« 2014年の終わりに | トップページ | 聴いてない 第200回 マドンナ »

見ていない 第36回 お笑いマンガ道場

花の80年代に洋楽にまみれた自分にとって、海外アーティストや新曲の情報を定期的に供給してくれたオトナと言えば、東郷かおる子、小林克也、そして柏村武昭である。
この三頭体制の一角を担う柏村武昭だが、司会者として出演していた代表的なテレビ番組がご存じ「お笑いマンガ道場」。
・・・なのだが実はほとんど見ていない。
番組の存在は知っていたが、目的意識を持って見たことはなく、初めから終わりまで通しで見たことは一度もない。
柏村チルドレンの身でありながら非常にゆゆしき事態である。(棒読み)

以前からウチは時々柏村武昭を連呼することがあるというおかしなBLOGだが、たまたま毎週聴いていた「サンスイ・ベストリクエスト」の司会がこの人だっただけで、別にみのもんたでも橋幸夫でもターザン山本でも、誰が司会だろうと構わず聴いていたはずである。
むしろ柏村武昭と聞いて「サンスイ・ベストリクエスト」を思い起こす人のほうが圧倒的に少数派だろう。
関東では「お笑いマンガ道場」以外に出演してたテレビ番組を知らない、という人も多いと思う。

柏村チルドレンとして取り急ぎ番組概要を調査。(薄い)
「お笑いマンガ道場」は1976年4月から1994年3月まで放送された、中京テレビ製作の30分間バラエティ番組である。
スタート時は中京ローカルで、後に全国ネットとなる。
関東では東京12チャンネルで放送され、80年以降は日本テレビになった。
放送される曜日や時刻の変更がかなり多かったようだ。
木曜夕方にやっていたような記憶がうっすらある。

初代司会は桂米丸、二代目が柏村武昭。
主な出演者は本職の鈴木義司と富永一朗、車だん吉、三波豊和、江藤博利(元ずうとるび)、エバ(元ゴールデンハーフ)、秋ひとみ、川島なお美、森山祐子など。
女性出演者は司会者のアシスタントの役割だが、出演は各人同時ではなくエバから森山祐子まで順に変更していったそうだ。
川島なお美の代役として君島十和子が出ていたこともあるらしい。

基本的な構成は、司会者がテーマを出題して、レギュラー・ゲストの各解答者がフリップに絵(マンガ)を描いて解答し会場と茶の間の笑いをとるというものである。(合ってます?)
出演者の中で「鈴木義司対富永一朗」「車だん吉対女性アシスタント」という対立構造ができており、お互いを解答のマンガによってこきおろしたりいじったり、というパターンが受けていた。
このあたりは昭和のお笑い番組にはよくある構図だろう。
他にも漫画家富永一朗の描く巨乳?画や、ずうとるび江藤博利は何を描かせてもひどい絵になるところなどが、この番組の定番な見どころであった。

川島なお美は歴代の女性アシスタントの中では最も長い期間出演していた。
ところが出演して7年経った頃に、「水戸黄門」のロケ中にバスが川底に転落する事故にあい、全治3か月の重傷を負う。
治療中は他のタレントが代役で出演したが、結局川島なお美は復帰せずそのまま「卒業」という形で番組を降板。
その後川島なお美を取材する際は「お笑いマンガ道場」出演の経歴にはふれないこと、という掟のようなものが業界では定説となった、などといった噂もあったらしいが、後に本人は否定しているとのこと。

結局、番組も出演者もなんとなく記憶があるけどはっきりとは覚えていない、という状態。
見てなかった理由も思い当たらないが、平日夕方なのであまり家にいなかったとか、少し見たけどそれほど面白いと思わなかったとか、家にいてもテレビをつけてなかったとか、その程度の話だと思われる。
関東では裏番組は何だったんだろう?

それにしても柏村武昭である。
中国放送アナウンサーから司会者タレントに転身し、ラジオや「お笑いマンガ道場」で人気を不動のものとし、その後参議医院議員となり防衛庁長官政務官も務めたという、かなり特殊な経歴を持つ人物だ。
冒頭で述べたとおり自分にとっては「サンスイ・ベストリクエスト」のパーソナリティなんだが、ネットで見つかるプロフィールにはこの番組のことはあまり詳しくは書かれていないのだ。
出演ラジオ番組では71年から16年間放送された「サテライトNo.1」のほうが圧倒的に有名らしい。

「サンスイ・ベストリクエスト」では海外ミュージシャンをゲストに呼んで流暢な英語でインタビュー、なんてことは一切やらず、ひたすら1時間9曲を流すことに徹する堅い構成だった。
今思うと実はそんなに洋楽に詳しい人でもなかったんじゃないか?とも思う。
なぜFMで洋楽番組の司会など引き受けたのだろうか?(大きなお世話)

というわけで、「お笑いマンガ道場」。
見てなかったことへの後悔や危機感も全然ありませんし、DVDが出るような話もなさそうですけど、この番組の思い出など教えていただけたらと思います。

|

« 2014年の終わりに | トップページ | 聴いてない 第200回 マドンナ »

コメント

こんばんは、JTです。

本年もよろしくお願いします。

さて「お笑いマンガ道場」、地元なのでなんとなく見ていました。中京テレビ制作なので、愛知・岐阜・三重のローカル番組かと思っていましたが、関東でもオンエアーされていたのですね。

こちらでは土曜日の18:30~19:00で放送されていました。

>初代司会は桂米丸

記憶にないですねぇ。やっぱり柏村武昭ですね、あの番組の司会は。

>漫画家富永一朗の描く巨乳?画

やはりプロの漫画家、線がシュッときれいだったことが印象に残っています。下ネタばかりでしたが。

番組の最後に、視聴者からのハガキを紹介する「だん吉、エバのおまけコーナー」「だん吉、なお美のおまけコーナー」というのがありました。
プレゼントは東急ハンズにありそうな便利グッズだったと記憶しています。

川島なお美はいつのまにかいなくなったのですねぇ。

投稿: JT | 2015.01.12 19:18

JTさん、今年もよろしくお願いします。
しかし音楽BLOGのつもりが新年最初の話が「お笑いマンガ道場」ってのも・・

>愛知・岐阜・三重のローカル番組かと思っていましたが、関東でもオンエアーされていたのですね。

放送当初はローカルだったそうですが、80年以降は全国ネットになったそうです。
柏村武昭の印象が強い番組なんで、自分はいつもうっかり中国地方の番組かと勘違いしそうですが・・

>やはりプロの漫画家、線がシュッときれいだったことが印象に残っています。下ネタばかりでしたが。

やはりその場でさっと描けるのは本職ならではですね。
たしかにあまり品の良くない絵だった記憶はありますけど。

>川島なお美はいつのまにかいなくなったのですねぇ。

ケガがきっかけで番組を休み、そのまま降板となったそうです。
この番組のことを調べて初めて知りましたが、そんな経緯だったんですね。

投稿: SYUNJI | 2015.01.12 21:45

SYUNJIさん、こんばんは。
この番組ですが、見た記憶があります。関西では土曜日の
正午に放送していたと思いますが、まさかそんな長寿番組
とは初耳です。
川島なお美が出ていたことも覚えいます。

が、真剣に見ていません。内容がほとんど思い出せませんし、
多分、「テレビをつけたら放送していたので取りあえず見た」
程度のようです。ついでに川島さんですが、特に好きでもなかった
のですが、一番若くて目立っていたので覚えているようです。

さらに、柏村武昭さんですが、名前を初めて知りました。
サンスイベストリクエストは聞いていたかなあ(思い出せません)。

投稿: モンスリー | 2015.01.13 21:09

こんばんは、柏村チルドレンのかまぼこRockです。

「笑いマンガ道場」よく見てましたけど、この記事を読ませていただいて、少し、記憶がよみがえりました。

富永一朗先生の故郷が岡山県高梁市川上町にあり、漫画のまちとしてアピールし、「ふれあい漫画美術館」なるものがありますが、隣りの県に住んでいて、今だ、入館していません。


それにしても、柏村武昭である!
ラジオ番組「サテライトNO.1」は、当時、広島では、異常な物凄い盛り上がりかたをしてました。

「お笑いマンガ道場」では、川島なお美を世に送り出し。

広島のローカル・タレント、西田篤史を世に送り出し。

国会議員になり、市長選に破れ、広島にもどり。

今でも、広島で、TV番組1本、ラジオ番組(AM・FM)各1本と、しぶとく活躍しています。

残念ながら柏村武昭さんの「サンスイ ベストリクエスト」は聴いたことがありませんが、ハワイ音楽に精通している噂もあり、洋楽が得意なところもあるのかなと・・・

投稿: かまぼこRock | 2015.01.14 19:22

モンスリーさん、コメントありがとうございます。

>関西では土曜日の正午に放送していたと思いますが、まさかそんな長寿番組とは初耳です。

え、土曜の正午ですか?
なんか不思議な感覚ですね。
関東では夕方のゆるい番組というイメージしかありませんが・・

>ついでに川島さんですが、特に好きでもなかったのですが、一番若くて目立っていたので覚えているようです。

川島なお美は自分としてはラジオやグラビアの印象が強いですね。
名古屋出身なんで長いこと中京テレビの番組に出てたんでしょうかね?

>サンスイベストリクエストは聞いていたかなあ(思い出せません)。

そうスか・・柏村チルドレンとしては寂しい限りです。
かつてのFROCKLでも「サンスイ・ベストリクエスト」の話題には食いつきがイマイチだったような気がします・・

投稿: SYUNJI | 2015.01.14 21:55

かまぼこRockさん、お待ちしておりました。
偽柏村チルドレンのSYUNJIです。

>「ふれあい漫画美術館」なるものがありますが

なるほど。
調べたら、高梁市の公式ホームページに「ふれあい漫画美術館」の紹介もありますね。
しかし市のホームページなのに、名誉館長の富永一朗プロフィールに「代表作として「チンコロ姐ちゃん」「一朗ミステリー」などがある」なんて書いてあるのも・・

>ラジオ番組「サテライトNO.1」は、当時、広島では、異常な物凄い盛り上がりかたをしてました。

そうですか・・これは関東では放送してなかったようです。
16年続いた番組だそうですが、柏村武昭は長寿番組が多いですね。

>残念ながら柏村武昭さんの「サンスイ ベストリクエスト」は聴いたことがありませんが、

いけませんね、チルドレンなのに(笑)
広島FMでも放送してたようですけど。
やはり地元ではAMラジオの人なんでしょうか?

「お笑いマンガ道場」の話を書いてて思い出しましたが、20年くらい前に東京の両国の居酒屋で友人と飲んでいたら、車だん吉が店に入ってきて驚いたことがありました。
その店では顔なじみのようでした。

投稿: SYUNJI | 2015.01.14 22:33

こんにちは。
時々思い出したようにロムりに来ている者です。

「お笑いマンガ道場」って何だっけ?柏村武昭?聞いたことあるけど、誰だっけ・・・?
--ああ、そうそう!思い出したっ!
みたいなかんじです(笑)。
端的に申し上げますと、この番組のことは全然知らなかったのですが、何かたまたま(偶然だと思われ)観ていて、
下に名前が出てきて、え?この人が柏村さん?と驚いた記憶があります。
私は昔も今も関東在住ですが「サンスイ・ベストリクエスト」は毎週のように楽しみに聴いておりました。
(曲をフェイドアウトせずに丸ごとオンエアしてくれるのでエアチェックに都合が良かった)
当然ラジオなので氏の風貌は知らなかったわけで、たまたま付いていたテレビでたまたま見かけ、お顔拝見(笑)となったわけです。
細かいこと(&大雑把なことも)は覚えていないし、多分その後氏を目当てにチャンネルを合わせた、という記憶も全くありません。
「ベストリクエスト」もいつの間にか聴かなくなり(あるいは終わってしまったのかも)、私の脳内(?)から柏村武昭の名前はキレイに消えました。
この記事を拝見して、記憶がおぼろげながら蘇りました。現在も元気にご活躍されていると知り、ちょっとほっこりとなりました。

投稿: aki | 2015.01.15 18:02

akiさん、コメントありがとうございます。

>私は昔も今も関東在住ですが「サンスイ・ベストリクエスト」は毎週のように楽しみに聴いておりました。

おお、そうでしたか!
自分も同じでした。
いやーうれしいコメントですね。
ありがとうございます。

>曲をフェイドアウトせずに丸ごとオンエアしてくれるのでエアチェックに都合が良かった

全くおっしゃる通りです。
なので柏村武昭には申し訳ないけど、彼のトークを一切排除して録音することに喜びを感じてました・・

>多分その後氏を目当てにチャンネルを合わせた、という記憶も全くありません。

これも同じです。
たぶん「サンスイ・ベストリクエスト」で育った人の多くは実はそうなんじゃないかと思いますが・・
「サンスイ・ベストリクエスト」は87年頃まで聴いてました。
その後放送時間も内容も変わってしまい、いつの間にか終了したらしいのですが、詳しいことはわからずじまいです。
柏村さん、この番組について本でも書いてくれないですかね?
あ、しまった、「お笑いマンガ道場」に全くふれていない・・

投稿: SYUNJI | 2015.01.16 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/60963775

この記事へのトラックバック一覧です: 見ていない 第36回 お笑いマンガ道場:

« 2014年の終わりに | トップページ | 聴いてない 第200回 マドンナ »