« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

聴いてない 第195回 リチャード・マークス

80年代にほぼ期間限定して洋楽を聴いていた自分だが、リチャード・マークスはその聴き方が変わった頃の人である。
具体的にはFMのエアチェックをしなくなり、MTVの音声だけカセットに録音するという、今思うと意外に面倒なことをしていたのだが、リチャード・マークスの曲はちょうどその頃に流行っていたのだった。
従っていくつか聴いた曲があるが、FMのエアチェックによって仕入れたものは全くない。
全てMTVからの録音である。

聴いたのは以下の曲。
・Hold On To The Nights
・Satisfied
・Right Here Waiting
・Angelia

ほぼ89年に集中しており、この年にいかにリチャード・マークスが流行っていたかがよくわかる。
MTVを丸ごと録画すると毎週必ず1曲はリチャード・マークスが入っている、そんな状況だったと思う。
「Satisfied」以外はバラードの名曲であり、好みというわけではなかったがメロディはよく覚えている。

その80年代末期、音楽鑑賞の媒体はすでにレコードからCDに移行しつつあり、貸しレコード屋はレンタルCD店に続々変貌していた。
で、その頃自分は新譜を借りるということをほとんどせず、主に70年代名盤掘り起こし作業強化月間みたいなことに注力していたのだった。
なので当時やたらと流行っていたリチャード・マークスも、結局アルバムは1枚も聴いておらず、雑誌などで情報を学習したこともない。

あれから四半世紀が経過し、突然リチャード・マークスの存在を思い起こした次第。
25年遅れでリチャマーの一般教養を学習してみる。

リチャード・マークスは63年シカゴに生まれる。
両親もミュージシャンであり、10代の頃からライオネル・リッチーのバックで歌ったり曲を作ったりしていたそうだ。

87年ソロデビュー。
当時のレコード会社のアピール文は「グラス・タイガー、ロビー・ネヴィルに次いでマンハッタン・レコードが放つ超大型新人」だったそうだ。
「元イーグルスのメンバー(ランディ・マイズナーとティモシー・B・シュミット)がバックアップ」などという情報もあり、会社としてはウエストコースト系で推そうとしていたらしい。
本人はシカゴ出身なんだが・・・?

最初のシングル曲「Don't Mean Nothing」が全米3位となり、続く「Should've Known Better」「Endless Summer Nights」も連続してチャートイン、「Hold On To The Nights」が全米1位を獲得。
さらに88年のセカンドアルバム「Repeat Offender」からも「Satisfied」「Right Here Waiting」が大ヒットした。
この年には来日公演も行っている。
要するにデビューしていきなりピークに達したというすごい経験を持つのがリチャード・マークスである。

しかし1991年にアルバム「Rush Street」を発売したあたりで人気は下降し始める。
このアルバムはそれまでのようにはヒットせず、94年のシングル「Now and Forever」が全米7位になった以降はチャートにもあまり登場しなくなる。
一説には「曲がわかりにくく神経質な感じになった」ためとも言われているらしいが、90年代のアメリカでの退廃的なグランジ台頭による影響もあったのではないかとも思う。

90年代後半からはシンガーよりもプロデューサー業やソングライティングに仕事の比重を移し、他のミュージシャンの活動をサポートする側に回る。
ただ2000年以降も4枚ほどアルバムは発表している。

で、もはや歌手としては引退同然の状況なのかと思ったら、実は最近精力的に活動中だそうだ。
2012年秋にアルバム「Inside My Head」をリリースし、東京公演も行われた。
同年12月にはクリスマス・ソング「The Little Drummer Boy」で14年ぶりとなるトップ10入りを果たす。
今年も3月に来日し、横浜でケニー・Gと競演。
ケニーとは長年の友人同士という関係だが、競演は初めてだったとのこと。
でも4月には残念ながら離婚。
来たる7月には新作「Beautiful Goodbye」を発表予定。
いろいろと忙しそうな人である。

