« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

聴いてみた 第153回 ピンク・フロイド その2

プログレ社会人学校シリーズ、今日はピンク・フロイドの「炎」を聴いてみました。

フロイド学習は完全に中退しており、「狂気」「原子心母」は悪くはなかったものの定着せず、ベスト盤ばかり聴いている。
今回もモンスリー師匠から直々に更生プログラムとして「炎」の強い推薦があり、「このままでは何も聴かないうちに人生が終わります」というぷく先輩の啓示を胸に、心を入れ替えて政府として適切に「炎」を聴くことにしたものであります。(官房長官の記者会見調)

Wishyouwerehere

「炎」は1975年の作品。
全米も全英も1位を記録という鬼アルバムで、原題は「Wish You Were Here」、日本語副題は「あなたがここにいてほしい」。

前作「狂気」で人気も名声もおこづかいもがっちり獲得したピンク・フロイド。
超傑作の次をどう作るかというプレッシャーに、彼らもまた悩むこととなる。
で、考えていたのが「家の中にある食器やら雑貨やらといった楽器ではないものを使って音楽を作る」という実験的な試み。
だがその企画は「やっぱやめよう」ということになり、ふつうの曲作りを開始。(なぜ?)
その時にテーマとしたのが、音楽ビジネスでの大成功における選ばれし者の恍惚と不安。
これをそのまま歌うことにしてできあがったのが「炎」という話。
なんかあまりよくわかりませんけど。

結果的にこの作戦は成功して英米1位も獲得したので、まあよかったのだろう。
食器や雑貨を使った実験的音楽だったら、おそらくは英米1位なんかとてもムリで、自分も一生聴かずにいたと思われる。
そんな運命的名盤を、このトシになって初めて聴くことにした。

・・・・・聴いてみた。

1.Shine on You Crazy Diamond (Part1~5):狂ったダイアモンド(第1部)
元メンバーのシド・バレットに捧げた曲だと多くのサイトに書いてあるが、ウィキペディア日本語にはロジャー・ウォーターズが「決してシドのみに向けたメッセージではなく、すべての人間に当てはまることだ」と語った、とある。
「シドだけに宛てたメッセージ」は否定してるけど「シドへのメッセージでもある」ことは確かなようだ。
この曲はベスト盤で聴いていたが、オリジナルアルバムでは9つのパートから成り、最初がパート1から5まで、残りの6から9まではアルバムの最後に収録されている。
・・と言ってもどこからどこまでが1なのか2なのかはよくわからない。
甲高く響くブルースの調べはデイブ・ギルモアのギターだが、これは名演だと思う。
8分以上過ぎてようやく歌が始まる。
終盤にはサックスが鳴り響く渋い構成で飽きない。

2.Welcome to the Machine:ようこそマシーンへ
初めて聴く曲。
タイトルに合わせたような機械的なサウンドに、物悲しいボーカルが乗る。
歌詞は物わかりの良さそうな父親がロックスターを夢見る息子に語りかけるような感じで書かれているが、オチもなく意味もよくわからない。
ロックスターを夢見て成功しステーキ食ってジャガー乗っても、結局ミュージック・ビジネスというシステムに取り込まれるしかない、というフロイド自身の現状を皮肉った歌らしい。
終盤突然演奏が止まり、電子音や笑い声などが聞こえて終わる。

3.Have a Cigar:葉巻はいかが
これも初めて聴く曲。
フォーク歌手ロイ・ハーパーのボーカル。
ロイ・ハーパーはツェッペリンの「Hats Off to Roy Harper」でタイトルになってるその人であり、84年にペイジとのライブ盤も発表している。
で、偶然フロイドと同じスタジオにいたところをロジャー・ウォーターズに頼まれて歌ったらしいが、突然メインボーカルでフロイドの曲を歌うってスゴイ話だなぁ。
ロイ・ハーパーはアルバムの雰囲気を壊すことなく誠実にボーカルを務めており、違和感は全然ない。
大ヒットもしたので結果としては成功だったんだろうけど。
楽曲としてはやはり明るくはない辛口のブルースで、リズムも微妙で難しい感じ。
歌詞はバンドの売上だけにしか興味のないレコード会社の偉い人のとんちんかんなセリフがそのまま書かれているそうだ。
そのまま歌詞にしたら皮肉でもなんでもなく、その人にバレてしまうのでは・・
エンディングはフェードアウトではなく突然音が小さくなり、右側に寄って終わる・・んですけど、それでいいんですよね?
一瞬プレーヤーが故障したのかと思った・・

4.Wish You Were Here:あなたがここにいてほしい
これもベスト盤で聴いており、フロイドの曲の中では好きなほうである。
イントロに古いレコードをかけたような小さなノイズ混じり音が入っていて、後からアコースティックギターでメインの演奏が始まる。
この演出もいいと思う。
ロジャー・ウォーターズのやや濁った投げやりなボーカルも秀逸だ。
終盤ギターに合わせて高い声で歌詞なく歌っているのはギルモアだそうだ。

5.Shine on You Crazy Diamond (Part6~9):狂ったダイアモンド(第2部)
第1部とは違ったメロディで、リズムも早い。
やたら高音のギターが競うように重なり、やや耳障りだなぁと感じていたところで第1部と同じサウンドが戻ってくる。
後半はまた2部独自のメロディが長く続く。
エンディングも長く続くフェードアウト。

聴き終えた。
スタジオ盤としては「狂気」「原子心母」に次いで3枚目となるが、その中では一番聴きやすいと感じる。
収録曲の半分くらいはベスト盤で聴いていたので、慣れもあるだろう。
少なくとも難解だったり恐怖だったり舌打ちだったりのついていけない感覚は全くない。
どれも冗長ではあるが楽曲として比較的おだやかであり、落ち着いて聴ける。
この雰囲気は悪くない。

もっと言うと他のプログレにある絶叫とか変拍子とか方向転換といった傲慢な置き去り展開が思ったほどないので、わりと初心者にもありがたい内容である。
比較は無意味かもしれないが、クリムゾンイエスよりもフロイドの音は自分に合うのだろう。
エラそうに分析できるほどどれも鑑賞してないが、やはりグレッグ・レイクのがなり声やジョン・アンダーソンの凍結した甲高いボーカルは苦手なのだ。
とりあえずフロイドにはそれがない。
判定ポイントとしては実に幼稚なのだが、これが正直な感覚である。

さてこのアルバム。
シド・バレットを想って作った美しき友情と絆の物語・・なのかと思ったら、ウィキペディアを含む多くのサイトに書いてあった「シド本人の登場」話が笑えて泣ける。
このアルバムのレコーディング中にシド・バレット本人がまさかのアポなし登場。
しかしすっかり太ってハゲ散らかしたシドを見てもメンバーは本人だと気づかず、リチャード・ライトはロジャーのお友達かと、またギルモアもEMIのスタッフかと思ったそうだ。
シド自身は久しぶりのスタジオに上機嫌でギターも弾く気でいたそうだが、シドのあまりの変わりようにメンバーは引いてしまい、結局録音に参加することもなくシドは帰っていったとのこと。
しかも以降メンバーは誰もシドと会うこともなく、これが今生の別れになろうとは・・
「あなたがここにいてほしい」ってその願いがかなった展開になったのに、お互いに気の毒な話だなぁ。
「人は見た目が9割」って至言ですね。(なんだそのまとめ)

ジャケットは、二人の男が握手をしているが一人は火だるまという怖い絵。
「狂気」と同じくヒプノシスのデザインだそうだが、「狂気」の幾何学的で無機質な絵とは全く違った直情的な恐ろしさである。
フロイドのアルバムジャケットは怖いものが多いが、この「炎」は今風に言うと無敵なヤバさである。
やはりメンバーの顔がろうそくになって火が着いてたり、メンバーが火の玉になって宇宙空間を飛び回るようなどっかのバンドのポンチなジャケットとはセンスが違うのだ。

というわけで、ピンク・フロイド「炎」。
これはかなりよかったです。
これまで聴いてきたプログレの名盤の中では、おそらく最も自分に合う作品だと感じました。
次回は「アニマルズ」「おせっかい」あたりも学習してみようかと思います。

 

| | コメント (8)

行ってみた 東京モーターショー2019

中途半端な外車乗りのSYUNJIといいます。
先日東京モーターショーに行ってまいりました。

若者の車離れ・日産の問題・相次ぐ外国車メーカー撤退・あおり運転・高齢者の事故など、今自動車の周辺には明るい話があまりない気がします。(出版業界はもっと暗いが・・)
そんな中で今回も開催された東京モーターショー。
メーカーや団体はこの事態をなんとか打開すべく、様々な思いで開催出展に臨んだと思います。

今回はチケット購入にさほど悩みませんでした。
プレビューデーやナイトチケットなどに特に興味はなく、普通に設定された一般チケットを購入。
入場ゲートにてスマホでQRコードを表示すればよいので、これは便利です。

さすがに休日の混雑に突入する体力はもうないので、今回は平日に参上。
スマホを見せるだけの余裕の入場。
ただ自分の前に並んでいた人の大半は、コンビニでプリントしたと思われる紙のチケットを持っていました。

自分の興味対象はいちおうまだ外車なのですが、今回は外国車メーカーの出展がさらに減っていて、大衆車メーカーではルノーくらいという有様。
MINIの展示車に若者が群がっていた頃が懐かしいです。
次回はもう国産車だけのモーターショーになる予感がします・・

Dscn2675_s

さて今回の見学において大きな影響をおよぼしたのが会場の配置でした。
場所が「青海エリア」「有明エリア」の2か所になり、エリア間は鉄道1駅分離れています。
来年のオリンピック開催を前に、東京ビッグサイトはイベントや展示会場として使用することがじわじわ難しくなっており、モーターショーも例外ではなかったようです。
案内ではエリア間を徒歩で移動すると20分ということでしたが、その徒歩ルートにも車が展示されていて、それらを見ながら移動できますよとのこと。
電気自動車などを借りての移動も可能で、主催者側もこの状況をなんとか楽しく過ごしてほしいと懸命の策を凝らしていました。

しかし。
先に感想を書いてしまいますが、個人的にはやはり会場の分割は厳しかったと感じました。
徒歩20分はかなり長く、途中の車展示も思ったほどの数でもなく、また自分の興味対象となるような車種でもありませんでした。(文句ばっか)
徒歩ルートは屋外で、晴れていたのでよかったですが、雨や強風だったらさらにキツかったと思います。

ということで自分は「青海エリア」から見学開始。
入場するとやはり展示内容や雰囲気は過去の開催とは少し違ってきていました。
トミカやキッザニアとのコラボなど、明らかに子供をターゲットにした出展が目立ちます。
業界は未来のマーケットとして「子供たち」を意識しているのがはっきり伝わります。
もっともトミカの限定販売には、子供そっちのけのおっさんたちの長い行列ができていましたが・・

この子供向け展示作戦は賛否両論だったと聞きました。
自分はこの子供向け展示や企画はほぼスルーしてしまったので、中身はよくわかりませんが、出展者側もまだ試行錯誤の段階なのだと思います。

Dscn2604_s

Dscn2602_s

Dscn2599_s

青海エリアの乗用車出展はトヨタ・ダイハツ・スバルだけ。
トヨタは未来志向でコンセプトカーなどを気合い展示してましたが、予定を含む市販車は一切置いていませんでした。

20191031_104045883_s

商業車の展示も以前より減っていました。
UDトラックスには知り合いが勤めていますが、この日は不在。
お姉さんがUDポーズをとっていました。

スバルやダイハツの展示をぼんやり眺めた後、徒歩で有明エリアまで移動。
確かに途中に車が置いてあります。

Dscn2611_s

Dscn2612_s

Dscn2616_s

Dscn2618_s

ただし。
その展示もずらりと並んで・・という感じではなく、ぽつぽつ置いてある状態。
ラブワゴンの次はリーフのパトカー、さらに痛車、黄金のフェラーリ458スパイダーと今一つ脈絡がない流れ。
見てる人も少なかったのでラクな見学のはずでしたが、あまり興味のないジャンルだったので、立ち止まらず流して見てしまいました。

有明はいつものビッグサイトが会場ですが、これまで使われていた一番広い東ホールがオリンピックの開催準備で使用できないため、西ホールと新設の南ホールでの展示。
南ホールはやはり東よりも小さめです。

各メーカーの展示車があって客があちこち開けたり運転席でハンドル握ったりといういつものモーターショーの光景は確かにありました。
ただ、どのメーカーもそうした自由展示車を減らしていました。

Dscn2607_s

Dscn2625_s

Dscn2629_s

さらに感じたのはブースの見せ方が各社似ている点。
ムダに横長なステージにやたら横長のビジョンで映像を次々に流すという展示です。
映像は新型車のコンセプトなどではもちろんなく、近未来的でそれほど意味はないイメージビデオの連続。
一通り映像が終わるまでじっと見続けるようなものでもありません。
もちろん各社それぞれが工夫を凝らしてはいたのでしょうけど、個人的にはどこも同じような印象でした。

クルマのイベントに付き物のハデなお姉さんですが、その人数も肌の露出も、さらにそれを狙う爪の汚れたカメラ小僧(死語)も格段に減少していました。
会社によってはお姉さんのことはもう「コンパニオン」とも言わず、きっちり説明のできる「コンシェルジュ」として配置してたそうですが・・
やはりターゲットを大幅に子供にシフトしたこともあっての方針転換だと思われます。
今後もこの青少年教育的健全化路線はさらに加速するのでしょうね。

寂しさを感じながらルノーを見学。
アルピーヌ・ルーテシアと見ていたところで、ブース前に突然人だかりができており、社員が手を広げてブース内に近寄らないよう客を制しています。

Dscn2635_s

Dscn2636_s

Dscn2637_s
何事かと思ったら、ルノーの新会長スナール氏が日本メディアの取材に応じていたのでした。
直前に「フィアット・クライスラーがプジョー・シトロエンと対等合併」とのニュースがあったため、一般公開日にも関わらず急遽ブース内でインタビューが始まったようでした。
おかげで見たかったトゥインゴには正面から近寄れず、後ろからしか写真が撮れませんでした。

Dscn2638_s

Dscn2644_s

Dscn2645_s

アルピナは今回も無事出展はしてましたが、名物のマット塗装車は残念ながらナシ。
どうせ乗れませんが、見たかったと思いました。

Dscn2654_s

Dscn2653_s

Dscn2655_s

メルセデス・ベンツはまだ日本市場では強気とみえて、でかいブースにAMGからsmartまで幅広く展示。
新型車も市販車もコンセプトカーも配置した、正調モーターショーを展開しています。

Dscn2660_s

Dscn2663_s

Dscn2667_s

さて場内の端スペースに日本スーパーカー協会の展示エリアがありました。
スーパーカーという呼び名自体がほぼ死語みたいな感じですが、正直こういう展示のほうが我々のような中高年には響いたはずです。

Dscn2664_s

Dscn2668_s

Dscn2672_s
ディーノ・ミウラ・911などその昔少年ジャンプで必死にスペックまで覚えた70年代の名車や、アベンタドール・マクラーランセナなどのキレ気味なモデル、どっかの市長が自身の趣味でつい公用車として導入しちゃって非難を浴びたテスラなど、様々なスーパーカーが置かれていました。
このスーパーカー展示は会場の外にもたくさんあったので、元少年のみなさんにはありがたい企画だったと思います。
というか東京モーターショーから外国車メーカーが大幅撤退した現在、まさにこの企画がその穴埋めをしてるような状態だと感じました。

ということで見学は終了。
移動が多くかなり疲れました。
各自動車関連メディアは「大盛況のウチに閉幕!」「入場者数130万人突破!」などとこぞって勇ましき忖度記事をバラ巻いてましたが、これで若者の車離れに歯止めがかかるかどうかは不明。
イベントのあり方も転換期を迎えていることだけは確実なようです。
大勢の貧乏ドライバーが外国の新型車に群がり、コンパニオンがクルマそっちのけでフラッシュを浴びるようなオールドスタイルのモーターショーは、もう今後行われることはないと確信しました。

で、個人的な総括としては「申し訳ないけど東京オートサロンのほうが楽しい」という身も蓋もない感想になります。
そもそもあまり真面目な自動車乗りではないのですが、モーターショーがこうなってくると、やはりオートサロンのイカれた雰囲気やイジり倒した展示車のほうが断然おもしろいんじゃないの?と思ってしまいます。
ここまでわりと誠実に毎回のモーターショーに行ってきた自分ですが、次回はもうわからない、というところまで来たのが本音です。

 

| | コメント (2)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »