« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

聴いてみた 第161回 ブルース・スプリングスティーン その2

今日聴いてみたのはブルース・スプリングスティーンの「Darkness on the Edge of Town(闇に吠える街)」。
1年半ぶりの中高年ボス赤点補講である。

「闇に吠える街」は78年発表の4枚目のアルバムで、前回聴いた「明日なき暴走」の次の作品。
「明日なき暴走」発表後、元マネージャーのマイク・アペルとの訴訟問題が起こり、これに時間と労力とお金を費やしてレコーディング開始が大幅に遅れたそうだ。

Darkness-on-the-edge-of-town

さらにいったん「Badlands」という名前でアルバムが77年10月にほぼ完成したものの、ボスは内容に納得がいかず、最終的にレコーディングは78年1月までかかってようやく終了。
この期間にボスが書いて録音した曲は50曲以上にのぼったとのこと。

実績としては前作「明日なき暴走」の全米3位にはわずかに及ばなかったものの、全米5位を記録。
逆に日本では「明日なき暴走」の52位を超えて33位となった。

他に名盤があり過ぎるためか、ボスの作品の中ではやや地味な扱いを受けているらしい。
95年に発売されたベスト盤でも、このアルバムからは「Badlands」しか収録されていない。
そんな意外な位置づけの「闇に吠える街」。
日本語の文字面だけだとただの近所迷惑にも取れるが、果たしてどんなアルバムなのだろうか。

・・・・・聴いてみた。

1.Badlands
この曲だけはベスト盤やFM番組で録音したライブで聴いていた。
ほぼ全編にわたりツインボーカルのように声が重ねられている。
歌詞は厳しい内容だが、それでも希望を失わず前に進むしかないというボスお得意の世界観。
タイトルの「Badlands」は草木や作物が育たない不毛な土地という意味だが、「不況で荒廃した・荒れ果てた街」と人文的に訳したほうが伝わるようだ。

2.Adam Raised a Cain(アダムとケイン)
やや重めのサウンド。
旧約聖書にある父と子をテーマにした歌詞だが、そもそも知識や感覚が自分に土台として備わっていないので、訳詞を読んでもあまりよくわからない。

3.Something in the Night
スローなバラード。
ボスの力を込めたボーカル、遠吠えのような叫びがいい。

4.Candy's Room
静かな立ち上がりからテンポアップして軽快に飛ばす。
中盤以降のギターは少し意外な感じがする。

5.Racing in the Street
これも静かなバラード。
ピアノで始まり、徐々に他の楽器も加わってくる教科書どおりの展開。
途中聞こえるキーボードが印象的。

6.The Promised Land
LPではここからB面で、A面の「Badlands=不毛な地」と「Promised Land=約束の地」が対になっているらしい。
そのせいか雰囲気は「Badlands」に似ていて、ややパワーをゆるめた感じ。
歌っている内容も通じるものがある気がする。
構成はいつものボスの曲のとおりだが、間奏のサックスとハーモニカが効果的なアクセントになっている。

7.Factory
ゆったりとしたリズム、シンプルなサウンド。
工場で働く労働者を歌った内容で、「これが仕事、働くしかない人生」という身につまされる歌詞だが、メロディは決して暗くないところにかすかな希望を感じさせるというパターンだと思う。

8.Streets of Fire
さらにゆるいリズムでやや気だるそうにボスが歌う。
ギターが少し辛口で騒々しい気がする。

9.Prove It All Night(暗闇へ突走れ)
この曲はアルバムに先行してシングルカットされたそうだ。
典型的なボスの楽曲だが、中盤のサックスの後のギターソロは切れ味が鋭すぎて少々聴きづらい。

10.Darkness on the Edge of Town(闇に吠える街)
ラストはミドルテンポなタイトル曲。
歌詞はやっぱり金も妻も失った男が街外れの暗闇(賭場?)に行くしかないという厳しい話。
リズムもサウンドも、どこかで聴いたことがあるような気がするが、おそらく後のヒット曲であちこち採用されているのだと思われる。

聴き終えた。

「明日なき暴走」に比べてやや静かで控えめという評価は、確かにその通りだと感じる。
前回感じた「スタジオ盤なのにライブ感」も、今回は思ったほど感じなかった。
もちろん明るい曲・力強い曲もあるが、トータルでは落ち着いた雰囲気の曲が多い。
一度は完成したアルバムを不満に思ってレコーディングをさらに続けて作り上げたそうなので、この雰囲気はボスの意図したもののはずだ。
「明日なき暴走」との優劣はつけにくいが、この落ち着きは聴きやすいことは確かだ。

歌詞の内容は前作と同様、金にも運にも女にも恵まれず荒れた街でもがく労働者の男が基本。
ボスの描く労働者は決してファンタジーではなくリアルな社会問題であり、それが当時のアメリカの若者の共感を呼んでいたのだろう。(毎回知ったかぶり)

聴いた限りでは全くわからないのだが、意外なことにパンクの影響を受けた作品でもあるそうだ。
レコーディング当時はパンク全盛期であり、ボスも含め同世代のミュージシャンにとって無視できない存在がパンクだった。
サウンドそのものやスタイルをパンクに寄せたわけではなく、アルバムの根底にはパンク同様のエネルギーがある、ということらしい。
なんか勝手にパンクとは縁遠い人かと思ってましたが、そういうことのようです。

「闇に吠える街」は、「明日なき暴走」と全米No.1アルバム「The River」の間にはさまれた谷間の作品という評価が多いようだ。
実績は確かに前後のアルバムには及ばないし、ファンの間でも「これぞボスの真骨頂!最高傑作!!」と主張する人もそれほど多くはないんでしょうね。

ただし、ベスト盤に収録されたのは「Badlands」だけではあるものの、ライブでは「The Promised Land」「Prove It All Night」とともに重要なナンバーになっているそうだ。
2010年11月にはリマスター盤と未発表セッション音源の3枚組CDとDVDを含むボックスセット「The Promise: The Darkness on the Edge of Town Story」がリリースされているので、ボスとしても思い入れのあるアルバムだと思われる。

ジャケットはニュージャージー州の自宅で撮ったボスの写真。
タイトルや名前の文字もタイプライターで打ち込んだような書体。
感想は特にないけど、少なくともジャケットデザインにおいては、当時のパンクやサイケといった流行のアートを採り入れるようなことはしていない。
というかボスのジャケットはどのアルバムもあまり凝ったものはなく、中身で勝負の代表的なミュージシャンだ。

ということで、「闇に吠える街」。
これは聴きやすくてよかったです。
70年代の未聴盤は「アズベリー・パークからの挨拶」「青春の叫び」が残っているので、早めに聴いておこうと思います。

| | | コメント (2)

聴いてない 第270回 カジャグーグー

今日のお題は懐かしのカジャグーグー。
自称80年代洋楽BLOGとしてはあまりにも遅い採り上げ。
さすがにスルーも大人げないので、今回ようやく採用に至った次第。
決して暖めていたわけでも出し惜しみでもなく、BLOG開設18年目にしてようやく登場となりました。

カジャグーグー、聴いたのは大ヒットしたデビュー曲「Too Shy(邦題:君はTOO SHY)」と、あとは「Hang on Now」の2曲だけ。
アルバムは聴いておらず、聴いてない度は3。
メンバーはもちろんリマールしか知らない。
日本ではたぶんリマールの「ネバー・エンディング・ストーリー」のテーマソングのほうが知名度は高いのではないですかね?
リマールも含め、上記3曲とも全て「サンスイ・ベストリクエスト」で折り目正しく録音している。

長いこと80年代洋楽に溺れたことにしてきたつもりが、当時の大英帝国第7世代芸人の中できちんとアルバムまで聴き倒したのはデュランカルチャー・クラブくらいで、カジャグーグーもスパンダー・バレエABCヒューマン・リーグワム!もG.I.オレンジも全然マジメに聴いてこなかったのだ。
これだとちっとも溺れてませんね。
もっと本格的にカジャグーグー追っかけてた元少女は日本にもたくさんいたはずだ。

当時の日本の音楽雑誌での露出は多く、華々しいデビューだったことは知ってはいる。
デビュー曲「Too Shy」はニック・ローズがプロデュースしたこと、デュランの弟分バンドと言われていたこと、その後リマールが脱退して残ったメンバーがバンド名を「カジャ」に変えたこともなども情報として伝わっていた。

ただしアルバムもメンバーの個人情報も正しく学習するに至らず、知識と鑑賞はここまでで止まっている。
そこで台本どおりカジャグーグーの調査を開始。
ところがウィキペディア日本語版は予想以上に情報量が多く、驚いたことに英語版よりも長い。
日本にはそれだけ根強いファンがまだ多いということなんだろうか。

バンドの原型は78年に結成されたアール・ヌーヴォーという4人組。
メンバーはニック・ベッグス(B)、スチュアート・ニール(K)、スティーブ・アスキュー(G)、ジェレミー・ストロード(D)。
アール・ヌーヴォーは「The Fear Machine」という曲をリリースしたが、レコード会社との契約には至らなかった。

81年にリードボーカルのオーディションを受けてクリストファー・ハミルが加入。
クリストファーは加入と同時に芸名を「Hamill」の綴りを入れ替えて「Limahl」とした。
へぇー・・知らなかった。
山崎弘也がザキヤマと名乗ってるようなもんかな。(適当)
さらにバンド名もカジャグーグーに変更。

カジャグーグーがスタートから飛躍できたのは、リマールが加入したからである。
彼のボーカルとしての実力やビジュアルももちろんだが、リマールがデュランのニック・ローズと出会ったことも非常に大きな要因だった。

リマールが初めてニック・ローズに出会ったのは、ロンドンのクラブでウェイターとして働いていた時だった。
当時リマールのガールフレンドがサイモン・ル・ボンと知り合いで、サイモンを通じてニック・ローズと出会い、ニックがカジャグーグーをEMIのコリン・サーストンに紹介。
バンドは82年7月にEMIレコードと契約し、最初のシングル「Too Shy」が全英1位というジャニーズの新ユニットみたいな快挙を達成する。
続くシングル「Ooh To Be Ah」が7位、「Hang on Now」は13位を記録。
さらにニック・ローズとコリン・サーストンがプロデュースしたアルバム「White Feathers」も全英5位を記録した。

カジャグーグーが記憶に残っているのは、この輝かしいスタートの勢いがあまりにも短かったからだ。
翌83年には早くも内紛が勃発。
ロックバンドの定石どおり「音楽性の違い」を理由にリマールは脱退。
ホントのところはお金や力関係のもつれによる衝突で、リマールは解雇されたという話。
そもそもアール・ヌーヴォーとしてはファンクなサウンドを目指して活動しようとしてたはずが、リマール登場とEMIの戦略によりアイドル路線を強いられ、リマールはバンド内でエラそうにしやがるし・・といった不満が蓄積し我慢も限界に・・というわかりやすい展開。

84年、4人に戻ったカジャグーグーはシングル「The Lion's Mouth」「Turn Your Back On Me」とアルバム「Islands」を発表。
しかしリマール脱退のダメージは予想以上にでかく、いずれもチャートでは20位にも届かずに終わってしまう。
バンドはアルバム「Islands」のツアーで各国を巡り、日本公演も行われた。
ということは、この日本でのライブにはリマールはもういなかったんスね。
当時はまだ日本市場も期待されていたようで、シングル「The Power to Forgive」は日本でのみ発売されている。

日本から戻ったバンドはシングル「Turn Your Back on Me」リミックス盤を発表。
アメリカダンスチャートでは好調で、2週間で2位に到達するヒットとなる。
しかし次のアルバム制作途中でジェレミー・ストロードは脱退。

残った3人はバンド名を「カジャ」にリニューアル。
アルバム「Crazy Peoples Right To Speak(邦題:カジャ3)」とシングル「Shouldn't Do That(涙の傷あと)」を発表するが、アルバムは100位にも入らず、シングルも全英63位に終わる。
これでカジャの商業的失敗は決定的となり、バンドは85年12月に解散した。
その後メンバーはそれぞれバンドを組んだり他のアーチストのサポートをするなどして地味に活動。

一方リマールはカジャグーグー脱退直後に映画「ネバー・エンディング・ストーリー」のテーマソング「The Never Ending Story」を世界中で大ヒットさせる。
この曲はフェードインで始まり、最後はフェードアウトで終わっていくが、この演出が映画のタイトルどおり「終わりがない」ことを意味しているそうだ。
だがリマールもその後はヒット曲が出せず、87年にはレコード会社との契約が切れ、活動は停滞。
92年にはかつてのヒット曲をリメイクした「Too Shy '92」を発表したが、あまり話題にはならなかった。

カジャグーグー再結成に向けて動き出したのはリマールのほうだった。
98年頃からリマールは他のメンバーに再結成しようぜと呼びかけたが、ニック・ベッグスは応じなかった。
カジャグーグーの屋号が忘れられないリマールは、自身が脱退後にカジャグーグーが発表した曲を歌入れし直し、自分の新曲も加えたベスト盤として発表した。
脱退分裂しても、やはりリマールあってのカジャグーグー。
その後も「リマールのソロ+カジャグーグーの曲」といった企画盤は何度も発表されているようだ。
なおリマールからのお誘いを蹴ったニック・ベッグスは、99年にジョン・ポール・ジョーンズに同行する形で来日している。

もはやこれまでかと思われたカジャグーグー。
とりあえず一夜限りではあったが、再結成は2003年に実現した。
アメリカのケーブルTVの番組企画で、カジャグーグーの5人はロンドンでライブを行い、「Too Shy」「Hang on Now」と「ネバー・エンディング・ストーリーのテーマ」を演奏。
企画は大好評で、ファンからも関係者からも再結成を望む声や申し出があったが、やっぱりお金のことでメンバー間で意見の不一致が続き、結局リマールとジェレミーは再結成をあきらめて離脱。
残る3人はカジャグーグーとして活動を再開したが、契約や権利関係処理などで難航し、新曲やアルバム発表延期などグダグダが続いた。

2008年にようやく5人そろっての再結成が決まり、ツアーに出たり新曲をネット販売するなど、多面的に活動。
ただしこの頃からもうメンバーはバンドとしての活動自体にはそれほどこだわらなくなっていたらしい。
再結成プロジェクトも数年で盛り下がり徐々にフェードアウト。

2016年にはリマールが来日公演を行い、カジャグーグーやソロ曲の他、ジョー・ジャクソンやデュラン・デュランの曲も歌った。
同じ年にニック・ベッグスはスティーブ・ハケットの日本公演に同行。
カジャグーグー出身なのにプログレのスティーブ・ハケットに同行とは意外な気がするが、元々ニック・ベッグスは子供の頃はイエスのファンで、クリス・スクワイアのベースにあこがれてプロを目指そうと決心したそうだ。
・・・そこは「ジェネシスのファンだった」と言うべきではないのか、ニック?

ただニックは直前にリマールも来日公演してたことは全く知らなかったらしい。
連絡も取らず、互いの活動にも全く関心はないまま、それぞれが同じ年に来日して歌って帰った、という状態。
当時のインタビューでニックは「カジャグーグーは僕の中ではもう終わっている」「好きなアルバムは1枚もない」と発言している。

以上がカジャグーグーの華麗なる戦国歴史絵巻だが、5人組バンドとして人気絶頂だったのはわずか1~2年ほど。
ピークがあまりにも急激かつ短期だったため、メンバーにも周囲にもいろいろなトラブルが続発したんでしょうね。
ニック・ベッグスにしてみれば、「後から入ってきたリマールの野郎が、おカネも人気も全部持っていこうとしやがって・・」と感じたのだろう。
ロックバンドだから珍しくもなんともない展開だが、まあそうでしょうねという図式ではある。

聴いた2曲については、当時の英国エレポップの中ではやや柔らかく、デュランやABCのような神経質なテイストが薄いと感じていた。
そこはリマールのボーカルが醸し出す魅力でもあり、日本でも人気があった理由でもあると思われる。
「Hang on Now」はエコーが効いた幻想的なサウンドがなかなかよかったと思う。
仮定は無意味だが、もし「ネバー・エンディング・ストーリー」がカジャグーグーの曲としてヒットしていれば、ミーハーな若き自分はきっとアルバム鑑賞に進んでいただろう。

というわけで、カジャグーグー。
スタジオ盤は再結成後を入れても4枚だそうですが、聴くとしたら当然デビューアルバムでしょうね。
ただ今回はもう結論が出てしまってますが、自分はリマール&カジャグーグーのベスト盤でいいかなと思ってます。

| | | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »