展開していく。
特に彼が強い影響を受けたのは、ジェームス・テイラーダン・フォーゲルバーグ、ビリー・ジョエルやブルース・スプリングスティーンなどの70年代フォークやロックの芸人たちだった。
またステージでのパフォーマンスも、カントリーミュージックのコンサートではあり得なかったワイヤレスヘッドセットマイクを使い、ステージを自在に駆け回って歌い、客席と一体となって大合唱という形に変えてみせた。
この点についても、フレディ・マーキュリーやキッスから影響を受けたと明かしている。

その後2001年までに11枚アルバムを発表。
全てが大ヒットとなり、シングルもカントリーチャートのベスト10常連を続けていた。

しかし。
大スターの栄光と引き換えに、家族との時間を失うことになったガース。
2000年10月に音楽活動からの引退を正式に発表する。
実はその時妻との離婚協議が始まっていた。(翌年末に正式に離婚)
ラストアルバム「Scarecrow」は2001年11月13日にリリースされたが、引退という話題性もあってビルボード200とカントリー・アルバムチャートで1位を獲得した。

離婚と引退でこのまま過去の人か・・と思われたが、復活は意外に早くやって来た。
背景はやはり女性の存在が大きかったと思われる。
ガース・ブルックスは2005年12月10日、カントリー歌手であり料理研究家のトリシャ・イヤーウッドという女性と再婚。
トリシャさんはガースが考えた料理レシピを元に「ガースの朝食ボウル」と題して雑誌や書籍に掲載したこともあるそうだ。

再婚して元気を取り戻したガース。
直後に引退を撤回したわけではなかったが、ボックスセットをリリースしたり、チャリティーコンサートに出演するなど、徐々に活動を再開する。

そして2007年11月、カンザスシティでのコンサートを実施。
当初は1公演の予定だったが、あまりの人気で急遽9公演に拡大し、約14万枚のチケットが完売となった。
さらに2009年リンカーン・メモリアルで行われたオバマ大統領就任祝賀会に出演。
「We Shall Be Free」を演奏し、ドン・マクリーンの「American Pie」とアイズレー・ブラザーズの「Shout」も披露した。

この頃ようやくガースは引退撤回を決意する。
ただしまた家庭が崩壊するようなツアースケジュールは組まず、平日はオクラホマの自宅で過ごし、週末はプライベートジェットで移動してラスベガスでのコンサートに出演というスタイルを取った。
プライベートジェットで移動・・・やはり大スターはスケールが違う。

ラスベガス公演の好評に気を良くしたガースは、2013年に「Blame It All on My Roots」というコンピレーション・アルバム(6CD+2DVDのボックスセット)をリリースした。
カントリー・ポップというジャンルを発展させた原点とされるジャンルおよび楽曲で構成されている豪華なカバー+オリジナル曲集である。
「Country Classics」ではハンク・ウィリアムスの「Jambalaya」(ジョン・フォガティやカーペンターズもカバー)、「Classic Rock」ではスティービー・ワンダーの「Superstition」やクイーンの「Somebody to Love」、エルトン・ジョンの「Don't Let the Sun Go Down on Me」、ビリー・ジョエルの「Goodnight Saigon」も収録されている。

翌2014年についにカムバックを正式に表明。
9月にシングル「People Loving People」、11月にアルバム「Man Against Machine」をリリース。

現時点で最新アルバムは2020年11月20日にリリースした「Fun」。
2021年1月20日のジョー・バイデン大統領就任式で「アメイジング・グレイス」を演奏している。

経歴はもちろん全く知らなかったが、さらに驚くのが実績である。
・ヒットシングルが70曲以上
・カントリーチャートインしたアルバムは15枚
・アメリカ国内で1億2800万枚以上、全世界では1億7000万枚以上のアルバムを売り上げた
※ガース・ブルックス以外にアメリカ国内で1億枚以上のアルバム売り上げを達成しているのは、プレスリー、ビートルズレッド・ツェッペリンイーグルスだけ
※アルバム総売上ではビートルズに次いで2位
・アメリカでダイヤモンドディスク(売り上げ1000万枚以上)を獲得したアルバムは史上最多の9枚
※ビートルズは6枚
・2012年10月21日にカントリーミュージックの殿堂入り

すんごい売れてる人、というのはうっすら認識してはいたが、1億枚以上だとは知らなかった。
1億枚以上はプレスリー、ビートルズ、レッド・ツェッペリン、イーグルスだけ・・ってウィキペディアに書いてあるけど、マイケル・ジャクソンは入ってないの?

「Shameless」しか聴いてないけど、「いかにもカントリー」なツヤのある通る声・・とは少し違うように聞こえる。
カントリー自体よくわかってないので当たっていないかもしれないが、ジョン・デンバーやアラン・ジャクソンのようなクリアな声質ではないと思う。

ちなみにアラン・ジャクソンも同じ頃MTVで知ったカントリーの人である。
当時のMTVは人気があればジャンルを問わずロックの中に混ぜてオンエアしていたのだろう。
ガースとアランはほぼ同じ89年頃にナッシュビルでデビューした、いわば同期芸人同士だそうだ。
ただアランはハデなパフォーマンスで人気を集めたガースとは違って、自分こそがトラディショナルなカントリーの正統継承者であると自負していたらしい。
ウーマン村本とキンコン西野みたいな関係だろうか。(たぶん違う)

「Shameless」はガースがビリー・ジョエルの関係者に連絡して、カバーが実現した曲だそうだ。
ガースは70年代のビリーの曲はよく聴いていたが、「Glass House」以降はほとんど聴いていなかった。
ツアーで半年ほど家を空けていて、帰ったらたまたま届いていたCDの中に「Storm Front」があり、その中の「Shameless」に非常に感動。
シングルカットもされていない隠れた名曲だと知り、だったらぜひ自分が歌いたい・・と、ビリー側に交渉。
やがてビリーの関係者から「ビリーはあなたのことを知っていて、カバーしてくれることを光栄に思っている」と書かれた手紙が届いたとのこと。

ガースがカバーした「Shameless」は、めでたく91年後半カントリーチャート1位の大ヒットとなった。
他にも多くのロックのヒット曲をカバーしてきたガースだが、「Shameless」はその中で最も成功したカバーだと言える。
このカバーが縁で、ガースは2008年のビリーのコンサートで「Shameless」を共に歌い、2011年にガースがソングライターの殿堂入りを果たした際、再びこの曲を一緒に演奏している。
・・・こういう話を知ると、オリジナルよりカバー集から鑑賞したくなりますけど。

というわけで、ガース・ブルックス。
そもそも自分が親しんできたジャンルとは違う人であり、日本で熱心に聴いてるファンがどれくらいいるのか見当もつきませんけど、おすすめの作品をご存じでしたら教えていただけたらと思います。

| | | コメント (4)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »