« 聴いてない 第247回 ルパート・ホルムズ | トップページ | 行ってみた 第68回 浜松 »

行ってみた 第67回 瀬戸・名古屋・岡崎

憲政史上初の10連休となった今年のゴールデンウィーク。
たかだか10連休程度で大騒ぎする日本人を、欧米の方々はさぞかし冷ややかにながめているのではないかと思いますが、そんな不安な心境の中、やっぱり小市民なあたしも旅に出ることにしました。
とは言え憲政史上初の10連休なので、飛行機や新幹線は席の確保ができません。
従って行き先は車で行ける愛知県方面を選択。

190430125148k003

まず最初に訪れたのは多治見。
愛知県と宣言しといていきなり岐阜県にある焼き物の街です。
美濃焼・織部焼で有名ですが、行ったのは初めてです。
焼き物に特にこだわりはありませんが、昨年笠間で買った茶碗が早くも欠けてしまったので、多治見か瀬戸で買おうと思って寄ってみました。

190430125348k005_1

190430125155k004

中心部に残る古い町並みを「オリベストリート」と名付けていますが、実際に焼き物を売る店は思ったより少なく、軒を連ねるというほどではありません。
天気もいまいちで連休中でも観光客はほとんどおらず、かなり地味な印象。

190430153457k008

190430153129k007

そこで隣町の瀬戸に移動。
瀬戸は以前2度ほど来ています。
焼き物の店は多治見より多いですが、やはり瀬戸の街も閑散としていました。
タイミングもあるのでしょうが、多治見も瀬戸も、同時期の益子や笠間に比べて人の数は比較にならないほど少ないです。
器をじっくり選ぶことができてありがたいですが、もう少し盛り上がってくれたら・・と勝手なことを思いました。

Dscn2291_r

さて平成最後の晩は名古屋の東横インに泊まりました。
名古屋駅から少し距離があるのですが、連休中なのにツインで1万円しないという鬼のような安さ。
チェックインも朝食もやたら混雑はしてましたが、外国人観光客は思ったほどいませんでした。

190430183110k010

名古屋駅前も平成ラストナイトでそれなりに人出はありましたが、特に騒乱状態というわけではなく、名鉄前のナナちゃんが「令和」の書を携えており、それを地元の報道機関がおだやかに取材していました。
テレビで全国各地の平成カウントダウンの様子を報道してましたが、渋谷や道頓堀の騒乱ってマスコミも絶対に期待して騒乱ありきで取材してますよね。

久しぶりの名古屋なので夜は直球名古屋メシである味噌カツを食うことにしました。
しかし。
平成最後の晩餐を楽しもうとする名古屋市民のすさまじい郷土愛?により、メイチカやユニモールの飲食店はどこも行列。
そうなれば頼るのはエスカですが、状況はエスカも同様で、味噌カツの名店「矢場とん」は朝の北千住みたいな大混雑。
あまりの混雑に呆然としていると、たまたま行列のほとんどない店を発見。

そこは「忠助」という定食屋でした。
すぐに入れたので味噌カツを注文したところ、味噌の上に目玉焼きが乗ってきました。

190430190913k012

これが非常にうまかったです。
何度か食べてきた名古屋の味噌カツですが、目玉焼き付きは初めてでした。
濃い味噌味が卵でマイルドになり、食べやすくなります。
平成最後の名古屋メシをありがたく堪能しました。

明けて令和元年初日。
小雨の中、熱田神宮に行ってみました。
参拝は初めてです。
10年以上前、熱田神宮の横で突然車が不調となり、ディーラーに飛び込んだものの直せないと言われて不調のまま家まで帰るはめになったという思い出の場所です。

Dscn2292_r

Dscn2300_r

参拝はふつうにできましたが、参道の端にものすごく長い行列ができており、敷地の外の道路にまで伸びていました。
参拝するまで何の行列かわからなかったのですが、列の先頭を見てやっと理由が判明。
「令和元年五月一日」の日付が入った御朱印をもらう行列だったのです。

Dscn2295_r
あとで聞いたら午後はさらに行列が伸びて3時間待ちだったそうです。
全国で御朱印集めがブームだそうですが、みなさんここまで熱心だとは知りませんでした。
最近は御朱印の趣旨を理解せず、メルカリで転売したり対応が遅いなどと社務所で文句つける人が登場して批判を浴びているようですが・・・

Dscn2312_r

果てしない行列を横目に神宮をあとにして、有松という街に行ってみました。
絞り染めと古い町並みで有名だそうですが、行くまで存在すら知りませんでした。

Dscn2313_r

Dscn2319_r

名鉄有松駅前というアクセスの良さ。
絞り染めに古い町並みといった若い女性に受けそうな要素はあるものの、この日は観光客は全くいませんでした。
個人的にはもう少し古民家カフェなど飲食店があれば、もっと人気が出るのではないかと感じました。

昼になったので「おかげ庵」に行くことにしました。
コメダ珈琲店が経営する和風喫茶チェーンですが、実は我が家の近所にもあります。
調べたら店は愛知県の7店と神奈川県の2店しかないようです。

Img_20190501_120003_y

190501115957k014 

ここでもあんかけスパ・きしめんという外角低めの直球名古屋メシを注文。
味はウチの近所も含めてどの店でも同じだとは思いますが、今回は観光で来ているので、やはり本場で食べるとテンションが上がります。(単純)
地元の方の評価はどんなもんなんでしょうか?

Img_20190501_134223_y

午後は岡崎に移動。
名古屋もそうですが、岡崎も実はその昔何度も宿泊した都市です。
トヨタ関連の仕事で頻繁に出張していた時期があり、泊まった日数だけで言えば名古屋はおそらく100回以上、岡崎も安城も刈谷もそれぞれ20回くらいは宿泊しました。
ただし毎回ひたすら宿と工場の往復だったため、岡崎は一切観光しておらず、お城も今回初めて訪れました。

Dscn2321_r

Dscn2324_r

明治維新後、徳川家康生誕の城ということで岡崎城は特に念入りに新政府によって破壊されたといわれています。
今の岡崎城は昭和の再建なので歴史的価値はあまりないようですが、家康を誇りに思う市民の方々の熱意によって、ほぼ江戸時代どおりの天守閣が復元されたそうです。

Img_20190501_152354_y

このあと城のすぐ近くのカクキューに行ってみました。
江戸創業の八丁味噌屋で、工場やフードコートもある味噌のテーマパークみたいな施設ですが、観光バスで団体が大量に来ており、城よりも混雑していました。

令和最初の宿泊は浜松。
浜松は10年ぶりですが、適当に選んだホテルは10年前にも泊まったところでした。
旅はもう1日続きます。

 

 

 

|

« 聴いてない 第247回 ルパート・ホルムズ | トップページ | 行ってみた 第68回 浜松 »

コメント

こんばんは、JTです。

さすが、旅慣れているSYUNJIさん、訪問している所が渋いですね。

>器をじっくり選ぶことができてありがたいですが、もう少し盛り上がってくれたら・・と勝手なことを思いました。

瀬戸は9月初旬に行われている「せともの祭り」の時に行くと人出は多いです。過去数回行きましたが、露店のせともの売りが中心でなかなかの賑わいです。

>何度か食べてきた名古屋の味噌カツですが、目玉焼き付きは初めてでした。
濃い味噌味が卵でマイルドになり、食べやすくなります。

これは見たことありませんね。でも美味しそうです。

>有松という街に行ってみました。

有松は行ったことがありませんね。地元の情報番組で何度か紹介されてはいるのですが。
いつか訪問したいです。

>明治維新後、徳川家康生誕の城ということで岡崎城は特に念入りに新政府によって破壊されたといわれています。

なにも各藩にあった城を破壊しなくても別の施設に転用して保存出来なかったのかな、とも今の感覚では思えます。

城は前為政者の象徴でもあるので、当時はそんな流暢な事はできないとは思いますが。

投稿: JT | 2019.05.18 22:46

再び、JTです。

>>城は前為政者の象徴でもあるので、当時はそんな流暢な事はできないとは思いますが。

「流暢」じゃなくて「悠長」の間違えです。訂正します。

あと、昔ぷくちゃんが、名古屋駅のホームのきしめんが美味しい、と言っていました。で、その後新幹線と在来線のホームできしめん食べましたが、まあ普通でした。
他の地域の人には珍しいから美味しいのかな?
駅ホームの立ち食いにしては、まずまずかと思いますが、新幹線を途中下車してまでという感じではありませんでした。

SYUNJIさんは食べたことありますか?

投稿: JT | 2019.05.19 10:28

JTさん、こんばんは。
時間があれば栄や大須も行きたかったのですが・・

>瀬戸は9月初旬に行われている「せともの祭り」の時に行くと人出は多いです。

あ、そうなんですね。
以前瀬戸に行ったのはいずれも2月で、今回も4月の陶祖まつりが終わった後だったので(行ってから知りました)、閑散としてました。

>これは見たことありませんね。でも美味しそうです。

ぜひおすすめします。・・ってJTさんに自分が言うのもヘンですが。
しかし味噌カツの各店があそこまで混雑してるとは思いませんでした。

>有松は行ったことがありませんね。地元の情報番組で何度か紹介されてはいるのですが。

自分も行く直前まで町並みも絞り染めも全く知りませんでした。
後で聞いたら有松絞りは妻も母親も知っていたので、やはりこういうのは女性のほうが詳しいですね。

>なにも各藩にあった城を破壊しなくても別の施設に転用して保存出来なかったのかな、とも今の感覚では思えます。

岡崎城の例では確かにそう感じます。
ただ家康本人も将軍になった後で、それまで各地にあった戦国武将の城の大半をつぶしたそうなので、お城は今でこそ文化財ですけど軍事拠点としては時代が変われば壊される運命なのかもしれないですね。

>あと、昔ぷくちゃんが、名古屋駅のホームのきしめんが美味しい、と言っていました。

JR名古屋駅のきしめんは食べたことあったかな・・
かなり前ですけど、名鉄のホームにあったきしめん屋で食ったことが1回だけありました。
確かにうまかったです。
そもそも地元や都内ではきしめんを食べる機会がないので、「珍しいからうまい」と感じるのかもしれませんが・・

投稿: SYUNJI | 2019.05.19 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聴いてない 第247回 ルパート・ホルムズ | トップページ | 行ってみた 第68回 浜松 »