« 聴いてない 第249回 キム・カーンズ | トップページ | 行ってみた 第69回 三室戸寺・藤森神社・智積院 »

聴いてみた 第150回 フェイセズ その2

今日聴いてみたのはフェイセズ「Long Player」。
1971年発表で、全英31位・全米29位を記録した、フェイセズとしては2枚目のアルバム。

フェイセズ結成の経緯をおさらい。
まずスモール・フェイセズからスティーブ・マリオットがハンブル・パイを結成するため脱退。
残ったロニー・レーン、イアン・マクレガン、ケニー・ジョーンズの3人が呆然としていたところに、ジェフ・ベック・グループ解散後のロン・ウッドが気まぐれに参加。
一方同じくJBG出身のロッド・スチュワートはソロでやっていくことを決意してソロアルバムも出したが、これが思ったほど売れず暇をもてあまし、ロンに誘われてスモール・フェイセズのレコーディングに来てみたらそのままボーカルとして採用されたという、案外適当なフェイセズのスタート。

バンドは1970年3月に最初のアルバム「First Step」をリリース。
イギリスではフェイセズとしての発表だったが、アメリカではまだスモール・フェイセズのほうが通りがよかったため、スモール・フェイセズ名義となっている。
その半年後にはロッドがまたもソロアルバム「Gasoline Alley」を発表。
フェイセズのメンバーも参加しており、この頃はソロとバンドの間をわりとみなさん自由に行き来していたようだ。
さらにその半年後に出たのが、今回聴いたフェイセズとしての「Long Player」である。

Long-player

アルバムタイトル「Long Player」はLPレコードの意味だそうだが、「それはわかってますけど」というタイトル。
当時発売されるアルバムレコードはフェイセズ以外もみーんな「Long Player」だったはずで、「だから正式なタイトルは何なんだよ」とファンは思ったんじゃないだろうか?
何か意味や意図があってのタイトルかな?
なおジャケットは2枚のボール紙をミシンで縫い合わせるという凝った造りだったそうだ。

前回聴いた「馬の耳に念仏」で、フェイセズは自分にとって信頼と実績のバンドだと確信したので、今回も不安材料は全然ない。
世界最強のB級ガレージバンドなんて評価もあるようだが、あの楽曲とロッドのボーカルがあれば大概は大丈夫なはずだ。
ふんぞり返って聴くことにした。

・・・・・聴いてみた。

1. Bad 'N' Ruin
オープニングはイアンとロッドの共作で軽快なロック。
ロッドのボーカルが相変わらず魅力全開だが、後半の間奏部分でそれぞれの楽器も主張しあう。
うまいかどうかはよくわからないが、ノリは非常によい。
ラストはテンポを落として終わる。

2. Tell Everyone
前の曲のエンディングから続くようなスローバラード。
ここまでの2曲がアルバムのハイライトと評する人も多いようだ。
ロッドの味わい深いボーカルの見本のような曲だが、後半に登場するキーボードが意外にいい感じ。
ロニー・レーンの作品だが、本人は歌っていない(と思う)。

3. Sweet Lady Mary
引き続きフォークっぽいバラード。
6分近くあって結構長い。
右のオルガンと左のアコースティックギターが不思議な調和を奏で、ロッドのざらつくボーカルが乗る。
ドラムは出てこない。
どこかで聴いたような音だが、たぶんこの路線は後のロッドのソロ「Sailing」「Maggie May」につながっている気がする。

4. Richmond
なんとなくストーンズっぽいカントリー調のサウンド。
ここでようやくロニー・レーンが歌う。
この人の声はやはりジョージ・ハリスンに似ている。
いい曲だし、ジョージっぽい頼りなさげなボーカルも悪くないが、もしロッドが歌ってたらやはり相当引っ張られてさらに名曲になっていただろう。

5. Maybe I'm Amazed(恋することのもどかしさ)
ポール・マッカートニーの作品がなぜかこんなところでライブで登場。
意外な選曲に少し戸惑う。
これポール本人もライブで歌ったことないんじゃないだろうか?
初めはロニーのボーカル。
続いて楽器のボリュームも上がったところでロッドが歌い、中盤は二人で声を合わせる。
ロッドはところどころ音をはずしており、ちゃんと聴けばロニーのほうが歌がうまいんだが、魅力的かどうかといえばやはりロッドにはかなわない。
ポールの歌とはまた違った、聴きどころの多い曲。

6. Had Me A Real Good Time
LPではB面がこの曲でスタート。
A面にはないブルージーなロックで、ロッドが本領発揮。
ロニーとロッドとロン・ウッド、バンドの「3R」共作。
これも後の「Hot Legs」なんかにつながっていく名曲だと思う。
後半からサックスやトランペットも加わりファンク度がアップしている。
なおサックスはボビー・キーズ、トランペットはハリー・バケットという人が担当。

7. On The Beach
ボーカルはロニーだと思うが、ややまとまりのない異質なサウンド。
ブルースを軸にフォークのように比較的おだやかに進行するが、楽器も声もあえて調和を少し乱しているようなイメージ。

8. I Feel So Good
この曲もライブで、ニューヨークでのコンサートが音源とのこと。
前半はわりとふつうに進行するが、中盤で臨場感あふれるロッドと観客の掛け合いがあり、後半はそれぞれのパートが目いっぱい主張し合う。
ロックバンドのライブの見本のような構成。

9. Jerusalem(エルサレム)
エンディングはロン・ウッドによるインスト。
原曲は讃美歌でイギリスでは「第二の国歌」と言われており、ELPも「恐怖の頭脳改革」で1曲目に収録している。
2分弱しかなく、ラストにしては少し物足りない。

聴き終えた。
全体的な印象としては、バラエティ豊かなアルバムである。
ロック・ブルース・フォークといった当時の音楽シーンを基軸に、ライブやインストも収録。
ポール・マッカートニーのカバーをライブでという意外なチョイスは誰の発案なのかわからないが、曲の良さをさらに引き出した秀逸なライブである。
「馬の耳に念仏」よりも散漫な感じもしないではないが、ロッドもロニーもそれぞれの得意な曲で歌っているように思う。
このアルバム制作時点ではまだグループは安定していたのだろう。

フェイセズのサウンドに慣れたせいか、ロニーの頼りないボーカルもそれほど気にならなかった。
ロッドの突出した個性に対してはもちろん分が悪いが、ロニーの声もバンドの顔である。
「馬の耳に念仏」同様、やはりロッド在籍時のジェフ・ベック・グループよりもいいと感じる。

少しずつわかってきたのだが、フェイセズはツェッペリンやパープルといった突き抜けたギタリスト・ボーカリストを擁するバンドとは少し違うようだ。
ロッド・スチュワートという突き抜けたボーカルは確かにいるが、ロバート・プラントやイアン・ギランのような金属系ボーカリストではない。

ロッドは変わった声なので「個性的」という評価になるのだが、ミック・ジャガーのように力で押し通すような歌い方はしておらず、基本は楽しくやろうぜ的なガヤ系バンドだと思う。
簡単に言うと「毒のないバンド」である。
ツェッペリンなんてそもそもメンバー全員毒キノコだし、ストーンズもパープルもフグっぽい人が多く混ぜると危険な毒だらけだ。
で、このフェイセズの毒のなさ、聴いてみるとかなり心地よいのだ。
残念ながらバンドとしては長続きはしなかったようだが・・・

というわけで、「Long Player」。
これもかなりよかったです。
フェイセズのスタジオ盤はあと2枚残っていますので、早いうちに聴いておこうと思います。

|

« 聴いてない 第249回 キム・カーンズ | トップページ | 行ってみた 第69回 三室戸寺・藤森神社・智積院 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
改めて考えると「馬の耳に念仏」以外は名前すら聞いたことがありません
でした。顔のジャケ画のアルバムも有名のようですが…
解説していただいた曲も全く知りません。
しかし、記事を拝見するとかなり聞きやすそう、というか敷居が低そうで
安心しました。

>>ポール・マッカートニーの作品がなぜかこんなところでライブで登場。

ひょっとするとスチュワートの趣味かと思いました。スチュワートの70年代ソロ
ライブでは「Get Back」をカバーしています。が、このアルバムでは
レインが歌っているのですね。

>>世界最強のB級ガレージバンド

「馬の耳に念仏」はとてもよかったので、その路線でしたら私もいけそうです。
ちなみに、初期のザ・フーもガレージバンドといえますが、私は中期「トミー」
以降の大物感のある時期のほうが好きになりました。

>>ジャケットは2枚のボール紙をミシンで縫い合わせるという凝った造り

レコード・コレクターズ誌の記事によると、フェイセズは変形ジャケ
が多いそうです。紙ジャケCDの中古価格が高騰しそう(^^;

投稿: モンスリー | 2019.06.24 20:17

モンスリーさん、コメントありがとうございます。

>しかし、記事を拝見するとかなり聞きやすそう、というか敷居が低そうで安心しました。

そうですね、フェイセズは自分の好みにかなり合っているんじゃないかと思います。
というか、おそらくはロッドのボーカルが好きなんでしょうね。
安心して聴いていられます。

>ひょっとするとスチュワートの趣味かと思いました。スチュワートの70年代ソロライブでは「Get Back」をカバーしています。が、このアルバムではレインが歌っているのですね。

最初はロニーが歌い、すぐに二人で歌っています。
ロッドはこの頃からカバーにも積極的ですね。
雑誌記事で冗談まじりに「俺が歌えばなんでも俺の曲になる」と豪語していたのを見たような記憶があります。
86年にはビートルズの「In My Life」をカバーしてますが、原曲とはまた違ったいい雰囲気で歌ってます。

>レコード・コレクターズ誌の記事によると、フェイセズは変形ジャケが多いそうです。紙ジャケCDの中古価格が高騰しそう(^^;

そうらしいですね。
「Ooh La La」という顔ジャケアルバムも、LPでの目や口が動く仕掛けをCD紙ジャケでも再現したそうで・・
ここにかなり詳しい記事がありました。
https://www.hmv.co.jp/news/article/1004120011/

投稿: SYUNJI | 2019.06.25 21:44

こんばんは、JTです。

フェイセズってヒット曲のStay with meや後に有名になったロッドやロンの印象が強く、彼ら2名がメインになっているバンドと思われがちです。

このアルバムを聴くとオリジナルメンバーの3名も結構前面に出てきていますね。イアン・マクレガンのキーボードもロンのギターといい勝負で、バンドサウンドの要になっていますね。

バンド内の力関係がバランスよいため、バラエティに富んだ(悪くいえば、ちょっと散漫な)アルバムになっているんですね。

>5. Maybe I'm Amazed(恋することのもどかしさ)

ビートルズやストーンズなどの英国のバンドはカバーといえば古いR&BやR&Rナンバーを取り上げることが多いですが、1年前に発表されたメジャーアーチストのナンバーを取り上げるというフットワークのよさ。

後にライブ盤でもジョンの「ジェラスガイ」も取り上げています。

その後、これが縁か分かりませんが、ロッドはソロアルバムでポールから楽曲提供されています。こういった繋がりを求める為に野心家のロッドが選曲したかもしれませんね。

>これポール本人もライブで歌ったことないんじゃないだろうか?

いやいや、ウィングスのライブ盤やソロになってからのライブ盤でも歌っていますよ。ウィングスはライブバージョンをシングルカットしています。邦題はスタジオバージョンとちがって「ハートのささやき」となっています。なんで邦題変えたんだろう?

>残念ながらバンドとしては長続きはしなかったようだが・・・

ロッドにとっては最初から腰かけのようなバンドだったかもしれません。ソロがヒットしたら抜ける気まんまんだった?かな。だからロニーにもソロボーカル取らせていたのかな。

投稿: JT | 2019.06.27 01:39

JTさん、コメントありがとうございます。

>このアルバムを聴くとオリジナルメンバーの3名も結構前面に出てきていますね。

あー確かにそうですね。
「馬の耳に念仏」もそうでしたが、どうしてもロッドのボーカルに引っ張られるので楽器の音にあまり注意してなかったんですけど、確かにそれぞれの音はしっかりしてて一体感もありますね。

>バンド内の力関係がバランスよいため、バラエティに富んだ(悪くいえば、ちょっと散漫な)アルバムになっているんですね。

なるほど・・
バラエティに富んでるけどどこか散漫というのは確かに思い当たります。
決して悪い印象はないですが・・

>いやいや、ウィングスのライブ盤やソロになってからのライブ盤でも歌っていますよ。

あ、そうなんですね。すいません・・
ライブで公式に披露したのはフェイセズが初めてだと書いてありましたが、ポール本人もライブで歌っていたんですね。
しかし「ハートのささやき」ってのもまた全然違う邦題ですね・・

>ロッドにとっては最初から腰かけのようなバンドだったかもしれません。ソロがヒットしたら抜ける気まんまんだった?かな。

たぶんそうなんでしょうね。
その後の活動を見ても、ロッドって人はあまりバンド向きではなかったみたいですね。

投稿: SYUNJI | 2019.06.28 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聴いてない 第249回 キム・カーンズ | トップページ | 行ってみた 第69回 三室戸寺・藤森神社・智積院 »