« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

聴いてない 第269回 シュガー・レイ

聴いてないアーチストは売るほどあっても、ネットで検索すれば経歴から人相から実績から賞罰までだいたいわかり、なんなら曲やプロモ・ビデオまでスマホで鑑賞できる世の中。
こんな便利な状況がますます聴いてないことの緊迫感を削いでいるが、それでもネットで得られた情報に驚愕することはまだ多い。
今日採り上げるシュガー・レイも、結構驚きのバンドである。

シュガー・レイ、「Every Morning」しか聴いておらず、聴いてない度は2。
メンバーの人数も名前も知らない。
「Every Morning」もたまたま聴いたNOW系オムニバスCDに入っていただけで、その後バンド情報を調べることも他の曲を聴くこともなく今に至る。

毎回アーチスト情報を調べて驚くことを繰り返しているが、シュガー・レイ検索で一番驚いたのが「初期はメタルバンド」「もともとは重いニューメタルスタイルの音楽を演奏していた」という点。
唯一聴いてる「Every Morning」は、サウンドだけならわりと乾いた軽い感じの曲であり、とてもメタル出身の人々が出す音とは思えない。
驚愕レベルで言えば、「テイラー・スウィフトがカントリーの人」と同じくらいである。(あまり伝わらない)

驚いたからと言ってメタルなシュガー・レイを聴きたくなったわけでもないが、変遷に若干の興味がわいたので、本日採り上げる次第。
ということでいつもの通りウィキペディアを最初に頼ってみたが、英語版と日本語版では文章量が相当違う。
もちろん英語版のほうが圧倒的に詳しい。
なのでまずは英語版をムリヤリ翻訳して調査開始。

シュガー・レイは1986年(ウィキペディア日本語版だと1992年)にカリフォルニア州ニューポートビーチで結成されたアメリカのロックバンド。
結成時のメンバーは、カリフォルニア州南部のオレンジ・カウンティで育った以下の4人。
・マーク・マッグラス(Vo・G)
・ロドニー・シェパード(G)
・マーフィー・カージス(B)
・スタン・フラッツァー(D)

源流はロドニー・シェパードとスタン・フラッツァーが組んでいたトーリーズというバンド。
その後、マーフィー・カージス、マーク・マッグラスが加わり、バンド名をシュリンキー・ディンクスに変更。
バンドはアトランティック・レコードと契約した後、名前をシュガー・レイに変えて95年「Lemonade and Brownies」でレコードデビュー。
これがメタル時代の作品ということになるが、いわゆる80年代の重金属厚底ブーツ鎖鎌系なメタルとは違い、ラウドロック・オルタナティブ・ラップなどの要素が織り込まれた「ニューメタル」とのこと。
あまりよくわかりませんけど・・

その後バンドに帯同していたクレイグ"DJホミサイド"ブロックが正式加入。
97年のシングル「Fly」はアメリカやカナダのラジオで盛んにオンエアされた。
これがバンド最初のヒットとなったが、CDシングルがアメリカで発売されなかったため、ビルボードのエアプレイチャートの1位を4週連続で保持。

同時にミクスチャー・ロック路線アルバム「Floored」を発表。
邦題が「シュガー・レイのアメリカン・ドリーム'97~爆走街道まっしぐら、俺らに勝る敵はナシ!」って、本当?
この不思議なタイトルのアルバムが、「Fly」の大ヒットにも牽引されて全米ウィークリーチャートで最高12位を記録する。
ただし「Fly」はゆるいレゲエ調の曲で、アルバム全体の雰囲気とは異なっており、バンドは「Fly」のヒットに活路を見出す。
スタイルをよりラジオ向きな優しいポップサウンドにシフトさせることを選択する。

方向転換については、メンバーやスタッフにはプレッシャーも迷いもなかったそうだ。
まずは「Every Morning」をシングルとして先にラジオでどんどん流し、1ヶ月後にアルバム「14:59」をリリース。
「Every Morning」の他にも「Live & Direct」「Someday」などアコースティックギターを使った曲を増やし、スティーブ・ミラー・バンドのカバー「Abracadabra」も収録。
バンドの狙いどおり「Every Morning」「Someday」は大ヒットし、アルバムも全米17位・300万枚の売り上げを記録した。
ということでバンド最大のヒットは偶発的なものではなく、戦略的に練られたものの結果だったようだ。

2001年のセルフタイトルアルバム「Sugar Ray」からは、シングル「When It's Over」が全米13位と健闘。
他にも「Answer the Phone」「Under the Sun」「Words to Me」も人気を博した。

2003年にはアルバム「In the Pursuit of Leisure(邦題:レジャーでGO! )」を発表。
シングル「Mr.Bartender(It's So Easy)」は、スウィートのヒット曲「Love Is Like Oxygen」と、ミッドナイト・スターのヒット曲「NoParking(On the DanceFloor)」のサンプリングを含む曲で、ビルボードのアダルトトップ40の20位に到達。
またジョー・ジャクソンの「Is She Really Going Out with Him?」をカバーするなど意欲的な作品だったが、残念ながらアルバムは135,000枚しか売れず、前作よりも実績は大幅にダウン。
この商業的失敗はバンドの活動や人間関係にも大きく影響し、次のアルバムのリリースまで6年かかるという事態になった。

2005年にベスト盤を発表したが、マーク・マッグラスはテレビ番組の仕事に専念し、バンド活動は停滞。
レコード会社からも契約を切られてしまう。
2009年にようやくインディーズレーベルからアルバム「Music for Cougars(邦題:復活の常夏番長)」がリリースされた。
レゲエやアコギなどメロディアスなサウンドを基調としたロックだが、没個性が進み、過去の作品ほどの実績を残せず、ビルボードチャートでも80位止まりで、復活とは言いがたく名前負けした結果に終わってしまう。
このアルバムを最後に、マーフィー・カージス、スタン・フラッツァー、クレイグ"DJホミサイド"ブロックはバンドを去る。

残ったマークとロドニーはサポートメンバーを募集してツアーにも出るなど、なんとかバンド活動は続けたものの、やはり脱退したメンバーとは訴訟沙汰でモメるという、ロックバンドあるあるな展開に。
2016年にはベーシストのクリスチャン・アタードとドラマーのディーン・バターワースが正式加入する。

シュガー・レイとして新作アルバムが発表されたのは前作から10年後の2019年。
マーク・マッグラスが出演するテレビ番組プロモーション用のセッションがきっかけで、新たに大手レコード会社と契約。
7月に新作「Little Yachty」を発表した。
ポップ、レゲエ、カリプソ、ソフトロックなど、ジャケットのイメージそのままの夏を思わせるさわやかなサウンドだそうだが、どれだけ売れたのかはよくわからない。

・・・毎度のことながらすみずみまで知らない話ばかり。
唯一聴いた「Every Morning」は、バンドの代表曲であることは間違いなさそうだが、初期はメタルで途中からレゲエやオルタナやラップやポップも採り入れるなど、想像以上に多角経営な音楽のようだ。

「Every Morning」は確かにゆるいリズムに乾いたサウンドが乗るお気楽な曲で、悪くない。
ボーカルもサビの部分にはしっかりバックコーラスを当てるなど、聴きやすい工夫がされていると感じる。
歌詞は相手の女にとって自分が本命ではなく浮気相手という状態の心情を綴るという、サウンドほどお気楽ではない内容。

今回公式サイトで他の曲もいくつか聴いてみた。
初期の「Mean Machine」は、メタルというよりパンクな感じで、かなり騒々しい。
感覚的にはXTCのデビューアルバムを聴いた時の印象に近い。
もしこの曲でシュガー・レイに出会っていたら、おそらくその後も受け付けなかった可能性が高い。
と言っても「Every Morning」で出会ってもこれしか聴いてないので、結果は変わりませんけど・・

「Fly」は気だるいレゲエのリズムにラップや印象的なギターが乗っており、「Mean Machine」とは確かに全然違う。
その後の「Every Morning」にも少し通じるところもあり、「Someday」「When It's Over」も似たような路線にあると感じる。

プロモ・ビデオを見て思ったが、シュガー・レイは映像制作にはあまり凝ってはいないようだ。
海やビーチなど夏をイメージした映像は多いが、基本は演奏歌唱風景であり、物語仕立てやCGや役者を使った演出などはあまりない。
90年代以降のプロモーション映像のトレンドがどんな様子だったのか詳しく知らないが、シュガー・レイの場合は楽曲そのままに気楽に見てくださいということなのだろうか。

調べていて誰もが感じるのが、日本語のタイトルやキャッチが異様にダサい点。
90年代後半以降なので、洋楽の邦題やアオリなんてだいぶ廃れていったはずが、「爆走街道まっしぐら」「レジャーでGO!」「復活の常夏番長」など、イケてたのかスベってたのかももはやわからないレベル。
日本のレコード会社も明らかに狙って付けてみた感がありありである。
これがどれくらい国内の売り上げに貢献したのか知らないけど、ファンの間ではどういう評価だったのだろうか。

というわけで、シュガー・レイ。
初期のメタル情報にも驚きましたけど、思った以上に多面的な楽曲と観念を持ってるバンドのようです。
少なくとも「14:59」は必修科目と思われますが、みなさまの鑑賞履歴はいかがでしょうか?

| | | コメント (2)

聴いてない 第268回 ジョン・パー

年の初めに入院なんかしてしまったので、2021年最初の音楽記事を2月半ばになってやっと書いているSYUNJIといいます。
2021年のトップを飾るにふさわしいアーチストをムリヤリ見つけてきました。
80年代に洋楽を聴いていた方なら覚えておられるであろう、ジョン・パー。

もちろん聴いてないのだが、大ヒット曲「St. Elmo's Fire」の他に「Two Hearts」を聴いているので、自分にしては健闘してるほうだと思う。(エラくない)
聴いてない度は3。

ぼんやりとしか認識してなかったが、上記2曲はいずれも映画のテーマ曲である。
曲と同名の映画「セント・エルモス・ファイアー」は85年の作品で、エミリオ・エステベス、デミ・ムーア、ロブ・ロウ、アンドリュー・マッカーシーらが出演する青春ドラマ。
一方「Two Hearts」は映画「愛と栄光の旅立ち/アメリカン・デュエット(原題:American Anthem)」のテーマ曲に使われた。
ただしこの映画は日本では公開されていない。
プロレスラー馳浩の入場テーマ曲でもあるそうだ。
そうだっけ?
まあイントロから勇ましいファンファーレみたいな音で始まるので、レスラー入場曲としてもマッチはしてると思いますが・・

ジョン・パーについては名前とこの2曲しか知らず、当時の雑誌やテレビ・ラジオでジョン・パーの情報を得たこともないので、略歴・国籍・賞罰・顔立ち・資産形成など一切不明。
そこであらためてジョン・パーの愛と栄光の経歴を調査開始してみたが、ウィキペディア日本語版はがっかりするほど淡泊で、プロフィールなんかたった1行しかない。
そこでウィキペディア英語版や音楽関連BLOGからなんとかかき集めた情報が以下である。

ジョン・パーの本名はジョン・スティーブン・パー。
1952年にイギリス中西部にあるワークソップという街に生まれる。
音楽活動を始めたのは少年時代。
12歳で早くも同級生とともにサイレンスという名のバンドを結成。
15歳くらいでバンドはプロになり、ヨーロッパをツアーし始める。
背景はよくわからんけど、日本じゃ中学生くらいの年齢でプロになってツアーとは・・Foorin並みのすごい早熟さである。
ツアーメイトにダイアー・ストレイツがいたらしいが、詳細はよくわからない。

その後いくつかのバンドメンバーを経て、イギリスでクラブシンガーとして活動。
しかし歌手としてはなかなか売れず、仕方なく音楽関連会社でサラリーマンもしていたところ、1983年にミート・ローフがジョン・パーにアルバムのための曲を書くよう依頼。
さらにミート・ローフやザ・フーのツアーマネージャーであったジョン・ウルフと出会う。
この出会いがジョン・パーの運命を大きく変えていくことになる。

ジョン・ウルフは、停滞しつつあったザ・フーに代わる新しいスターの発掘に悩んでいた。
ジョン・パーを気に入ったウルフはソロデビューの話を持ちかけ、アメリカのレコード会社との契約が成立。
84年にファーストアルバム「John Parr」をリリースし、シングル「Naughty Naughty」が全米チャート23位を記録した。
ちなみに英語版ウィキペディアをGoogle翻訳して調べてるんですけど、「Naughty Naughty」は「いたずらいたずら」と翻訳されてます・・

その「いたずらいたずら」のヒットの結果、大物プロデューサーのデビッド・フォスターがジョン・パーに注目。
ジョン・パーは映画「セント・エルモス・ファイアー」の主題歌をデビッド・フォスターと共同で作ることになるのだが、映画ありきの曲作りではなく、カナダの車椅子マラソンのアスリート、リック・ハンセンのために曲を書いたとのこと。
・・・どういうこと?

もう少し詳しく調査。
車椅子アスリートのリック・ハンセンは85年から2年間をかけて、日本を含む世界一周を車椅子で行っている。
その旅に付けられた名前が、曲の副題でもある「Man in Motion」ツアーである。
リック・ハンセンの行動に感動したデビッド・フォスターは、リックのニュース映像をジョン・パーに何度も見せたそうだ。
ジョン・パーもリックの熱い想いを歌詞にすることでリックの支援を決意。
ジョンが詞を書き、デビッドが作曲。
さらに演奏にはデビッド・ペイチ、スティーブ・ポーカロ、スティーブ・ルカサーらTOTOのメンバーも参加して名曲「St. Elmo's Fire」が誕生した。

じゃあその「St. Elmo's Fire(セント・エルモの火)」ってのはそもそも何かというと、船のマストなどの先端で発生する静電気の発光現象のこと。
「セント・エルモ」は、船乗りの守護聖人エラスムスの名前で、エラスムスが祈ると船が落雷から守られたという言い伝えがある。
昔の船乗りのように嵐の中で行く先を示してくれる「セント・エルモの火」に願いを込める心境を、リック・ハンセンの行動に沿って歌詞にしている、ということのようだ。

では映画「セント・エルモス・ファイアー」はリック・ハンセンのドキュメンタリーなのかというとそうではなく、前述のとおりエミリオ・エステベスやデミ・ムーアらが演じる大学の同級生たちが、卒業後社会に出て苦労したり挫折したりみんなで突然集まって励ましあったり・・という青春映画。
劇中に出てくる店の名が「セント・エルモス・バー」で、また「セント・エルモの火」の例えで友人を励ますセリフもあるそうで、それがタイトルにもなっている。
なのでジョン・パーが作った歌詞の内容は、映画のストーリーとは関係ないそうです。
かなりわかりにくかったけど、そういうことだったのね。

ジョン・パーは「St. Elmo's Fire」の大ヒット後も、ティナ・ターナーのツアーに参加したり、ロジャー・ダルトリーとステージで競演したり、マリリン・マーティンとデュエットしたり曲を提供するなど、充実の80年代を過ごしていたようだ。

しかし90年以降は残念ながら実績は大幅に下降。
90年代にはアルバム4枚とシングル7枚を発表するが、いずれもチャートには登場していない。
97年以降はシングルも出ず、10年ほどの沈黙期間となる。

2006年にようやく活動再開。
「St. Elmo's Fire」を再度レコーディングし、81位ではあったが全英チャートにも登場した。
翌2007年にはブライアン・アダムスのツアーに参加。
またイングランドのサッカーチーム「ドンカスター・ローバーズ」のために特別に「Walking Out of the Darkness」という曲を作成。
この曲は試合開始時にチームがピッチに入る時に会場で流れるそうだ。
その後もブライアン・アダムスやジャーニーリチャード・マークスのツアーにゲストで参加する。

2011年6月1日に「Letter to America」という2枚組ライブ盤をオフィシャルサイト限定でリリース。
その後アメリカをツアーした。
2014年にはザ・フー、ジェフ・ベック、ミック・ハックネル、ケニー・ジョーンズらとともに、前立腺がんの調査や啓発活動を行っている団体が主催するチャリティ・イベント「ロック&ホースパワーコンサート」に参加。
2015年にはボニー・タイラーやケニー・ジョーンズ、コックニー・レベルと英国内外のステージで競演している。
2018年にはスタジオに戻り、通算7枚目のアルバム制作を開始したとある。

・・・やはり果てしなく知らない話だらけだった。
日本での知名度や人気はかなり低いようで、前述のとおりウィキペディア日本語版はスカスカだし、曲や馳浩は知っていても、ジョン・パーを覚えている人はかなり少ないと思われる。
実際に一発屋として紹介しているサイトもあった。
正直自分も失礼ながら一発屋風なミュージシャンかと思っていたが、実は多くのビッグネームとの交流や活動実績があり、本国では今も現役の歌手のようだ。

聴いた2曲に限っては、勇壮で力強く決して悪くない。
またリズムやサウンドに釣り合った歌唱力だと思う。
ジョン・パーの声質はそれほど透明度はないが、個人的にはロビン・ザンダーの声に似ていると感じる。

というわけで、ジョン・パー。
必修科目は「St. Elmo's Fire」ではあるもののこれはサントラ盤なので、ジョン・パー個人の作品としてはデビューアルバム「John Parr」や、「Two Hearts」収録の「Running the Endless Mile」を聴けばよいと思いますが、みなさまの鑑賞履歴はいかがでしょうか?

| | | コメント (4)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »