« 聴いてない 第232回 クラフトワーク | トップページ | 行ってみた 第60回 京都・明石 »

行ってみた 第59回 大阪・芦屋

毎年紅葉の季節になるとインフルエンザのように関西に行きたくなる病に感染するSYUNJIといいます。
昨年は京都嵐山を自転車で観光するという素人くさい企画を立てて痛い目にあいましたので、今年はできるだけ人の少ない隠れた紅葉の名所を徘徊することにしました。
とはいえ人出がホントに少ないかどうかは実際に現地に行ってみるまでわからないのが京都。
悩んだ末に3日間を大阪・京都・神戸方面に分ける行程にしました。(大したことない結論)

問題は3方面の順序です。
初日の天気がいまいちとの予報だったので、屋外観光中心の京都は2日目にして、この日は大阪に設定。
雨が降ったら買い物など屋内で過ごすというおばはん風の作戦を立てました。
でも新幹線で新大阪に着いたら雨はやんでおり、結局幸いなことに関西にいる間は雨には遭いませんでした。

Sdscn1229

まず向かったのは難波八阪神社
以前テレビで見たことはありましたが、行くのは初めてです。

Sdscn1231

Sdscn1230

Sdscn1233

境内に巨大な獅子頭があり、口の中が舞台になっています。
なんかアドベンチャー映画のセットみたいな風景ですが、神社は平安時代にはすでに存在していたそうです。
獅子頭は1974年完成。
全国の神社仏閣で凶を引き当てる凶運の妻も、ここでは見事大吉でした。

Simg036

Sdscn1240

歩いて道頓堀に移動。
大阪はそれなりに来てますが、この界隈はあまり来ない場所です。
大量の外国人観光客に混じってグリコや動くカニ看板を見たりといった今さらな観光をしてみました。

Sdscn1246

Sdscn1245

昼になったので心斎橋でなんか食おうと思い、そば屋に入りました。
・・・新幹線で大阪まで来てなんでそばやねん、という関西方面からのツッコミが聞こえる気がしますけど、なんだかこの時はそばが食いたかったらしいです。
そばよし」という店で、大阪にいくつか店舗を構えるチェーンだそうです。
大幸寺そばという冷たいそばを食べましたが、甘めのダシにごまの香りが効いて非常にうまかったです。
大阪のど真ん中でこんなうまいそばが食えるとは思いませんでした。

午後は芦屋に行ってみました。
日本有数の高級住宅街としてその名をとどろかす芦屋ですが、特に著名な観光地ではありません。
もちろん訪れるのも初めて。
洋菓子のアンリ・シャルパンティエ本店が目的地です。

Simg144

全国の百貨店などに店舗がある有名洋菓子店で、ご存じの方も多いと思います。
菓子なら家の近所のデパートにも店があるので買えるのですが、本店にはカフェスペースが併設されており、ここでしか食べられないスイーツがあるとのこと。
以前からアンリの菓子は好きでしたが、いつか本店でスイーツを食べてみたい・・と、じじいのくせにOLみたいなことを考えていたのでした。

Sdscn1249

本店は阪神芦屋駅前にあり、予想よりもかなり小さなお店でした。
もっとでかい構えで黒い高級車がどんどん入ってくるような広大な店舗を想像してましたが・・

クレープ・シュゼットとアシェット・ガトーを注文。
・・・サラっと書いてますけど、どっちも意味はわかってません。
クレープ・シュゼットとは?
公式サイト丸写しですが「薄く手焼きをしたクレープを、銅製の片手鍋に入れ、バター、オレンジ果汁、リキュールを用意すると、さあ、炎のパフォーマンスの始まりです。」とのこと。
確かに目の前で店員さんがセットしてフランベまでしてくれます。

Simg045

クレープといえば垢抜けない女子高生が観光地とかスーパーの1階にある安っぽい店で食ってるオヤツ、みたいなイメージですけど、アンリのクレープはもはや「食事」の領域です。
バターの風味、オレンジの香りがもう普通ではありません。(ダサい表現)
さすがは芦屋!ここでしか食えない!きぃー!・・と興奮しましたが、後で調べたら銀座のお店でも出してるそうです。

Simg_2567

アシェット・ガトーとは?
好きなケーキ1つとフィナンシェとバニラアイスとフルーツというバラエティなセット。
今回ケーキはモンブランにしてみました。
次回はもうないと思いますけど。
どのスイーツも予想どおりレベルが高く、破壊力抜群です。(ダサい表現)
カフェスペースは席数がそれほど多くないので少し待ちましたが、念願の本店で食べることができてよかったです。

Sdscn1371

Sdscn1252

今回は2泊とも大阪の三井ガーデンホテル大阪プレミア
3年前開業の新しいホテルで、最上階に庭園浴場があります。
大浴場と言えるほど広くはありませんが、部屋のユニットバスに入るよりはくつろげていいと思います。
地下鉄四つ橋線肥後橋駅から少し歩きますが、肥後橋は西梅田の隣なので京都や神戸に行くにも便利でした。

ということで、旅はあと2日続きます。

|

« 聴いてない 第232回 クラフトワーク | トップページ | 行ってみた 第60回 京都・明石 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
まさか、芦屋へおみえになったとは!?
アンリ本店周辺はよく知っています。阪神芦屋駅近辺ではなかったですか?

アンリは何年か前に経営者が変わりましたが、お味はますますよくなっています。
クレープ・シュゼットも知っています。カフェ限定メニューでしたね。
目の前でシェフが炎を上げて焼き上げてくれます。とてもエレガントな気分ですよね・・・・・・
っと、私は一度も食べたことがありませんが、それでも知っているのです。
さすがは芦屋が誇る高級洋菓子店。
写真の「アシェット・ガトー」にのっているフィナンシェは看板菓子ですし、
生ケーキもとってもおいしいです。

ところで、アンリ本店は阪神芦屋駅の北です。駅を挟んでちょうど反対の南側に
芦屋市役所があります。
ここは「ウルトラセブン」の「ウルトラ警備隊西へ」のロケ地に使われました。このお話は、
ロボット怪獣キングジョーが登場、セブンと警備隊を窮地に陥れます。
前後編にわたるSF大作で、ファンにも人気が高いです。
この芦屋市役所は、ウルトラファンの聖地なっています。
調べますと、アンリ本店の西側にある教会も同時にロケに使われたようです。
次回いらっしゃるときは、ウルトラ巡りをどうぞ!

投稿: モンスリー | 2017.12.12 21:56

モンスリーさん、アンリへの鋭い反応ありがとうございます。

>阪神芦屋駅近辺ではなかったですか?

・・・すいません、その通りでした。
記事には書いてませんが、芦屋の前に摂津本山におり、JRで芦屋に向かい、歩いてアンリ本店まで来ていました。
訂正しておきます・・

>クレープ・シュゼットも知っています。カフェ限定メニューでしたね。

自分はあまりよく知りませんでしたが、妻は知っていて狙って注文していました。
カフェに来ていた客のほとんどは注文してましたね。

>ここは「ウルトラセブン」の「ウルトラ警備隊西へ」のロケ地に使われました。

神戸界隈でのロケであることはなんとなく知ってましたが、芦屋市役所も使われたんですね。

>アンリ本店の西側にある教会も同時にロケに使われたようです。

あ!あの教会の前は通りました!
あそこも使われたんですか?
ニセモノのドロシー・アンダーソンがあの教会から出てきたんですね・・知らなかった・・
なんだかすっかりコアな内容になってきましたが・・

投稿: SYUNJI | 2017.12.12 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/66143772

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第59回 大阪・芦屋:

« 聴いてない 第232回 クラフトワーク | トップページ | 行ってみた 第60回 京都・明石 »