« 行ってみた 第39回 松江・出雲・米子 | トップページ | 読んでみた 第44回 文藝別冊「レッド・ツェッペリン」 »

食べてみた 第14回 ひるぜん焼きそば

全国徘徊麺類大好き虚弱小食ハードロック芸人のSYUNJIといいます。
久しぶりの「食べてみた」シリーズ、今回は旅の途中で出会った「ひるぜん焼きそば」。
もちろん食べたのは初めてです。

ひるぜんという少し変わった名前がついていますが、昼のお膳専用というわけではもちろんなく、蒜山という地名がその名の由来。
場所は大山の南側山麓に広がる高原地帯で、行政名で言うと岡山県真庭市です。
「蒜山」と漢字で書くとちょっと読めない人も多いかもしれません。
あたしも漢字で書けと言われても書けません・・

ひるぜん焼きそばについての基礎的な情報を調べてみました。
特徴としてはジンギスカンのタレや味噌ダレで味付けされており、鶏肉とキャベツが入っていること。
発祥は1960年代で、「ひるぜん焼きそば」として名称を固定したのは21世紀になってからだそうです。
B級グルメの祭典「B-1グランプリ」では2010年の第5回大会で2位を獲得。
この大会は我が家からもわりと近い神奈川県厚木市で行われ、あたしは行けませんでしたが地元でもけっこう大きなニュースでした。
なので「どうやら大山のふもとにうまい焼きそばがあるらしい」という情報は、この時知ったのだと思います。

蒜山にもやはり「ひるぜん焼そば好いとん会」という店舗連合団体が存在し、鉄の掟と血の結束で富士宮太田といった各地の焼きそばの街と、毎年大仁田vs貴闘力ばりの血みどろの抗争を繰り広げているそうです。(誇張)

で、今年の夏は未踏の地である鳥取を旅の行程に組み入れたのですが、倉吉から蒜山まではクルマで1時間以内で行けることを発見。
これはぷく先輩に市場を荒らされる前になんとしても行かねばなるまい。(意味不明)
麺類ブロガー(死語)としての使命感に燃えたあたしは、倉吉を後に一路蒜山へ。
「好いとん会」加盟店舗の「やまな食堂」に行ってみました。

Hiruzen1

店内は地元の方でいっぱい。
さっそくひるぜん焼きそばを注文。

ほどなく待望のひるぜん焼きそばが目の前に登場。
果たしてどんな味なのでしょうか。

Hiruzen2

・・・・・食べてみた。

一口食べると、普段食べている焼きそばの味とは全く違うことがわかります。
味噌ダレなので、まずソース焼きそばよりもずっと甘いです。
麺はふつうの焼きそばよりやや太くやわらかめな感じですが、これが甘いタレとよくなじんで非常にうまいです。
タレは店ごとにそれぞれ違うようですが、ここの焼きそばは30年前から変わらない味だそうです。

タレが麺にからんでいるため、ソース焼きそばのようにすすって食べるのは少しやりづらいのですが、その分しっかりとした食べ応えを感じます。
鶏肉とキャベツの組み合わせもいいですね。
食感としてはナポリタンやカルボナーラに近いというところでしょうか。

店内には大山の写真が掲げられていて、やはり地元の人に愛されている山なんだなと思いました。
お店の雰囲気が非常に地元密着で、お店の人とお客が土地の言葉で楽しそうに話す様子は、我々観光客から見るとまるで映画のワンシーンのようです。
このお店もまた地元の人に愛され続けていることがよくわかります。

ちなみに。
前述のとおり2010年の「B-1グランプリ」で見事2位になったひるぜん焼きそばですが、この時のベストテンは以下のとおり。
 

1位 甲府鳥もつ煮(山梨県)
2位 ひるぜん焼きそば(岡山県)
3位 八戸せんべい汁(青森県)
4位 津山ホルモンうどん(岡山県)
5位 三崎まぐろラーメン(神奈川県)
6位 豊川いなり寿司(愛知県)
7位 黒石つゆ焼きそば(青森県)
8位 十和田バラ焼き(青森県)
9位 みしまコロッケ(静岡県)
10位 オホーツク北見塩焼きそば(北海道)

 
なんと焼きそばが3つもランクインしていました。
その中でも蒜山は黒石や北見を抑えて堂々の2位です。
全国の中にあっても東西問わず多くの支持を集められる、そんな味だと思います。
ちなみに3つの焼きそばのうち、これで食べてないのは黒石つゆ焼きそばだけになりました。
これはぷく先輩に制圧される前に、早いうちに食べておく必要がありそうです。

というわけで、ひるぜん焼きそば。
非常にうまかったです。
関東でひるぜん焼きそばを出す店ってないのだろうか?
と思ったら、お好み焼きチェーンの「ぼてぢゅう屋台」は「好いとん会」承認でひるぜん焼きそばがメニューにあるそうです。
都内では東京ドームシティやダイバーシティに店舗があり、メニューには富士宮焼きそば・横手焼きそばもあるとのこと。
蒜山はなかなか簡単に何度も行けるところではないので、近いうちに「ぼてぢゅう屋台」でも食べてみようかと思います。

|

« 行ってみた 第39回 松江・出雲・米子 | トップページ | 読んでみた 第44回 文藝別冊「レッド・ツェッペリン」 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
コナモンの聖地、大阪に住むモンスリーです。

実は、ジンギスカン(羊肉)や味噌味は苦手です。
ですが、

>>一口食べると、普段食べている焼きそばの味とは全く違うことがわかります。
 (中略)
>> 食感としてはナポリタンやカルボナーラに近いというところでしょうか。

いきなり食べてみたくなりました。これなら私でも
いけそうです。それにしても、SYUNJIさんは
食べ物の解説がグルメ級!

ちなみに、B-1グランプリが2年前に姫路で開催された
とき、行きました。ものすごい人出です。たしか、2日間で
40万人動員したのではなかったか。
ですので、どの屋台もものすごい行列で、人気店ともなりますと
1時間待ちは当たり前でした。

投稿: モンスリー | 2013.10.07 21:48

はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
私は釣り(ルアーメイン)に釣りをしているたけとといいます。
味噌焼きそば食べてみたいです、ほんと美味しそうですね^^

投稿: たけと | 2013.10.08 17:34

モンスリーさん、コメントありがとうございます。
自分も味噌味系のものはあまり好きなほうではないのですが、ひるぜん焼きそばは気にならないですね。
あ、あくまで自分の感覚では食感がナポリタンであって、味は全然違いますが・・

>ですので、どの屋台もものすごい行列で、人気店ともなりますと1時間待ちは当たり前でした。

げぇーやっぱりそうスか・・
厚木の大会も相当すごかったと聞いてますけど、やはりああいう大会で食うというのは大変ですね。
蒜山で食べられてよかったです。

投稿: SYUNJI | 2013.10.08 23:26

たけとさん、初めまして。
こんな三流BLOGにコメントありがとうございます。

味噌焼きそばと呼んでいいのかわかりませんけど、インパクトはかなりありますね。
味噌ダレの焼きそばなんて食べたことなかったですし。

ちなみにこのBLOGには「やってない」シリーズというアホウな企画もあるのですが、実は「釣り」も採り上げてしまってます・・すいません。

投稿: SYUNJI | 2013.10.08 23:37

今回の”山陰の旅”すごいですね!鳥取・島根・そして岡山の県北と要所をおさえた旅プラン、感服しています。

そして、蒜山での”ひるぜん焼きそば”の記事、さすがに面白く書かれてます。
私も、昨年の今頃かな?この”やまな食堂”に行きました。店の前のあのベンチに座り、二階で食べました。(ピエール瀧似の店員から地鶏の説明を聞きましたが、もう忘れています。)

また付近の”塩釜の冷泉”に行き、蒜山登山口を見て、今度は、「登山するぞぉ!」と心に誓ったことも思い出しましたが、いつになることやら・・・

投稿: かまぼこRock | 2013.11.09 09:02

>私も、昨年の今頃かな?この”やまな食堂”に行きました。店の前のあのベンチに座り、二階で食べました。

そうですか!
やっぱり有名な店なんですね。
二階に席があったとは気がつきませんでした。
ピエール瀧似だったかどうかも気がつかなかったなぁ・・

大山って見た目よりずっと険しそうですね。
登山したらきっと相当キツイんだろうなと思いますが・・

投稿: SYUNJI | 2013.11.09 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/58327784

この記事へのトラックバック一覧です: 食べてみた 第14回 ひるぜん焼きそば:

« 行ってみた 第39回 松江・出雲・米子 | トップページ | 読んでみた 第44回 文藝別冊「レッド・ツェッペリン」 »