« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

聴いてない 第189回 ジョン・ウェイト

先週エイジアの記事を書いていて思い出したジョン・ウェイト。
この人はエイジアとは全く関係ない(と思う)。
そう、ジョン・ウェットンと名前が似ているので続けてみましたというだけの投げやりな展開。

実はジョン・ウェイト、過去に何度か書こうと思ったことはあるが、知識も鑑賞履歴も乏しく、うまく記事にできなかったのだった。
そんなのジョン・ウェイトに限らないけど。
従って数年寝かせた状態だが、その間も別に聴いてみたわけではないので、寝かせたことに全く意味はない。
日本での知名度や人気がさっぱり想像できない人である。

まずジョン・ウェイトについて、在籍バンドも含めて聴いたことがあるのは以下の曲しかない。
①Missing You
②Every Step Of The Way(明日へのステップ)
③When I See You Smile
④Price Of Love

①②がジョン・ウェイトのソロ、③④はバッド・イングリッシュの曲である。
80年代の曲だけで、ベイビーズ時代は全く聴いていない。
③は当時ジーンズか何かのCMに使われていたと思う。

ジョン・ウェイトを調べると必ず名前が出てくるのがジャーニーである。
ジョン自身はジャーニー加入の経歴はないが、加入の噂も出るほどメンバーとの関係は深かったようだ。

70年代半ばにイングランド(プログレのイングランドとは別だと思う)というバンドにいたジョン・ウェイトはイギリスとアメリカを行ったり来たりしていたがなかなか売れなかった。
しかし76年イギリスで結成したベイビーズによりようやく成功を収めることとなる。
メンバーはジョン・ウェイト(Vo/B/G)、マイク・コービー(G/K)、トニー・ブロック(D)、ウォルト・ストッカー(G)。

デビューシングル「恋のチャンス」がヒットし、77年にはアルバム「恋のチャンス~ベイビーズ誕生!」を発表。
その後「愛の出発」「ときめきの彼方へ」といったいかにも70年代な邦題の曲でヒットを飛ばし、日本でもアイドルバンドの扱いで人気を呼んだ。

しかし3枚目のアルバムをリリースした後、マイク・コービーは脱退。
この後ベイビーズに加入したジョナサン・ケインが、以降のジョン・ウェイトの活動にも大きな影響を与えることとなる。
ジョナサンとリッキー・フィリップスを加えたベイビーズは、プロデューサーにキース・オルセンを起用し、音楽性も技術も興行的にもより高いものにシフトしていく。

80年にジョナサンはジャーニーへの転職を決意。
ベイビーズにとってはジョナサン脱退のダメージは非常に大きく、バンドは解散してしまう。
ジョン・ウェイトはソロに転向し、「Missing You」「明日へのステップ」をヒットさせた。
バンド解散してソロになっても消えなかったのがジョンの偉いところだ。
この頃はどんんな音なら売れるのかを、ミュージシャンのみならずレコード会社も事務所もプロデューサーもみんなわかっていたと思う。

一方ジャーニーはアメリカでベイビーズとは比較にならないほどの地位と実績を確立したが、なぜかどんどん人数が減っていき、86年にはスティーブ・ペリーも脱退したため、ニール・ショーンとジョナサンだけになったバンドは休業状態となった。
売れてカネ回りが良くなるとバンドってのはたいがい内部から崩壊していくんだが、ジャーニーもいろいろあったんだろう。
ボーカルを失ったジョナサンはジョン・ウェイトに声をかける。
ただしジョナサンの誘いは「ジャーニーに来ないか?」ではなく「ベイビーズみたいなのをまたやらないか?」だったそうだ。

このお誘い話が89年に具体化してバッド・イングリッシュとなる。
アメリカや日本ではジャーニーのほうが圧倒的に知名度が高いので、「元ジャーニーのニール&ジョナサンが、ジョン・ウェイトと新バンド結成!」という紹介だったが、実態は「元ベイビーズのジョン&ジョナサン&リッキーがニール・ショーンを迎えて新バンド結成」だったようだ。
ドラムはディーン・カストロノヴォという人だが、ニールのソロアルバムに参加した実績があり、バンド結成にあたりニールが加入を強く要望したとのこと。

バッド・イングリッシュは前述の2曲しか聴いていないが、この2曲に限って言えばジャーニー色はほとんどない。
アルバムは聴かなかったが、もう2曲くらいヒットしていたらたぶんレンタルで聴いていたと思う。
なおバンド名のバッド・イングリッシュは「悪いイギリス人」という意味ではなく、ビリヤードで玉を突き損なった時に発する言葉だそうだ。

しかし。
曲がりなりにもジャーニーの代表取締役としてバンドを経営牽引してきたニール・ショーンは、バッド・イングリッシュでの自らの扱いに不満を抱くようになり、2枚目のアルバムを発表した後で脱退。
バッド・イングリッシュはやはり元ベイビーズのジョンとジョナサンが中心のバンドであり、ニール・ショーンは顧問みたいな役職には耐えられなかったのだろう。

結局バッド・イングリッシュは91年に2枚目のアルバムを発表するが、直後に解散する。
スーパーグループがゆえの宿命。
短命に終わった要因にはいろいろあるだろうが、図式として「復活ベイビーズ。ゲストにニール・ショーン」としてしまったことが大きかったようだ。
マスコミや世間が言うほどジャーニーのカラーを混ぜなかったため、セールスとしてもジャーニーに匹敵する実績をあげられなかった。
仮定は無意味ではあるが、もう少しベイビーズとジャーニーの融合を試みていたら、バンドの歴史も変わっていたのではないかと思う。

その後ニール・ショーンはハードラインという新バンドを結成する。
このニュースは当時の雑誌で読んで知っていたのだが、どんな曲を発表したのかは知らない。
で、ハードラインは全然売れずすぐ解散というハードな結末を迎える。

そこでニール・ショーンはジャーニーの活動再開を決意。
ジョナサンも合流しめでたくジャーニーが再結成され、ボーカルはスティーブ・ペリー以降3人ほど替わっているが現在も活動中である。
スティーブ・ペリーは病気のためバンドを脱退し、現在も音楽界には戻っていないらしい。
一方ジョン・ウェイトはバッド・イングリッシュ以降再びソロとなるが、それほど実績は残していないようだ。

というわけで、ジョン・ウェイト。
この人の活動を追うならば、ベイビーズ、ソロ、バッド・イングリッシュの3期に分けて学習する必要がありそうだ。
日本での人気ぶりはどうなのか見当もつかないのだが、それぞれの時代でおすすめのアルバムがあれば教えてほしいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

聴いてみた 第112回 エイジア

年末に渋谷のレコファンでストーンズの「メイン・ストリートのならず者」とともに2枚ほどCDを購入したのだが、そのうちの1枚はエイジアの「Aqua」である。
年末の忙しいさなかに日本全国でこんなアルバムを買ってたのは自分だけだ。
調べてないけど、たぶん当たりだろう。
そのくらいプログレファンにとってもどうでもいい盤のような気がする。

そもそもエイジア、登場した時からプログレファンからは評判が悪かったはずで、そのバンドの歴史の中でもさらに売れてなく注目もされてなかったジョン・ペイン期の最初のアルバムがこれ。
メンバーは以下の方々です。

ジェフリー・ダウンズ(K)
ジョン・ペイン(Vo・B)
カール・パーマー(D)
アル・ピトレリ(G)
スティーブ・ハウ(G)

スティーブ・ハウは全曲参加ではなく、ギターを弾いているのは半分くらいらしい。
そのほか参加しているミュージシャンは以下の人々。
サイモン・フィリップス
アンソニー・グリン
スコット・ゴーハム
マット・ジョンソン

なんだかゲストのほうが豪華なようにも思えるが、こんなすごい人たちが作ったアルバムなのである。
新加入したアル・ピトレリという人は後にメガデスにも加入したメタルっぽいギタリストとのことだ。

Aqua

「Aqua」は92年発表。
バンドは発足当時からあんまし安定した状態が長くなかったが、このアルバム制作前にジョン・ウェットンは落ち込み続けるセールスを気に病んで脱退。(解雇?)
3作目でスティーブ・ハウに代わってギターを弾いていたマンディ・メイヤーもバンドを去った。
90年代に入り、「Then & Now」という半ベスト盤を出したり、モスクワでのライブ盤を発表するなど、解散なのかどうかもよくわからないけどとりあえずアルバムでーす皆さん買ってね状態が続く。
しかしバンドは解散せず、ジェフリー・ダウンズとカール・パーマーはバンド存続のため様々な道を模索し、ジョン・ペイン(元ELO)とアル・ピトレリが加入。
盟友スティーブ・ハウの助けも借りながら新生エイジアとして活動を再開。

なんだかんだ言ってエイジアの屋号はOB含めみんな好きなんだろうなぁ。
こうしてジェフの粘りで作成された執念のアルバムが「Aqua」である。
果たしてあたしは執念の屋号に共感することができるでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1.Aqua Part 1
2.Who Will Stop The Rain?
3.Back In Town
4.Love Under Fire
5.Someday
6.Little Rich Boy
7.The Voice Of Reason
8.Lay Down Your Arms
9.Crime Of The Heart
10.A Far Cry
11.Don't Call Me
12.Heaven On Earth
13.Aqua Part 2

うーん・・
うーん・・・
噂どおりだが、それまでのウェットン期3作とは相当違うサウンドである。

楽曲は全般的にテンポが遅く、やや暗く陰のある曲が多い。
メロディは奥行きがあってテクニカルで美しいのだが、楽しそうな雰囲気はあまりなく、またプログレのような難解な音も全然ない。
メタルバンドが時々やるバラードが延々続くような印象である。
ジャンルとしてどれに該当するのか判断しづらいと思う。
プログレでもハードロックでもメタルでもない、迷った音楽だ。

ジョン・ペインは歌唱力そのものはジョン・ウェットンよりうまいとは思うが、思ったほど感動がない。
声や歌い方はいろいろな人に似ているが、まず思い浮かんだのはジョン・パーだ。
あ、知らない?「セント・エルモス・ファイアー」とか歌った人。
あとはジョー・リン・ターナーやトミー・ショウやジャック・ブレイズやスティーブ・ルカサーにも少し近いものを感じる。
少し固い乾いた感じの、やや線の細いハードロックなボーカルである。
ジョン・ウェットンのようなもったりぐったりした曇ったモチ肌ボーカルではない。
まあ自分はエイジアのもったりウェットンボーカルが好きなんですけど。

気になるのはジョン・ペインのシャウトである。
ジョン・ウェットンは一切やらなかったハードロック系シャウトが、わりとあちこちに出てくる。
これはどうも今ひとつさえないし、楽曲の緻密さともマッチしていない。

また聴いてて感じたのだが、ウェットン期に比べてリズムがゆっくりしている曲が多い。
ウェットン期のヒット曲「Heat Of The Moment」「Don't Cry」「Go」にある、80年代のポッピーでキャッチーなリズムがないのだ。

時代背景としてはメタルがグランジに粉砕された頃なので、プログレも含めて70年代80年代の遺産で音楽活動を続けようと思っていた人たちはみんな困惑していたような状況だったと思う。
ジェネシスはそれなりに売れていたような気がするが、イエスやエイジアは方向性が定まらず離合集散していたんじゃなかったっけ。
クリムゾンELPはほとんど活動できていなかったような気がする。
違いましたっけ?ぷく先輩。

なので悪くはないんだが、聴いてて華がなく退屈だ。
「Love Under Fire」は作者にグレッグ・レイクもクレジットされている曲だが、バンドを大きく盛り立てるものにはなっていない。
壮大でドラマチックな路線をねらったのかもしれないが、それだとジョン・ペインのボーカルは合わない。
渋谷陽一はウェットン期のエイジアをずうっと批判し続けていたが、このアルバムはどう評価してたんだろうか?

ジャケットはそれまでの路線を継承した感じの美しい絵だが、デザインはロジャー・ディーンではなくロドニー・マシューズという人によるものだそうだ。
タイトルは4作目もAで始まりAで終わる言葉を使っている。

ということで店構えはほとんど変えなかったエイジアだが、従業員と販売商品は大幅に入れ替えてしまったようである。
エイジアだと思って聴くからがっかりするのであって、ふつうの洋楽ですよと店員に言われて試しに聴いてみたらそんなに悪くもないですけどという感想になったりするんだろうか。
いずれにしても、70年代のプログレな音も80年代のチャラい音もしない、マジメな教材みたいな音楽だ。

その後のエイジアは21世紀に入って同窓会バンドという地位を確立し、イエスやELPやクリムゾンといったそれぞれの出身母校バンドの名曲に80年代のエイジアの曲も混ぜて演奏しては拍手を浴びるスタイルを取っている。
これは悪くないと思う。
というか、70年代80年代に活躍した洋楽ミュージシャンは大半がこんなことになっているのだ。

ちなみにウェットン期の3作はどれも好きだが、世間の評判はファーストが一番良くて、後は順を追ってどんどん悪くなった、というのが一般的な解釈のようだ。
渋谷陽一は全部ダメという評価だったけど。
自分の評価はかなり違っていて、一番良いのが2作目「Alpha」、次が3作目の「Astra」である。
エイジアのみならず、80年代に聴いたアルバムの中でも「Alpha」の出来は突出して素晴らしいと思っている。

というわけで、エイジアの「Aqua」。
残念ながら予想どおり難しい結果となりました。
ペイン期のアルバムは他にもあるのですが、試してみようという意欲はもうありません。
このアルバムもおそらく手放すことになると思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

聴いてみた 第111回 ローリング・ストーンズ その12

2014年最初の聴いてみたシリーズ、万年初心者人生最大の懸案学習課題であるローリング・ストーンズを持って来ました。
最高傑作とも言われる名盤「Exile On Main Street」、邦題はご存じ「メイン・ストリートのならず者」。
年末に渋谷のレコファンで地味に購入。

Exile

これまで購入したストーンズのアルバムは全てウォークマンに入れてあり、折りにふれて聴くようにはしているのだが、ストーンズ初心者から脱却できた感はいっこうに感じない。
加齢により感性や記憶力が降下・硬化してることもあるけど、もう少し進歩があってもよさそうなものである。
本年はより一層の飛躍を目指し、心してストーンズ道に精進しなければならない。
といった地方の予備校のかけ声みたいな心境で聴いてみることにしました。(偽装)

聴く前に制作過程をおさらい。
「Exile On Main Street」は72年の作品。
発表順序としては「Sticky Fingers」の次で、「Goats Head Soup(山羊の頭のスープ)」の前となる。
曲の大半はその「Sticky Fingers」と「Let It Bleed」用にストックされていたもので、録音は主にフランスにあったキースの別荘で行われたそうだ。
なおビリー・プレストン、アル・パーキンス、ビル・プラマー、グラム・パーソンズなどのゲスト陣は、その後のハリウッドでのミックス録音に参加している。

都会の喧噪を離れ順調に進むセッション・・のはずが、リーダーのミック・ジャガーは新婚のためレコーディングをしょっちゅう抜け出して、パリにいた新妻のもとに行っており、仕方なく?キースが中心となって制作を続けたとのこと。
従ってこのアルバムは骨格をキースが作り、ミックが仕上げるという、その後の二人の共同作業の手法がほぼ確立された重要なポイントにもなっているようだ。
プロデューサーのジミー・ミラーは「このアルバムは完全にキース主導のものと言える」と発言している。
なるほど・・・

発売当時はLP2枚組だったので、18曲も収録されている。
アルバムとしてはイギリスでもアメリカでもトップを取ったが、シングルとしてバンドを代表する大ヒット曲を収録しているわけではない、という作品。
長いアルバムはやや苦手なのだが、果たして自分は最後まで楽しく鑑賞することができるでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1.Rocks Off
にぎやかなロックで幕開け。
ホーンが鳴り続ける、どこかジャズっぽい曲だ。

2.Rip This Joint
さらに加速したロカビリー。
ここでもサックスやトロンボーンが使われていて騒々しいが、楽しくていいと思う。

3.Shake Your Hips
少し雰囲気が変わってブルース調のサウンド。
これはスリム・ハーポという人のカバー曲だそうだ。

4.Casino Boogie
間延びした感じのブルース。
バックボーカルはキースだが、非常に甲高い声で歌うので、最初に聴いた時は女性ボーカルかと思ったくらいだ。
ミックとのコーラスも正直あまり合ってないように思えるが、そんなのを気にしていたらストーンズは聴けないんだよね。
この曲ではキースがベースも担当しているとのこと。

5.Tumbling Dice(ダイスをころがせ)
この曲はベスト盤で聴いており、わりと好きなほうである。
命令調である邦題から来るイメージよりもずっと明るく壮大なサウンドだと思う。
キースのギターが全体をがっちりホールド。
今回調べていて初めて知ったのだが、リンダ・ロンシュタットがカバーしてるそうだ。

6.Sweet Virginia
B面のオープニングはカントリーテイストなアコギとハーモニカで始まる。
誰かのカバーなのかとも思ったが、グリマーの二人の作品。
サウンドはスイートなバージニア?なのだが、歌詞には「オレは靴の中にクスリを隠してる」などといった部分もあり、けっこうハードな内容らしい。

7.Torn and Frayed
これもアコースティックギターやバンジョーっぽい音がするカントリーな曲。
ただキーボードとバックコーラスがわりと厚く盛られていて、80年代を予感させる輝いた音になっている。
単なる田舎風楽曲に収まっていないのがすごいところだ。
ストーンズらしくはないが、いい曲だと思う。

8.Sweet Black Angel(黒いエンジェル)
連続してアコギが活躍する曲。
マリンバなどいろいろな楽器の音がする。
黒人解放活動家のアンジェラ・デイヴィスという人のことを歌った曲だそうだ。

9.Loving Cup
ピアノとギターがシンプルに奏でられるイントロ。
しかしサウンドは結構多彩な展開で、奥行きのある壮大な楽曲となっていく。
なんとなくこれがエンディングでもいいんじゃないかとも思う。
ピアノはニッキー・ホプキンスが弾いている。

10.Happy
この曲もベスト盤で聴いている。
シンプルだが明るくて聴きやすい曲だ。
キースのボーカルにも慣れたのか、初めはミックが歌えばいいのにとも思ったけど、これはやはりキースの曲だね。
やっとわかってきました。
終盤ではいつの間にかミックが前に出て歌っている。

11.Turd on the Run
「Rip This Joint」のリズムと「Shake Your Hips」のサウンドを混ぜたような曲。
比較的単純な造りだが、ミックの絶叫がアクセントだ。

12.Ventilator Blues
やや重たい粘着系のブルース。
どちらかというと苦手な音がする。
この曲は作者としてジャガー&リチャーズに加えてミック・テイラーの名がある。
ストーンズとしては珍しいケースだそうだ。

13.I Just Want to See His Face(彼に会いたい)
前の曲にかぶさるように始まる、少し怪しい旋律。
低く響くドラムとパーカッション、ゴスペルのような女性コーラス。
音としてはあまり楽しくない。

14.Let It Loose
これも根底にはゴスペルのような基盤を持つ、雰囲気のある楽曲である。
美しいサウンドと叙情的な展開なのだが、そこに粗野で野蛮なミックのボーカルがセットされ、不思議な情景を作り出している。
素晴らしいバラードだ。

15.All Down the Line
前の曲にうっとりしているといきなり逆襲を食らうのがストーンズである。
一転、ギターのカッティングが非常にいい本領発揮の疾走ロックンロール。
ミックの猥雑なボーカルも、こういう曲に乗っかってこそであろう。
こういうほうが自分みたいな素人にはわかりやすくて良い。

16.Stop Breaking Down
ロバート・ジョンソンのカバー。
どこかで聴いたことがあるような気がする。
好みの音ではないんだが、それぞれのパートの主張しあいはなかなか聴き応えがある。

17.Shine a Light(ライトを照らせ)
再びゴスペル調のドラマチックなバラード。
この曲はベースラインがよく聞こえる。
ミックはやっぱりぶっきらぼうに歌うが、楽器やコーラスとは意外に調和している。
というかようやくミックのボーカルに自分が慣れてきたと言うことだろうか。
ラストはあっさり終わってしまい、物足りない。
ピアノとオルガンはビリー・プレストンが弾いているそうだ。

18.Soul Survivor
アルバムの最後はリズミカルでウキウキするような曲が来た。
ただミックはわりと抑えた感じで歌っている。
「Shine a Light」がラストでも良かったような気もするが・・

聴き終えた。
さすがに2枚組なのでやや長いが、それほど疲労感や苦痛は感じない。
LPだと1~5がA面、6~9がB面、10~14がC面、15~18がD面になる。
大ざっぱな雰囲気としてはA面が疾走感に満ちた古き良きロック、B面はややアコースティックに流れたカントリー調、バラエティに富んだ雑多なブルースのC面と続き、D面では再びロックに戻る、という展開のようだ。
それぞれの面に知っている曲があるので、個人的には飽きの来ない構成となっているのがありがたい。

好みで言えば「Rip This Joint」「Tumbling Dice」「Sweet Virginia」「Torn and Frayed」「Sweet Black Angel」「Happy」「Let It Loose」といった曲になる。
どうやらロック・カントリー・ゴスペル基調の曲が自分には合うらしく、そうした曲がほどよく散りばめられているので聴きやすい。

ネットで調べていくと、このアルバムをストーンズの最高傑作とたたえる人が結構多い。
人気があることはなんとなく知っていたが、少しだけ理解できたような気がした。
粗暴でファンクなストーンズが好きな人にはやや弱い印象なのかもしれないが、このアルバムは深いと思う。

音響自体はなんだか曇っていてモノラルっぽい音だが、楽曲の精度や完成度は非常に高いと感じる。
この点についてはミック・テイラーの存在を理由にあげる人は多いようだ。
ミック・テイラーの技術の高さがアルバム全体をホールドしている、という評価は自分のような素人でも納得できる。

訳詞を読むと、全体的に退廃屈折鬱屈した若者の叫びが中心であり、サウンドとは対照的な感じだ。
暗い話をロックやカントリーやゴスペルで昇華して歌うというアートな姿勢も含めて、当時の若者に支持されたのだろう。
まあそもそもロック自体がそういう音楽のはずなので、その意味では極めて王道な正統派スタイルである。

ジャケットはモノクロの様々な写真がコラージュされたものだが、これはスイス人写真家ロバート・フランクの撮ったアメリカの日常写真だそうだ。
左上のボールを3つ口の中に入れた黒人の写真だけが強烈な印象で、このアルバムのジャケットといえばこれしか思い浮かばない。
正直、アートとしてあまり好みではなく、見ていても良いとは感じない。
なおストーンズのメンバーは裏面で同じようにモノクロ写真で登場しているが、ミックやキースの表情が生き生きとしており、こっちが表で良かったんじゃないかとも思う。。

というわけで、ようやく聴けた「メイン・ストリートのならず者」。
これはかなり良かったです。
これまで聴いた中で一番、と言い切れる状態ではありませんけど、やはり名盤の評価にはうなずけるものがありました。
次回はもうひとつ残っている名盤「Sticky Fingers」を聴いてみたいと思っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »