« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

聴いてみた 第126回 ポール・マッカートニー&ウィングス

エンブレム問題で世間が揺れるさなか、怒濤の聴いてみた三連戦を敢行。
今回はBLOG歴11年半の中で最大級に大物の登場、ポール・マッカートニー&ウィングス。
もちろんBLOGで採り上げること自体初めてである。

実はポールもウィングスも例によって聴き方はとても雑で中途半端。(場内無反応)
ベスト盤も含め、聴いた実績は以下のとおり。

・Band on the Run
・Venus and Mars
・London Town
・Wings Greatest
・McCartney II
・Pipes Of Peace
・Give My Regards to Broad Street
・Unplugged (The Official Bootleg)
・All The Best
・Wingspan

公式オリジナルスタジオ盤は半分も聴いていない。
数だけで言えば今やストーンズのほうがずうっと鑑賞枚数は多いという状況。
あらためて振り返ると非常にズサンで危険な聴き方である。

洋楽に目覚めた時、ビートルズはすでに解散しており、ポールは「Goodnight Tonight」とか「Wonderful Christmas Time」なんかで柏村武昭と日本中の中学生を喜ばせていた。
家にはすでに「Venus and Mars」のLPがあり、姉は「Speed Of Sound」「Back To The Egg」なども聴いていたはずである。

自分が最初に聴いたポールのアルバムは、友人タケちゃんに借りた「McCartney II」だ。
テクノに傾倒したサウンドは正直好みのレベルとしては微妙だったが、殊勝にもタケちゃんの友情に感謝してダビングしたテープをありがたく繰り返し聴いていた。

「Pipes Of Peace」はFM番組「マイ・サウンド・グラフィティ」で全曲紹介していたものを録音。
「Broad Street」は貸しレコードである。
オリジナル盤でCDを持っているのは「London Town」だけだ。
この偏った中途半端な鑑賞履歴の要因は、やはりベスト盤の影響が大きい。
聴いてきた回数は圧倒的に「Wings Greatest」「Wingspan」が多く、「Broad Street」なんかもう25年くらい聴いてないと思う。

今回唐突にウィングスの初期作品を聴いてないことに不安を覚え、震える手で図書館から借りてきたのが「Red Rose Speedway」である。

Redrosespeedway

「Red Rose Speedway」は72年発表。
前作「Wings Wild Life」の不評を払拭せんとリリースされたポール渾身の作品である。
レコード会社の命により、「ウィングス」ではなく「ポール・マッカートニー&ウィングス」名義での発売となった。
ウィングスだけだと売れない、という判断らしいが、当時のウィングスのブランドレベルはそんなもんだったんだろうか?
まあ理由はこれだけではないだろうけど、この判断も功を奏してか、めでたく全米1位を獲得し全英では5位を記録した。

72年と言えばビートルズ解散から2年しか経っておらず、ファンの間では当然再結成を望む声は多かったはずである。
しかしそんなファンの想いをよそにメンバーはそれぞれ個別に作品を発表し、評論家は目立つポールを好んで攻撃し、ファンはそれぞれの作品に喜んだり混乱したり再結成を夢見たり・・といった世相であったと思われる。
米英での評価や実績は高いようだが、日本ではポールやウィングスの「最高傑作!きぃいー!」と興奮する人もそんなにいない、という微妙な名盤とのこと。
果たしてどんなアルバムなのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1.Big Barn Bed
やや辛口のサウンドで幕開け。
ポールらしいと言えばらしい音がする。

2.My Love
珠玉の名作、「My Love」。
この曲があるという理由だけでアルバムを買った人も多かったそうだ。
シンプルな構成だが、間奏のストリングスやギターの使い方は「Let It Be」「The Long And Winding Road」の流れをくむものだと思う。
評論家によって意見はまっぷたつらしく、「甘ったるいだけ」という厳しい評価もあるらしい。

3.Get On The Right Thing
おだやかに始まったかと思うと意外にノリノリ。
どこか「Oh! Darling」を思わせる。

4.One More Kiss
これもいかにもポールが好きそうなリズムとサウンドである。
童謡のような楽しそうな曲。
NHKの「みんなのうた」で流れても全く違和感がない。

