« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

聴いてみた 第137回 エリック・クラプトン その2

今日聴いてみたのはエリック・クラプトンの最高傑作とも言われる名盤「Slowhand」。
昨年あたりからクラプトンの学習意欲はなんとか続いているが、前回聴いた「461 Ocean Boulevard」は決して自分に定着したわけではない。
イーグルスの各盤も同じような感想になるが、「ああいい音楽だなあ」とは思うが、「繰り返し聴きたいなあ」とはまだならない。
一生ならないかもしれないけど。

あまり無理して玉砕し以降一切聴かなくなりましたという展開も悲しいので、今回は知ってる曲も多い「Slowhand」を弱気のチョイス。
これでダメならこの先もうクラプトンを聴く資格はない。
そんな初心者向けマンション投資講座に向かう心境で池袋ユニオンにて617円で中古CDを購入。

Slowhand

「Slowhand」は77年発表。
チャートでは全米2位、全英23位を記録。
アルバムタイトルはヤードバーズ時代につけられたクラプトンの例のあだ名を使ったもので、由来はやはりギターの弦を切って交換する間に客席で起こった催促の拍手とのこと。
最近ネットや書籍でクラプトンに関するいろいろな文章を読んだが、スローハンドの由来については、やはり「ギターを弾く手の動きが早すぎてゆっくり動いて見える」という説は後からくっついた話のように思う。

「Slowhand」はブルースに回帰したアルバムと言われる。
「461 Ocean Boulevard」のような復帰途上のリハビリアルバムではなく、精力的にライブを行った勢いそのままでスタジオ入りし、心身ともに万全の体制で臨んだ力作とのこと。
全曲イギリスで録音され、プロデューサーはストーンズツェッペリンのアルバムプロデュースでも有名なグリン・ジョンズ。

ブルース回帰盤と聞くと多少不安な面はあるが、知っている曲はそれほどどっぷりなブルースでもないので、まあなんとかなるだろう。
そんな「オレってインフルエンザにはかからないほうだから」と根拠もなくほざくバカサラリーマンのような思い上がった態度で聴くことにしました。

・・・・・聴いてみた。

1.Cocaine
オープニングは超有名な「コカイン」。
ただし発音はコケインである。
尊敬するアーチスト、J.J.ケイルのカバー。
ギターはもちろんクラプトン学習の教科書みたいにいい音がする。
全然明るくないのに、なぜか嫌いではない。
歌詞は「もし日常に飽きて逃げだしたいならコカイン」「不安を蹴飛ばしたいならコカイン」という薬物賛歌とも言える内容なのだが、クラプトンは逆説的にクスリとの決別を込めて歌っている、という説もあるようだ。

2.Wonderful Tonight
珠玉の名曲で、「日本では披露宴ソングの定番」と書いてあるサイトもあるけど、本当?
「Cocaine」との対比が象徴的な美しいバラードではあるが、先日読んだで、実は身支度や化粧の長いパティを皮肉った歌だと知った。

3.Lay Down Sally
軽快なリズムのカントリー風な曲。
これもベスト盤で聴いている。

4.Next Time You See Her
タイトルが思い出せなかったのだが、これもベスト盤で聴いていた。
少しのんびりしたゆるいリズム、どこかボブ・ディランのようにけだるそうに歌うクラプトン。
レゲエとカントリーをミックスしたような不思議な曲だが、いい曲である。

5.We're All The Way
初めて聴く曲である。
カントリー歌手のドン・ウィリアムスのカバーだそうだ。
ささやくようにクラプトンが歌い、左側奥から女性のバックボーカルが小さく聞こえる。
メロディは暗くはないが、クラプトンの声に抑揚がなく、やや重く感じる。

6.The Core
ギターやキーボードの音がなかなかかっこいいナンバー。
歌いだしがいきなり女性ボーカルで、クラプトンはむしろ後追いでサポートシンガーのように歌う。
この女性はボブ・シーガーのバンドにいたマーシー・レヴィという人で、曲もクラプトンとマーシーの共作とのこと。
ここまでで一番クラプトンのブルースギターが激しくうなる。
マーシーの声も曲調のわりには重くなくていい感じ。

7.May You Never
ミドルテンポでなんとなくジョージ・ハリスンのような雰囲気だが、曲はジョン・マーティンという人の作品。

8.Mean Old Frisco
一転どっぷりのブルース。
これもカバーで、作者はブルースミュージシャンのアーサー・クルーダップ。
サウンドは重いが、ギターの音は意外に悪くない。

