« やってない 第36回 もんじゃ焼きを食べる | トップページ | 聴いてない 第215回 レニー・クラヴィッツ »

聴いてない 第214回 ドリーム・アカデミー

クソチャラいキラキラ産業ロック全盛の80年代に登場した異色のユニット、ドリーム・アカデミー。
どうやら一発屋の扱いを受けることも多いらしく、バンド名は知らなくても曲は聴いたことがあると思い当たるのではないだろうか。
なおコアなファンの間では「ドリアカ」「ドリデミ」とも呼ばれているそうです。(ウソ)

そのドリデミ、代表曲はもちろん「Life in a Northern Town」である。
「Ah hey, ma ma ma」というサビの掛け声?が特徴的な、フォークソングっぽい曲だ。
一応この曲以外に「Indian Summer」という曲も聴いているので、聴いてない度は3。
アルバムは聴いておらず、3人組という情報だけしか知らない。

男2人女1人という構成は同時期に活躍したトンプソン・ツインズと同じである。
自分の偏差値だと混同してもおかしくなさそうだが、とりあえず区別はついてはいた。
ちなみにドリーム・シアターとも一応区別はできた状態で今まで生きてきた。
何の自慢にもなりませんけど。
ということでドリーム・アカデミーについてネットでぼんやりと調べてみたら、意外な人の名前が出てきた。
デヴィッド・ギルモアである。

ドリーム・アカデミーは1983年にロンドンで結成された。
メンバーはボーカル兼ギターのニック・レアード・クロウズ、サックスやアコーディオンなどの担当ケイト・セント・ジョン、キーボードのギルバート・ゲイブリエル。
バンドの原型は70年代後半に活動していたジ・アクトというグループで、フォーク系のサウンド中心だったらしい。

ジ・アクトに参加していたニックとギルバートがケイトを誘い、ドリーム・アカデミーとなる。
ニックの以前からの知り合いであったデヴィッド・ギルモアの協力を得て、85年にファーストアルバム「The Dream Academy」をリリース。
シングル「Life in a Northern Town」は最初にして最大のヒットとなった。
このヒットの後で来日も果たし、「夜のヒットスタジオ」にも出演している。
ただし吉村真理が滞りなくドリーム・アカデミーを正確に紹介できたのかどうかは知らない。

その後87年に二作目のアルバム「Remembrance Days」、90年には三作目「A Different Kind Of Weather」を発表。
ジョン・レノンの「Love」をカバーするなどもしたが残念ながら全然売れずバンドは解散する。
解散後はニックがギルモアに呼ばれてピンク・フロイドの「対」に参加したり、ケイトはブラーのアルバムに参加するといったそれぞれの活動が長く続く。
経緯はよくわからないが、今年ニックとケイトによりめでたく再結成され、10月には東京でのライブが予定されているそうだ。

毎度のことながら知らない話ばかり。
そもそもフロイドもまじめに聴いてないので、ドリーム・アカデミーのフォークっぽいサウンドにギルモアのフォローが効いているというのもあまりピンとは来ない。
ギルモアさんの圧力でプログレにチカラいっぱいシフト、というなら多少わかりやすい気はするが、そういうことではないようです。

2曲しか聴いてないが、サウンドは嫌いではない。
根幹はフォークのようだがアコースティックなアンプラ音でもなく、どこかおぼろげで霞のかかったような不思議なまぼろしサウンド。
これは雰囲気があっていいと思う。
冒頭に述べたとおり「Life in a Northern Town」は「あへいおまんまんまんま」という掛け声が特徴的であり、ここの部分だけ覚えてるという人もいるに違いない。
北国の田舎町の楽しくて寂しい日常を歌った曲だが、歌詞にはジョン・F・ケネディやビートルズが出てくるそうだ。
この曲のイメージだけで勝手に北欧の人たちかと思っていたが、3人ともイギリス人である。
なおもう1曲「Indian Summer」を柏村武昭の指導により聴いているが、曲の感じはほぼ同じで悪くない。

というわけで、ドリーム・アカデミー。
アルバムは3枚だけなのだが、どれを聴いてもおそらくそれほど困ったことにはならないのではないかと軽く考えている。
というかそもそもアルバムはどれもふつうに手に入るのか?
ジョン・レノンの「Love」が収録されているという「A Different Kind Of Weather」を少し聴いてみたいと思ったりしてますが、みなさまの鑑賞履歴はいかがでしょうか?

|

« やってない 第36回 もんじゃ焼きを食べる | トップページ | 聴いてない 第215回 レニー・クラヴィッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/63799342

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第214回 ドリーム・アカデミー:

« やってない 第36回 もんじゃ焼きを食べる | トップページ | 聴いてない 第215回 レニー・クラヴィッツ »