« やってない 第40回 書道 | トップページ | 聴いてない 第227回 イギー・ポップ »

聴いてない 第226回 ブラインド・メロン

今日のお題は唐突に思い出したブラインド・メロン。
子供の頃はメロンといえばプリンスメロンだったのだが、最近はデパートやスーパーでも全く見かけない。
今の若い人はプリンスメロンなんて知らないだろうなぁ。
表面が網状のやつはマスクメロンと呼ばれ、プリンスメロンよりもずっと高級で入院しないと食べられないという認識だった。
それがどうしたって話ですが・・

そんな記憶も鑑賞も網状のブラインド・メロン。
「No Rain」という曲だけ聴いているので、聴いてない度は2。
これは柏村武昭の指導によるものではない。
92年の曲だがこの頃はもう「サンスイ・ベストリクエスト」は放送時間が変わったため聴いておらず、MTVで映像を見て音声だけテープに録音したものだ。
というか当時「サンスイ・ベストリクエスト」が続いていたかどうかも不明。
柏村チルドレンを卒業し、自立リスナーの道を歩んでいた頃の思い出の1曲である。

「No Rain」のプロモ・ビデオの始まりは以下のような流れ。
みつばちに扮した少女が小さな舞台でタップダンスのような踊りをたどたどしく披露し、踊りが終わったとたんに見ていた男(映像には姿はない)がなぜか大笑い。
少女は笑われた恥ずかしさからか、舞台から逃げるように走り去り、突然場面が草原に切り替わりブラインド・メロンのメンバーが演奏を始める、という妙な構成である。
なおこのみつばち少女は後に女優となったヘザー・デローチという人だそうだ。

この不思議な映像を伴う不思議なサウンドが不思議に売れて全米では最高20位、全英では17位を記録。
「No Rain」はブラインド・メロン最初で最大のヒットとなった。
残念ながら当時まだインターネットは普及しておらず、曲と映像以外の情報は得られなかった。
そしてその後他の曲にふれる機会も一切なし。
あれから25年が経過し、今回初めてバンドの略歴を知った次第。

ブラインド・メロンの結成時期には諸説あるようだが、89年・または90年頃とするサイトが多い。
メンバーはシャノン・フーン(Vo)、クリストファー・ソーン(G)、ロジャース・スティーブンス(G)、グレン・グレアム(D)、ブラッド・スミス(B)。
メンバーの多くはミシシッピ州出身だが、結成はロサンゼルス。
バンド名はコメディ映画「チーチ&チョン」に出てくる「ブラインド・メロン・チトリン」というキャラクターから、という由来らしい。

ブラインド・メロンを検索するとアクセル・ローズの名前がよく出てくる。
ボーカルのシャノンはアクセルの友人(後輩?)で、ガンズの「Don't Cry」という曲にも参加しており、プロモビデオにも出演しているそうだ。
アクセルのバックアップで、92年ブラインド・メロンはアルバム「Blind melon」でデビュー。
シングル「No Rain」が大ヒットし、アルバムも400万枚以上のセールスを記録。

ブラインド・メロンはこの大ヒットを興業的にはあまり利用せず、むしろ逆に内にひきこもるような共同生活を送りながら創作活動を続け、95年に方向性を大幅に転換した2枚目のアルバム「Soup」を発表。
「No Rain」の大ヒットによりフォークやヒッピーっぽいイメージが定着しそうになるのを嫌ったという話だが、残念ながらセールス的には厳しい展開となり、メンバーの間にドラッグが蔓延した。
95年10月、ツアー中のニューオーリンズでシャノン・フーンが死亡。
死因はドラッグの過剰摂取で、ツアーバスの中で倒れているのをアクセル・ローズが発見(他説もあるらしい)。
28歳の若さだった。

96年にシャノン参加の未発表曲を収録したアルバム「NICO」をリリースしたが、新しいボーカルが決まらず、バンドは10年近く停滞。
2006年にインディーズバンド出身のトラヴィス・ウォレンがボーカルとして加入。
2008年にアルバム「For My Friends」を発表した。
しかしこの直後にトラヴィスはメンバーとの意見が合わず脱退する。
全米ツアーではクリス・シンを臨時のボーカルとしたが、やはり後任が見つからず来日公演も中止となる。
現在はトラヴィスが復帰し、バンドとしては活動中のようだ。

何しろ「No Rain」以外に一切の情報を仕入れていなかったので、初代ボーカルがすでに死んでいたことも今回初めて知った。
最初のアルバム大ヒット→2枚目撃沈→ドラッグやりすぎ→ボーカル死亡とは、ロックバンドとしてあまりにも正調な展開。
90年代のバンドだけど70年代っぽい生き方である。
不謹慎な物言いになるが、もし死んだのが27歳だったら、マスコミやオールドなロックファンが食いつき、もう少し有名になっていたはずだ。

サウンドはかなり幅広いようで、ファンク・ハードロック・カントリー・ジャズ・ブルースといったジャンルをまたぐ様々な曲を生み出しているそうだ。
オルタナというカテゴリーにくくられることが多いが、退廃的なグランジとは違うらしい。
歌う内容も酒とダンスとお姉ちゃんといったチャラいものはあまりなく、そこは90年代らしく不安で不満で切なく物悲しい詞が多いとのこと。
突出して個性的というわけではないが、似たようなバンドも見つからない唯一無二の存在、というのがおおむね共通した評価のようだ。

「No Rain」はフォークっぽい感じもするが、青臭さはあまりなくのん気なサウンドにゆるいボーカルが乗る不思議な曲だ。
イントロのぽよーんというギターから気が抜けた感じで、悲壮感漂うバラードではなく、サビも盛り上がりはなく終始同じような調子。

当時の我が家の音響品質のせいかアレンジなのかは不明だが、なんとなく昔のオープンリールみたいな曇った音に聞こえる。
歌詞もやはり決して明るくはなく、なんとなく不満な気持ちを簡易な言葉だけで表している。
好みかと言われると微妙ではあるが、この曲は悪くない。

多くのファンが書いているように、「No Rain」だけではブラインド・メロンは語れないようだ。(当然だけど)
華やかな活動期間は短かったが、バラエティに富んだ楽曲や才能を持っていた多面的なバンドのようである。
1枚目「Blind melon」と2枚目「Soup」は必修科目でしょうが、みなさまの鑑賞履歴はいかがでしょうか?

|

« やってない 第40回 書道 | トップページ | 聴いてない 第227回 イギー・ポップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/65595212

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第226回 ブラインド・メロン:

« やってない 第40回 書道 | トップページ | 聴いてない 第227回 イギー・ポップ »