« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

やってない 第42回 遠慮

子供の頃から今に至るまで、ワタクシは遠慮したことがありません。
・・・こう書くと「じゃあオマエは今までずうっとズケズケ物を言って横柄に生きてきたのかよ」と各方面からつっこまれそうですが、そういうことではありません。
(そういう面も多少はあるかもしれないけど)

説明すると、「歓待・おもてなしを受ける場面において、飲食に関して遠慮したことはない」という話。
「なんだ、他人の金で好き勝手にじゃんじゃん高いもの注文して来たのかよ」と言われそうだが、それも違う。
日本では歓待・おもてなしをする側の決まり文句に「遠慮しないでどんどん食べろ・飲め」があると思うが、この言葉に期待どおりおこたえできたためしがない。
要するに自分は子供の頃から小食なため、必ず「遠慮しないで」を言われるのだが、こちらとしては決して「遠慮はしていない」のだ。

具体的には「大盛り」「おかわり」「追加」「シメの○○」といったことをしないので、普段どおり食べていると、一般の人からはどうしても「こいつ遠慮して食べていないんだな」と見えるらしい。
食事の形態やメニューにもよるが、一般的な「一人前」はなんとか食べられるが、「さらにもう一品」とか「大盛り」はまずしないというレベルである。

で、「遠慮しないで」に対して「小食である」「遠慮はしていない」ことを説明させていただくのだが、相手の反応はほぼ以下しかない。

・信用しない
・なんだつまらない

いずれにしろ楽しい会食の場が盛り下がるばかりで、殺伐(大げさ)とした空気になってしまう。

「小食な子供・若者」は大人から見れば「遠慮」か「異常」のどちらかである。
子供の頃は「遠慮しないで」をまず言われ、「遠慮はしていない」ことを告げると、ほぼ決まって「具合が悪いの?」と心配されたものだ。
こっちも面倒なんで時には「ごめんなさい、少し風邪気味で・・」なんて答えてその場をしのぐ、などという知恵もついてしまった。
いずれにしてもちっとも「かわいくない」子供である。
大人になっても小食は変わらず、おまけに酒も飲まないので、事態は全く好転しなかった。

新婚の頃に妻の親戚をたずねて会食したことがあったが、当然親戚の方々は「遠慮しないでどんどん食べてね」と様々な手料理を作ってもてなしてくれた。
まだ自分も若く、また味はとてもうまかったので自分にしては相当食べたつもりだったが、やはり限界はすぐ来た。
そこで「もう十分いただいた」「小食である」ことを説明したところ、いったん食事はお開きとなった。
・・・と安心していたのは自分だけで、10分後には大量の握り寿司がでかい桶で出てきたのである。

親戚のおばさんは満面の笑みで「お寿司なら食べられるでしょ?」と桶を自分の前に押してきた。
自分の「遠慮していない」「小食である」という主張は全く信用してもらえず、やむを得ず握り寿司にトライ。
しかしやはり限界はとっくに超えており、結局握り一つしか食べられなかった。
この時は自分の限界を察した妻が必死におばさんとの会話を盛り上げ、なんとか寿司から意識をそらせてくれたのだった。

15年ほど前、広島を旅行した時に現地在住の妻の知り合いの方(年配の男女)と会食する機会があった。
この時も地元で評判のお店で盛大な歓待を受け、きびなごやあなご飯などをたくさん食べさせていただいた。
「じゃあ次のお店に行こう」と言うので居酒屋で飲み足すのかな?と思ったら、着いたのは戦慄のお好み焼き屋であった。
広島名物お好み焼きをぜひ食べてほしい、というお気持ちはありがたかったが、すでに普段以上の量を食ってしまった自分には到底無理な相談である。
仕方なく妻と二人で一人前を注文したが、やはり箸は全く進まない。
とうとうその男性は「君らの食べっぷりは全くなっとらん!」と怒りだしてしまった。
自分はこの方と当日初めて会ったのだが、初対面の人からダメ出し食らうという情けない展開。

さすがに中年になって「遠慮しないでどんどん食べろ」と言われることももうあまりないので、実情としては解決したようなものだが、時々困るのは会社の忘年会などで若いヤツがこちらの分を取り分けてくれることである。
気がきくヤツほど皿が空くとすかさず次の分を鍋から大盛りで取り分けてくれたりするので、こっちも断りにくかったりする。
まあ会が進むにつれて連中も酔っぱらってそんなこともどうでもよくなっていくので、適当にもそもそ食っていればいいんだけど。

このとおり小食が有利にはたらいたということは人生で一度もない。(そりゃそうだ)
もてなす側にとって相手が小食だと、まず決定的につまらないし、もてなし甲斐がない。
昔武田鉄矢がテレビで言ってたけど、「世界中のどんな国に行っても現地の人と仲良くなるのに必要なのは、出されたものを残さず食べられる能力」だそうだ。
それ聞いた時「ああー自分には絶対ムリ」だと思った。

日本の接待において、接待する側・される側のいずれにも大食いの若者が一人いるだけで、場がとても盛り上がることは、多くのサラリーマン諸兄が共感するところだろう。
円滑なビジネスのために、大食いも有効な手段となりえるのだ。(経費はかかるかもしれないが・・)
うらやましいことこの上ない。

ギャル曽根を見ればわかるが、大食いはそれ自体が「価値を生む能力」であり、小食は何の価値もない「特異体質」「迷惑行為」でしかないのだ。
バラエティやドキュメンタリー番組でも、「ダイエット」はあるが「小食」はない。
「アメトーーク!」でさえ「小食芸人」という企画は成立していない。
そんなのつまんなくて誰も見ないと思うし。

昨今ダイバーシティという言葉が話題になることが多いが、こと人間の多様性を語る際に「小食」なんてジャンルはまず採り上げてもらえない。
女子ならともかく、「小食の男の子」は心配されるし、「小食の男」はビジネス周辺では「役立たず」である。
いえ、あたしの場合小食じゃなかったとしても役立たずですけど・・

ただ最近の子供や若者はアレルギーを持ってることも多いので、世間の理解もそのあたりから少しは進んでいるのかもしれない。
「お客様に遠慮させないでどんどん食べていただくのが真のおもてなし」という日本人の心意気は本来素晴らしいものだが、それがどんな客でも必ず通用するとは限らない、ということはわかってほしいとかなり真剣に思う。

というわけで、最後はダサい青年の主張みたいな話になりましたが、遠慮。
こんなクソちっちゃい話を気にしてるのは東日本でもあたしだけだと思いますが、みなさんは遠慮してますか?
自分と同じような経験や体質をお持ちの方、また逆に「世の中にそんなヤツが存在するのか」と驚愕された方、それぞれのお考えをお聞かせいただけたらと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

聴いてない 第240回 トム・ジョーンズ

毎日クソ暑い今年の夏、もうこんなBLOG誰も見ていないのをいいことによりによって芸能界一の暑苦しい男を採り上げてみました。
英米では「ザ・ヴォイス」「タイガー」などと称される大スターのトム・ジョーンズ。
日本での知名度は微妙だけど、たぶん多くの人が聴いたことがあるあの曲、邦題が「恋はメキ・メキ」。
自分もこの曲しか知らない。
80年代にプロモ・ビデオを伴って大ヒットしたりチャリティーコンサートで注目集めたりサーベルで若手をド突いたり雪の札幌をさまよったりといったミュージシャンではないので、日本でこの人の作品をくまなく聴いてるファンもそんなに多くはないんじゃないかと思いますが、どうなんでしょうか。

「恋はメキ・メキ(If I Only Knew)」は日本のテレビ番組やCMで時々使われており、最も有名なところではテレビ東京「出没!アド街ック天国」の「○○コレクション」のBGMだろう。
○○には毎回採り上げられる街の名前が入る。
ご当地の女性60人を次々に映すあのコーナーだ。
自分もたぶんあのコーナーでこの曲を知ったと思う。
なお2018年現在はパティ・オースチンの「Kiss」が使われている。
短期間だが以前にヴァン・ヘイレンの「Dancing In The Street」も使われたことがあったはずだ。

で、トム・ジョーンズについてはそれ以上の情報は一切ない。
ベテラン歌手であることはなんとなくわかっていたが、そもそもどこの国の人なのか、どんなジャンルの人なのか、他にどんなヒット曲があるのかは全然知らない。

そこで宇宙人トム・ジョーンズについて調査開始。
だがやはり日本での支持率はさほど高くないのか、日本語で書かれたサイトは思ったよりも少ない。

トム・ジョーンズは本名をトーマス・ジョーンズ・ウッドウォードといい、1940年イギリスの南ウェールズ生まれ。
・・・あっそう・・・アメリカ人ではないんですね。
ずっとアメリカの人かと勝手に思ってました・・

16歳で結婚して子供も生まれたため、若くして歌手の他様々な仕事を経験。
ロンドンでの長い下積みを経て1964年にメジャーデビュー。
2枚目のシングル「It's Not Unusual(よくあることさ)」が全英1位の大ヒットとなった。
さらに「What's New, Pussy Cat(何かいいことないか小猫ちゃん)」、「I'll Never Fall In Love Again (最後の恋)」も英米でヒットし、スターの地位を獲得。

実力実績ともに認められたトム・ジョーンズは、1966年に007シリーズ映画「サンダーボール作戦」のテーマソングを歌った。
また同年カントリーのスタンダードである「Green, Green Grass of Home(思い出のグリーングラス)」を歌い、7週連続全英1位を獲得。

69年にテレビの冠番組「This Is Tom Jones」がイギリスとアメリカで放送開始。
「Love Me Tonight(恋の終わり)」「I(愛の告白)」などカンツォーネやシャンソンを英語でカバーするなど人気は世界規模になっていった。

しかし70年代半ば頃からはカントリー中心の活動に移行し、人気も実績も徐々に縮小。
カントリー時代は86年頃までの10年間とされるが、その間に友人でもあったエルビス・プレスリーや、長年苦楽をともにしてきたプロデューサーやマネージャー、また実の父親も他界してしまい、トム・ジョーンズは大きなダメージを負う。

いよいよトム・ジョーンズも引退かと思われたが、87年にミュージカル「Matador」の劇中歌「A Boy From Nowhere」を歌い大ヒット。
翌88年にアート・オブ・ノイズとの共演でプリンスの「Kiss」をカバーし、これも大きな話題となった。

94年にアルバム「The Lead and How to Swing It(快楽天国)」をリリース。
プロデューサーはトムとの共演成功に味をしめた?アート・オブ・ノイズのトレヴァー・ホーンのほか、ジェフ・リンやリチャード・ペリーが名を連ねている。

90年代後半以降はセールス的には目立った実績はないようだが、今も現役で活動中。
長年の功績により99年には大英帝国勲位、2006年にはナイトの称号を贈られたそうだ。
2016年には日本公演(昭和女子大学人見講堂とオリックス劇場)が行われるはずだったが、家族の病気という理由で中止となった。

・・・ということで今回も初めて知る話だらけ。
なんとなく偉大な歌手なんだろうなくらいにしか考えていなかったが、長いキャリアの中で様々なジャンルを横断しており、想像以上に多角的な活動をしてきている人のようだ。
イギリスやアメリカでテレビの冠番組を持っていたそうなので、歌手というより「エンターテイナー」なのだろう。

さて唯一聴いてるシングル「If I Only Knew(恋はメキ・メキ)」。
全英チャート11位を記録したヒット曲だそうだが、ノリは嫌いではない。
「アド街ック天国」でもこの曲をチョイスしたのは良かったと思う。

しかし。
この曲についてさらに深く調べてみたら驚愕の事実が判明。
オリジナルはヒップホップのライズ・ロボッツ・ライズというグループが92年に出した曲だが、作者の中にはライズ・ロボッツ・ライズ以外にトレヴァー・ホーンとブルース・ウーリーの名前があるそうです。
ブルース・ウーリーはバックコーラスでも参加しているとのこと。
あの「ラジオスターの悲劇」を作って歌った人たちが、「恋はメキ・メキ」も作っていたとは・・全く知らなかった・・
全然雰囲気が違う曲だと思うんだが・・
もしかしてそんなの常識でしょうか?
ちなみに「恋はメキ・メキ」という邦題命名と日本盤ジャケット制作はみうらじゅんが担当。

アルバム「快楽天国」は聴いてはいないが、知り合いがCDを持っており、ジャケットが表裏とも強烈でよく覚えている。
アートのテーマはよくわからないが、どこか下品で古くさいアメリカのセンスを半分ギャグで使ってるような印象。
決して「オレってカッコいいだろ?」ではなく、「オレってダサいだろ?でもこんなこともできるのがオレ様なんだよ」という主張のように見える。(的はずれだったらすいません)

というわけで、トム・ジョーンズ。
自分みたいな万年ド素人が手を出せる相手でもないとは思いますが、聴くとしたらやはりまずは当然「快楽天国」からなんでしょうね。
他にもおすすめのアルバムがあれば教えていただけたらと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »