« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

聴いてない 第217回 エイミー・ワインハウス

先月の話になるが、FMを聴いていたらエイミー・ワインハウスの特集をやっていた。
命日が7月13日で、それに合わせてドキュメンタリー映画「AMY」が日本でも公開されたのを受けての特集だったようだ。
エイミー・ワインハウスの歌を聴いたのは初めてだった。
名前と、破綻の上早逝したことしか知らない。

エイミー・ワインハウスの名前はどこで知ったのかは不明。
類まれなる才能を持ち、若くしてトップスターにのぼりつめたが、薬物やアルコール中毒で心身ともに破綻し、27歳でこの世を去ったという、映画のような人生。
ここまで突出した人だと、極東の万年素人の中年でも情報は入ってきていたのだった。
でも曲は全く聴いたことがない。

エイミーが亡くなったのを知ったのはたぶんネットだと思う。
頂点からの転落と27歳という若さでの死は、イヤでも話題になる。
しかも27歳というのが、これまた中高年が食いつきたくなる年齢。
ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックスジャニス・ジョプリンジム・モリスンカート・コバーンが亡くなったのがいずれも27歳だったため、エイミーも本人の意志に関係なく「27クラブ」に加入させられてしまった。
21世紀なのにまだこんなことが起こるんだね。

で、結局今に至るまで、クスリや早死にといったダークな情報しかふれて来ず、本業である歌や曲を一切知らずにいる。
FMで少し聴いた歌に特に感動したわけでもないが、その才能や芸術性を全く知らないのもなんとなく惜しい気がした。
そんなの全然エイミーに限ったことじゃないんですけど。

そんなアーチストのモメ事や死にざまに異様に興味を示すバチ当たりリスナーなあたしですが、モメ事以外も含めてエイミー・ワインハウスについて少し調べることにしました。

エイミー・ワインハウスは1983年9月14日イギリス生まれ。
1984年生まれと書いてる人もいるが、これは亡くなった2011年から単純に27を引いて1984年としただけだろう。
2011年7月に亡くなったので、あと少しで28歳になるところだった、ということになる。

両親はユダヤ人で、父はタクシー運転手(のちにジャズシンガーとしてデビュー)、母は薬剤師。
父親の名はミッチ・ワインハウスとなっているので、ワインハウス姓は本名なんだろう。
あまり聞き慣れない名前だけど、なんとなく芸名っぽいステキな響きである。

しかし家庭環境は複雑で、エイミーが9歳の時に両親は離婚。
その後演劇学校に通うが、卒業せず退学。
演劇学校の友人に協力を得てデモテープをレコード会社に送り、アイランド・レコードと契約を結ぶ。

2003年「Frank」でデビューし、シングル「Stronger Than Me」も高い評価を受ける。
しかし本人は精神的に不安定でアルコール依存となり、リハビリ施設への入退院を繰り返す。
ようやく復調した2006年にアルバム「Back To Black」を発表し、全英1位・全米7位を記録した。

この頃ビデオの撮影アシスタントをしていたブレイク・フィルダー・シビルという男と知り合い、2007年5月に結婚する。
残念ながらこのブレイクという人はまったくのポンコシヒモ男で、エイミーの稼ぎをあてにしてまともに働かず、さらにはエイミーにヘロインを教えたというB級映画みたいな悪いヤツだったそうだ。

結局エイミーは2008年1月に再びリハビリ施設に戻ることとなる。
リハビリ中に自分をモデルにした「Rehab」が大ヒットするという皮肉な展開に。
その後もブレイクとは別れたりよりを戻したりを繰り返す。

2010年11月にクインシー・ジョーンズのトリビュート・アルバム「Q:Soul Bossa Nostra」に参加。
結果的にこれが生前最後の公式作品となった。
2011年4月にはブレイクが別の女性と結婚し、夫婦としての関係は完全に終了。
エイミーは再起をかけてヨーロッパでライブを行うが、すでにまともにステージ上で歌える状態ではなく、ツアーは中止となる。

そして7月にロンドンの自宅で遺体となって発見され、27歳の生涯を閉じた。
死因はしばらくは不明とされていたが、2013年になってアルコールの過剰摂取による急性アルコール中毒から心臓発作を起こしたと判明した。
周囲からは薬物中毒や摂食障害などの証言も出ていて、とにかくカラダに悪いことを全部やってたようだ。

うーん・・・
ありきたりな感想だが、なんかひたすら気の毒な人である。
破綻の仕方がやはり70年代っぽくて、また安いケータイ小説のようで余計に痛々しい。
才能があっても親や夫などがダメで家庭環境がハードだと、そこを克服して成功をおさめるのがいかに難しいことかを示す見本みたいな話だ。
さらにドラッグやアルコールが加われば破滅しないほうがおかしい。
基本的にアーチストのモメ事って大好きなんですけど、ここまで悲惨だと笑えないスね。

元夫のブレイクは、エイミーが死んだ時には服役中だった。
出所後にエイミーの墓をたずね、思い出をしみじみと語る映像が公開されたそうだが、実はこれもヤラセであり、ブレイクはドラッグをやりながらギャラをもらって撮影に臨んでいたという・・・
世界中のどの国にも一定の割合でこういう根本的にダメなヤツは存在するんだろうけど、エイミー本人はおそらくこのダメな男ブレイクに相当依存していたんだと思う。

実は今まで顔もよく知らなかったのだが、ネットでエイミーの写真を見てみると、やはり年齢の割に苦労が積み重なった表情の画像が多い。
特に薬物依存後の写真は見ていて寒くなるほどで、オカルトの領域に入ってしまっている。

先にこうした暗い話題を仕入れてしまうと、音楽の評価も難しくなるかもしれないが、歌手・ソングライターとしての才能は間違いないく本物だったはずなので、聴いてみる価値はありそうだ。
ハスキーボイスと歌唱力が支持されたそうだが、FMで少し聴いただけではそれほどハスキーな声に特徴は感じなかった。
ピーター・バラカンはインタビューで、「Rehab」を初めて聴いた時の感想を「衝撃を受けた。一発で好きになった」と答えている。
聴くとすればやはりこの曲と、アルバム「Back To Black」ははずせないのだろう。

というわけで、エイミー・ワインハウス。
中高年が今さらむさぼり聴くようなアーチストではないかもしれませんが、おすすめのアルバムをご存じでしたら教えていただければ幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聴いてない 第216回 アリス・クーパー

元祖ビジュアル系ロッカー、アリス・クーパー。
・・・という紹介でいいのか自信がありませんけど、そのくらい聴いてません。

アリス・クーパー、こんな自分でも1曲だけ聴いている。
80年に発表した「Clones (We're All)」という曲である。
邦題は「これが俺達さ」。
実はさっきまで「これが俺達だ」だと36年間チカラいっぱい間違えて覚えていた。
まあ大した違いではないし、イメージとしては「俺達だ」のほうが合ってる気もする。(開き直り)
なので聴いてない度は2。

この曲も柏村武昭の紹介により録音。
「俺達だ」と間違えて覚えたのは柏村武昭の滑舌のせいである。
以来アリス・クーパーの曲は全く録音する機会もなかった。
チャートにばんばん登場していた記憶もないし、日本での人気はそれほどでもなかったのだろう。

しかし自分の音楽鑑賞人生において、つくづく柏村武昭の功績は大きいと思う。
クイーンポリススティクスデュランといった誰でも知ってるバンドから、アリス・クーパーやイ・プーやSOSバンドやザ・ロード・オブ・ニュー・チャーチやアンジェロ・モスカやワフー・マクダニエルに至るまで、懇切丁寧親身の指導をしてくれたオトナは柏村武昭だけである。(終盤適当)

その柏村コレクションである「これが俺達さ」は、当時流行のテクノっぽいサウンドにオカルトチックなボーカルの乗った不思議な曲であった。
洋楽を聴き始めて間もない頃だったので、好みや系統を考慮せず、柏村武昭の繰り出す様々な曲を従順に録音していた。
なので記憶にはしっかり残ったが、その後自主的に鑑賞してみたことは一切ない。
時々ミュージックライフなどで見かけたアリス・クーパーは、おどろおどろしいメイクを施し目をむき舌を出した変顔ばかりで、キッスやオジー・オズボーンのような路線の人だと思っていた。

そんな偏見と功績と感謝のアリス・クーパー。
いったい何者なのかもよくわかっていないまま36年が経過。
あらためて経歴や実績を調べてみた。

アリス・クーパーは1948年デトロイトに生まれた。
当時の本名はヴィンセント・ファーニア。
68年頃にバンドを結成し、バンド名も本人もアリス・クーパーと名乗った。
命名の理由は「少女っぽい名前とのギャップを狙った」ということらしい。

アリス・クーパーは69年と70年に1枚ずつアルバムを発表するが、ヒットには程遠い結果に。
そこでプロデューサーにボブ・エズリンを起用し、メジャーデビュー。
ボブ・エズリンは後にキッスやフロイドのアルバムをプロデュースして名をはせた人物である。
70年のシングル「I'm Eighteen」は全米21位、この曲が収録されたアルバム「Love It To Death」は35位を記録。
オカルトチックなメイクとステージでのパフォーマンスも相乗効果を生み、バンドは一躍有名になった。
アリス・クーパーの音楽はショック・ロックと呼ばれるそうだが、他に誰がショックなのかは知らない。

72年にジャケットに本物の下着をかぶせたアルバム「School's Out」で大人たちの顔をしかめさせ、
続く73年にはマーク・ボランやキース・ムーンも参加した「Billion Dollar Babies」を発表。
ステージから客席に本物の蛇やドル札を投げたりギロチンのまねごとをしたりと、ギリギリな演出で人気は不動のものとなる。
しかしメンバー間にじわじわ摩擦が生じ、バンドとしては74年のアルバム「Muscle of Love」リリース後に解散。

ソロになったアリス・クーパーはめげずに活動を続ける。
解散後にテレビ番組のサントラとして「Welcome To My Nightmare(悪夢へようこそ)」をリリース。
この頃からアルコール中毒に陥り、体験を歌った曲なども作ってはみたが、人気は下降していく。

少しあせったアリス・クーパーはロイ・トーマス・ベーカーを起用し、ニューウェーブに傾倒したアルバム「Flush The Fasion」を発表する。
自分が聴いた「これが俺達さ」はこの頃の曲である。
ロイ・トーマス・ベーカーはカーズのアルバムのプロデュースでも有名だが、言われてみれば「これが俺達さ」は確かにカーズっぽい音がする。

だが、ロイの起用も残念ながらヒットにはつながらず、このアルバムはあんまし売れなかったそうだ。
この後しばらくアリス・クーパーは沈殿期間に入る。
テレビで役者やったりクイズ番組で解答者やったりしたらしいが、音楽分野では全然話題になることはなかったようだ。

89年にジョン・ボン・ジョビ、リッチー・サンボラ、ジョーン・ジェットらの協力を得て作られたアルバム「Trash」でようやく復活。
このアルバムは全米20位を記録した。
その後も俳優として映画に出演したり、ラジオDJなどの活動を続け、2011年にロックの殿堂入りを果たす。

・・・というのがアリス・クーパーの略歴である。
相変わらず全然知らない話ばかり。
「これが俺達さ」はちょうど人気が落ちていったあたりの曲のようで、冒頭に述べたとおり以来エアチェックの機会は全くなかった。
雑誌でたまにアリス・クーパーの写真をみたような気はするが、色物悪役レスラーみたいな奇怪なメイクや蛇を首に巻いた姿には全然興味もわかず、こちらから自主的に歩み寄ったことは一度もない。

浮き沈みの激しい人のようだが、そのわりには多作である。
70年代は10枚、80年代でも7枚のアルバムを残しており、21世紀になってからもコンスタントに作品を送り出している。
2009年に出たベスト盤の評価も高いようだ。
そんなに人気者だったんですね・・・

で、実は昨年ネットでアリス・クーパーの名前を時々目にしてはいた。
何やらものすごいメンバーを集めてアルバムを作ったというニュースである。

アリスは70年代にジム・モリスンやジミヘンジョン・レノンとは飲み仲間で、ハリウッドにある「レインボー・バー&グリル」という店に入り浸っていた。
アリスを含む常連グループは「ハリウッド・ヴァンパイアズ」と名乗っていたようだが、そのハリウッド・ヴァンパイアズのメンバーの曲をカバーしたアルバムをリリースしたのだ。
アルバムにはザ・フーの「My Generation」、ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」、ジョン・レノンの「Cold Turkey」、フロイドの「Another Brick In The Wall part2」などのほか、セルフカバーの「School's Out」、書き下ろしの「My Dead Drunk Friends」などが収録されている。

参加メンバーが確かにすんごい豪華である。
ジョー・ペリー、ポール・マッカートニー、ブライアン・ジョンソン、スラッシュ、キップ・ウィンガー、ザック・スターキー、ジョニー・デップなど。
ここで俳優のジョニー・デップが登場するのも意外な感じだが、アリスとジョニーはもともと親交が深く、そこに共通の友人であるジョー・ペリーが参加し、様々なビッグネームを次々に巻き込んでいったそうだ。
この企画によってジョー・ペリーとポール・マッカートニーの初めての競演が実現している。
さらにプロデューサーには、前述のボブ・エズリンが起用されているとのこと。

見た目の印象だけでなんかすごい偏屈なおっさんで孤高のミュージシャンなのかと思ってたけど、いろんな人たちと親交があってつきあいもいい人のようだ。
プライベートではゴルフが非常にうまいそうで、たぶん日本でサラリーマンやらせたら相当でかい仕事できる人なんじゃないだろうか。

ということで、アリス・クーパー。
日本での人気は悲しいほど低いという話ですが、なんか結構自分には聴けるような気がしてきました。
何の根拠もありませんが・・・
とりあえず「School's Out」や「Billion Dollar Babies」「Trash」と、ハリウッド・ヴァンパイアズのアルバムには興味が少しだけわいています。
他におすすめのアルバムがあれば教えていただけたらと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »