« 読んでみた 第54回 文藝別冊 ジェフ・ベック | トップページ | 聴いてない 第243回 クリス・デ・バー »

聴いてない 第242回 バーブラ・ストライサンド

女性シンガーシリーズ、キム・ワイルドの次はバーブラ・ストライサンド。
自分のような万年初心者にしては極めて高尚なチョイスですけど。
女優としても有名だが、キャリアは歌手が先でアルバムも60枚以上発表してるそうなので、歌手として採り上げてみました。
バーブラなのかバーバラなのか、はたまたストライザンドなのかサンドなのか、ずうっと適当に覚えてましたけど、バーブラ・ストライサンドでいいそうです。

バーブラ・ストライサンド、聴いてない度は意外にも3。
80年の「Woman in Love」、81年の「Comin' In and Out of Your Life(愛のラストシーン)」の2曲を柏村武昭の案内により録音している。
バリー・ギブとのデュエット「Guilty」も大ヒットしたらしいが、これは聴いていない。
また当然ながら出演映画も全然見ていない。

実は女優でもあることを知ったのはこの2曲を録音した後である。
ロックやポップスというジャンルで長年活躍してきた人ではないとは思うが、録音した当時はFMでもよくかかっており、FMステーションに音楽記事が掲載されたこともあった。
本人の意向は不明だが、当時の日本ではレコード会社や音楽メディアもわりとバーブラ・ストライサンドを抵抗なく若者向けに発信していた気がする。
なので同世代の方であれば、映画は見ていないけど歌は知ってる、という人も多いのではないかと思う。

自分の実績は上記2曲という毎度のことながら頼りない状態である。
女優で歌手、大物、ユダヤ人という超基礎情報しか知らず、アルバムはもちろん聴いてない。
ネットで略歴を調べてみたが、ウィキペディア日本語版はかなり詳しい一方、他に詳しく書いてあるサイトはあまり見つからなかった。
今回はだらだら書かず、箇条書きでまとめてみました。

・本名はバーバラ・ジョアン・ストライサンド
・1942年4月24日ニューヨーク生まれ
・ユダヤ系ロシア人家系に育つ
・10代で歌手デビュー、女優としても活動
・下積み時代に芸名としてバーブラ・ストライサンドを名乗る
・1963年のファーストアルバム「The Barbra Streisand Album」でグラミー賞受賞
・1973年公開の映画「追憶」に出演、主題歌も歌いアカデミー賞受賞
・エミー賞、トニー賞も受賞経験あり
・ヒット曲は以下のとおり
 「People」(1964年)
「Stoney End」(1971年)
「The Way We Were(追憶)」(1974年)
「Love Theme from 'A Star is Born'(Evergreen)(スター誕生 愛のテーマ)」(1977年)
「Woman in Love」(1980年)
・ヒットしたデュエット曲
「You Don't Bring Me Flowers(愛のたそがれ)」 (ニール・ダイアモンドとのデュエット、1978年)
「No More Tears (Enough is Enough)」 (ドナ・サマーとのデュエット、1979年)
「Guilty」 (バリー・ギブとのデュエット、1981年)
・映画監督、プロデューサー、作曲家、脚本家の顔も持つ
・民主党支持者
・日本公演はまだ一度も行われていない

結局箇条書きでもだらだら書いてしまったが、やっぱり歌手・女優として長年活動してきたすごい人であることは間違いない。
しかもこの人の場合ただ活動するだけでなく、輝かしい実績が伴う豊かな活躍である。
1960年代から70年代・80年代・90年代・2000年代・2010年代でそれぞれアルバム全米1位を獲得しており、この記録はバーブラ・ストライサンドだけのものだそうだ。
また1位となったアルバムは10枚もあり、この記録も女性歌手としてトップだそうだ。

ロック・ミュージシャンとの競演や楽曲参加も多く、79年のアルバム「Wet」ではドナ・サマーとのデュエット「No More Tears (Enough is Enough)」を収録し、TOTOのメンバー(ジェフ・ポーカロ、デビッド・ハンゲイト、スティーブ・ルカサー、ボビー・キンボール)、デビッド・フォスターやラリー・カールトンらも参加。
84年の「Emotion」にもジョン・メレンキャンプの作品があり、ドン・フェルダーやスティーブ・ルカサーがギターで参加している。

すでに76歳を超えているが、今なお現役で活動中であり、年内に「Walls」というアルバムも発売予定。
ジョン・レノンの「Imagine」をカバーし、トランプ大統領に向けたメッセージソング「Don't Lie To Me」も収録されているとのこと。

実力は今さら自分みたいな素人が評価する必要もないだろう。
2曲しか聴いてないけど、歌唱力は確かなものだと極東の偏差値の低い学生でもはっきりわかったのだった。
ちなみに「Woman In Love」はバリー&ロビンのギブ兄弟の作品だそうだ。

個人的には顔もわりと好きなほうである。
本国では大きな鼻をイジられることも多いらしいが、実は目元や口元が高校の同級生のすみれちゃんに似ていて、すみれちゃんは顔も性格もすごくよくて好きだったので、つられてバーブラ・ストライサンド(の顔)も気に入ってたのだ。
天下の大女優に対して非常に失礼な話ですけど。

たぶん80年代後半だったと思うが、深夜のテレビでバーブラ・ストライサンドが出ていた映画を見た記憶がある。
全編通して見ていなかったので映画のタイトルもストーリーも不明だが、バーブラは確かストリッパーとかダンサーみたいな役で、シェリー・カーリーみたいな下着姿で、部屋で男と話し込むシーンだった。
この時もテレビ画面に映るバーブラの顔を見て「かわいいな」と感じたことを覚えている。(場内騒然)

なおネットで検索してて引っかかった情報だが、バラの品種に「バーブラ・ストライサンド」というのがあるらしい。
「多彩な才能で活躍したオスカー女優の名をもつ香り高く美しい魅力種」なんてアオリが書いてあります。

というわけで、バーブラ・ストライサンド。
やはり「Guilty」はアルバム・シングルとも聴いておかねばならない名盤なんでしょうね。
無難にベスト盤という選択肢もあるとは思いますが、TOTOの4人が参加してる「Wet」や、新作「Walls」も少し気になるところです。
日本での人気がどうなのか全然見当もつきませんが、おすすめのアルバムがあれば教えていただけたらと思います。

|

« 読んでみた 第54回 文藝別冊 ジェフ・ベック | トップページ | 聴いてない 第243回 クリス・デ・バー »

コメント

こんばんは、JTです。

バーブラ・ストライサンド、知っている曲は、「People」と「The Way We Were(追憶)」の2曲のみですね。

映画「追憶」にも出ていたので、歌の上手い女優さん、というイメージでいました。(時代は違いますが、日本でいえば薬師丸ひろ子さんとか、松たか子さんみたいな)

SYUNJIさんの記事を読むと歌手が本業のように思えますね。今回「People」をひさびさに聞いてみましたが、確かに女優の余技というレベルではないですね。

>実は目元や口元が高校の同級生のすみれちゃんに似ていて、

歌手に似た同級生ですか、いいですね。
自分にはそんな同級生いなかったなぁ。


投稿: JT | 2018.11.04 23:00

JTさん、こんばんは。

>映画「追憶」にも出ていたので、歌の上手い女優さん、というイメージでいました。

そうですね、日本では多くの方が同じような認識ではないでしょうか。
自分が思い浮かべた日本の女優では倍賞千恵子ですね。

>SYUNJIさんの記事を読むと歌手が本業のように思えますね。

調べて初めて知りましたけど、女優よりも歌手の実績のほうが上回っているみたいですね。

>歌手に似た同級生ですか、いいですね。

いいでしょう(笑←なんの自慢だよ)
すみれちゃんは瞳の色が他の子に比べて少し薄くて、それがまたバーブラ・ストライサンドを思わせる魅力的な子でした・・(遠い目)

投稿: SYUNJI | 2018.11.06 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/67294443

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第242回 バーブラ・ストライサンド:

« 読んでみた 第54回 文藝別冊 ジェフ・ベック | トップページ | 聴いてない 第243回 クリス・デ・バー »