聴いてる範囲では確かにこれならヒットもするわなというメロディではある。
歌も声もいいし、サウンドも80年代のゴージャス感を踏襲していて緻密に作られている。
好みではないが、聴いていて不快になるような音ではない。
適当な意見だけど、日本で言えば演歌のような感じではないだろうか。

というわけで、リチャード・マークス。
他にもそういう感覚になるアーチストは多いが、この人ももう5年早く登場していたら、おそらくもっと聴いていた可能性が高い。
自分もリチャードもそれなりに歳を重ねたので(知り合いかよ)、今ならむしろ大人の上質な音楽として年相応に楽しめるのでは?という気がしないでもない。
今から昔の作品を再学習するというより、最近の作品を聴いてみたい気がしていますが、皆様の鑑賞履歴はいかがでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聴いてない 第194回 ハロウィン

最近「聴いてないシリーズ」ではメタル系かオールドなアーチストのいずれかを採り上げることが多い。
理由は簡単でネタがないからである。
どっちもハードに聴いていない分野のため、とりあえず聴いてないことだけは告白が可能だ。
こんなことをしていていったい何の意味があるのだろうか?
いったい現実を把握している者はいるだろうか?
といったシカゴっぽい悩みを抱えながら、11年目に突入した生ぬるいBLOG。

ということで今日は相場がメタルにふれてストップ高。(意味不明)
注目銘柄はドイツが生んだメロディックパワーメタルのハロウィンである。

意外なことに1曲だけ聴いている。
「When The Sinner」という93年発売の曲だが、MTVの音声をカセットテープに録音している。
日本でヒットしたのかは知らないが、プロモ・ビデオが流れる前にメンバーへのインタビューやメイキング映像なんかもあったはずなので、事務所的にもそれなりに売り込もうとしていた曲と推測される。
曲調はさほど金属っぽくなく、明るくはないがノリのいいリズムで延々歌い、エンディングにサックスの長めなソロがあるという、少し変わった構成。
インタビューでもこのソロについて「ちょっといいだろ?」的なことを語っていた記憶がある。

ハロウィンの音楽にふれたのはこれが最初で最後である。
なので自分の中での位置づけはウォレントファイアーハウスとほぼ同じ。
グランジ前夜のメタルな方々、という印象でしかない。

しかし。
ハロウィンについてはメンバーも少しだけ知っている。
カイ・ハンセンとマイケル・キスクだ。
この二人の名を知ったのはFROCKLである。
当時はすでにハロウィンを脱退していて、FROCKLではその後の彼らの動向に注目したツリーがあちこちに立っていたのだった。
名前を知っただけでハロウィンやガンマ・レイを聴いてみようとは思わなかったが・・・

ということで相変わらず偉くもなんともない実績なので、ハロウィンを緊急追跡。
78年頃にカイ・ハンセンとピート・シールクが結成したジェントリーというバンドが原型。
その後メンバーとバンド名を変え、85年にハロウィンとしてデビュー。
バンド名の由来はホラー映画「ハロウィン」からとった、というさほどヒネリのないお話。
メンバーはカイの他にインゴ・シュヴィヒテンバーグ(D)、マーカス・グロスコフ(B)、マイケル・ヴァイカート(G)。
歌うのはカイ・ハンセン。
この布陣をバンドの初期と定義するらしい。

86年にマイケル・キスクが加入し、カイとヴァイカートとキスクがバンドを牽引したので、これを「三頭体制」と呼ぶ。
ハードロックってこういう呼び方が好きだよね。
で、そんな楽しい三頭体制が長続きしないのはハードロックの常識なので、やっぱり88年にはカイ・ハンセン脱退。
93年には喜助ことマイケル・キスクが脱退、同時にインゴ・シュヴィヒテンバーグがバンドをクビになる。
ここまでのキスクがボーカルだった時期が中期だそうだ。

94年にアンディ・デリス(V)、ウリ・カッシュ(D)が加入。
中期に加わったギターのローランド・グラポウとともに体制を立て直し、ヒット曲を量産した。
これを後期と呼ぶ。
現在もちゃんと活動中で、メンバーはアンディ、マイケル・ヴァイカート、マーカス・グロスコフ、サシャ・ゲルストナー(G)、ダニ・ルブレ(D)。
2013年には「Straight Out of Hell」というアルバムも発表している。
ということで、さすがにパープルみたいに1期・2期と細かく刻んだりまではしないようだが、メタルの条例どおりにボーカルにより時代を3つに区分している。

自分が聴いた「When The Sinner」はキスクのボーカルなので中期のものということになる。
Sinnerとは罪業人と訳されるそうだが、罪業とは宗教的な戒律などにそむくなどの行為を行うことを言うらしい。
日本語だと伝わりにくいが、2010年発表のアルバムは「7 Sinner」というタイトルだし、ジューダス・プリーストの曲にも「Sinner」というのがあるので、メタルの世界ではよく使われる言葉に当たるのではないだろうか。
「When The Sinner」が何を歌っているのかはもちろん全然わかりませんけど・・・

「When The Sinner」に限って言えば、楽曲として悪くはない。
好みかどうかは微妙な感じではあるが、聴きづらいという印象はなく、比較的記憶に残るリズム・サウンドである。
他の曲を聴いてないので何もわからないのだが、この曲で導入しているホーン・セクションのメンバーはストーンズでも採用された実績があるそうだ。
いずれにしても本業であるメタルの楽曲からは少し遠い位置づけなのだと思われる。
ただしこの曲が収録されている「Chameleon」というアルバムは、ネットで見たところ評判はいまいちで「駄作」「初心者向けではない」といった指摘が散見される。
まあ関係はあんましないとは思うが、ジャケットも「どこがメタルやねん」的なポッピーアート。
うっかりここから手を出すとケガしそうな雰囲気だ。

ハロウィンはいわゆるメロスピの元祖であり、その源流をさらにたどればレインボーインギーにも通じる音の道があるという。
なのでその路線を丹念着実に拾っていけば、あたしのような軟弱80年代に汚染された胃腸よわよわ芸人リスナーでも多少は楽しめるのではないか?という淡い期待はある。
歌い手としてはカイ・ハンセンよりもマイケル・キスクのほうが優れているとのことなので、中期の人気作品から勉強していけばよかろう。
(本当か?)

ということで勝手に結論づけてますが、ハロウィン。
果たして本当に中期から聴いてみてよろしいもんなんでしょうか?
各期とも作品はいろいろあるようなので、おすすめのアルバムがあればご指導いただけたらと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やってない 第28回 腕時計を買う

個人のセンスや志向が強く表れるアイテムのひとつが腕時計だ。
世間の人は腕時計をどのくらい持っているものなのだろうか?
もちろん年齢や収入や趣味志向によって大きく違うだろうし、腕時計も100円ショップから高級ブランド店まで、置かれる場所にものすごく幅がある商品だとは思う。

自分の場合、生涯で腕時計を自分のカネで買った経験はほとんどない。
香港に行った時、土産にブランドの偽物を半分ギャグで買ったことがあったが、ほとんど使わないうちにやっぱり壊れたという安っぽい経験があるくらいだ。
特に腕時計に興味があるわけでもなく、その日の気分やファッションに合わせて時計も変えるといったこともしない。
しかしこだわりはそれなりにある。
こだわりが出てきたと言ってもいいだろう。

では今使っている腕時計は誰が買ったのかというと、父親である。
父親に買ってもらったのではなく、父親が生前使っていたものだ。
自分が成人する前に亡くなっているので、いちおう形見ということにはなる。
腕時計が形見なんてどこかアンティークでかっこいい話のように聞こえるが、実はデジタル時計だ。
驚くなかれ、自分の腕時計は少なくとも買ってから30年は経っているのだ。
もちろん電池はたまに交換してきたが、30年間で故障は一度もない。
これだけ年数が経てば液晶表示がおかしくなっても不思議ではないが、今のところその兆候もない。

Casio1

モノはCASIOのリチウム時計である。
商品名はカシオトロンだと思うが、正確なところはわからない。
ネットでいろいろ検索したのだが、自分のものと全く同じ製品の情報や画像は見つかっていない。
G-SHOCKが登場したのはもう少し後のことだったと思う。

まだ父親が生きていた頃、高校入学を機に腕時計を買ってもらった。
父親をまねて自分もデジタル時計にしたのだが、オリエントの太陽電池付き製品だった。
太陽電池なんだから空に太陽がある限り動き続ける・・と思っていたのだが、電池以前に液晶が先にイカレてしまい、寿命は3年程度だった。

前後して父親の形見が自分に回ってきたので、それを使うことにした。
太陽電池付きの腕時計でも3年程度しか持たなかったので、おそらくこの形見の時計もそう長持ちするまい・・
そう考えていたので、扱いは結構雑だった。
防水かどうかもわからない(たぶん違うと思う)わりに、雨に当たったり水に落としたりもしてきたが、壊れるようなことはなかった。

なのでわりと最近まで「壊れたら新しいのを買おう」と考えていた。
自分は針の時計はあまり好きではなかったことも、使い続けてきた理由のひとつでもある。
しかしいっこうに壊れる気配がない。
気がついたら自分が使い始めてから30年を超えていた。
たまに会社の同僚から「ずいぶん懐かしい感じの時計してるな」などと言われたが、「昔父親がしてたんだよ」と言うとやはり驚かれた。

で、今年自分は父親の亡くなった時の年齢を超えてしまった。
腕時計はまだ動いている。
父親がいつ買ったものなのかははっきりしないが、32年以上経っていることだけは間違いない。

こうなるともう他の時計は使えないし使いたくない。
もしどこか壊れたら、相当カネがかかってもいいからとにかく直してもらって使い続けようと思っている。

ここ数年、この懐かしいデザインに似たデジタル腕時計がまた店頭で見られるようになってきた。
一時期はこんな昔風の腕時計なんて誰もしていなかったのに、30年以上使っているうちに復活してきたのだ。
ファッションは数十年サイクルで回帰するという現象が時々起こるが、時計の世界でもそういうことがあるようだ。

自分が腕時計を買っていない理由は以上である。
買う必要がなかったところから始まっただけなのだが、買いたくないところにまで達してしまった、という状態。
「こだわりが出てきた」というのはそういう意味だ。

こうしてデジタル腕時計が30年以上長持ちしているというのは、事例としてわりとある話なのか極めて珍しいことなのか、それもよくわからない。
いずれにしてもCASIOの技術には驚くばかりだ。
世界中でG-SHOCKが支持される理由がなんとなくわかる気がする。

ということで、腕時計。
これは個人差の非常に大きいものだと思いますが、みなさんは今までに腕時計をいくつ買ってますか?
また自分同様デジタル腕時計だけど長持ちしているという方がおられましたら、ぜひ教えていただけたらと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

聴いてない 第193回 カーリー・サイモン

70年代を代表する女性シンガーと言われたら必ず名前があがるのが、キャロル・キングジョニ・ミッチェル、そしてカーリー・サイモンである。
・・・などと断言してますけど、全部知ったかぶりです。
なぜならば3人とも全然聴いてないからだ。
キャロル・キングは昨年ようやくアルバム1枚を聴いてみたものの、先発ローテーションの一角を担うまでには全然至っていないし、ジョニ・ミッチェルは未だに全く聴いていない。
今回カーリー・サイモンを採り上げるのだが、すでにキャロル・キングとジョニ・ミッチェルで各方面から「このままでは何も聴かないうちに人生が終わる」「グダグダ言ってないではよ聴けやボケどついたろか」等の激しいお叱りや殴る蹴るの暴行を受けてきたので(誇張&捏造)、書く前から「あーあ・・また叱られるのかなぁ」などとひどい点数の答案用紙を家に持って帰る小学生のような心境。

カーリー・サイモンには「うつろな愛」という有名な曲があるが、それすらも知らない。
というわけで聴いてない度はジョニ・ミッチェル同様に1。

カーリー・サイモンについて大根のカツラ剥きのごとく薄い調査。
1945年ニューヨーク出身。
71年にソロ・デビューし、「That's The Way I've Always Heard It Should Be(幸福のノクターン)」でグラミー賞最優秀新人賞を獲得した。
翌年には「You're So Vain(うつろな愛) 」が全米で1位となる。
この頃ジェームス・テイラーと結婚し、夫婦のデュエット曲「Mockingbird(愛のモッキンバード)」をヒットさせた。
その後は映画「007 私を愛したスパイ」の主題歌「Nobody Does It Better」もヒット。
83年にはジェームスと離婚。
89年に映画「ワーキング・ガール」の主題歌「Let the River Run」でアカデミー歌曲賞を受賞。 

ジェームス・テイラーを採り上げた時にカーリー・サイモンと結婚・離婚していたことを知ったのだが、それ以外の話はどれも全然知らなかった。
89年に映画の主題歌でアカデミー賞なんて話は、時期的にはFMとか雑誌で仕入れてもよさそうだけど、これも全然知らない。
そもそも80年代にFMでカーリー・サイモンの曲をエアチェックできたことが一度もない。
柏村武昭もカーリー・サイモンについては自分に対する指導が甘かったようである。(意味不明)

で、勝手にもう過去の人なのかしらと思っていたら、21世紀に入っても活動は続けていて、2007年には「Into White」というアルバムを発表し、スタンダードナンバーの「You Are My Sunshine」をカバーしている。
また2008年にはアルバム「This Kind of Love」をスターバックスの店舗で独占的に販売。
しかしカーリー・サイモン自身は12万枚の売上げに不満で、またスタバの多くの店で実は販売されていなかったという点も不服としてスターバックスを訴えて話題になったそうだ。

「うつろな愛」はポール・マッカートニーとミック・ジャガーという2大スターがバックコーラスで参加という、なんともゴージャスな演出である。
歌詞はうぬぼれた遊び人の男を歌った内容だが、当時誰に向けて歌われたのかが話題になり、夫のジェームス・テイラーや昔の恋人やミック・ジャガーまでもが対象ではないかと様々な憶測を呼んだらしい。
歌うカーリー・サイモンの姿を見ていないので歌詞だけでは何もわからないんだが、訳詞を読むと非常に純愛のようにも思えるなぁ。
邦題は「うつろな愛」だけど原題を訳すと「アンタってむなしいヤツね」という感じでしょうか。
むなしいわりにはそういうイヤな男から離れられない女性の心情が出まくりのような気がしますが・・・
なおこの曲が収録されたアルバム「No Secret」にはジム・ケルトナーやニッキー・ホプキンス、リンダ・マッカートニーも参加している。

カーリー・サイモンはニューヨーク出身で金持ちの家に育ったこともあってか、暗くせつない影のある叙情派フォークシンガーという位置づけではなく、70年代に社会に出始めた強く明るい自立した女性を象徴するようなイメージであり、それが曲や歌詞やジャケットにも投影されているとのこと。
ジャケットだけ比べてみても、キャロル・キングやジョニ・ミッチェルよりは明るく都会的・開放的で、エロい絵が多い。
そうしたシンボリックな女性アーチストは、たぶん80年代ではマドンナやシンディ・ローパーであり、21世紀ではレディー・ガガだったりするのだろう。

ネットでカーリー・サイモンを語るサイトやBLOGを見ていくと、楽曲については音の置き方が独特で、声も個性的という評価が多い。
聴いてみないとわからないけど、自分の場合、歌手の声質やトーンは音楽を聴いていく上で非常に重要なファクターであるとようやくわかってきた。
どんなに素晴らしいメロディでも、歌い手の声が気に入らなければ「好きな音楽」にはなかなか加えることができないのだ。
ニール・ヤングはこの点において全く受け入れられなかったし、キャロル・キングもツェッペリンの後期も今ひとつ高く評価しづらいのはおそらくこれが原因である。
なので聴く前から言うのもナンだが、不安はかなりある。

というわけで、カーリー・サイモン。
ようやく採り上げてはみたものの、正直まだ聴く意欲はあまりないというダラケた状態です。
せめてこれを聴いてから死んでほしいという名盤があったらご紹介いただきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »