« 行ってみた 第44回 三方五湖・永平寺・金沢 | トップページ | 聴いてみた 第118回 U2 その2 »

行ってみた 第45回 東尋坊・伊吹山・長浜

旅の続きは山中温泉を出るところから。
実は今回の旅行中、雨が降ったのはこの山中温泉だけでした。
宿についてから降り始め、夜中じゅうひどい雷雨。
おかげで温泉街を散歩するなどの観光は一切できませんでした。

Matusima1

しかし翌朝天気は劇的に回復。
再び福井県に戻り、越前松島水族館に行きました。

Matusima2

Matusima3

Matusima4

我々はあざらしを見るために全国の水族館を訪ねている変わった夫婦ですが、ここにもあざらしがいました。
規模は大きくはありませんが、イルカのショーがあったりペンギンの散歩があったりで楽しめる施設です。

Tojinbo1

水族館のすぐ近く、福井県最大の観光ポイントである東尋坊に移動。
さすがに混雑という状況ではありませんが、それなりに観光客がいます。

Tojinbo2

うわさにたがわぬ断崖絶壁で、火曜サスペンスな光景が広がっています。
断崖の上には特に転落防止の柵やロープなどもなく、飛び降りるかどうかは自己判断というオトナの観光地です。(違うと思う)
自殺の名所というありがたくない称号も持つ東尋坊ですが、そばには自殺を思いとどまらせるための専用番号(救いの電話というそうです)が書かれた電話ボックスもあるようです。

で、こういうスリリングな場所では観光客の行動はほぼ二極化します。
断崖のギリギリ端まで歩いて行ってはるか下の海をのぞき込む者と、それを遠巻きに眺めて決して断崖のヘリには近づかない者。
我々夫婦は自分が前者で妻は後者です。

Tojinbo3

断崖の中腹に座って弁当を食っている強者がいました。
楽しそうですけど、さすがにあそこまでやる根性はないなぁ。
弁当食い終わった後は相当過酷なクライミングになると思うんですけど。

断崖絶壁を海から見る遊覧船もあり、丘の上にはタワーもあります。
タワーから眺める景色もまた素晴らしいですが、やはり東尋坊は直に断崖から海をのぞき込むのがおすすめです。

東尋坊を後にして彦根に戻る途中、武生に寄ってみました。

Takehu1

駅のそばに昔の街並みを再現したような一角があり、古い家屋は飲食店や喫茶店などになっています。

Takehu2

その古い家屋を利用した喫茶店でゆっくりできたので良かったのですが、一角があまり広いエリアではないので、一日過ごすことができる街にはなっていないのが惜しいところです。
この日も観光客はほとんどいませんでした。

Hikone

この日の宿は彦根のコンフォートホテル彦根
駅前で新しく、部屋も広かったのですが、手違いからか喫煙の部屋があてがわれてしまい、空調を入れるとかなりキツイものがありました。

Ibukiyama1

翌朝、伊吹山に登ってみました。
滋賀県最高峰ですが、山頂近くまで有料道路を使ってクルマで行くことが可能です。
最高峰なので、視界に入る周囲360度の山々は全て目の高さより低い位置にあり、間違った征服感にとらわれます。

Ibukiyama2

Ibukiyama3

宿を出る直前まで彦根観光か伊吹山か迷っていたのですが、結果的にこの選択は正解でした。
天気が良く気温もそれほど高くなかったため、快適な登山となりました。
といっても山頂までは駐車場から歩いて20分くらいでしたが。

伊吹山を下りて長浜に来ました。
長浜も4年前に来ていますが、街の様子は少し変わっていました。
明らかに今回のほうが人出が多いです。

Nagahama1

Nagahama2

外国人団体が大勢来てたというわけでもなく、ほとんどは日本の観光客です。
4年前はやや閑散としていてシャッターが閉まっていた店も多かった印象がありましたが、今回はそんなことはほとんどありませんでした。
理由はわかりませんが、長浜は何かが変わったのだと感じました。
来てみてよかったと思います。

Nagahama3

その長浜で昼飯を食いました。
「笑楽屋ごち」という店の豆腐ハンバーグでしたが、これもうまかったです。

この日は夕方に米原駅から帰る予定で、最後に彦根に戻って観光することも考えましたが、長浜が良かったのでもう少し長浜にとどまることを決意。
和菓子の老舗「叶匠寿庵」のカフェがあったので入ってみました。

Kanou

抹茶と栗の菓子を注文。
トシ取ると和菓子がうまいってのは本当ですね。
季節の和菓子やケーキを堪能し、米原に戻りました。

というわけで、旅も終了。
天気が良かったこともありましたが、何より5日間気温が高くなかったのがありがたかったです。
今年は西日本は特に気温の低い夏だったようですが、旅をするには好条件でした。(こういう経験はあまりありません)
悲願であった福井県も制覇し、非常に満足しました。
北陸新幹線が開通すれば、金沢はもっと近い街になるはずなので、夏以外の季節にぜひ訪れたいと思います。

|

« 行ってみた 第44回 三方五湖・永平寺・金沢 | トップページ | 聴いてみた 第118回 U2 その2 »

コメント

こんばんは、JTです。

そうですか、山中温泉は泊っただけでしたか。
私は「あやとりばし」という歩行者専用のS字橋を渡ったり、鶴仙渓遊歩道沿いにある、川床でまったりお茶を頂いたりしました。

あと前回あった「ぷく組聖地」(笑)の「金沢21世紀美術館」ですが、ミステリーツアーに関係するヒントは無料ゾーンにあった為、有料ゾーンは観覧していませんでした。
でも、例のプールの上部は無料ゾーンでしたので、見知らぬ人に上から手を振ってました(笑)。

今回の記事で行ったことのあるところは「東尋坊」位ですね。新入社員の頃の社員旅行で立ち寄りました。今じゃ社員旅行はなくなってしましたが。

結構長旅でしたね。お疲れ様です。

さて次は音楽ネタかしらん....。

投稿: JT | 2014.10.04 22:04

JTさん、コメントありがとうございます。

>私は「あやとりばし」という歩行者専用のS字橋を渡ったり、鶴仙渓遊歩道沿いにある、川床でまったりお茶を頂いたりしました。

そうでしたか、いいなぁ。
山中温泉、もう少し観光したかったです。

>でも、例のプールの上部は無料ゾーンでしたので、見知らぬ人に上から手を振ってました(笑)。

上から見ると下にいる人の顔の判別はできないんですけど、あそこはなんとなくそういう雰囲気になりますよね。
つい手を振りたくなる・・

>さて次は音楽ネタかしらん....。

さすが、ぷく組得意のプレッシャー・・・
昨日いちおう音楽ネタに戻しました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2014.10.05 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/60384789

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第45回 東尋坊・伊吹山・長浜:

« 行ってみた 第44回 三方五湖・永平寺・金沢 | トップページ | 聴いてみた 第118回 U2 その2 »