« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

聴いてみた 第152回 ドゥービー・ブラザーズ その2

中高年今さら名盤学習シリーズ、今回は70年代を代表する名作。
ドゥービー・ブラザーズの「The Captain And Me」を聴いてみました。

ドゥービー・ブラザーズ学習はサラリーマンの英会話教室同様ほぼ手つかずで放置状態だった。
このBLOGを始めたあとでベスト盤を聴いたが、その後ちっとも定着せずアルバムも全然聴いていない。
引き合いに出すのもよろしくはないが、70年代の作品はいちおう全部聴いたイーグルスに比べてお勉強ははるかに遅れている。
忘れていたわけではないが、危機感も全然ないまま惰性加齢。
あまりの杜撰さにあきれたモンスリー師匠から直々に申告漏れ追徴と衛生指導と非難勧告を受け、今回の鑑賞となった次第。(毎度の展開)

The-captain-and-me

「The Captain And Me」は1973年の作品。
ドゥービー・ブラザーズにとって3枚目のアルバムで、全米週間チャートでは最高7位、年間でも17位を記録した。
メンバーは以下の皆さんである。
・トム・ジョンストン
・パトリック・シモンズ
・タイラン・ポーター
・ジョン・ハートマン
・マイケル・ホザック

ゲストとしてリトル・フィートのビル・ペイン、後にバンドに加入することになるジェフ・バクスターが参加。
プロデューサーは後にヴァン・ヘイレンを発掘養成するテッド・テンプルマン。
と言ってもヴァン・ヘイレン聴いてて「ああこれテッドっぽい音だよな」などとわかったりすることは全然ないですが。
ドゥービー・ブラザーズとヴァン・ヘイレンで共通する音づくりなんてあるんでしょうか?

このアルバムの鑑賞においては、トム・ジョンストンとパトリック・シモンズの作風の違いとバランスを味わう、というのがドゥービー黄金の教義らしい。
トム・ジョンストンの作る軽快でノリのいいロックと、パトリック・シモンズが作るカントリーやバラードの対比を楽しむアルバム・・だそうです。

初期ドゥービー・ブラザーズの最高傑作との呼び声高き「The Captain And Me」。
果たして自分の耳にもキャプテンは的確に案内してくれるでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Natural Thing
明るく軽快でドライブにも合いそうな爽快感の充満するサウンドでスタート。
酒とか車のCMに使われてもよさそうな曲だ。
中盤でころころころ・・と鳴る楽器はなんだろう?

2. Long Train Runnin'
国民の誰もが知っている名曲。
実はメロディも歌詞も明るくはないのだが、リズムは軽快そのものでこれがイヤという人もあまりいないだろう。
印象的なギターのカッティング、サビのコーラスなど聴きどころは多いが、イントロのギターリフについて「誰でもやりそうで実は誰もやらなかった」という評価があちこちのサイトに書いてある。

3. China Groove
引き続き町内の誰でも知っている全米15位の名作。
これも軽快で湿度の低い乾いたサウンド。
メロディが明るいので「Long Train Runnin'」よりこっちのほうが好きという人も多いようだが、自分もどちらかと言えばこれのほうが好みだ。

4. Dark Eyed Cajun Woman
前の3曲よりも少しテンポを落としたブルース調の1曲。
途中ギターソロがあったりコーラスポイントがあったりの正統派な構成。
ここまでがトム・ジョンストンの作品。

5. Clear As The Driven Snow
今度は趣きの違ったアコースティックの美しい旋律で始まる。
・・・と思ったら途中でブルージーな短調にスイッチするという意外な展開。
パトリック・シモンズの作品だそうだが、確かにトム・ジョンストンとは少し雰囲気が違う。
繰り返すアコギの音色は美しいけど、後半の演奏はやや重く長く難しい流れ。

6. Without You
B面は重厚なロックでスタート。
コーラスを多用しているが、イーグルスのような精緻なハーモニーではなく、ノリ重視のような感じに聞こえる。
後半の演奏の盛り上がりは、ザ・フーのような音にも聞こえる。
ドゥービーはツインドラムを擁するバンドだそうだが、言われてみれば確かに左右から異なるドラムの音がする。
この曲はメンバー全員の共作とのこと。

7. South City Midnight Lady
再びパトリック作のゆるやか西海岸ソング。
5分以上もあって結構長い。
アコギとピアノで進行し、合いの手のように入る甲高いギター、ボーカルに寄り添うコーラス。
こうなるとやはりイーグルスに似ていると感じる。

8. Evil Woman
再び切れ味鋭いシャープなロック。
軽快でも爽快でもなく、サビをハイトーンなコーラスで歌い、エンディングはバシっと切れる。
これもパトリックの作品だが、アルバムの中でもこの曲だけやや異質な気がする。

9. Busted Down Around O'Connelly Corners
ここでなぜか短いギターインストが入る。
1分もない。

10. Ukiah
「ユカイア」と読み、カリフォルニア州北部にあるのどかな町の名とのこと。
都会の喧騒とは別世界の自然豊かな町を歌っているらしい。
リズムは軽やかだが旋律はやや辛口で、どこか「Long Train Runnin'」にも似ていると思う。

11. The Captain And Me
前の曲がフェードアウトするところにイントロが重なって始まる。
アコースティックギターとバンジョーで組み立てられたソリッドなサウンドに、ボーカルとコーラスがからむというお得意の建てつけ。(受け売り)
終盤ややテンポアップして去っていく。

聴き終えた。
通して聴くと、LPのA面B面では雰囲気が少し違う気がする。
全編通してウエストコーストの青く乾いたサウンドなのだが、A面は軽快で楽しく、B面はやや重厚で思ったよりも多彩なイメージ。
最初の3曲につい引きずられてしまうが、想像以上に多面的なアルバムである。

冒頭で挙げたトム・ジョンストンとパトリック・シモンズの作風は、確かにわかりやすくはっきりと違う。
どちらにもいい曲はあるが、今のところトムの作品のほうが好みには合うと感じる。

ただここからドゥービーが定着する予感はまだない。
何度も引き合いに出して恐縮だが、イーグルスを聴いた時の感覚にやはり近いのだ。
いい音楽だなあ・いい曲だなあとは思うけど、繰り返し聴きたい音楽なのかと言われるとまだわからない。
他のアルバムもどんどん聴いていくぞう!という決意の感情はまだ湧かない。
一生湧かないかもしれませんけど。

ジャケットは建設中の高速道路の下に、開拓時代のような馬車に乗っているメンバーという不思議な絵。
時代の異なる要素を上下に同時配置する表現は面白いと思う。

というわけで、「The Captain And Me」。
定着する予感はまだないのが正直なところですが、もちろん名盤であることになんら異論はありません。
ドゥービー・ブラザーズ学習のさらに大きな課題としてジョンストン期とマクドナルド期の聴き比べというのも依然として残っていますので、引き続き学習を拡張させていく所存です。(ぬるい答弁)

 

| | コメント (4)

聴いてない 第254回 ザ・キュアー

80年代に本国で輝かしい実績を残しながら、なぜかその情報にほとんど触れることができず、結果的に取りこぼした心苦しい人々がいる。
調べてみてじわじわ判明しつつあるが、どうも大英帝国にその損失傾向が強いようで、前回のニュー・オーダーもそうだが、今回採り上げるザ・キュアーもまさにそんな事例である。

ザ・キュアー、1曲しか聴いておらず、聴いてない度は2。
聴いたのは89年の「Lovesong」だけ。
FMエアチェックではなく、MTVの音声からテープに録音している。
調べたら日本未発売だった。
やっぱりなぁ。

結局自分の場合、柏村武昭・東郷かおる子・小林克也のいずれからも紹介を受けていないこのパターンが、イギリスのミュージシャンに多いようなのだ。
あ、自分が勝手に「紹介を受けてない」と言ってるだけで、「サンスイ・ベストリクエスト」「ミュージックライフ」「ベストヒットUSA」ではちゃんと採り上げていた可能性もありますけど。
当然バンド名とこの曲以外に情報は持っておらず、そのまま30年経過してしまった。
プロモ・ビデオの映像も全く覚えていない。

仕方なく半期末の決算報告作成のようにけだるくキュアー調査開始。
ところが。
これまたウィキペディア日本語版が驚くほど詳しく充実している。
いろいろ聴いてないアーチストの略歴をウィキペディア日本語版で調べてきたが、ザ・キュアーはその中でも突出して情報量が多い。
ありがたいけど、読むのも大変だ。
バカ大学生の適当卒論みたいに抜粋要約コピペすると以下の通り。

冒頭から衝撃だが、「ザ・キュアー (The Cure) は、1978年に結成されたイングランド・クローリー出身のロックバンド」とある。
70年代末にはすでに登場してたんですね・・
しかも歴史が第1期から9期までパープル並みに刻まれている。
さらにアルバムは13枚、シングルが44曲もあるという大量生産バンド。
イメージしてたのとかなり違う・・

で、やっぱり前身バンド名「イージー・キュアー」も書いてある。
「イージー・キュアーを母体として」とあるので、キュアーになった時点で誰か抜けたのだろう。
結成時メンバーは以下のみなさんである。
・ロバート・スミス(Vo・G)
・マイケル・デンプシー(B)
・ローレンス・トルハースト(D・K)

1979年にシングル「Killing An Arab」でデビュー。
翌年には早くもメンバー交代で2期開始。
どうもキュアーってバンドはこんな調子で小刻みにメンバーチェンジを繰り返してるようだ。
ファンの方なら全部暗記してるんでしょうか。

また驚くのはロバート・スミスがスージー・アンド・ザ・バンシーズとキュアーを掛け持ちしていた、という話。
ゲスト参加ってのはよく聞くが、掛け持ちはそんな簡単ではないだろう。
当然体にこたえたロバートさんは、結局働き方改革によりキュアーに活動を絞ったそうですけど。
なおスージー・アンド・ザ・バンシーズは名前だけ知ってて1曲も聴いてない。

で、2期キュアーは忙しいながらも「Seventeen Seconds」「Faith(信仰)」「Pornography」といったアルバムを発表。
これらは「概念三部作」とか「暗黒三部作」などと呼ばれ、厭世観に満ちた重い雰囲気の作品のようだ。

3期のキュアーはポール・トンプソン、アンディ・アンダーソン、フィル・ソーナリーが加入し、アルバム「The Top」を発表。
直後に初来日し、中野サンプラザと大阪サンケイホールで公演。

4期がザ・キュアーの黄金期とされる。
メンバーはロバート、ポール、サイモン・ギャラップ、ボリス・ウィリアムス、ロジャー・オドネル。
87年に7枚目のアルバム「Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me」をリリース。
これが初期の暗ーい音楽とは全く違い、非常に多面的でバラエティに富んだ名作と評価が高く、彼らをワールドクラスのバンドに変えた作品らしい。

しかしロバート・スミスという人はそんなに簡単な人じゃなかったようで、次の作品「Disintegration」で儲かり路線から再び内省的どんより路線に戻してしまった。
自分が唯一聴いた「Lovesong」もこのアルバムに収録されているが、確かに明るく楽しくな曲ではない。
レコード会社は発表をやめるよう説得したそうだが、「Disintegration」はアメリカでも人気が出てセールスは300万枚を記録。
事務所や会社は手のひらを返して大喜びし、ツアースケジュールを組みまくり、メンバーの疲労がたまっていく。

でも90年代に入っても意外に?キュアーは快進撃。
ギターのペリー・バモンテ加入で5期を迎え、アルバム「Wish」で全英チャート1位・全米2位という彼らの最高位を記録。
・・・すいません、こんな名盤なのにタイトルもジャケットも全く知らない・・

いずれにしても、このあたりの展開は自分みたいな極東の素人には非常にわかりにくい。
アルバムごとに雰囲気がユラユラ変わるバンドってのはあまり人気が安定しないような気がするが、陰鬱でじめじめな作品でも売れたってのはどういうことだろう?
アメリカで売れたってのはグランジ・オルタナブームに少し関係があるんだろうか?

6期はかなりハデにメンバーチェンジ。
ポール・トンプソンとボリス・ウィリアムスは脱退、ロジャー・オドネルが復帰、ジェイソン・クーパーが加入。
96年に通算10枚目の記念すべきアルバム「Wild Mood Swings」を発表するが、残念ながらあんまし売れずロバートは徐々に混乱。
2000年の「Bloodflowers」リリースと同時に解散宣言するが、こっちは佳作として評価されて意外にいい売れ行きだったので解散は回避。
その後2003年にアルバム「Pornography」「Disintegration」「Bloodflowers」の全曲を演奏したライブDVD「Trilogy」を、翌04年にはスタジオ盤「The Cure」を発表する。

バンドはいつの間にか8期に突入。
相変わらずメンバーの出入りは激しく、ロジャー・オドネルとペリー・バモンテが脱退、ポール・トンプソンが復帰して4人編成となる。
しつこいけど、ファンは期とメンバーを全部暗記してるんでしょうか。
2007年には久しぶりに来日し、フジ・ロック・フェスティバルに登場。
翌年にはアルバム「4:13 Dream」が発売された。

2011年から12年にかけてまたメンツが入れ替わり、現在第9期とのこと。
現メンバーはロバート・スミス、リーブス・ガブレルス、ロジャー・オドネル、サイモン・ギャラップ、ジェイソン・クーパーの5人・・で合ってますかね?
2013年には再びフジ・ロックのステージに立ち、2019年にはロックの殿堂入りを果たす。
今年も日本に来てフジ・ロックに出演。
「Lovesong」も含め2時間の演奏を披露したとのこと。

あああ長い。
こんなにもメンバーチェンジの激しいパープルチックなバンドだったんスね・・
しかも今も現役でフジロックの常連にもなりつつあるという驚きの活躍ぶり。
毎度のことながら何もかもが知らない話である。

「Lovesong」だが、明るくはないけどそんなに重苦しい曲ではなく、リズムは軽快でキーボードの音が結構いい感じである。
80年代のa-haやデュランにも少し似ていると思う。
これだけ多作バンドなんで、この1曲だけでキュアーを評価判断するのはやはり無謀だろう。

ということで、ザ・キュアー。
今回はほとんどよそのサイトの情報の引き写しに終始してしまいましたが、驚愕の連続でした。
やはり売れ筋と言われる「Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me」「Wish」あたりから始めて、慣れてきたら「Lovesong」を頼りに「Disintegration」を試す・・・というのが、自分のための更生プログラムのように思えるのですが、他におすすめのアルバムはありますでしょうか?

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »