« 聴いてみた 第131回 ポール・マッカートニー&ウィングス その2 | トップページ | 聴いてない 第212回 テイラー・スウィフト »

聴いてない 第211回 シェール

中東での原油価格暴落のニュースをぼんやりとながめていて思い出したシェール。
ダジャレな進行に脱力かとは思いますが、こんな素人BLOGなんかもうどうせ誰も見ていないので、やりたい放題で今日はこんな人を採り上げてみます。
そもそも何者なのかもあんましよく知りませんけど・・・

とりあえずオイルとかガスとは関係のないシェール。
個人的には歌や曲よりビジュアルにインパクトのある人だと思うが、実はめずらしく2曲も聴いている。
89年の「If I Could Turn Back The Time」と98年の「Believe」である。
どちらも鬼のようにヒットしたので、こんな自分でも知っている。
アルバムを聴いたり映画を見たりしたことはない。

聴いてない度は3。
偉そうに3とか言ってるが、知ってるのはこの2曲と顔くらいで、経歴や作品などは全くわからない。
そこでネットでシェールと入力して検索し、オイルやガスの情報をよけながら集めた情報は以下のとおり。

シェールはカリフォルニア州出身の歌手・女優。
父親はアルメニア人、母親はチェロキー・アイルランド・ドイツの血をひくという家系に生まれる。
1946年5月生まれなので、日本で言うと古希を迎える年齢である。
英語での発音は「しぇーる」ではなく「しぇあー」「しぇーぁ」に近いそうだ。
じゃあニュースに出てくるシェールガスも、本当は「しぇあーぎゃす」なのか?と思ったら、ガスはshaleで歌手シェールはCherですってよ。

16歳で歌手のソニー・ボノと出会い、1963年に17歳で結婚。
ソニー&シェールというデュオで「I Got You Babe」などをヒットさせる。
さらにアメリカのテレビ番組「ザ・ソニー&シェール・ショー」でも夫婦での司会で人気を得るが、75年には離婚。
なおソニー・ボノは98年にスキー場で事故死している。

シェールはその後ソロ歌手としても成功。
79年に「Take Me Home」、87年には「I Found Someone」「We All Sleep Alone」をヒットさせた。
89年にはピーター・セテラとのデュエット「After All (Love Theme From Chances Are)」が全米6位を記録。
さらに刺激的な衣装で歌うプロモ・ビデオに牽引された?「If I Could Turn Back The Time」が全米3位の大ヒットとなった。

98年には「Believe」が世界中で大ヒットする。
この曲でグラミー賞最優秀ダンス・レコーディング賞を初受賞。
ボーカルにエフェクトがかけられており、この技術には「シェール・エフェクト」と本人の名前が付けられている。
ELOの「Prologue」と「Epilogue」がサンプリングされているとのことだが、これは気がつかなかった。
あとであらためて聴いてみよう。
エフェクトのアイディアはシェール本人が思いついたもので、シェールの提案を受けたプロデューサーが録音済みのボーカルをピッチを変えるなど様々なアレンジを試し、あのような不思議な音に仕上がったとのこと。
レコード会社の会長は「この音じゃシェールだとわからない」と反対だったが、シェールは譲らなかったそうだ。

まもなく70歳を迎えようとしてなお歌手としては現役であり、2013年にはアルバム「Closer to the Truth」を発表。
これがなんとシェールのソロ作品としては歴代最高の全米3位を記録している。
あっそう・・・そんなにスゴイ歌手だったのね・・

一方で女優としても長い経歴を持っている。
1969年に映画「Chastity」でデビュー。
83年には、映画「シルクウッド」に出演しオスカーにノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞を受賞した。
さらに87年の「月の輝く夜に」でアカデミー主演女優賞を受賞。
その後も「イーストウィックの魔女たち」「恋する人魚たち」「ザ・プレイヤー」「フェイスフル」「ムッソリーニとお茶を」などの作品に出演している。
どれも全然見てませんが・・・

ということで、なんと芸歴50年を超える大ベテランなのだった。
グラミー賞とアカデミー賞を両方受賞している女性アーチストは、シェールとバーバラ・ストライサンドだけだそうだ。

初めてシェールの歌をまともに聴いた(見た?)のは「If I Could Turn Back The Time」である。
プロモ・ビデオに出てくる軍隊や戦艦は全て本物のアメリカ海兵隊だそうだけど、それにしてもこの映像でのシェールの格好にはやっぱり驚いた。
ネットでは「Tバックスタイルで歌う」などと書いてあるサイトが多いが、実際にはTフロントである。(そこにこだわるのかよ)
シェールはすでに当時43歳をだったそうだが、この衣装で歌うのが誰の発案だったのかはわからない。
曲自体はカバーであり、「もしも時間を戻せたなら・・」という切ない歌詞なのだが、そんなことはおかまいなしのすごい映像になっている。
日本で言うなら例えば今年43歳くらいの中澤裕子とか篠原涼子がTフロントはいて自衛隊をバックに歌うようなもんである。
そんなことやったら間違いなく炎上でしょうね。
それはそれで見たい気もしますが・・

