« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

聴いてない 第260回 ギルバート・オサリバン

世のため人のために何も役に立っていないアルファブロガー(死語)のSYUNJIといいます。(真理)
普段自分は何の役にも立たないBLOGを通勤電車の中で書いているのですが、今回の緊急事態宣言で引きこもりとなったため、自宅よりお届けします。(どうでもいい)

どうせ誰も見ていない今日のお題はギルバート・オサリバン。
大ヒット曲の「Alone Again」だけ聴いており、聴いてない度は安定の2。
エアチェックできた経験はないが、AM・FM問わず昔から一定の頻度でオンエアされていた曲だと思う。
自分と同じようにこの曲しか知らない日本国民もそれなりにいると推測。
中学生の時、この曲が友人との話題に1度だけ登場したことを覚えている。

少し調べたらシングル曲は80年を最後に出ていないようなので、80年代から洋楽の沼にはまった自分にとっては残念ながら時代としては過去の人になる。
聴いてない理由もそこにある。

そこで生涯初のギルバート・オサリバン検索を実施。
毎回そうだが、今回も驚愕の連続だった。

ギルバート・オサリバンは1946年アイルランドに生まれた。
本名はレイモンド・エドワード・オサリバン。
7歳の頃にイギリスのスウィンドンという街に移り、グラフィックデザインアートカレッジに進学。
しかしレイモンド青年はビートルズやディランに強い影響を受け、デザイナーではなく音楽の道を選び、地元でバンドを結成。
1967年にCBSレコードから「Disappear」という曲を発表し、芸名ギルバート・オサリバンとしてデビュー。

しかしほとんど売れず、あせったギルバートはあちこちのレコード会社や音楽事務所にデモテープを送りつけるローラー作戦を実行。
その送り先に、トム・ジョーンズのマネージャーだったゴードン・ミルズという人がおり、これがギルバート・オサリバンの大きな転機となる。
すごい話だなぁ。
ギルバートの音楽を気に入ったゴードンは、自身が主宰するMAMレーベルとの契約を打診し、ギルバートは快諾。
最初のシングル「Nothing Rhymed」は1970年の全英8位を記録するヒットとなり、アルバム「Himself(ギルバート・オサリバンの肖像)」は全英5位をマークし、86週間にわたってランクインという快挙を達成した。

さらに72年発表のシングル「Alone Again(Naturally)」は全米チャート6週連続1位、年間1位も勝ち取り、3つのグラミー賞ノミネートを獲得した。
ただこの大ヒット曲はあくまでシングルとしてのリリースだけで、当時イギリス盤アルバムには入っておらず、1976年のベスト盤「Greatest Hits」で初めてアルバム収録された。
(アメリカ盤「Himself」には収録)
その後も「Clair」「Get Down」「Happiness Is Me And You」などのヒット曲を発表。
「Clair」はゴードンの娘ミルズのことを歌った曲だそうだ。

しかし数年後、ギルバートは目指す方向性の違いや権利配分などでゴードンともめてしまい、訴訟にまで発展。
うーん・・娘のことを曲にするほど仲良しだった二人だが、やはりおカネとなると話は別なんだね。
ゴードンと決別したギルバートは、エルトン・ジョンの作品を手がけたガス・ダッジョンとチームを組み、80年にガスがプロデュースし、クリス・レアも1曲アコーディオンで参加したアルバム「Off Centre」を発表。
このアルバムには日本でもヒットした「What's In A Kiss(そよ風にキッス)」が収録されている。(全英19位)

ただし日本でヒットしたのは本国と同時ではなく、1992年放送のテレビドラマ「あの日の僕をさがして」の挿入歌として使われたためとのこと。
ドラマでは他にも「Tommorrow, Today」「Who Was It」というギルバートの曲が使われたそうだ。
・・・すいません、番組も曲も全然知らないですけど。
「あの日の僕をさがして」は織田裕二主演のTBSドラマで、共演は仙道敦子や大鶴義丹、保阪尚輝・・といかにもなトレンディなドラマ・・かと思ったら、舞台はナウいヤングの東京ではなく長野県の山奥で、視聴率はイマイチだったらしい。

視聴率と裁判に疲れたギルバート・オサリバンは、精神的にもダメージを負い音楽活動にも支障が生じ、しばらくジャージー島という離島に引きこもる。
90年代に発表したアルバム「The Little Album」「In The Key Of G」があるが、実は80年代に制作していたものだそうだ。
裁判などのモメ事のせいで、せっかく作ったアルバムを発表できないという面倒な事態になっていたらしい。

ヒット曲は多くはないが、当時は日本も重要なマーケットとされており、ドラマ放送以前から本国とは異なる日本盤が発売されるという少しややこしい状況だったようだ。
「Sounds of the Loop」というアルバムは、日本では本国よりも早い1991年11月に発売された。
イギリスでは1993年4月にリリースされているが、収録曲もジャケットも異なる。
しかも邦題はドラマ放送よりも先に「あの日の僕をさがして」と付けられている。
さらにドラマ主題歌の「Tommorrow, Today」はこのアルバムには収録されていない。
わかりにくい・・・

訴訟に勝って立ち直ったギルバート、その後はあせることなく自身の好きなペースで音楽活動を続けている。
2000年以降もコンスタントにスタジオ盤やライブ盤・ベスト盤を発表。
来生たかおや久保田利伸らとのデュエット曲もあり、92年の初ライブ以降、来日公演も何度も行われている。
今年も5月に東京と大阪で公演が予定されている・・が、残念ながらこれは開催中止となるかもしれませんが・・

今回も台本どおり知ってる話は全くなかった。
日本でドラマの主題歌になったり何度も来日してることも全然知りませんでした・・

「Alone Again(Naturally)」の訳詞も初めて読んでみたが、かなり厳しい内容だったことに驚いた。
歌詞だけではわかりにくいのだが、教会で結婚式挙げようと思って行ってみたら相手が来なかった、という笑えないコントのようなことを歌っている。
ヤケクソで近くのビルから飛び降りたろかとか、両親が亡くなった時のことを思い出したりとか、キツい心情を綴っており、とても「またフラれて一人になっちゃったw」といった軽い内容ではない。
メロディがどこかほのぼのした感じなので、こんなに重い歌だとは思ってませんでした・・
ちなみにこの曲、日本でも草刈正雄や九重佑三子が日本語でカバーしてるそうです。

というわけで、ギルバート・オサリバン。
やはり「Alone Again(Naturally)」を頼りに聴きたいので、自分の場合アメリカ盤「Himself」かベスト盤からということになりそうです。
ファンだった方も多いと思いますが、他におすすめのアルバムがあれば教えていただけたらと思います。

| | コメント (4)

聴いてない 第259回 ジュエル

グランジ・オルタナの台頭とエアチェック文化終焉という失われた暗黒の時代、ひとり歌の才能で芸能界を行き抜き世界を感動させた実力派、ジュエル。
・・・勝手に安っぽいキャッチを盛りつけてみましたけど、聴いてません。
唯一聴いたのは名曲「Hands」のみ。
当時流行のNOW系オムニバスCDに収録されていたもので、アルバムは当然聴いておらず、聴いてない度は2。
この頃に仕入れたミュージシャンは、結局オムニバスCDの1曲だけ聴いているパターンが割と多い。

なおジュエル(Jewell)という名のR&B歌手や、3人組ダンサーチームが存在するそうだが、今日のお題は90年代に登場したアメリカの女性シンガーであるジュエルさんのほうです。
そのジュエルさん情報をネットで収集してみました。

ジュエルは本名である。
ジャラジャラいいそうなキラキラネームのような印象だが、ジュエル・キルヒャー(Jewel Kilcher)が本名。
なおサイトによってキルチャーやケルヒャーなど表記に揺らぎあり。
なお映画女優のクオリアンカ・キルヒャーはいとこだそうです。
すいません、どなたか存じ上げませんが・・

ジュエルは1974年5月23日、ユタ州ペイソンに生まれる。
アラスカ生まれと書いてるサイトもあったが、生まれはユタ州のようだ。
アラスカ州ホーマーで育ち、上院議員の祖父やミュージシャンの父親に歌とヨーデルを習う。
母親は教師だったが、8歳の頃に両親は離婚。
15歳でミシガン州にあるインターローシェン・アーツアカデミーという芸術学校で奨学金を受け、オペラや声楽を学んだ。
卒業後は母親の暮らすサンディエゴで生活を始め、クラブや喫茶店で歌うようになる。

要約すると才能ある少女ジュエルがサンディエゴで歌手活動開始というサクセスストーリーの序章のようだが、実態はそんなに美しい展開ではなかったようだ。
両親の離婚原因は父親がアルコール依存症で妻や子供に暴力をふるうようになったからで、サンディエゴでの活動の前後でもしばらく車に住んでアメリカ国内を移動したあげく車も盗まれて、ホームレスになった時期もあったとのこと。

その後しばらくは歌手活動をしながら喫茶店や倉庫の電話オペレーターなどの仕事をしていた。
ジュエルの歌や活動は徐々に評判を呼び、93年頃に音楽プロダクションやレコード会社の偉い人の目に止まり、94年にアルバム「Pieces of You(心のかけら)」でデビュー。
中身は基本ギターで弾き語りのフォークで、これが大ヒットして全米で1200万枚を売り上げ、最高4位まで上昇した。

97年には初めて日本でライブを開催。
98年にアルバム「Spirit」をリリース。
この中に唯一聴いた「Hands」が収録されており、この曲は全米6位・カナダでは1位を記録。
そんなすごいヒット曲だったのか・・
まあNOWに収録されてたくらいだからヒットはしてたんでしょうけど、そこまでとは知らなかった・・
他にもシングル「Jupiter(Swallow the Moon)」「What's Simple Is True」「Life Uncommon」も続き、アルバムは370万枚も売れた。
その後も99年「Joy:A Holiday Collection」(全米32位)、2001年「This Way」(全米9位)とヒットアルバムを出し続ける。

翌99年には「Ride With The Devil」という映画に出演。
南北戦争を描いた内容で、役どころはスー・リー・シェリーという名の未亡人。
邦題は「シビル・ガン 楽園をください」とあるが、原題とは全然違う気がするけど・・
またこの年と2002年には日本公演も行われた。

2003年「0304」というアルバムから音楽性に変化が起こる。
ワーナーのサイトには「ダンス、ロック、ポップのビートを大胆に取り入れ、そのセクシーなヴィジュアルと共に、華麗なる変化と成長を遂げ、その多彩な内容に世界は驚かされた」などと書いてある。
発売直後の2か月で32万枚を売り上げ、評判は悪くなかったが、セレブ系の方向転換に戸惑うファンも多かったらしい。
まあそうだろうなぁ。
フォークでデビューしたのに、10年経ってダンスやセクシー路線に行かれても・・と思うファンが多くてもおかしくはない。
ジュエル本人は「より明るいサウンドでレコードを作ることを考えた」とコメントしている。

2006年にはアルバム「Goodbye Alice in Wonderland」を発表。
ジュエルによれば「私の人生の物語であり、最も自伝的なアルバム」とのこと。

だが。
この頃からカントリーにシフトを希望するジュエルとレコード会社との間で意見の相違が起こり、ジュエルは契約を更新せず別のレーベルに移籍する。
移籍後は希望どおりカントリーアルバム「Perfectly Clear」を2008年6月に発表。
シングル曲もカントリー専門のラジオで集中的にオンエアするなど、戦略を完全にカントリーに向けていく。
ということは、やはりダンスやビートを大胆に取り入れたセクシー路線は本人の希望ではなかったんスかね。

その後もジュエルの活動は意欲的である。
2009年には子守歌のコレクションアルバム「Lullaby」をiTunesでリリース。
本業のカントリーでも2010年にアルバム「Sweet and Wild」、副業?としても映画のサントラ用に曲を作っていく。
さらに2012年には映画「リング・オブ・ファイア」にも出演。
劇中でも歌い、主役を務めた。

現在も活動中だが、比重は女優のほうが多いようだ。
2011年以降は毎年映画作品に出演。
音楽の最新作は2015年のアルバム「Picking Up the Pieces」。
自身の会社「Jewel Inc.」を設立し、音楽・テレビ・映画・執筆などをこなし、マルチタレントとして活動中。

・・・毎度のことながら隅から隅まで知らない話であった。
女優もやってた人だったんですね。
総合すると、本来はフォークやカントリーという素朴な分野で才能を発揮するタイプのミュージシャンで、途中事務所やレコード会社の意向であっちこっち方向を振り回された実績もあり、という人だろうか。
ゲッティで彼女の画像をいろいろ見たが、確かに時期によって化粧からスタイルからファッションまで同じ人とは思えないほど変化してるようですけど・・

唯一聴いている「Hands」は明るくはないが、印象に残る音ではある。
歌詞はいろいろ解釈があるようだが、訳詞を読むと、はかないメロディに似合わないような強い意志や決意みたいな内容だ。
今の世界情勢をふまえて聴くとまた違った印象を受ける気がする。
好みかどうかは微妙だが、聴くとしたらやはりこの路線から勉強してみたいと思う。

というわけで、ジュエル。
まずは「Hands」の収録されている「Spirit」、あとはデビューアルバム「Pieces of You(心のかけら)」にわずかではあるが興味がわいております。
作品ごとに雰囲気は相当異なるようですけど、他におすすめのアルバムがあれば教えていただけたらと思います。

 

| | コメント (4)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »