« 行ってみた 第71回 木曽路・伊那路 | トップページ | 聴いてない 第253回 ニュー・オーダー »

行ってみた 第72回 木曽路・松本

翌日は飯田から1時間ほどかけて妻籠宿へ。

Dscn2530_s

Dscn2524_s

Dscn2521_s
前回も感じた印象ですが、妻籠の街並み家並みは奈良井や福島に比べると少し地味です。
逆に言うと古い建物がより多く残されているのが妻籠、ということだと思われます。
人出は奈良井よりも多く、やはり外国人観光客が目立ちます。

Dscn2547_s

Dscn2551_s

妻籠から峠を越えて20分ほど進むと馬籠宿です。
ここが最もにぎやかなのは前回と変わりませんでした。
坂道に沿って発展した宿場町ですが、季節のせいか修学旅行の学生は見当たりません。

Dscn2553_s

坂道の一番下にある「白木屋」という店で、そばと五平餅のセットを食べました。
あまり詳しく知りませんでしたが、馬籠の五平餅は団子型で、他の地域の平たいわらじ型とは違うようです。
外国人もどんどん入ってきており、店の人も慣れた感じで英語でメニューの説明をしていました。

Yimg_20190825_133829_s

Img_20190825_132315_s

馬籠から20分ほど西に行くと中津川です。
中津川と言えば栗で有名。
川上屋という和菓子店に行ってみました。
栗の季節にはまだ少し早く、新栗の和菓子が売られるのはもう少し後のようです。
喫茶スペースで栗アイスを食べました。

中津川から高速で松本まで移動。
距離感がいまいちわからず、渋滞もしていないのに意外に時間がかかりました。

Img_20190825_190159_s

松本の駅前の「ご飯屋」という直球な名前の店で、名物山賊焼きを食べてみました。
山賊焼きとは鶏のもも肉を生姜やにんにくで味付けして揚げた料理。
なぜ山賊焼きと呼ぶのかですが、塩尻の居酒屋「山賊」が発祥とする説と、「山賊は物を取り上げる=鶏揚げる」の語呂合わせ説があるそうです。
松本・塩尻市それぞれに山賊焼きを出す飲食店の団体があり、松本市内ならあちこちの店で食べられるようです。
鶏の味付け揚げなので、これなら苦手な人はそう多くはないはず。
味は濃いめですがうまかったです。

なおどうでもいい情報ですが、この山賊焼きを食っている最中、店に流れていた有線のBGMで聞き覚えのある曲が流れてきました。
それは先日このBLOGで採り上げたジーザス・ジョーンズの「Right Here, Right Now」。
フルコーラス聴いたこともない曲ですが、覚えていた歌詞「I was alive and I waited waited」がそのまま流れてきたのでちょっとだけ感動。

Img_20190826_083519_s

この日は松本のいろはグランドホテルに泊まりました。
フロントの女性は中国人。
外国人スタッフがいるホテルは京都や大阪や札幌だとふつうにありますが、松本もそうなりつつあるようです。

Dscn2573_s

翌日は松本城を見学。
たぶん3度目ですが、2度目がいつだったか覚えていないほど昔のことです。
なお初めて松本城を訪れた際は、友人10人くらいのグループで来たのですが、城には入れませんでした。
実はその時の全員分の宿泊費・食費を集めて持っていたヤツが途中で全額財布ごと落としてしまい、あわてて警察に行きました。
残りの連中はとりあえず松本城まで来たのですが、ほとんどの金を集金係に預けてしまい、見つかるかどうかもわからない状況だったため、城の入場料すらも払う気になれず、写真だけ撮って城を後にしたのでした。
その日の夕方、親切な方に財布は拾われ、奇跡的に全額手元に戻ったという思い出の城です・・・

Dscn2576_s

NHKで「真田丸」がやってた頃は相当観光客が増えたようですが、この日は平日でもあり、それほど混雑はしていませんでした。

ちなみに松本城と言えば、外壁が黒いことから「烏城」と呼ばれる・・と認識している方も多いと思います。
自分もそう思ってましたが、公式サイトでは「烏城は誤りです」と断言。
そうなの??知らなかった・・
文献上で「烏城」と呼ばれたという記述はなく、「別名は烏城ではない」というのが管理事務所の公式見解だそうです。
別名を言うなら「深志城」とのこと。

Dscn2594_s

信州まつもと空港に寄ってみました。
もちろん空路で帰るわけでもなく、たまたま帰り道に寄っただけで、来たのは初めてです。
自分は飛行機や空港はわりと好きなほうで、こうして旅の途中に用もないのに空港に行くことがたまにあります。

Dscn2595_s

大阪・札幌・福岡に定期便があるようですが、この日は到着に多少の遅れもあり、送迎デッキからは機体が1機も見えず、また滞在時間中は離陸も着陸も全くありませんでした。
空港に来たのに飛行機が全くなかったのは初めてでした。

というわけで、信州の旅も終了。
久しぶりの信州でしたが、さすがに気温も低く快適な旅ができました。
今度は北信地方に行ってみたいと思います。

 

|

« 行ってみた 第71回 木曽路・伊那路 | トップページ | 聴いてない 第253回 ニュー・オーダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行ってみた 第71回 木曽路・伊那路 | トップページ | 聴いてない 第253回 ニュー・オーダー »