「Believe」はNOW系のオムニバスCDにあったものを聴いている。
曲や詞がいいかどうかはあんましよくわからないのだが、ボーカルを大胆にアレンジしたサウンドは面白いとは思う。
ボーカル全てをいじってるわけではなく、声の伸びに合わせてポイントで変化させているのが効果的で、印象に残る音だ。

日本での知名度や人気は正直全くわからない。
「いや、わたしアルバム結構持ってますけど?」などと言われたらかなり驚きですけど、こんな自分でも2曲は聴いてるんだから「誰でも知ってる」人ではあるんだろう。
特に顔や声も好みというわけではない。
ただプロモ・ビデオやアレンジといったサブ的情報でしか知らないので、きちんと歌や楽曲を聴いてみたら評価は大きく変わるかもしれない。

というわけで、シェール。
素人がムリして聴くようなものではないとも思いますが、みなさまの評価はどんな感じでしょうか?

|

« 聴いてみた 第131回 ポール・マッカートニー&ウィングス その2 | トップページ | 聴いてない 第212回 テイラー・スウィフト »

コメント

民放FMのポップスベスト10でハーフブリードをラジカセ(モノラル)でカセットテープに録音しました。
音しか聴いてなかったので、最初、Believeと同一人物とは思わなかったです。

この2曲しか知りません。

投稿: nr | 2016.03.20 09:17

nrさん、コメントありがとうございます。

>民放FMのポップスベスト10でハーフブリードをラジカセ(モノラル)でカセットテープに録音しました。

この曲は全く知りませんでした。
調べたら73年の作品で、シェール本人の半生というか、子供の頃から受け続けてきた差別に対する怒りをストレートに歌った内容ですね。
50年以上芸能活動を続けてきた原動力が、このあたりにあるのかもしれないですね。

投稿: SYUNJI | 2016.03.20 20:59

SYUNJIさん、こんばんは。
全く知らない人です。SYUNJIさんの記事によると、ヒット曲も
多いようですね。

>>刺激的な衣装で歌うプロモ・ビデオに牽引された?
>>「If I Could Turn Back The Time」

刺激的な衣装を見たいので、ユーチューブで検索しました。
おお、デボラ・ハリー(←ある種の基準)よりすごい!
それはともかく、いい曲ですね! 歌も声の伸びと張りが
あって、これは売れると思いました。

>>ネットでは
(中略)
>>シェールはすでに当時43歳をだったそうだが

大場久美子さんが50ウン歳でビキニグラビアを披露して
大好評を得たそうですから、それに比べればかわいいもの。
あっ、音楽の話がなくてすみません(^^;)

投稿: モンスリー | 2016.03.21 19:44

モンスリーさん、コメントありがとうございます。
シェールご存じなかったですか?

>おお、デボラ・ハリー(←ある種の基準)よりすごい!

あー、それは確かにシェールのほうが破壊力ありますね。
曲がヒットしたのはこの映像の力もあってのことだと確信してますが・・

>大場久美子さんが50ウン歳でビキニグラビアを披露して大好評を得たそうですから、それに比べればかわいいもの。

またすごい人を持ってきましたね。
大好評・・そうですか・・
あの企画のたびに週刊誌も売れるという話ですが・・
なんか熟女を語るBLOGになってますけど・・

投稿: SYUNJI | 2016.03.21 21:20

SYUNJIさん、こんにちは。

>日本での知名度や人気は正直全くわからない。

私もわかりませんが、ボン・ジョヴィ・ファンの間での知名度は抜群ですよ。
リッチー・サンボラの元カノという事で(^_^;)。
他の噂になった女性達とは全くタイプが違うので、シエールを見る度に「リッチーはどこが好きだったのかなぁ?」と考えてしまう私でした(笑)。

投稿: YAGI節 | 2016.03.25 15:05

YAGI節さん、コメントありがとうございます。

>リッチー・サンボラの元カノという事で(^_^;)。

自分は今回シェールを調べて初めて知りました。
そんなつながりがあったんですねぇ・・
シェールのアルバム「Heart Of Stone」にも参加してるそうですけど・・
でもシェールはリッチー・サンボラより一回り以上年上ですよね。
リッチーの女性遍歴をこのサイトで見てみましたが、確かにシェールは他の女性とはタイプが違いますね・・
http://ameblo.jp/plum-pudding2/entry-10784353454.html

投稿: SYUNJI | 2016.03.26 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/63368020

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第211回 シェール:

« 聴いてみた 第131回 ポール・マッカートニー&ウィングス その2 | トップページ | 聴いてない 第212回 テイラー・スウィフト »