« 行ってみた 東京モーターショー2013 | トップページ | 行ってみた 第41回 神戸・大阪 »

行ってみた 第40回 京都・神戸

胃腸よわよわOPP旅芸人のSYUNJIです。
今年も秋にまた関西方面に出かけてみました。
基本的に秋は京都の紅葉を目当てに行くのですが、11月はいろいろ行事が立て込んだため予定が立たず、やむを得ず12月初めの旅行となりました。
秋というより初冬ですけど・・・

今回もあきれるほど早い時間に新幹線に乗り、9時前には京都入り。
目指すは紅葉の名所、東福寺です。

Tofukuji1

Tofukuji2

東福寺に来るのは3回目ですが、4年ほど前にちょうど紅葉の盛りの時期に境内を通り抜けたことがあります。
その時はやはり強烈な鬼人出で、通過するだけでも大変な有様でした。
この日はすでに紅葉は盛りを過ぎて散り始めており、自慢のもみじもビビッドな赤からくすんだ茶色へと変化している最中でした。

なにより平日なので驚くほど人がいません。
こんな人の少ない東福寺は初めてです。

Tofukuji3

Tofukuji4

盛りは過ぎたとはいえ、まだたくさんの木々が紅葉しており、見応えはあります。
紅葉中は北千住駅みたいな混雑だったであろう通天橋も、ゆっくり渡ることができました。
時間をかけて紅葉を見たつもりでしたが、10時過ぎには寺を出てしまいました。
混雑している時の東福寺では、おそらく見学時間の大半は人の頭を見ていたんだと思います。

続いて醍醐寺へ移動。
桜で有名な世界遺産の寺ですが、秋にしか来たことがありません。

Daigoji1

Daigoji2

ここも紅葉は終わりに近く、人も少なかったです。
桜の木があちこちにあり、全部咲いたら非常に壮観であることは容易に想像できます。
やはりここは春向きの寺のようです。

Daigoji3

Daigoji4

秀吉も来たという醍醐の花見。
次回は必ず桜の時期に来たいと思いました。

醍醐の駅で昼飯を食い、午後は建仁寺方面に行ってみました。
実は午後は特に予定計画はしておらず、なんとなく建仁寺や高台寺あたりに足を向けてみたのでした。
建仁寺の境内を歩いていくと、「摩利支尊天堂」という神社の案内がありました。
案内に沿ってぼんやり歩いていくと、ものすごく細い小路になり、その先に摩利支尊天堂がありました。

Marisi1

Marisi2

ここは亥年生まれの人の守り神が祭られるところで、狛犬ではなく狛猪です。
他にもあちこち猪像があり、お守りもおみくじもみんな猪。
我が家は母親が亥年生まれなので、お守りを土産に買いました。

Yasaka

摩利支尊天堂を出ると八坂の塔が見えたので、清水寺まで歩くことにしました。
いつも混雑しているので、最近あまりマジメに行くことはなかったのですが、たまにはいいかなと考え二年坂を進んでみました。

Kiyomizudera1

Kiyomizudera2

平日とはいえ、さすがにたくさんの観光客が来ています。
まあ参道の地面が見える余裕はありましたので、清水寺としては人出は少ない日だったと思います。
清水寺はあちこち修復工事の最中で、もしかしてあの清水の舞台も入れないんじゃないかと心配しましたが、この日は問題ありませんでした。

バスで京都駅に戻り、新快速で一気に三ノ宮へ移動。
1時間後には神戸に到着です。

この日の目玉はもうひとつ、神戸ルミナリエです。
神戸の年末のイベントとして有名ですが、本来は観光集客目的ではなく阪神大震災の犠牲者鎮魂のための催しです。
それでも例年非常に多くの人が集まるため、会場周辺の車道は交通規制され、歩く経路や方向も決められています。

Luminarie1

Luminarie2

元町駅から会場の公園まではふだんは徒歩5分くらいだと思いますが、この時は30分ほどかけて行進。
かなり遠回りさせられる上に人が多いので、自分のペースで歩くのは困難です。

Luminarie4

それでも会場までの直線道路に出た時には、イルミネーションの美しさに感動しました。
警察や主催者側からは「立ち止まって写真を撮るな」「ゆっくり歩け」と指示が繰り返しありますが、この光景では撮影しないのはムリってもんです。
ほとんどの人が思い思いにイルミネーションを撮影したり、イルミを背景に自分撮りしたりしています。
この日は金曜だったので、まだ人出は少ないほうで、立ち止まっての撮影もそれほど混乱はなかったと思います。

Luminarie5

Luminarie6

関東から来た三流の観光客である自分は「ああきれいだな」という感想しかありませんが、震災を経験し復興に関わってきた神戸の方々にとっては、また特別な思いがあるのだと思います。
ルミナリエは数年前に義兄が見に来ていて、「すごくきれいだった」と話してくれたことがありました。
その義兄は昨年若くして亡くなりました。
もし存命であれば、きっと毎年繰り返し神戸に通い、ルミナリエを見に来ていたと思います。

Udon1

Udon2

三宮に戻り、うどん屋に入りました。
下調べもせず飛び込みで入り、ものすごくコシの強いわかめうどんを食べましたが、実は「関西風さぬきうどん」で有名な「ときわ」といいう店でした。
これはうまかったです。

Anacrown1

Anacrown2

この日は新神戸のANAクラウンプラザホテルに泊まりました。
高層で部屋もムダに広く非常に満足しましたが、一点だけ残念なことがありました。
31階の部屋でしたが、窓は山側に向いており、しかも隣の部屋からは手前に引っ込んだ構造になっていて、神戸の夜景がほとんど見えません。
これだけいい場所にありながらもったいない・・・
どんな理由でこういう構造になったのかわかりませんが、関東代表の貧乏人としては「惜しい」という感想が正直なところです。

というわけで、旅はまだ続きます。

|

« 行ってみた 東京モーターショー2013 | トップページ | 行ってみた 第41回 神戸・大阪 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
寒い中の京都~神戸旅行、お疲れ様でした。とりあえず京都は
混雑もなく何よりでした。東福寺と醍醐寺、写真を拝見しました
が、厳かでいい雰囲気ですね。

さて、ルミナリエですが、こちらはさすがの人出ですね。
>>警察や主催者側からは「立ち止まって写真を撮るな」「ゆっくり歩け」と
>>指示が繰り返しありますが、

DJポリスはいなかったのでしょうか(^^;)
ANAクラウンプラザホテルにご宿泊とのことですが、大阪にある
同じホテルは洋楽ミュージシャンが来日したときによく利用している
ようで、たとえばシンディ・ローパーは常連と聞いたことが
あります。SYUNJIさんが宿泊されたときは、マッカートニーは
いませんでしたか!?

投稿: モンスリー | 2013.12.23 17:21

モンスリーさん、先日はお世話になりました。

>とりあえず京都は混雑もなく何よりでした。

このトシになるとさすがに混雑がこたえるようになってきました。
ただ春も秋もピークを過ぎると人出も激減しますので、そこをうまく利用して楽しむのが京都旅行のコツと言えます。(偉そう)

>DJポリスはいなかったのでしょうか(^^;)

この日の神戸はそれほど騒乱状況というわけではなかったですけどね。
まあルミナリエと渋谷の話とはそもそもレベルが違いますが。
最近各地の警察もDJポリスの統制力を認めて研修などに採り入れているらしいですが・・

>SYUNJIさんが宿泊されたときは、マッカートニーはいませんでしたか!?

いや、いなかったです。(知ったかぶり)
もし目の前をポールが通り過ぎても何もできないと思いますけど・・
東京では日比谷のザ・ペニンシュラに泊まったそうです。

投稿: SYUNJI | 2013.12.23 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/58795453

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第40回 京都・神戸:

« 行ってみた 東京モーターショー2013 | トップページ | 行ってみた 第41回 神戸・大阪 »