« 聴いてない 第278回 バックストリート・ボーイズ | トップページ | 聴いてみた 第169回 ジョージ・ハリスン その2 »

聴いてない 第279回 レーナード・スキナード

80年代産業ロック以外のジャンルには疎い中高年のSYUNJIといいます。
首都圏最大級の低レベルBLOGをもう18年も続けているが、この18年間とりたてて開眼定着したジャンルは特にない。
今日のお題レーナード・スキナードはサザン・ロックを代表するバンド・・ということはうっすらと認識しているが、そもそも1曲も聴いておらず、サザン・ロック自体を理解するに至ってもいない。
13年前に38スペシャルの記事を書いた時に、レーナード・スキナード学習もやらないと・・みたいなことを棒読みで書いてたが、どちらも全く手を付けないまま放置している。

回りくどい言い訳ですけど、単純に聴いてないです。
メンバーの名前も顔も、アルバムタイトルもジャケットも全く知らない。
聴いてない度は硬派の1。
日本での人気や知名度はよくわからないが、自分はミュージック・ライフやFMステーションでレーナード・スキナードの記事を目にした記憶はない。

鑑賞も学習もできていない理由は特にない・・と思っていたが、バンドの歴史を調べてみてあることに気づいた。
自分が最も洋楽に親しんでいた期間が、レーナード・スキナードの活動停止期間とほぼ同じだったのだ。
ネットでかき集めたバンドの歴史は以下の通り。

レーナード・スキナードは1964年にフロリダ州ジャクソンビルで結成された。
メンバーは以下のみなさんである。

ロニー・ヴァン・ザント(Vo)
ゲイリー・ロッシントン(G)
アレン・コリンズ(G)
ボブ・バーンズ(D)
ラリー・ヤンストロム(B)

バンドの原型はロニーとアレンとボブの三人がハイスクール時代に組んだグループ。
バンド名は彼らの学校の体育教師レオナード・スキナー先生の名前をもじったもの。
こういった韻を踏んだような名前は、ティアーズ・フォー・フィアーズとかスクリッティ・ポリッティとかに受け継がれてる気がする。
日本でもアンドレ・カンドレとかいんぐりもんぐりとかありましたけど・・・
なお日本語表記は「レーナード」「レイナード」と多少の揺れがあるが、当時のアルバムは「レーナード」と表記されているので、今回の記事もそちらに合わせます。

バンド結成後はジョージア州アトランタに拠点を移す。
じわじわ人気が出てきたところで、ミュージシャンでプロデュース業も行うアル・クーパーの目に止まった。
アル・クーパーは当時サザン・ロック専門レーベル「サウンド・オブ・ザ・サウス」を立ち上げようとしていた。
レーナード・スキナードを見つけたアルはすぐに契約を交わし、バンドはレーベル初作品としてアルバム「Lynyrd Skynyrd」を73年8月にリリースする。
この時メンバーはすでに変わっており、クレジットに名前があるのは以下のみなさんである。

ロニー・ヴァン・ザント(Vo)
ゲイリー・ロッシントン(G)
アレン・コリンズ(G)
ボブ・バーンズ(D)
エド・キング(G)
ビリー・パウエル(K)

アルバムの売り上げは100万枚を超え、全米チャートでは27位まで上昇。
シングル「Free Bird」も19位を記録した。
この年にはザ・フーのアメリカツアーでオープニングアクトを務めている。

ギター担当が3人もいることが、レーナード・スキナードの最大の特徴で売りでもあった。
74年には2枚目のアルバム「Second Helping」を発表。
前作を上回る全米12位を記録し、シングル「Sweet Home Alabama」は8位の大ヒットとなる。
ただ意外なことに、結果としてレーナード・スキナードのシングルでトップ10入りできたのはこの曲だけとのこと。

3枚目のアルバム制作過程で、バンド内に様々な問題が起こる。
ドラマーのボブ・バーンズはヨーロッパツアー中にメンタルにダメージを負い、バンドを脱退。
後任としてケンタッキー出身で元海兵隊員のアーティマス・パイルが加入する。
このメンバー交代などが影響し、アルバム「Nuthin' Fancy」制作スケジュールが押してしまい、結局準備も不十分なまま、わずか17日間で録音された。
このことがバンドとアル・クーパーとの間に摩擦を生じさせ、アルのプロデュースもこのアルバムで終わりとなる。

さらに問題噴出は続く。
アルバム「Nuthin' Fancy」は全米9位を記録するものの、最終的には前作よりも売上が減少。
「Nuthin' Fancy」ツアーの途中で、ギタリストのエド・キングが突然脱退。
バンドはそのまま6人組で活動し、76年にトム・ダウドをプロデューサーに起用した4枚目のアルバム「Gimme Back My Bullets」をリリース。
カナダでは1位を獲得したが、全米チャートでは20位止まり。

やはりギターが3人必要と感じたバンドはエドの後任を探し、歌えるギタリストのスティーブ・ゲインズがオーディションを経て加入。
76年にはゲインズ加入後のアトランタでのステージを録音した2枚組ライブアルバム「One More from the Road」を発表した。

しかし。
順調と思われたバンドはここから不幸の階段を降り始める。
ゲイリー・ロッシントンとアレン・コリンズは、76年に重大な自動車事故に見舞われ、アルバム制作が遅れたり、コンサートをキャンセルするなど、活動に大きな影響を及ぼす。

こうした混乱の中、徐々に才覚とリーダーシップを発揮し始めたのが、スティーブ・ゲインズだった。
加入後の最初のアルバム「Street Survivors」では、全8曲中4曲がスティーブの作品である。(2曲はロニー・ヴァン・ザントとの共作)
プロデューサーには再びトム・ダウドが起用され、アルバムは1977年10月17日にリリースされた。

ところがリリースから3日後の10月20日、最大の悲劇がバンドを襲った。
メンバーとクルー総勢26人を載せた自家用飛行機は、サウスカロライナ州グリーンビルからルイジアナ州バトンルージュへ向かう途中で燃料切れを起こした。
パイロットはミシシッピ州内で何度か緊急着陸を試みたが、飛行機はミシシッピ州ギルズバーグ郊外の森に墜落。

ロニー・ヴァン・ザント、スティーブ・ゲインズ、スティーブの姉でバックボーカルを務めたキャシー・ゲインズら6人が死亡。
他のバンドメンバーのアレン・コリンズ、ゲイリー・ロッシントン、レオン・ウィルクソン、ビリー・パウエル、アーティマス・パイルは重傷を負った。

フロントマン2人を失ったバンドは解散。
ゲイリーとアレンは80年に女性ボーカルを立ててバンドを結成し、他のメンバーもそれぞれ音楽活動を続けたが、レーナード・スキナード復活にはつながらなかった。
また事故のあった77年には、ロニーの弟ドニーが38スペシャルを結成している。

事故・解散から10年が経過した87年、ボーカルにロニーの弟ジョニー、ギターにランドル・ホールを加え、レーナード・スキナード再結成ツアーを行う。
なお前年に自動車事故を起こしたアレンはケガのためギターが弾けなくなり、再結成ツアーには音楽担当監督として参加している。

90年代に入るとドラマーのアーティマスが脱退。
カスター・ラドウィックが加入し、本格的な活動再開となる。
新生レイナード・スキナードは91年にアルバム「Lynyrd Skynyrd 1991」を、93年には「The Last Rebel」を発表。
94年には「Endangered Spacies」をリリースした。
91年と94年には日本公演が行われている。

2000年代になるとメンバーの死亡と後任の加入が相次いだ。
・2001年レオン・ウィルクソン死亡 → イアン・エヴァンス加入
・2009年ビリー・パウエル死亡 → ピーター・キーズ加入
・2009年イアン・エヴァンス死亡 → ロバート・カーンズ加入
ちなみにオリジナルメンバーだったアレン・コリンズとボブ・バーンズもすでに故人である。

2018年にバンドはラストツアーを行う。
ツアーにはバッド・カンパニーや38スペシャルやチープ・トリックも参加。
現在バンドはほぼ活動休止状態だが、ゲイリー・ロッシントンは2020年1月のインタビューで「ツアーは終了したが、時折ライブを続けるよ」と発言している。

以上がレーナード・スキナードの長く過酷な歴史である。
飛行機事故があったことはぼんやりと知っていたが、ここまで深いダメージをもたらしたとは知らなかった。
アメリカならではのことかもしれないが、飛行機以外でも自動車事故にあった話が多い気がする。
また再結成して最近まで活動していたことも知らなかった。

冒頭に述べたとおり、77年に解散し90年代で再結成なので、自分が洋楽にまみれていた80年代にはほとんど活動していなかったことになる。
当然この間新曲は出てないし、日本のFMでオンエアされたり雑誌に記事が出たりといった露出もほとんどなかったと思われる。
とにかく80年代に毎晩サルのようにエアチェックしてたにもかかわらず、レーナード・スキナードの曲を録音できたことは一度もない。
You Tubeでいくつかヒット曲を聴いてみたが、やはりどれも知らない曲ばかり。
ちなみに38スペシャルも5曲くらいしか聴いていない。

なお飛行機事故は映画化され、昨年「Street Survivor: The True Story of the Lynyrd Skynyrd Plane Crash」というタイトルで公開されたそうだ。
生き残ったドラマーのアーティマス・パイルがプロデューサーとして制作に参加しているとのこと。

というわけで、レーナード・スキナード。
少し聴いてみた限りでは好みとしては微妙なところですが、聴くなら「Lynyrd Skynyrd」「Seconed Helping」「Street Survivors」など解散前の名盤からでしょうか。
皆さまの鑑賞履歴や推奨盤についてご指導いただけたらと思います。

 

| |

« 聴いてない 第278回 バックストリート・ボーイズ | トップページ | 聴いてみた 第169回 ジョージ・ハリスン その2 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
私は「Free Bird」の1曲だけが好きで、他は全く知りません。
しかし、妻がヴァン・ザント在籍期の熱烈なファンです。おすすめアルバムを
聞くと、「ヴァン・ザントがいる作品は全部よい」としつつ、
「「Thusday's Gone」や「Simple Man」が収録されている1stがおすすめ」
とのことでしたので、早速聞いてみました。

1曲目がゴリゴリのハードブルースで「大丈夫かな」と感じたのは杞憂でした。
2曲目以降はアメリカンなロックが展開、「Thusday's Gone」や「Simple Man」は
哀愁漂う名曲です。他にもアコースティックブルースがあったり、バラエティに
富んでいます。どの曲もとてもかっこいいです。
そして「Free Bird」ですが、いきなり9分あります。しかもボーカルパートを
単なるイントロにして、ほぼ全編トリプルギターの応酬。ユニゾンのソロも
いいですが、かき鳴らし系リフが私好みでした。デビュー作でこういう曲を
収録できるのは、よほどの演奏巧者か、はたまたレコード会社の営業の目に
とまる何かがあったのでしょう。

ところで妻はライブ盤をあまり聞きませんが、スキナードに関しては
「スタジオ作より化ける曲が多い」と押しております。ですので、
「One More from the Road」も聞きました。熱い演奏が繰り広げられており、
彼らのルーツと思われるブルースが基礎となった曲もあります。しかし、
ブルース臭が低く、とてもよいです。そして14分にわたる「Free Bird」
が圧巻です。

というわけで、3日しか聞いていませんが、1stと「One More…」は強く
オススメできます。

>>バンド内に様々な問題が起こる。
>>さらに問題噴出は続く。
>>ここから不幸の階段を降り始める。
>>最大の悲劇がバンドを襲った

フリートウッド・マックも人間関係がこじれまくった中で傑作を次々と
産み出しましたが、スキナードは別の意味で大変だったのですね。

投稿: モンスリー | 2021.12.01 21:29

モンスリーさん、こんばんは。

>私は「Free Bird」の1曲だけが好きで、他は全く知りません。
>しかし、妻がヴァン・ザント在籍期の熱烈なファンです。

またまた奥様のフォローがすばらしいですね。
ご夫婦のコレクションを総合すると、聴いてない音楽などないような気がしますが・・

>そして「Free Bird」ですが、いきなり9分あります。しかもボーカルパートを単なるイントロにして、ほぼ全編トリプルギターの応酬。

あ、「Free Bird」ってそんなに長いんですね。
ライブだとさらに長くなるということは、メンバーも気に入ってる曲だったんでしょうね。
全編トリプルギターの応酬ってのがすごいなぁ・・

>スキナードに関しては「スタジオ作より化ける曲が多い」と押しております。

見当違いかもしれませんが、どこかジャズっぽいノリを持つバンドなんですかね。

>1stと「One More…」は強くオススメできます。

なるほど・・ありがとうございます。
自分のような万年素人がそれほど気軽に聴ける音楽でもないとは思いますが、まずはファーストから誠実に聴くのが良さそうですね。

>フリートウッド・マックも人間関係がこじれまくった中で傑作を次々と産み出しましたが、スキナードは別の意味で大変だったのですね。

多くのロックファンは確信してるはずですが、バンドの内紛やモメ事と作品のレベルはあまり関係ないみたいですね。
末期ビートルズがそうですし、パープルみたいに安定してた時期がほとんどないのに名作が続出するバンド(楽しい・・)もありますし。
たださすがにメンバーが死傷という事態は、人間関係破綻どころじゃないですね。
不慮の死を遂げたアーチストは他にもいましたけど、バンド全員が事故でダメージを負ったというのは他に知らないです。
事故さえなければ、80年代以降も普通に活躍してたんでしょうね・・

投稿: SYUNJI | 2021.12.03 21:27

こんばんは、JTです。

>日本でもアンドレ・カンドレとかいんぐりもんぐりとかありましたけど・・・

古く、ニッチなところ来ましたね(笑)。
しかし、井上陽水はなんであんな名前でデビューしたのですかね。百歩譲って、フォーク・デュオなら分からなくもないですが。
「いんぐりもんぐり」はその後フロントの二人だけで「いんぐりーず」という名前になり、中京テレビで情報番組のレギュラー持ってましたが、また名前聞かなくなりました。

「One More from the Road」は、高校時代K君から借りて聴きました。レーナード・スキナードって名前すら知りませんでしたが、K君が誰かに貸して戻ってきたLPを「これ、いいよー」って言われて借りた覚えがあります。

ジャケットはイラストの道とカーテンの奥にライブ画像、アルバムタイトルもforにXマークしてfromに書き換えてあり、随分安っぽいジャケットだなぁ、との印象でした。

最初聴いた時はピンと来なかったのですが、聴きこむとよくなってきました。やはり、インパクトあるのは「Free Bird」。前半はピアノとスライドギターをフューチャーしたバラード風、後半はトリプルリードギターと「天国への階段」を思わせる構成。ギターソロカッコよく聴こえましたが、さらに聴きこむと結構同じフレーズが何回も出てきてそれ程ではないなと。でも好きな曲です。

SYUNJIさんも事ですから調べはついているかと思いますが、この曲はデュアン・オールマンに捧げた曲でその為スライドギターがフューチャーされているようです。

ヒットした「Sweet Home Alabama」やクリームがカバーした「Crossroad」(私はレーナード・スキナード版を最初に聴いた)、良い曲ぞろいです。

SYUNJIさんも事ですから調べはついているかと思いますが、「Sweet Home Alabama」はニール・ヤングが歌った、南部人を揶揄した「サザン・マン」や「アラバマ」の曲のアンサーソングのようです。歌詞にもニール・ヤングやサザン・マンが出てきます。

彼らは敵対していたのか、と思いきや両者のインタービューを見るとそうではなさそうです。ロニーはライブでニール・ヤングの「今宵その夜」のアルバムジャケットをプリントしたTシャツ着てましたし。

レーナード・スキナードはCDでは「Seconed Helping」しか持っていないのですが「One More from the Road」はデラックスエディションもリリースされているのですね。最近名古屋にもディスクユニオンが出店したので、中古で探してみようかな。

>妻がヴァン・ザント在籍期の熱烈なファン

へー、モンスリーさんの奥さま、趣味が合っていいですね。うちの奥さん、洋楽どころか音楽全般をあんまり聴かない人なので....。

投稿: JT | 2021.12.05 19:44

JTさん、コメントありがとうございます。

>井上陽水はなんであんな名前でデビューしたのですかね。

またよくぞこんなスベリネタを拾っていただいて・・恐縮です。
アンドレ・カンドレって名前はビートルズの「オブラディ・オブラダ」のオマージュだという話を聞いたことがありますが・・

>「いんぐりもんぐり」はその後フロントの二人だけで「いんぐりーず」という名前になり、中京テレビで情報番組のレギュラー持ってましたが、また名前聞かなくなりました。

そうだったんですか・・
といっても、自分も「教師C」しか知りませんけど。

>やはり、インパクトあるのは「Free Bird」。前半はピアノとスライドギターをフューチャーしたバラード風、後半はトリプルリードギターと「天国への階段」を思わせる構成。

「Free Bird」の評価がみなさん高いですね。
少し興味がわいてきました。

>この曲はデュアン・オールマンに捧げた曲でその為スライドギターがフューチャーされているようです。

すいません、調べてませんでした・・
そういう背景があったんですね。

>ヒットした「Sweet Home Alabama」やクリームがカバーした「Crossroad」(私はレーナード・スキナード版を最初に聴いた)、良い曲ぞろいです。

あ、「Crossroad」もあるんですね。
実はクリームで一番好きな曲なのですが、レーナード版も聴きたくなってきました。

>「Sweet Home Alabama」はニール・ヤングが歌った、南部人を揶揄した「サザン・マン」や「アラバマ」の曲のアンサーソングのようです。

すいません、調べてませんでした・・
とにかくモメ事や事故の話ばかり追ってたんで、肝心の音楽の調査が全く不十分で・・(言い訳)

>彼らは敵対していたのか、と思いきや両者のインタービューを見るとそうではなさそうです。

そのようですね。
ニール・ヤングも「Sweet Home Alabama」をライブで演奏したことがあるそうなので、敵対関係はなさそうですね。
あったほうが自分としては興味がわくんですけど・・

投稿: SYUNJI | 2021.12.05 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聴いてない 第278回 バックストリート・ボーイズ | トップページ | 聴いてみた 第169回 ジョージ・ハリスン その2 »