5.Little Lamb Dragonfly
ゆったりとした流れに乗せて歌うポール、バックにリンダのコーラス、様々な楽器の音。
ウィングスの完成されたスタイルがここにある気がする。
ソロになった直後に作られた曲で、歌詞はジョンに向けて書かれたものという説があるらしい。

6.Single Pigeon
ピアノの弾き語り、終盤はいろいろ重なってくる短い曲。

7.When The Night
ややブルース調の曲。
このアルバムには珍しく、後半ポールがシャウト。

8.Loup(1st Indian On The Moon)
発表当時ポールは「アルバムにはピンク・フロイドのような曲もある」と発言したそうだが、そのフロイド調とはこの曲のことらしい。
確かにややプログレっぽく聞こえるインストである。

9.Medley
a) Hold Me Tight
b) Lazy Dynamite
c) Hands Of Love
d) Power Cut

ポールお得意のメドレーだが、なぜメドレーにしたんだろう?
どの曲も楽しそうで、雰囲気にそれほど違いはないように思う。
「Power Cut」のイントロの音は、この後のアルバムにある「Rock Show」のエンディングに通じると感じる。

LPはここで終わりだが、CDでは以下のボーナストラックがある。

10.I Lie Around
ボーカルはデニー・レイン。
サウンドはモロにポールで、歪んだギターがいい感じである。

11 Country Dreamer
カントリー調のハイトーンな曲。
終始コーラスが当てられ、カーペンターズのようなサウンドになっている。
これはなかなかいい。

12.The Mess
ラストはライブ。
ウィングスの歴史上、唯一のライブテイクのみでの発表曲とのこと。
オランダ公演の音源だそうだ。
曲調がいろいろ変わるところはその後のポールの作風を思わせる気もするが、なんとなくツギハギな印象。

今回聴いた盤は旧版のようで、新版にはボーナストラックとして「C Moon」「Hi Hi Hi」も収録されている。
うーん・・これは収録してあったほうが良かったなぁ。

聴き終えた。
正直、全体としては今ひとつ物足りないという感じ。
ロック・バラード・カントリー・プログレといった各ジャンルを横断収録するお徳用詰め合わせなのだが、もうひとつくらいヒット曲があれば良かったのに・・と勝手なことを考えた。
この後ウィングスは「Band on the Run」「Venus And Mars」という名盤を発表しているのだが、申し訳ないがこれらと比較しても差ははっきり感じる。
「My Love」という名曲はあるが、もしそれすら収録されていなかったら・・と思うと、やはり評価としては厳しいところだと思う。
逆さに言うと「My Love」を頼りに聴いてみたのだ。
全曲知らないアルバムだったら、聴くのにもっと気合いが必要だったはずである。(小心者)

ビートルズ解散後、メンバーは今思うとわりと早くそれぞれの活動を開始している。
中でもポールは一番精力的に活動してきたのだが、ビートルズと同等かそれ以上のレベルの作品を求められるプレッシャーも相当なものだったと思う。
個人的には、他の3人はあまりそういうことを気にせず活動していたように思うのだが・・

で、ポールはソロやウィングスでアルバムを次々に発表するものの、やはり評判はなかなか上がらず、特に音楽的には素人のリンダをバンドに入れてしまったことは当然マイナス評価にしかならなかったであろう。
それでもバンドのプロモーションのため地道にヨーロッパなどでライブも行って・・といった状況の中で作られたのが「Red Rose Speedway」であった。
なのでネットでは「発展途上」という暖かい評価が多いようだが、この点は同感である。

それでもがっかりとか不満とか拒絶といった感覚はない。
このあたりはさすがはポールである。
聴いてもいない状態で言うのも失礼だけど、たぶんジョンジョージの作品だと、大幅に困惑するものがきっとありそうな予感はするのだ。
評判が悪かったとされるリンダの歌や演奏も、特に気になるものではなかった。

ジャケットはポールの作品の中では最も印象的な絵ではないだろうか。
バラが顔半分を隠していてもポール・マッカートニーだとわかるし、口にくわえた真っ赤なバラと背景のハーレーのエンジンという硬軟の対比が鮮烈なアートだ。
なお撮影したのはリンダだそうです。
ジャケットのハデさに中身が追いついていないというキツイ評価もあるようだが・・

というわけで、ようやく聴いてみました「Red Rose Speedway」。
物足りないという感覚ではありましたが、聴いて良かったと思います。
ポールのソロやウィングスについては全盤制覇の意欲や野望はなく、ベスト盤を繰り返し聴いて満足してきたが、最近少しずつ危機感の予告編みたいなかすかな感情は芽生えつつある。(遅い)
なので今さらだが「McCartney」「Ram」「Wings Wild Life」「Speed Of Sound」「Back To The Egg」の5枚をじわじわと聴いていこうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

聴いてみた 第125回 イーグルス その3

謎の音楽集団イーグルス。
なぜか昔聴いたことがあったのか思い出せないという珍しい事態に発展。
底知れぬ恐れを抱いたあたしは、疑惑のアルバム3枚を確認するはめになりました。
しかし「On The Border」「One Of These Nights(呪われた夜)」はいずれも聴いた記憶なし。
となると残るはこの1枚しかありません。
「Desperado」、邦題「ならず者」。

Desperado

聴く前にアルバム概要をライブドアニュースのようにざっくり言うと的に学習。
「ならず者」は1973年の作品、全米最高順位は意外に売れず41位。
西部開拓時代のならず者集団「ドゥーリンとダルトン一味」をテーマにしたコンセプトアルバム。
ジャクソン・ブラウンやJ.D.サウザーの名前もクレジットされており、裏ジャケットにはこの二人も登場している。
デビューアルバムで成功をおさめたイーグルスだが、2枚目の重圧はやはりあったようだ。
バンドはそこをコンセプトアルバムという手段で切り抜けようとした。
当時としてはまだ珍しかったプロモ・ビデオを、西部劇のセットを使って撮影という凝ったこともしていたそうだ。
これらの試みはすぐにファンに支持されたとは言い難く、アルバムのセールスとしてはやはり厳しい結果に終わっている。
ただし後年タイトル曲が多くのアーチストによってカバーされ、それに伴って長い時間をかけて評価を高めていった。

プロデューサーはデビューアルバムと同じくグリン・ジョーンズ。
ツェッペリンのエンジニアとしても有名だが、グリン起用の理由として、ドン・ヘンリーがジョン・ボーナムのファンだったということもあったらしい。
ドンはグリンに自分のドラムをボンゾの音のように録音できないか相談したこともあったそうです。

自分にとってはイーグルス最後の疑惑のアルバム。
果たして自分は「ならず者」を聴いたことがあったのでしょうか。(どうでもいい)

・・・・・聴いてみた。

1. Doolin-dalton
アルバムは日本の70年代フォークみたいなもの悲しいハーモニカとギターで始まる。
というか日本の70年代フォークはこの曲あたりに相当影響を受けていたのだろう。
まずはテーマである「ドゥーリンとダルトン」というギャング集団のトップ二人を紹介する内容。
ドン・ヘンリー、グレン・フライ、ジャクソン・ブラウン、J.D.サウザーの四人による共作。

2. Twenty-one
バンジョーが鳴り続けるウェスタンの定番みたいな曲。
開拓時代のアウトロー、ビリー・ザ・キッドを歌ったバーニーの作品。
もともとイーグルスはこういう路線が得意なバンドのはずで、バーニーもこのノリで続けたかったのではないかと思われる。

3. Out Of Control
一転グレンの好きな荒っぽいロック。
悪くないが、アルバム全体のイメージには少し合っていないような気もする。
明るい曲調だがかなり騒々しく、エンディングはどのパートも結構好き勝手でライブっぽい雰囲気。

4. Tequila Sunrise
この曲はベスト盤で聴いており、信頼と安心の一曲。
ほのぼのイーグルスの真骨頂なサウンドは、グレンとドンの共作。
このグレンの「押し」と「引き」のボーカルバランスはバンドの多面性を形作った重要なファクターであるとつくづく思う。
なお「Tequila Sunrise」とはメキシコのカクテルの名前だそうだが、この曲がヒットする前からミック・ジャガーお気に入りのカクテルとして有名ではあったらしい。

5. Desperado
タイトル曲「ならず者」。
誰もが知っているイーグルス初期の名曲・・というのは間違ってないのだが、実はシングルカットされてはいないのだった。
知らなかった・・・
映画のラストに流れる主題歌のような、壮大で哀愁に満ち満ちた名曲。
歌詞はならず者に更生をうながす内容なのだが、訳詞を読んでもいまいち意味がよくわからない。
グレン・フライも「ここでいうならず者はむしろオレたち自身のことだったのかも」などと発言しており、ますますよくわからない。
再結成で発表したアルバム「Hell Freezes Over」では、ライブのラストにこの曲を持ってくるというベタすぎる演出があった。

6. Certain Kind Of Fool
ランディの少し雰囲気が違う作品。
この曲ではギターを弾いているのはグレンだそうだ。
ドゥーリン=ダルトン軍団の活動が徐々に行き詰まっていく様を歌った内容となっている。

7. Doolin-dalton (Instr.)
マンドリンとバンジョーとギターが重なる短めのインスト。
3人で演奏してるのかと思ったら、全部バーニーによる多重録音とのこと。

8. Outlaw Man
ブルージーな辛口のサウンドにグレンのボーカル。
グレンの曲にしては暗いような・・こういうのってむしろドン・ヘンリーが作りそうな曲じゃないの?と思ったら、これはデヴィッド・ブルーという人の作品だそうだ。

9. Saturday Night
おだやかなギターにドンの落ち着いたボーカル、コーラス。
この曲もマンドリンが聞こえる。
当時のメンバー全員の共作だが、長いバンドの歴史の中では「全員の共作」は唯一この曲だけ。
ビートルズもクイーンもそうだが、バンドの中にソングライターがたくさんいても「全員の共作」は非常に少なくなるものらしい。

10. Bitter Creek
同じくおだやかなギターに絶妙のコーラス・・なのだが曲調はかなりシリアスでもの悲しい。
終盤に一瞬盛り上がるアコースティックギターが印象的。

11. Doolin-dalton/Desperado (Reprise)
1曲目と5曲目の一部を組み合わせて歌う。
メロディは全く同じではなく、エンディングは少し変調した音で「Desperado」を繰り返す。
雰囲気のある終わり方だが、個人的には違和感のほうが残る。

聴き終えた。
結局このアルバムも「ああ昔聴いたんはこれだったんや」ということにはならなかった。
たぶん聴いたことを忘れたのだ。
「ならず者」「呪われた夜」「On The Border」のどれかを聴いていたはずなのに、どれも記憶には全然残っていなかった。
あまりにも偏差値の低い話で申し訳ないが、かすかにジャケットに見覚えがある「ならず者」を、聴いておきながらすっかり忘れたものと思われる。

アルバム全体としては、比較的曲ごとの個性がはっきりしていると感じた。
「Tequila Sunrise」「Desperado」は何度聴いても名曲である。
「Desperado」はその後リンダ・ロンシュタットカーペンターズ、日本では平井堅や鬼束ちひろがカバーしたことも名曲の証となっている。

ネットの情報で、聴く前からコンセプト・アルバムであることはいちおうわかっていた。
ビル・ドゥーリンとビル・ダルトンという19世紀末に実在した無法集団の双頭を主人公にした物語を、各曲で綴るという内容。
ドゥーリン=ダルトン集団は時代に逆行したダサい連中であり、イーグルス自身も70年代の混沌の中で時代から取り残される恐れと闘いながら、ドゥーリン=ダルトンと自分達の姿に通じるものを感じていた。
・・・というのが一般的な考察のようなのだが、このあたりは感覚的にはほとんどわからない。

そもそもドゥーリン=ダルトンについての基礎的イメージがないし、時代背景も極東の小市民には理解しづらい。
「ならず者」という訳は秀逸だと思うが、コンセプトそのものを理解したわけではないので、必然的にメロディや楽曲に偏って評価せざるを得なくなる。
まあそんなの洋楽全般に言えるんですけど、「ならず者」のなんたるかをちゃんとわかって聴けたわけではない、という状態です。
どこかで今一度ドゥーリン=ダルトンについての学習が必要であろう。
それにしても当時の日本のレコード会社が「チンピラ」「不良」「やくざ者」「ワル」「番長」などとズレた邦題を付けなくてホントよかったスね。

これでいちおうデビューから80年の解散までの全てのアルバムは聴き終えたことになる。
ただし達成感はやはりない。
全部聴いてみても「The Long Run」が一番良いという評価は変わらないし、新たな発見や高揚感も特にない、という身も蓋もない感想になる。

なにしろ相手は天下のイーグルス。
世界中で最も売れたウルトラバンドであり、アルバムはどれも名盤でシングルも名曲ぞろい。
その上メンバー間の仲もいい感じ?に悪く、モメ事も多いというお買い得な人たちなのだが、なぜか意欲的に取り組もうという気が長いこと起こらなかったのだ。
今回は半ば義務的に聴いてみたのだが、鑑賞前後で取り立てて感情的に変化はなかった。
繰り返しになるが、おそらく自分にとってはイーグルスは「たまに聴きたくなる音楽」であって「好きな音楽」とは少し違うようである。

ということで、「ならず者」。
全盤制覇はしたものの、いまいち座りの悪い結末となりました。
このクソ暑い中いったい何をやっているのやら・・・(今さら)
まあ数回聴いた程度では何もわかりませんので、各アルバムをもう少し聴きこんでみようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聴いてみた 第124回 ローリング・ストーンズ その15

50年も活動していれば、作品ごとの出来や評価もいろいろ格差があって当然のストーンズ
今回は数あるアルバムの中でも最も問題作とされる「Their Satanic Majesties Request」を聴いてみました。

Satanic

「Satanic Majesties」と略して呼ばれるこのアルバム、1967年の作品。
制作開始直後にミックとキースとブライアンが麻薬所持で逮捕される(キースは無罪)というアクシデントの中、クスリにまみれながらもなんとか作り上げたという因縁の名作である。
メンバーが相次いで逮捕されてもアルバムは出たのだ。
今では考えられないし、日本では飛鳥涼のCDが店頭から引っ込められたことも記憶に新しい。
クスリをやったミュージシャンは人格から作品までまるごと否定されるのが21世紀の日本である。(どうかと思うが)

そんな問題作「Satanic Majesties」、内容も極めて実験的で評価は今も二極化してるらしい。
ちなみにXTCのアンディ・パートリッジはこのアルバムについて「ずば抜けて大好きなサイケデリックレコード」と絶賛してるそうだ。
アルバムの存在はうっすら認識していたが、こうした背景や評価については今回調べてみて初めて知った、という状況。
曲目を見ても知っている曲は全くない。
果たしてどんな音がするのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Sing This All Together(魔王賛歌)
オープニングはガヤガヤした感じで始まる。
冒険アニメのテーマソングのような曲だ。
あちこちからいろいろな音が聞こえ、実験的な香りがする。
ジョン・レノンとポール・マッカートニーがコーラスで参加してるそうだが、残念ながら注意して聴いても二人の声はわからない。

2. Citadel(魔王のお城)
前の曲のノリをふまえたサウンドだが、楽器の音はブルース寄りだ。
ある意味この曲が正調ストーンズサウンドに一番近いかもしれない。

3. In Another Land
どこか初期のパープルを思わせる妙な音がする。(知ったかぶり)
暗いボーカルはビル・ワイマンだそうだが、この曲も言われなければおそらくストーンズだとはわからない。

4. 2000 Man
アコースティックギターとドラムのシンプルなフォーク、続いてエレクトリックなブギー調の二部構成だが、これはどちらもなかなかいい。

5. Sing This All Together (See What Happens) (魔王賛歌・二部)
いろいろなサウンドが延々流れるクスリっぽい曲。
長い。
月並みだがやはりビートルズの「Revolution9」を思わせる。

6. She's A Rainbow
名曲とあがめる記述がネット上にたくさんあったので、期待して聴いてみた。
イントロは少しごちゃごちゃして気持ち悪いが、本編?はピアノの調べにミックのボーカルと女性コーラス、ストリングスがマッチしていて非常にいい。
どこかで聴いたことがあるような・・と思ったら、昔iMacのCMで使われてたんですね。
この曲にはジョン・ポール・ジョーンズもアレンジで参加しているそうだ。

7. The Lantern
前の曲のエンディングに重なる形で始まる。
リズムはやや遅いが、印象は「She's A Rainbow」に似ている。
ちょっとつかみどころのない曲だ。

8. Gomper
インドっぽいリズムにサイケなキーボード。
ミックの控えめなボーカルは前半だけで、後半はやはり薬香高い音が絶え間なく流れ、逆回転と不協和音。

9. 2000 Light Years From Home(2000光年のかなたに)
これもけだるいリズムにブライアンの怪しいメロトロン、脈絡のない構成。
だんだん難しくなってくる。

10. On With The Show
楽曲としてはちょっとオールドな雰囲気。
ミックの投げやりなラップっぽいボーカルと人々のざわめきが交差して、古い映画の音声みたいなイメージ。
唐突に終わるので、置き去りにされた感が満載。

さて聴き終えた。
評判どおりサイケでケミカルでフラワーなサウンドが全体を覆う。
ロックンロールやリズム&ブルース、ミックの猥雑なシャウト、キースのガラ悪いカッティングといったストーンズの得意技はほとんど表面には出てこない。
ゆがんだりひねったりのヘンなアレンジも多く、ヴァニラ・ファッジヤードバーズを思わせるような音だ。
60年代のレコードなんでそういうもんなのかもしれないけど、全般的に音が曇っていてAMラジオのライブ番組のように聞こえる。

それでも中盤までは変わった曲も多いながらもなかなか楽しい。
特に「2000 Man」「She's A Rainbow」など他のアルバムでは聴けないようないい感じの曲がある。
後半はサイケ色が一段と強まり、かっこいいとも楽しいとも思えないサウンドが続くので、正直飽きる。
慣れないプログレを聴いた時の感覚に近い。

当時の世相を色濃く反映した実験的大作・・という評価がある一方、あっさり「駄作」「大失敗」と切って捨てられたり「存亡の危機」「バッド・トリップ」「中途半端」などと酷評もされたようだ。
ストーンズのメンバーは誰も「Satanic Majesties」を気に入っておらず、本国イギリスでもシングルカットは1曲もなく、収録曲をライブで披露したこともあまりないそうだ。
なのでストーンズのみなさんとしても「やっちまった」状態のクールポコ的作品で、なかったことにしたい経歴なのかもしれない。
この後ストーンズはプロデューサーにジミー・ミラーを起用し、原点回帰盤「Beggars Banquet」を発表する。
胸をなでおろしたファンも多かったことだろう。

ウンザリするほど比較されたビートルズとストーンズだが、この「Satanic Majesties」もどうしてもビートルズの「Sgt. Pepper's」と比べられることが多く、結局は「Satanic Majesties」のほうが分が悪いらしい。
なお両方のアルバムジャケットの写真を撮影したのは同じ人物で、「Satanic Majesties」にはビートルズの4人の顔がコラージュされている。

ストーンズがビートルズの「Sgt. Pepper's」をマネて作ったのが「Satanic Majesties」だという説がある。
ネットの「Satanic Majesties」評を見ると「『Sgt. Pepper's』に強い影響を受けたことがわかる」「ビートルズへの対抗意識が色濃く表れている」などといった表現が目立つ。
うーん・・・どうなんだろう?それって本当なのかな?
これも当時のマスコミが相当あおっただけじゃないんだろうか?
メンバー同士は仲が良かったので、それぞれアルバム作成時にアイディアや情報を交換していた、という程度じゃないかとも思うのだが・・
個人的には「Sgt. Pepper's」は子供の頃から聴き慣れたアルバムなので、公平に比較するにもムリはあるのだが、「Satanic Majesties」はさすがに作り込みの緻密さにおいて「Sgt. Pepper's」にはかなわないように思う。

他のアルバムとは決定的に異なるということは、万年ド素人の自分にもわかった。
変な話だが、今聴いておいてよかったと思う。
もしこのアルバムをストーンズ鑑賞として最初にチョイスしてしまったら、その後の展開はかなりマズイことになっていたはずである。
おそらくは「なんじゃこれは・・こんなん聴いてられへんわ」と感じてストーンズはそれっきりになっていた可能性が高い。
未だストーンズ初心者感覚から全然離脱もしていないけど、ある程度ストーンズの名盤を聴いておいたからこそ、多少余裕を持って鑑賞できたと確信する。
間違いなくストーンズ入門編ではないアルバムである。

というわけで、「Satanic Majesties」。
正直好みの音楽ではありませんでしたが、ストーンズの多面性がさらにわかって勉強になりました。
なお60年代の未聴作品は「Out Of Our Heads」「Between The Buttons 」「Flowers」が残っているので、どれかを聴いていこうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »