« 2017年7月 | トップページ

聴いてない 第227回 イギー・ポップ

孤高の淫力魔人イギー・ポップ。
なんか昭和のエロい映画みたいなキャッチですけど、みなさんの期待を裏切ることなく、全く聴いておりません。
というか名前しか知らず、人物像や資格や懲罰などの情報も全然仕入れてこなかった。
1曲も知らず、アルバムのタイトルもジャケットも一切思い浮かばない。
聴いてない度は孤高の1。
超難関大学というより、全国でそこしかない独特な研究をやってる謎の学部という感じ。
自分みたいな万年ド素人がたしなむようなアーチストではないのだった。

イギー・ポップと聞いてうっすら前頭葉に浮上するのは「たぶん変わってる人」「なんかいつも上半身裸」といったイメージである。
これだけだと天龍でも飯伏でも真壁でも当てはまってしまうので、イギー・ポップについてマジメに経歴調査。

イギー・ポップは1947年アメリカのミシガン州に生まれる。
・・・出だしからつまづいてるけど、イギリスの人じゃないんですね。
イギーリスのポップな歌手だからイギー・ポップなのかと思ってました・・

本名はジェームズ・ニューエル・オスターバーグ・ジュニアという長い名前。
どこにもイギーもポップもない。
ウィキペディアには「ハイスクール時代にザ・イグアナズなるバンドを結成する」と書いてあるけど、もしかしてこれが芸名の由来なの?
あとバンド名は正確には「ジ・イグアナズ」じゃないの?

その後パイン・ムーヴァーズというバンドを結成(加入?)。
ドラマーとしてスタートするが、ジム・モリソンに憧れてボーカリストに転向。
67年には伝説の破天荒バンド、ザ・ストゥージズを結成する。
69年に元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルのプロデュースによりアルバム「The Stooges」でデビュー。
当時の流行音楽を全て否定したサウンドや、ステージでの暴力的なパフォーマンスで元祖パンクとして若者の支持を集める。

70年にはアルバム「Fun House」を発表。
ここでバンドはいったん解散し、73年に再結成。
「Raw Power(淫力魔人)」はデビッド・ボウイがミキシングで協力したアルバムとして知られる。
しかしイギーの奇行やメンバーの薬物中毒が問題となり、再び活動停止となる。
イギー・ポップ本人はストゥージズを「独創的だっただけ」ととらえていて、メンバー間でもめたりすることもない平和なバンドだったそうだ。

その後ドイツ・ベルリンでボウイとの共作活動を開始する。
77年ボウイのプロデュースでソロアルバム「Idiot(愚者)」「Lust For Life(欲情)」をリリース。
79年にはボウイの力を借りずに「New Values」を発表。
80年以降も毎年アルバムを出したものの、セールスとしては低迷する。

86年に再度ボウイの協力を得てアルバム「Blah-Blah-Blah」をリリース。
収録されていたシングル「Real Wild Child」とともにイギー史上最大のヒットとなる。
・・・86年だと自分も毎晩サルのようにエアチェックしてた頃なのだが、申し訳ないけどイギー・ポップがヒットを飛ばしていたことは全く知らなかった。
たぶん柏村武昭の趣味ではなかったのだろう。

めでたく大ヒットでがっちりお金も儲けたはずだったが、イギー本人は世間に迎合しすぎたと感じていたらしく、このアルバムもシングルも気に入らなかったようだ。
続く88年の「Instinct」で自らの望む方向性に戻したが、売り上げは当然前作に比べて落ちてしまい、レコード会社を移籍することになる。

移籍後第1弾として、90年にドン・ウォズがプロデュースした「Brick By Brick」を発表。
このアルバムにはガンズ&ローゼスのスラッシュとダフ・マッケイガンも参加し、新境地を開拓したと評価されたそうだ。

98年には日本で開催されたフジ・ロック・フェスティバルに登場。
2003年に29年ぶりにストゥージズを再結成し、2007年にはストゥージズとしてアルバムも発表。
イギー本人はストゥージズのピークをこの再結成後の頃だと認識しているらしい。
なおその後も2007年までフジ・ロックなど日本のロック・フェスに度々出演している。

だが2014年ストゥージズのドラマー、スコット・アシュトンが亡くなり、バンドとしては活動停止となった。
イギーは今もステージには上がり続けているが、ストゥージズ時代の曲はもう歌っていないとのこと。

毎度のことながら端から端まで全く知らない話であった。
逆になぜイギー・ポップの名前だけは知っているのかが不明。
FMステーションやミュージックライフでイギーの記事を見た記憶も一切ない。

「なんか変わってる人」というのはたぶん当たっているだろう。
まあロックやパンクの人はだいたい変わってるとは思うが、ライブでのセットリストを事前に決めずステージに上がってから決めたとか、マイクを放り投げて探しもしないとか、客席にダイブしてそのまま帰ってこないとか、いろいろ周りは大変だった人のようだ。
ちなみに江頭2:50はイギーのステージに強い影響を受けてあの芸風になった、という話もあるようです。

イギー・ポップを調べていくと、デビッド・ボウイの名前が頻繁に出てくる。
ボウイが亡くなった後、イギーはボウイについて「人生の光」だと表現したそうだ。
あまりパンクロッカーらしくないけど、いい話だなぁ。
イギーはボウイの協力で何度かアルバムを発表しており、またボウイの作品にもイギーが協力したりという間柄だったそうだが、おそらくはイギーの鋭すぎる個性・音楽性と一般大衆をつなぐ役割をボウイが果たしたのではないかと思う。
ボウイとの共作活動をしていた「ベルリン時代」に作った曲を、今でもイギーは一番気に入っているらしい。

というわけで、イギー・ポップ。
アルバムをじっくり聴いて味わうタイプのミュージシャンではなく、むしろ映像から入ったほうがよさそうな気もしますが、80年代産業ロックに汚染された自分がもし学習を始めるのなら「Blah-Blah-Blah」「Brick By Brick」あたりになるのでしょうか。
みなさんの鑑賞履歴やおすすめのアルバムをご紹介いただけたらと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