« 聴いてみた 第169回 ジョージ・ハリスン その2 | トップページ | 聴いてない 第280回 リトル・フィート »

2021年の終わりに

音楽史上最強の素人BLOGを始めてとうとう丸18年が過ぎてしまった。
毎年恒例のセリフだが、もう何年経とうが万年初心者は永久に解消しないことはわかりきっているので、今年もド素人として年の瀬を迎えることとなりましたよ。(開き直り)

昨年から続くコロナ禍により、三流会社員の自分も在宅勤務中心となった。
毎朝満員電車で通勤をしなくなったのはありがたい話だが、それにより音楽を聴く機会も激減してしまった。
長いサラリーマン生活で通勤時間がいかにムダだったかはよくわかったが、実はそのムダな通勤の電車内こそが、自分専用のオーディオルームだったのだ。
これはこれで悲しい話。

しかも今年は正月早々入院なんかしてしまい、秋頃まで通院で治療もしていたので、一般的には音楽どころじゃなかった・・という状況ではあった。
ただし、入院や治療中の苦痛を少しでもやわらげる手段として、音楽が有効だったことも事実である。
ということで、今年の記事や鑑賞を振り返ってみた。

聴いてないシリーズで採り上げたアーチストは以下のみなさんである。

聴いてない 第268回 ジョン・パー
聴いてない 第269回 シュガー・レイ
聴いてない 第270回 カジャグーグー
聴いてない 第271回 パティ・スマイス
聴いてない 第272回 クォーターフラッシュ
聴いてない 第273回 Eve6
聴いてない 第274回 レオ・セイヤー
聴いてない 第275回 M
聴いてない 第276回 アイアン・バタフライ
聴いてない 第277回 レイ・パーカー・ジュニア
聴いてない 第278回 バックストリート・ボーイズ
聴いてない 第279回 レーナード・スキナード

相変わらず脈絡は全くないが、12本も記事が書けた。
18年目でもアイアン・バタフライやレーナード・スキナードといった大物芸人が登場。
一方でカジャグーグーやMといった日本では一発屋扱いの方々や、シュガー・レイやEve6などの90年代芸人も採り上げてみた。
採り上げただけで鑑賞に至った事例は今年もなし。
我ながら骨の髄までの素人っぷりである。(意味不明)

当BLOGの基幹産業である聴いてみたシリーズ、今年の成果は以下のとおり。

聴いてみた 第161回 ブルース・スプリングスティーン その2
聴いてみた 第162回 デビッド・ボウイ その2
聴いてみた 第163回 ポール・マッカートニー&ウィングス その3
聴いてみた 第164回 ポール・マッカートニー&ウィングス その4
聴いてみた 第165回 ハロウィン
聴いてみた 第166回 ジョン・レノン
聴いてみた 第167回 ジョン・レノン その2
聴いてみた 第168回 ポール・マッカートニー その5
聴いてみた 第169回 ジョージ・ハリスン その2

今年は元ビートルズの3人を中心とした鑑賞に特化した年でもあった。
18年もBLOGをやっていながらまだこんな所にいる。
しかも元ビートルズ4人に限っても、まだ誰のソロ作品も全盤制覇していない。
リンゴ・スターは全く手つかずである。
ストーンズやクラプトン学習も未だ中途半端なままだ。
こんな調子では他の聴いてない名盤を全部聴くには、あと180年くらいかかりそうである。

恒例にするつもりもなかったが、今年もこのくくりを使うことになった。
これまで記事を書いた中で、今年この世を去ったミュージシャンは以下の方々である。

マイク・ネスミス(聴いてない 第221回 モンキーズ
チャーリー・ワッツ(聴いてみた 第140回 ローリング・ストーンズ その17
ダスティ・ヒル(聴いてない 第54回 ZZ TOP
ジェフ・ラバー(聴いてない 第204回 シンデレラ
ティム・ボガート(聴いてみた 第34回 ベック・ボガート&アピス
ロン・ブッシー(聴いてない 第276回 アイアン・バタフライ
レスリー・マッコーエン(聴いてない 第59回 ベイ・シティ・ローラーズ

全員を詳しく知っていたわけではもちろんないが、訃報を知ってなお、やはりどのバンドも鑑賞に発展していない。
ローラーズでは昨年のイアン・ミッチェルに続いてレスリーも故人となってしまった。
この中ではやはりチャーリー・ワッツが最も世界中に衝撃を与えたと思われる。
まだ追悼本を目にしたことはないが、そのうち文藝別冊シリーズで出そうな気がする。

今年の読んでみたシリーズは、その文藝別冊「ヴァン・ヘイレン」だけである。(実は入院中に読んだ)
以前も書いたことだが、我々中高年の文化として、古き良き洋楽の文献をあさって楽しむ・共有するということは続けていきたいと考えている。
音楽産業も出版界も見通しはどうしようもなく暗いが、今後も良質なテキストに巡り合えることを期待したい。

というわけで、コメントくださったみなさま、18年間ありがとうございました。
果たしていつまで続けられるのかわかりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
みなさまよいお年を。

| |

« 聴いてみた 第169回 ジョージ・ハリスン その2 | トップページ | 聴いてない 第280回 リトル・フィート »

コメント

SYUNJIさん、明けましておめでとうございます。
そしてブログ継続18年間のロングラン、大変お疲れさまです。

2021年は新型ウイルスの影響が2020年よりさらに大きかったのか、
新譜がほとんど出ませんでした。このため、私も手持ちのCDを
聞き直すことに注力しました。
SYUNJIさんと同じく在宅勤務が多く通勤電車内で聞くことが減り
ましたが、代わりにステレオで鳴らす機会を意識して増やしました。

2022年も「言黙」ブログを、「少し続けて、長~く続けて」を
期待しています。

投稿: モンスリー | 2022.01.04 21:28

モンスリーさん、あけましておめでとうございます。

>そしてブログ継続18年間のロングラン、大変お疲れさまです。

18年にわたりご指導いただきながら全く成長も向上もせず申し訳ございません・・
まあ成長のないことが長続きの秘訣ですね。(愚)

>2021年は新型ウイルスの影響が2020年よりさらに大きかったのか、新譜がほとんど出ませんでした。

コロナの影響はそんなところにもあったんですね。
コロナがなくても「新譜」「アルバム」「洋楽」なんてくくり自体がそのうちなくなりそうですけど。

>2022年も「言黙」ブログを、「少し続けて、長~く続けて」を期待しています。

なぜそんな大原麗子な指示を(笑)
少し怠けて、ぬる~く続けようと思います。
19年目もよろしくお願いいたします。

投稿: SYUNJI | 2022.01.06 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聴いてみた 第169回 ジョージ・ハリスン その2 | トップページ | 聴いてない 第280回 リトル・フィート »