« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

やってない 第33回 漫画喫茶を使う

映画も芝居も観ないあたしですが、意外(でもないけど)にも漫画喫茶を利用したことがありません。
室内で漫画を読んで過ごすというインドア趣味の極致のようなレジャー施設だと思うが、一度も入ったことがない。
この略歴自体が世間ではどう判定されるものなのか、全く見当もつきませんが・・・
とりあえず子供だけで入場できる場所でもないだろうし、自分が子供の頃はこんなものは世の中にはなかったので、いちおうオトナ向け施設ということになるんだろうか。
そういえば子供の頃は「貸本屋」という商売がまだあったなぁ。

漫画喫茶は読んで字のごとく料金を払えば自由に漫画が読める喫茶店・・という定義でいいと思うが、ネットカフェや複合カフェなどともオーバーラップしていて、法的な境界はあまり明確ではなさそうである。
利用していない理由にこれまた強固なものは何もない。
まあ最近漫画を全然読まなくなったということはあるが、遠ざけたとか断ち切ったという意識はない。
もう少し年齢が若かったらふつうに利用していたように思う。

純粋に漫画を鑑賞する場としてのサービス業と認識して利用すればいいのだが、どうもそうではないダークな話題もつきまとう、気の毒な部分がある。
都内の駅周辺に、終夜営業の店が増え始めてからいろいろな話が聞かれるようになった。
最初に聞いたのは「漫画喫茶に住んでいる人がいる」という話。
当初は笑い話のように聞いていたのだが、その後もっと深刻な事態であることも判明。
要するに仕事も家もない人が、カプセルホテルよりも安くファストフード店よりも長時間過ごしやすい、という理由で一時避難所として利用している、ということである。
この実態が「難民」などという言葉でマスコミに採り上げられるようになった。

漫画喫茶を利用したこともない自分でも、このあたりの経過は比較的よく覚えている。
実は「日本複合カフェ協会」という業界団体を取材したことがあるのだ。
上記のような負の部分を取材したわけではなく、協会加盟の店舗展開の実態などを正面から取材しただけである。
取材当時も協会側では業界各社各店の健全な経営に取り組んでおり、マスコミによる「難民」という表現での報道には強い不満を抱いていた。
(自分が取材した後で協会側は「難民」と表現するセンセーショナルな報道に対する抗議声明を発表した。)
なので実態を自ら検証する意味でも、自腹で漫画喫茶に入ってみたほうが良かったはずなのだが、取材直後に仕事内容が変わってしまい、業界団体との接触もなくなってしまったのだった。

また取材の過程で知ったのだが、この業態発展には紳士服販売チェーンが大きく関与している。
理由はよくわからないが、AOKI・コナカなどの紳士服販売チェーン企業の関連会社がネットカフェ事業を手がけているのだ。
郊外の紳士服販売店が閉店した後に、複合カフェ店としてオープンすることがあるのは、こういう事情によるものらしい。

本業?の漫画だが、そもそもひとつの店舗にはどれくらい蔵書があるんだろう?
・・と思ったら、ネットで蔵書を検索できる店もあるんですね。
店内に在庫がない場合、ネット上でリクエストできるサービスまであるようだ。
少し見てみたが、「うる星やつら」「銀河鉄道999」などといったかなり古い作品までそろえている店もある。
このトシで漫画喫茶に通って全巻読破という行為自体をどう評価するかは議論の余地があるが(知らねえよ)、やはり「この漫画が読みたい」と思ったら検索して在庫を確かめて晴れて入店、というのが正しい道のりだと思われる。

大手の複合カフェチェーンのサイトを見ると、非常に清潔で高級感漂う店内風景、バラエティに富んだ設備などがきらびやかに紹介されている。
まあ店のレベルは様々であろうし、客層も地域や店舗によって大幅に変わってくるのだろう。
一度利用してみて楽しければ、その後も抵抗なく通うようになるんじゃないだろうか。

仕事や災害などで帰宅困難となった際に漫画喫茶を利用する、というシーンは今後あり得るとは思う。
ただ個人的にはこうした非常事態の際には「寝る」ことを最優先で考えると思うので、自分の場合はカプセルホテルから選択することになりそうだ。

というわけで、漫画喫茶。
これも利用の頻度には著しい個人差があるとは思いますが、みなさまはどれくらい利用されてますか?
最新のサービス事情や驚きのエピソードなど、いろいろ教えていただけたらと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聴いてない 第207回 デュラン・デュラン(90年代)

80年代に洋楽にまみれた世代のみなさんにおいて、このバンドを全く知らないという人はおそらくいないであろう。
今さら説明不要の大英帝国三大バンドのひとつ、デュラン・デュラン。
ただし。
比較的長いこと三流BLOGをやっているが、デュランで記事を書くのは実は初めてである。
全く聴いてなかったわけでもないが、やはり鑑賞期間は80年代前半に限られるのだった。

デュラン・デュラン、いちおうデビュー当時から知っていて、初めて聴いたのもデビュー曲である「Planet Earth」。
その後柏村武昭も順調にヒット曲を紹介しており、エアチェックも10曲以上録音している。
レンタルだけど聴いたアルバムは「Rio」「Seven and the Ragged Tiger」の2枚。
ただし録音したテープはもう手元に残っておらず、もう25年くらい聴いていない。

最後に聴いた曲は93年の「Ordinary World」で、例によってテープが途中で尽きてしまいフルコーラスで聴いてもいないというもの悲しい結果に終わっている。
これ以降はシングルもアルバムも一切聴いていない。
なので「昔少し聴いたことがある」程度で、とても「いやーよく聴いてましたよ社長」とは言えないのだった。
なおカタカナ表記はデュラン・デュランだが、メンバーが自己紹介するシーンは何度聞いても「じゅらん・じゅらん」としか聞こえない。

大して聴いてもいないくせに、デビュー当時のメンバーは全員名前を覚えている。
さすがはロック検定3級保持者・・と胸を張りたいところだが、調べてみたら驚愕の事実が判明。
ウィキペディアによると、「1978年、ニック・ローズ(キーボード)、ジョン・テイラー(ギター)、サイモン・コリー(ベース)、スティーヴン・ダフィ(ヴォーカル)の4人によって結成される」とある。
えっそうなの?
サイモン・ル・ボンって結成当時のメンバーじゃないんですね。
というか78年結成で81年デビューってのも初めて知った・・
さらに、ニック・ローズがリーダーだということも今まで知らなかった。
サイモン・ル・ボンがやたら目立つので、当然この人がリーダーなんやろと思ってました。

あと「ジョン・テイラー、ロジャー・テイラー、アンディ・テイラーとテイラー姓の人物が三人いるが、いずれも血縁関係はない」って書いてある。
えええ~??そうだっけ?
ロジャーは他人だけどジョンとアンディは兄弟だと思ってました・・・
30年以上の誤解。
どこで間違ったんだろう・・・?
なおドラマーのロジャー・テイラーはクイーンのロジャーと同じ名前で同じくドラム担当だが、デビュー当時の雑誌のインタビューでそのことを質問されると「その通りなんだけどボクはクイーンのロジャーさんほど有名じゃない」と答えていました。

84年にはパワー・ステーションとアーケイディアに分裂。
正確には分裂ではなく、デュランのメンバーがそれぞれ結成したユニットなのだが、同時期にヒット曲も出してライブ・エイドに双方とも登場などしていたので、こりゃあデュラン解散分裂も時間の問題やねと誰もが思っていた。

音楽的にはパワー・ステーションのほうが好みだった。
アーケイディアはボーカルがサイモンなので、デュランとの違いが自分にはわからなかったのだ。
ちなみにプログレ同窓会バンドのエイジアは、3枚目のアルバム名を「アーケイディア」にする予定だったが、デュランの3人が先にアーケイディアの名でユニット結成してレコードも出してしまったので、仕方なく?「アストラ」に変えたそうだ。

86年には3人となったデュラン・デュラン。
てっきりアーケイディアの3人が残ったんだろと思ったら、脱退したのはアンディとロジャー。
ニック、サイモン、ジョンの3人で「Notorious」を発表。
聴いてないけど3人になったジャケットは覚えている。
このアルバム制作時から参加していたウォーレン・ククルロとスターリング・キャンベルの2人が、後に正式に加入して再び5人体制となる。
その後も多少のメンバー変更、またデビュー当時のメンバーで再結成などを経て、現在はアンディを除く4人で活動中。
今年9月には新作「Paper Gods」の発表も予定されており、ナイル・ロジャースやジョン・フルシアンテが参加しているそうです。

ということで結局毎度のことながら中途半端な鑑賞に終わっている。
理由ははっきりしていて、カルチャー・クラブのほうが好みだったからだ。
いえ、別に当時の洋楽の世界は完全に二者択一でもなかったんスけど、デュランよりは明らかにカルチャー・クラブをよく聴いておったのです。
この二つのバンドはマスコミによって何かと対立構造をあおられ、サイモン・ル・ボンとボーイ・ジョージは不仲であるとされていたのはご存じの通り。
バンド・エイドの録音時の映像では、マスコミの存在を意識したボーイが大げさにサイモンと肩を組み、「不仲の噂を解消するチャンスだぜ!」と笑ってみせている。
実際は不仲というよりは、ボーイ・ジョージがバンド・エイドの面々の上っ面な仲良しムードがイヤだった、という話らしい。
実はジョージ・マイケルとボーイ・ジョージのほうがもっと不仲だった、なんて話もあるようで。

デュラン・デュランはサウンドはかっこいいものも多いが、基本は英国エレポップの伝統を踏襲したソリッドで神経質な音である。
聴いていた範囲では楽しい曲や美しいピアノバラードなどはあまりなかった。
この点ではカルチャー・クラブのほうがバラエティに富んだバンドだったと思う。
なので曲ごとの好みはかなり違い、ヒットしたからといって全部気に入っていたわけでもなかったのだ。
具体的には、「The Reflex」「The Wild Boys」「Rio」「Hungry Like The Wolf」は好きだが、それ以外の曲はそうでもない。
「Union Of The Snake」「New Moon On Monday」「Notorious」あたりはどうもメロディが憂鬱な感じで、評価は今ひとつ。
並べてみると比較的ロック調でノリのいい曲を好むようだ。

90年代以降デュラン・デュランは8枚のスタジオ盤を発表している。
多少興味がわいているのは「The Wedding Album」とカバー集である「Thank You」。
ただ「Thank You」も収録曲中オリジナルを知っているのはツェッペリンだけなので、カバー集としての評価はできないと思われる。
相変わらずこんな有様ですが、みなさまのおすすめ作品があれば教えていただけたらと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »