« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

聴いてみた 第163回 ポール・マッカートニー&ウィングス その3

中高年初夏のポール・マッカートニー手遅れ補講シリーズ、今回はウィングスのラストアルバム「Back to the Egg」を聴いてみました。

「Back to the Egg」は79年発表。
ちょうど自分は洋楽を聴き始めた頃で、収録曲のいくつかはリアルタイムで聴いたが、アルバムは聴いていない。
姉は友人からレコードを借りてテープに録音していたが、残念ながらテープの貸し借りをするほど仲良し姉弟でもなかったので、自分は聴くことはなかった。

Back-to-the-egg

あらためて鑑賞前に制作背景を一夜漬け学習。
前作「London Town」の制作中にジミー・マカロックとジョー・イングリッシュが脱退。
いったんウィングスは3人組バンドとなる。
ポールは「London Town」発表後、デニー・レインの紹介でやってきたローレンス・ジューバー(G)とスティーブ・ホーリー(D)をバンドに加入させた。

メンバーがそろったところで、新アルバム制作にとりかかる。
ポールはロックやライブへの回帰を目指し、娘との会話で出た「Back to the Egg」という言葉をタイトルに採用。
観客が夜にコンサートに向かう情景、ラジオ放送やライブそのものなど、臨場感に満ちた過程を表現すべく制作を開始した。
プロデューサーにはクリス・トーマスを起用。
ウィングスとしては最初で最後の外部スタッフによるプロデュースとなる。
(実際にはポールとの共同プロデュース)

このアルバムの目玉イベントはやはり「ロケストラ」だろう。
ポールが構想していた「ロックとオーケストラの融合」を体現すべく、ポール自身が直接ミュージシャン達に電話連絡しまくり、アビー・ロード・スタジオに集合させた。
集まったミュージシャンはいずれもビッグネームばかり。
ピート・タウンゼント、ケニー・ジョーンズ、デヴィッド・ギルモア、ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ、ゲイリー・ブルッカー、ロニー・レインなど、自分が知ってるだけでもそうそうたる豪華メンバーである。
しかも実はリンゴ・スターとキース・ムーン、さらにはジェフ・ベックエリック・クラプトンも参加予定だったそうだ。
不参加となった理由はわからないが、もし参加してたらさらに話題になったと思われる。
ロケストラは丸1日がかりで「Rockestra Theme」「So Glad To See You Here」の2曲を録音。

さらにポールはディスコ・テクノ・ニューウェーブ・パンクといった、当時の音楽シーンでの流行も大胆に採り入れている。
原点回帰と最先端流行の採用という難易度の高い挑戦だったが、ポールの才覚により無事アルバムは完成した。
名義はウィングスだが、ライナーの一部には「ポール・マッカートニー&ウィングス」とも書かれているそうだ。
先行発売されたシングル「Goodnight Tonight」も全米・全英5位と上々の滑り出し。

ポールとウィングスは当然このアルバムを大ヒットさせ、その後ツアーにも出て世界中の会場を連日満員にするぜ・・というつもりだったはずである。
まだそれほど盛んではなかったプロモ・ビデオも8曲分も作り、稼ぐ気満々だったポール。

しかし。
構想も企画も人員もご予算も申し分のないもののはずだったが、なぜかアルバムは期待していたほどのヒットにはならなかった。
もちろん天下のウィングスなので、各国のチャートでトップ10入りは果たしたが、1位を獲得した国はナシ。
全英は6位、全米は8位が最高である。
(一番売れたカナダでも最高2位)
数字だけならこれで十分売れたんじゃねーの?とは思うけど、そこはポール・マッカートニー&ウィングスなので、どうしても世間や事務所の評価はキツくなるんだろう。

さらにシングル「Getting Closer」「Old Siam,Sir」「Arrow Through Me」も全て伸び悩み。
「Old Siam,Sir」は全英35位、「Arrow Through Me」は全米29位、「Getting Closer」なんか全英60位止まりって、本当?
・・・まあ「Getting Closer」はともかく、「Old Siam,Sir」「Arrow Through Me」はシングル向きでもないよね。
サウンドもメロディも大衆向きじゃないし、ポールの曲の中でコレ一番好き!という人もいないでしょ。
あと「Goodnight Tonight」をアルバムには収録しなかったのもマイナス要因だと思う。
ポールほどのマーケティング達人が、どうしてそこを読み違えたんだろうか。

こうなるとがぜん勢いづくのが英米の音楽評論家たちである。
「まずい小さなオムレツ」「最近の記憶の中で最も悲惨な安物の詰め合わせ」「どの曲も少しも肉付けされていない」「この元ビートルズは、ロックンロールの歴史の中で最もダメなレコードにその素晴らしい才能を使ってしまった」「ウィングスなのにどこにも翼がない」などとムチャクチャ厳しい意見が評論家から続出し、今風に言うと大炎上。
評論家の厳しい意見は毎度のことなのでポールはあんまし気にしてなかったらしいが、売り上げがふるわなかったのは結構こたえたんじゃないかと思う。

その後ウィングスはいくつかの国内ライブを経てワールドツアーに出る予定だったが、ご存じのとおりポールは日本公演直前に大麻不法所持で逮捕され、9日間警視庁の留置所で過ごした後強制送還。
予定されていたウィングスの日本公演や以降のツアーも全部中止となった。

自分はこの80年の日本公演に行く予定で、友人がウドーで買ってきてくれたチケットもすでに持っていた。
まさかのポール逮捕に動揺はしたが、中止が決まった時の感想は「ああ残念」よりも「ああ払い戻しの電車賃がかかる」というクソ極貧なものだった。
当時はまだ偏差値の低い極東のバカ中学生だったので、事の重大さがあんましよくわかってなかったんスね。
後に大学でポールの熱狂的ファンの友人に出会うが、そいつは騒動の時に夜中に中目黒の麻薬取締官事務所の前まで行ったそうだ。

こうして自分とポール・マッカートニーの歴史的対面はまぼろし~(チョコプラ調)となった。
まあ「Back to the Egg」すら聴いてなかった自分に、そもそも公演に行く資格はなかったとも言えますけど。

結局このまぼろしな逮捕騒動が、ポールの活動停滞・デニーの脱退・ウィングス解散という途方もないクライシスにつながってしまう。
なので「Back to the Egg」はいまいち売れなかった上にバンドのラスト作品という因縁のアルバムなのである。
聴いてないことへの危機感もそんなになかったが、あらためて調べてみるとかなりいろいろなドラマがあったようだ。

「Back to the Egg」のタイトルに引っかけて、LPではA面に「Sunny Side Up(片面を焼いた半熟目玉焼き)」、B面は「Over Easy(両面焼きの半熟目玉焼き)」という副題が付けられている。
果たしてこの因縁の目玉焼き、どんな味がするのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Reception
ラジオの音から突然曲が始まる。
このラジオの音は実際の放送された音声が使われており、曲の間も裏で続く。
タイトルは「受信」という意味で、ポールがラジオのチューニングダイヤルを回して4つの放送局を見つけた状況を表現しているとのこと。

2. Getting Closer
この曲はほぼリアルタイムで聴いていた。
ウィングスの中では好きな曲のひとつ。
イントロのノイズは前の曲からのラジオチューニング音で、周波数が合った瞬間に曲が始まるという演出。
「Jet」「Rockshow」にも通じる、ノリのいいロックナンバーである。

3. We're Open Tonight(今宵楽しく)
初めて聴く曲。
アコースティックギターが静かに流れ、ややはかなげなメロディでポールが歌う。

4. Spin It On
この曲はかすかに聴き覚えがある。
タイトなリズム、重く響くギターとベース。

5. Again And Again And Again
デニー・レインの作品で、デニー自身がボーカル。
明るい曲で、ベースラインも悪くないが、やはりデニーのボーカルにそれほど魅力を感じない。
ウィングスがバンドであることの証明として、ポールは最後までデニーとリンダも歌うことにこだわったのだろうけど、正直リスナーとしてそこはそんなに大切な点でもないのだ。
全部ポールでいいです。

6. Old Siam, Sir
この曲も聴いていたはずだが、メロディは思い出せなかった。
重たい感じの曲調にキレ気味に歌うポール。
「どこかオリエンタル風」という評価が多いようだが、自分にはあまりそう思えない。
歌詞は昔のタイ(シャム)の村で起きた男女のトラブルを童話のように語るという内容。

7. Arrow Through Me
アルバム中唯一エアチェックで録音した曲。
もちろん柏村武昭の紹介である。
ウィングスの曲だからと気合を入れて録音してみたが、そんなに好みのサウンドでもなかったことを覚えている。
同時期に録音できた「Goodnight Tonight」のほうがずっと好きだった。
あらためて聴いてみると、レゲエやAORのようなリズムにテクノっぽいサウンドやコーラスなど、いろいろ工夫されたアレンジが乗っている。

8. Rockestra Theme(ロケストラのテーマ)
LPではここからB面で、いよいよロケストラ登場。
「ロックとオーケストラの融合を目指したプロジェクト」として「ロケストラ」という造語が付けられた、ということは知っていた。
発表当時は日本盤では「ロッケストラ」という表記だった。
歌詞はなく、ポールはアドリブで歌ってはいるが、インスト・ナンバーとされているそうだ。
ベスト盤「夢の翼」で聴いていたはずだが、実はあまり印象に残っていない。
壮大で面白いサウンドだが、豪華なメンバーの特徴がパートやボーカルを通じてもう少し伝わってくれば・・と思う。

9. To You(君のために)
これも初めて聴く曲。
ヤケクソで投げやりなポールのボーカルがいいという評価だそうだけど、そうかなぁ。

10. After the Ball / Million Miles
ゴスペルのような壮大なメロディ、シャウトするポール。
長いことポールの歌を聴いてきたが、この頃の声の調子はあまりよいとも思えない。
ポール自身はこの声でいけると思っていたのだろうか。
後半の「Million Miles」はアコーディオンだけが鳴るシンプルな曲。
メドレーとした理由はなんだろう?

11. Winter Rose(冬のバラ) / Love Awake
次もメドレーで、冬から春への移り変わりを表現しているとのこと。
前半は哀愁に満ちた冬の調べ、重いリズムでゆっくり進行。
後半は春の訪れをポールお得意のアコースティックなバラードで歌う。

12. The Broadcast
ポールのピアノの音をバックに、男性が詩を朗読する。
歌はない。
朗読したのはレコーディングに使用したリンプ城の所有者ハロルド・マーガリー氏。
ポールとリンダは城に滞在中毎晩マーガリー夫妻から歓待を受け、仲良くなる。
ポールは詩の朗読を録音するアイディアを思いつき、城の図書館にあったマーガリー氏の蔵書からランダムに本を選び、マーガリー氏に好きな散文や詩を読んでもらった。
その中からイアン・ヘイ作「The Sport Of Kings」とジョン・ゴールズワージー作「The Little Man」を採用したとのこと。
高尚な富裕層のお遊びといった感じだが、詩の中身はさっぱりわからない。

13. So Glad To See You Here
ロケストラによるロックナンバーで、ポールはボーカルとベースを担当。
アルバム中一番ノリのいい曲だが、メロディがあまり明るくない。
当初はこの曲がラストの予定だったそうだ。

14. Baby's Request
最後に追加で収録されたのが、ピアノとギター中心のジャズ調のバラード。
これで終わりにしたのは正解だと思う。
イギリスでのシングル「Getting Closer」のB面がこの曲だったそうだ。

以下はボーナストラック。
15.Daytime Nightime Suffering
16.Wonderful Christmastime
17.Rudolph The Red-Nosed Reggae(赤鼻のトナカイ)

なお2007年のiTunesでの再発時にはボーナストラックとして「Goodnight Tonight」のリミックスが追加されている。
なんでアルバムにこの曲が収録されなかったのか、ずっと不満だった。
同じように思っていた人も多いと思う。

ようやく聴き終えた。
感想としては、どこか散漫な印象がまずある。
ロックありバラードありテクノあり、パンクやレゲエやジャズの香りあり、メドレーからインストから詩の朗読までいろいろ多面的ではあるが、思ったほど印象に残らない曲が多い。
ロケストラの2曲も明るくなく、聴いていてそれほど楽しくない。
ロケストラという情報を仕入れずに聴いたら、評価はもっと下がっていた可能性がある。

ポールはいろいろやりたくて詰め込んでみたのだろうけど、そのいろいろが全部ありがたかった・・というようにはならなかった。
「Getting Closer」は昔から好きな曲だが、他にあまり繰り返し聴きたくなるような曲がない、というのが正直なところ。
聴いていた「Spin It On」「Arrow Through Me」がそれほど好みではなかったので、初めて聴く曲に期待していたのだが、その期待どおりにはいかなかった。

ウィングスのアルバムはこれで「Wild Life」以外は全て鑑賞したが、残念ながら「Back to the Egg」には「Venus and Mars」「Band on the Run」ほどの楽しさはまだ感じない。
たぶん今後もその差が埋まることはない気がする。

もしリアルタイムで聴いていれば、それなりに繰り返し聴いたとは思う。
ただしいわゆる愛聴盤となっていたかは自信がない。
この翌年に出た「McCartney II」は、友人からレコードを借りてテープは繰り返し聴いてきたが、そこに愛はあるんかと大地真央に問われたら、実はそんなに自信はないのだ。
よく聴いたアルバムではあっても、好きなアルバムかというと微妙なところ。
「Back to the Egg」もたぶんそうなっていたような気がする。

ネット上では「最高傑作ではないが好きなアルバム」といったあたたかい評価が意外に多い。
自分がその境地までたどりつくにはまだまだ時間がかかりそうである。

ジャケットはヒプノシスのデザインで、ウィングスのメンバーがビリヤード台のようなハッチを通して宇宙空間に浮かぶ地球を見下ろしている写真。
メンバーの背後にあるマントルピースの上の小さな像は、「Greatest Hits」のアートワークに表示されているものと同じだそうだ。
初めて知った・・
このジャケット、ウィングスのアルバムの中ではSFチックで好きなほうである。

というわけで、発売から42年も経ってやっとたどりついた「Back to the Egg」。
聴いてみた達成感はそれなりにありましたが、満足感・充足感は思ったほど得られませんでした。
ウィングスの残る未聴盤は「Wild Life」のみとなりましたので、早急に聴いて全盤制覇したいと思います。

| | | コメント (8)

聴いてない 第273回 Eve6

今日は自分が暗黒の90年代に仕入れた数少ないバンドを採り上げます。
打ち間違いではありません、Eve6。
みなさんはこのバンド、ご存じでしょうか?

Eve6は90年代に登場したカリフォルニア出身のバンド。
読み方は「イヴシックス」でいいはず。
デビュー直後に大ヒットした「Inside Out」だけ聴いている。
自分にとっては「最近の人たち」という印象だが、20年以上前の話を「最近」などと言ってしまう中高年あるあるなバンドである。(意味不明)

全米では大ヒットしたらしいけど、日本での人気や実績は全くわからない。
というかメンバーの顔も名前も人数も資産も全然知らない。
「Inside Out」のプロモ・ビデオの音声をカセットテープに録音したのだが、映像は全く覚えていない。
「仕入れた」とかほざいてますけど、1曲しか知らないので仕入れてもいないレベル。
聴いてない度は2。

仕方がないので20年以上経ってよろよろとEve6情報の仕入れに出かけることにしました。
しかし心の友ウィキペディアは日本語版がない。
こりゃあ日本での実績はかなり厳しい予感がするなぁ。
英語版をGoogle翻訳で適当に訳しつつ、他のサイトも見ながらまとめたEve6の歴史は以下である。

Eve6は95年に南カリフォルニアで結成された。
結成時のバンド名はヤクーだったが、その後イレブンティーンに改称。
メンバーは以下の方々である。
・マックス・コリンズ(B・V)
・ジョン・ジーベルズ(G・V)
・ニック・メイヤーズ(D)

イレブンティーンは95年にRCAと契約してシングル曲をレコーディングするが、直後にニックが脱退。
ドラムと後にキーボードも担当するトニー・フェイゲンソンが加入し、バンド名をEve6とした。

1998年にジャケットがハエのアルバム「Eve6」でデビュー。
シングル「Inside Out」はオルタナ系のモダン・ロック・チャートでいきなり1位を獲得。
アルバムもUS Billboard 200の週間チャートで33位を記録した。
なお日本盤では「Inside Out」のアコースティックバージョンも収録されているそうだ。

2000年に2枚目のアルバム「Horroscope」を発表。
アメコミ系のジャケットにかすかに見覚えがある。
シングル「Promise」「Here's To The Night」 の2曲がヒットし、アルバムはゴールド・セラーとなった。
日本盤にはなぜかジョン・デンバーのカバー「Jet Plane」がボーナストラックにある。
誰の発案?
すっかり人気者となったEve6は、この後1年半もツアーに出続けることになる。
2000年のフジ・ロック・フェスティバルにも出演が決まっていたが、飛行機のトラブルのため来日できなかったそうだ。(代役はデッドウェイトが務めた)

世界中を回り続けたEve6はさすがに疲れたため、方向転換を試みる。
2003年にはパンク色をやや抑えたアルバム「It's All In Your Head」をリリース。
シングル「Think Twice」はヒットしたものの、アルバムは思ったほど売れず、レコード会社との契約も解除されてしまう。
マックス・コリンズは治療が必要なほどのアルコール中毒となり、バンドは内外で問題が噴出。
2004年にEve6は無期限の活動休止を発表することになる。

Eve6は休眠となったが、マックスとトニーは「The Sugi Tap」というユニットで活動を開始。
ユニットはデモ曲を録音したり、カリフォルニアでライブを行うなどして1年が経過。

このユニットにギタリストのマット・ベイアーが加わる形でEve6は再結成する。
アルバムは出さなかったが、新曲をレコーディングしたりライブを行うなど活動を継続。
さらにインディーレーベルのフィアレス・レコードと契約した後、マット・ベイアーが脱退し、ジョン・ジーベルズが復帰する。

復活したEve6、初期の2作でプロデューサーを務めたドン・ギルモアを再度プロデューサーに起用し、2012年に9年ぶりの新作アルバム「Speak in Code」を発表。
このアルバム、ウィキペディアでは「ダンスの影響を受けた曲が多い」と書いてあるが、Amazonだと「ヘヴィメタル」に分類されているのだが・・どっち?
なおドン・ギルモアはあのデイヴ・ギルモアの息子・・というわけではなく、調べてもデイヴさんとの関係は全然見つからないので、親戚とかそういう関係でもなさそうです。

2012年末にはファーストアルバム「Eve6」のリマスター盤も発売された。
2014年には沖縄の米軍基地「キャンプ・シュワブ」のフェスティバルで演奏。
なお出演日は異なるが、このフェスティバルにはブラインド・メロンも登場している。

鉄壁のトライアングル復活でEve6もこれで安泰かと思われたが、2018年4月にトニー・フェイゲンソンが脱退を表明。
後任ドラマーとしてベン・ヒルジンガーが加入。
現在もこの3人で活動中で、スタジオ盤は「Speak in Code」以降出ていないが、2020年にはライブ盤「The Fly Record Live」、今年に入ってもEP盤「Grim Value」を発表している。

初めて聴いてから23年も経ってようやく概略は把握した。
くくりとしては「オルタナ」「インディーズ」といったキーワードで表されるバンド、で合っているだろうか。
全米レベルのヒット曲はあるが、日本ではそれほど実績は残せていないようだ。
もっとも2000年以降の音楽界では日本というマーケットそのものが縮小傾向にあるので、Eve6だけが苦戦してたわけでもないとは思うが。

「Inside Out」について言えば、明るく楽しいという馬場派サウンドではなく、ギターもドラムも尖ったソリッドな音がする。
ボーカルもツヤと伸びのある高音・・とはかなり違った、結構太い声だ。
個人的にはこの音は嫌いではなく、同じ頃聴いていたサード・アイ・ブラインドにもどこか似ていると感じる。
You Tubeで「Inside Out」以外の曲もいくつか聴いてみた。
やはりどれもあまり明るくはないが、サウンドは悪くない。
お気楽な感想だが、たぶんアルバム全部を聴いても飽きないと思う。

というわけで、Eve6。
スタジオ盤はポリスより少ない4枚なので、今から全部聴くことも全然可能ですけど、聴くとしたらやはり発表順に追っていくのが正しいやり方でしょうね。
一番興味があるのはデビューアルバムですが、他におすすめがあればご指導いただけたらと思います。

| | | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »