« 聴いてない 第241回 キム・ワイルド | トップページ | 行ってみた 第65回 岩手 »

行ってみた 第64回 秋田

諸国漫遊芸人のSYUNJIです。
4年前に福井県を訪れて47都道府県全て制覇した・・などと大言壮語を世界中に発信した恥知らずなあたしですが、実はその中でかなりインチキくさい扱いをしていた県があります。
それは秋田県。
秋田県は10年ほど前に1泊だけですが宿泊したことがあります。
それは事実なのですが、その宿が秋田県に所属していたことは泊まってから知ったという適当さ。
十和田湖のほとりの宿をとったので、行く前はてっきり青森県だと思っていました。
ところが夕食にはきりたんぽやハタハタなど秋田名物がたくさん出てきて、あれ?と思ったら割りばしの袋には秋田県の住所が書いてあったのでした。

・・・たったこれだけで「秋田県も訪れた」ことにしてきた図々しく失礼なクソ野郎(下品)ですが、「結果1泊」に長いこと負い目を感じていたのも事実です。(誰も信用しない)
なので今年はその思いを払拭し、名実ともに全県制覇を宣言しようと真剣に秋田県を目指すことにしました。(戯言)

Komachi

ということで東京駅から秋田新幹線こまちに乗って一路秋田へ。
もうこれでぷく先輩からの「オマエ本当はまともに秋田で観光なんかしてないんだろ」といった内部告発を恐れずに生きていけるのです。(意味不明)

秋田新幹線、もちろん初めて乗ったのですが、盛岡から先は在来線を走るのでスピードもふつうの特急くらいで、1時間半くらいかかります。
乗り換えはなくて便利でしたが、東京駅を朝8時40分に出て、秋田駅についたのは12時半。
想像以上に遠いところでした。

Taihei0

Taihei1

Park

この日秋田市は残念ながら雨でした。
ただ東京のイカれた暑さは全くありません。
太平山三吉神社や千秋公園を散策。

Iroriya1

Iroriya2

夜は歓楽街川反(かわばた)通りにある「いろり家」という郷土料理の店で比内鶏やきりたんぽなど秋田名物を堪能しました。
店は入口が極端に狭く中は薄暗いという造り。
たまに都内でもこの手の演出はありますが、だいたい都内の居酒屋はどこもサラリーマンだらけで騒々しく、風情のカケラもない店ばかり。
しかし秋田の居酒屋はこの薄暗さと囲炉裏が非常にいい雰囲気。
店の人が味わい深い秋田弁で注文を取り、きりたんぽ鍋を作ってくれます。

Iroriya3

きりたんぽはウチの近所のスーパーでも買えるほど全国区なものですが、家できりたんぽ鍋やるとだいたいきりたんぽが粉々のどろどろになるんで、そういうもんかくらいに思ってました。
が、本場のものはやはり味も食感も全く違います。(当たり前)
秋田料理に全然なじみはありませんが、この店の味は全般的に甘くて非常に食べやすく、個人的には道南の味付けに近いと感じました。

Tower1

翌日は晴れ。
この日は男鹿半島方面に行くことにしました。
途中秋田港にタワーがあったので登ってみました。
正式名称は秋田市「ポートタワー・セリオン」。

Tower2

Tower3

タワーは思った以上に高く眺望は抜群。
秋田駅前のあちこちに金足農業高の写真や垂れ幕や関連商品がありましたが、タワーの中にも金足農業高の位置を示す案内がありました。

Godzilla1

1時間ほどかけて男鹿半島に到着。
半島の南側に、CMで有名な「ゴジラ岩」があります。
自然の岩だけど確かにゴジラのような形状。

Godzilla2_2

ゴジラに見えるのは一定の方向からだけで、反対側から見ると全然ゴジラにならないという不思議な岩です。
友人の指摘で知ったのですが、日本には「ゴジラ岩」と呼ばれる岩は男鹿だけでなく知床や伊豆などあちこちにあるそうです。

Gao1

男鹿水族館「GAO」に行ってみました。

Gao2_2

Gao4

半島の東端近くにあり、秋田市内から車で1時間くらいかかるという場所ですが、施設は新しく展示も見応えがあります。
地方の水族館や動物園だと寂れて痛い雰囲気のところもよくありますが、ここはそんな場所ではありませんでした。
特にシロクマの行動展示は、飼育員があちこちに隠したエサをシロクマが全部見つけて食べるという面白い見せ方です。
レストランや売店もきれいで商品も充実していて、来てよかったと思いました。

Kanpuu1

半島の最高地点(355m)である寒風山頂上に登ってみました。
頂上まで車で行くことができます。

Kanpuu2

Kanpuu3

どの方角でも眺めは最高。
八郎潟の広大な干拓地水田も見ることができます。
小学生の頃授業で学んだ八郎潟でしたが、この歳になってやっと実物を目にすることができました。

Kakunodate1

この日の夜は角館に泊まり、翌日角館を観光。

Kakunodate2

Kakunodate3

前の週に祭りがあったそうでシーズンは完全にオフ。
そのため観光客もまばらで、古い武家屋敷や川沿いの景色はどれもきれいでしたが、やはりどこへ行っても「桜が咲いたらきれいだろうな」と思わせる場所ばかり。(当たり前)
金沢も弘前もそうでしたが、「次は必ず桜の時期に来よう」と決意したくなる土地でした。

Tazawako1

田沢湖に行ってみました。

Tazawako2

田沢湖と言えば金色に輝くたつこ像。
存在は知ってましたが、実物を見るのはもちろん初めてです。
湖を背景に写真を撮ると、どれもCGっぽくなるのが不思議。

Hachimanhotel1

この日は八幡平に泊まりました。
実は予約していたホテルから出発直前に「廃業するので予約をキャンセルしてほしい」との連絡があり、他の宿を大急ぎで探して取り直したというトラブルがありました。
長いこと全国各地で泊まってきましたが、宿からキャンセルしろと言われたのは初めてです。

Hachimanhotel2

Hachimanhotel3

取り直したほうの宿はわりとオールドな雰囲気でしたが、とても素朴で食事もおいしく、シーズンオフで宿泊客もあまりおらず、静かでよかったです。

旅はもう少し続きます。

|

« 聴いてない 第241回 キム・ワイルド | トップページ | 行ってみた 第65回 岩手 »

コメント

こんばんは。
秋田旅行、お疲れさまでした。

男鹿水族館、とてもいいですね。ホッキョクグマが2頭
いますし、アマゾンコーナーもよさそうです。個人的には、
ジェンツーペンギンがいるのがとても素敵です。
行ってみたいですが、あまりにも遠い(^^;)

ゴジラ岩ですが、初めて知りました。これも特撮好きには
たまらんですなあ~! 背中にあたる岩を見ていると、
ガメラにも見えます。
ところで、SYUNJIさんのおっしゃるとおり、ゴジラ岩は
全国にありますね。検索して多数ヒット(笑)

投稿: モンスリー | 2018.09.30 16:46

モンスリーさん、こんばんは。

>男鹿水族館、とてもいいですね。
>個人的には、ジェンツーペンギンがいるのがとても素敵です。

男鹿水族館、おすすめです。
関西からは確かに遠いですが・・
あまり調べずに行きましたが、施設や展示のクオリティはかなり高いと感じました。
ジェンツーペンギンてどこでも見られるわけでもないようですね。
関西では海遊館にいるようです。

>背中にあたる岩を見ていると、ガメラにも見えます。

言われてみればそうですね。
2枚目の写真だとガメラのほうが似てる気もします。
で、「ガメラ岩」ってのもあるのかと検索したら、こんなサイトが見つかりました。
https://www.web-gis.jp/GS_Kigan100/K100-073/Kigan100_073pc.html

ゴジラ岩の近くでした・・
先に調べておけばよかった・・

投稿: SYUNJI | 2018.09.30 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/67201592

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第64回 秋田:

« 聴いてない 第241回 キム・ワイルド | トップページ | 行ってみた 第65回 岩手 »