9.Peaches And Diesel
ラストはインストナンバー。
リズムもメロディも「Wonderful Tonight」を少しいじったような感じで、安心して聴ける。

聴き終えた。
率直に言えば「461 Ocean Boulevard」よりもはるかに聴きやすい。
知っている曲も多かったせいもあるが、曲ごとの特徴は比較的はっきりしており、それがどれも自分にとってそれほど苦手な音ではなかったと思う。
クラプトン自身の充実した気力が伝わる作品である。(知ったかぶり)
多くの方々が名盤と評するのが少しだけわかった気がする。

グリン・ジョンズはこのアルバムで初めてクラプトンのプロデュースをすることになったが、それまでクラプトンに対してはあんましいい印象を持っていなかったらしい。
クスリや酒におぼれたダメなミュージシャンだと聞いていれば当然だとは思うが、実際アルバム作成にとりかかっても、クラプトンは怠け者ですぐスタジオを抜け出して外にサッカーしに行ってしまい、その度にグリンがスタジオに連れ戻してギターを弾かせたそうだ。
なのでグリン指導官がいなければ、おそらくこの名盤も生まれなかったということになる。
なんかこのグリン・ジョンズといいキース・リチャーズといい、「クラプトンは怠け者」って評判が多い感じですけど、こうなるとやっぱホントに怠け者なんでしょうね。

さてクラプトン。
この名盤を聴いて自分の中で評価が変わったかというと、まだはっきりとはわからない。
「Slowhand」は繰り返し聴きたいか?と八名信夫にすごまれたらうまく答えられるか不安なレベル。(伝わらない)
今のところまだクリームの音のほうが自分には合っているという感覚は変わらない。
やはりもう少し学習を継続する必要がありそうだ。(当たり前)

というわけで、「Slowhand」。
このアルバムは聴いて良かったです。
・・・ですが、この先どうしたらいいのか、少々迷っています。
70年代のアルバムとなると「Eric Clapton」「安息の地を求めて」「No Reason to Cry」が残っていますが、それよりは80年代の作品のほうが自分の耳には合いそうな気もするので・・・(いいから聴けよ)
いずれにしろ、近いうちに別の作品にトライしようと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

聴いてみた 第136回 スティクス

2017年最初の「聴いてみた」シリーズ、今日聴いてみたのはスティクスの「The Grand Illusion」。
80年代にはそれなりに聴いていたスティクスだが、70年代のアルバムは全然聴いておらず、ヒット曲もライブとベスト盤でなんとか押さえてきた状態。
結成当時はプログレバンドだったそうだが、いきなりそこから学習するのはハードルが高いと考え、妥協と打算の結果このアルバムに手を出した次第。
つーかやっぱりプログレやってるスティクスってあんまし興味わかないんです。
初期のファンの方々には申し訳ありませんけど・・

Gi

さて「The Grand Illusion」は77年の作品で、バンドとしては7作目。
メンバーは以下のみなさんである。
デニス・デ・ヤング(Vo・K)
チャック・パノッゾ(B)
ジョン・パノッゾ(D)
ジェームズ・ヤング(Vo・G)
トミー・ショウ(Vo・G)

前作「Crystal Ball」でトミー・ショウが加わり、産業ロック(←褒め言葉)への転換を遂げたスティクスは、この作品でも全米6位を記録。
この後も「Pieces Of Eight」「Cornerstone」で同じような路線を歩み、「Paradise Theater」で頂点を極める・・というのがスティクス栄光の歴史である。
バンドの興業的飛躍におけるトミーの功績は相当でかいものがあるが、同時にデレク・サットンという人がバンドのマネージャーを務めたことも大きな要因だそうだ。
デレクさんはスティクスの前はイエスサバスジェスロ・タルなどのマネージャーもやっていたとのこと。

今回は珍しく池袋のユニオンで中古CDを買ったのだが、どこの中古CD店でもスティクスについてはそんなに在庫を置いていない(と思う)。
いくつか知っている曲もあり、不安を全く感じることなく購入。
果たしてあたしは無事に三途の川を渡ることができるでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1.The Grand Illusion(大いなる幻影)
ライブでは聴いていたが、スタジオ録音をまともに聴くのは初めてである。
やや大げさで仰々しいサウンドだが、オープニングにはふさわしい雰囲気。
デニスのボーカルだが、個人的にはこの曲ではあまり歌唱力を発揮できていないように聞こえる。
力強いメロディのわりに歌詞は少し困惑した心情を表現している。

2.Fooling Yourself (The Angry Young Man)(怒れ!若者)
この曲もライブで聴いている。
トミーの作品で、イントロからトミーの曲らしい旋律。
トミーのボーカルはデニスに比べ若干弱いが、このキーボードとアコースティックギター中心の路線は好きなサウンドだ。

3.Superstars
引き続きトミーが歌う明るいポップな曲。
てっきりトミー作だと思ったら、デニス、ジェームズ、トミーの共作だそうだ。

4.Come Sail Away(永遠の航海)
全米8位の大ヒット曲。
これはライブ盤とベスト盤で聴いていたはずだが、タイトルを連呼するサビしか記憶にない。
そのサビまでが意外に長く、壮大だが複雑で変化に富んだ構成。
中盤以降の間奏部分は結構プログレっぽいが、終盤は再びロックに戻る。

5.Miss America
この曲もライブ盤とベスト盤で聴いている。
ジェームズの作品でボーカルもジェームズ。
ノリのいいリズムだが明るい曲ではなく、ジェームズの声もそれほど好みではない。

6.Man In The Wilderness(荒野の旅人)
トミーが歌う物憂げな曲。
トミー・ショウは他のアルバムでもこうして明るい曲と暗い曲を対比する形で配置してくることが多い気がする。

7.Castle Walls(幻想の城)
哀愁に満ちたメロディ。
LPでいうB面はやや暗い曲が続くので、このあたりで少し飽きる。

8.The Grand Finale(幻影の終わりに)
デニス、ジェームズ、トミーの共作。
タイトルのとおりエンディングに用意されたものと思われる完結メロディで、1曲目と対になる形で終わる。

知ってる曲も結構あったので当然なのだが、想定どおりのスティクスの世界観である。
デニス、ジェームズ、トミーという3人のシンガー兼ソングライターがそれぞれ個性を発揮し、さらにリズム隊のパノッゾ兄弟が各曲をホールド。
バンドの一体感もすでに完成している。
若い頃に聴いてたらきっと愛聴盤になっていただろう。

大まかにいうとA面は明るくポップ、B面は暗くてハード、というコンセプトのようだ。
ミーハーな自分の好みは当然A面になる。
A面の4曲はどれも素晴らしい一方で、暗い曲がB面に偏ってるので、もう少し曲順を変えてみてもよかったんじゃないかと思う。

個人的な感覚だが、サウンドのあちこちにプログレの残り香を感じることができた。(錯覚?)
当然四天王のような理工学部系量子力学プログレではなく、文系プログレというかテニスサークル・プログレというかマスコミ研究会プログレというか、せいぜいそんな感じだけど。(全部意味不明)
「昔プログレをやっていた」という情報を仕入れてから聴いているので、そう感じるだけなのかもしれない。

トミー・ショウはスティクスの世界を拡張させた立役者として評価されているが、確かに作品はバラエティに富んでいて多彩である。
ただやはり明るいポップや軽快なロックで力を発揮するタイプだと思う。
あたしとしてはそっち系の曲だけで十分なのだが、これまで聴いてきたどのアルバムにも、トミーは暗めの曲を送り込んできている。
これはトミーだけでなくデニスもそうだ。

で、単純な話、自分はこの暗いスティクスはやや苦手だ。
このアルバムだと「Man In The Wilderness」「Castle Walls」あたりはどうも今ひとつ・・という感想になる。
もし子供の頃にLPを46分テープに落として聴いていたとしたら、B面に違う音楽を上書きしてた可能性も少しある。
まあトータルで聴けばそこはやはり信頼と実績のスティクスなので、敗北感はないのだが。

ジャケットはやはり元?プログレバンドらしく印象的なだまし絵だが、これはルネ・マグリットの「白紙委任状」という絵画作品をモチーフに作られたものだそうだ。
スティクスは数ある洋楽バンドの中では、ジャケットの出来がどれも非常にまともだと思う。
少なくともメンバーのダサい集合写真とかラシュモアの山に顔彫ったりとかメンバーの顔が火の玉に包まれて飛んでいったりなどといったポンチなジャケットはない。
(日本でのみ発売された「烈風」は論外だが・・)

というわけで、「The Grand Illusion」。
好みのレベルにおいては「Cornerstone」「Paradise Theater」にはやはり及ばず、特にB面に少し暗い曲が続くのでまるごと絶賛、という状態にはなりませんでしたが、聴いてよかったです。
トミー加入後の未聴盤「Crystal Ball」「Pieces Of Eight」も近いうちに聴いておこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »