« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

聴いてみた 第109回 インペリテリ

今日聴いてみたのはインペリテリ。
もちろん聴くのは初めてであり、そもそも「聴いてない」シリーズでも採り上げたこともなかったバンドである。
実はインペリテリなのかインテリペリなのかすらはっきりとはわかっていなかったという非常識なレベル。
「バニー・マリロウ」とか「ピート・タウンゼント」同様、きっとネット上では誤記の多い名前だと思う。(言い訳)

聴いてみたのは彼らのファーストアルバム「Stand in Line」。
新宿のユニオンで思いつきで買ってみました。(失礼)

Impellitteri

参加メンバーは以下のとおり。
クリス・インペリテリ(G)
グラハム・ボネット(V)
フィル・ウォルフェ(K)
チャック・ライト(B)
パット・トーピー(D)

聴く前に薄っぺらく生ぬるいバンドの身元調査を実施。
クリスとグラハム以外は知らないのだが、チャック・ライトは元クワイエット・ライオット、パット・トービーは後にMR.BIGに参加した人物だそうだ。
バンドの歴史は、クリスとロブ・ロックというボーカリストが組んで1987年にシングル曲を発表したところから始まる。
その後グラハム"やっさん"ボネットをボーカルにむかえてリリースしたのが、今回聴いた88年の「Stand in Line」。
メタルバンドなので人の出入りはやっぱりいろいろあったらしいが、ロブ・ロックがボーカルの期間が比較的長いようだ。
やっさんは2002年に再加入して「SystemX」というアルバムを残している。
2008年頃まではカーティス・スケルトンという人がボーカルを務めていたが、現在は脱退。

メタルという分野は相変わらずよくわからないのだが、90年代の冬の時代を経て最近再び見直されてるという話なので、インペリテリもコアなアメリカのファンのために地道に地方でのライブを続けているそうだ。

ポイントはやはりクリスのギターとやっさんのボーカルにあるのだろう。
果たしてどんなサウンドなのだろうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Stand In Line
2. Since You Been Gone
3. Secret Lover
4. Somewhere Over The Rainbow
5. Tonight I Fly
6. White And Perfect
7. Leviathan
8. Goodnight And Goodbye
9. Playing With Fire

楽曲自体はアメリカのメタルのイメージそのものである。
やっさんのボーカルもレインボー時代よりずっと金属方向にシフトしており、どの曲も大げさでコーラスも分厚くプロレスっぽい音になっている。
「Since You Been Gone」はレインボーにもあったカバー曲だが、やっさんはむしろ粘着でややもったいつけた歌い方をしており、レインボーの時よりも進行はゆっくりで、ざわざわした印象。
まあどのバンドで歌っても独自の世界を作り上げるのがやっさんなので、本領発揮というところだ。
シャウトも多く、気のせいかのびのび歌っている感じすらある。
ちなみに「Since You Been Gone」はラス・バラードという人の作品で、レインボーの「I Surrender」もこの人が作った曲とのこと。

で、肝心のクリス・インペリテリのギターなんだが、これ以上誰も速く弾けませんわという領域に達しているみたいで、霊長類最速の称号のとおりムダに速い。
ギターだけどキーボードみたいな恐ろしい音がするよ。
イングウェイ・マルムスティーンのクローンとかコピーとか言われてるそうだが、確かに音はインギー同様ぽりぽりかき鳴らし系である。
このくらいハジケたギターだと、線の細いボーカルではバランスがとれないと思うので、やっさんが歌って正解なんだろう。
ロニー・ジェイムス・ディオが歌っても案外イケそうな気はする。

だけど。
じゃあサウンドとして好みなのかと言われると結構微妙。
もともとレインボーでのやっさんのボーカルは好きだったし、クリスのギターも超絶なのはよーくわかる。
ただインペリテリ、やはりどこかやりすぎ感があるのだ。
ギターもボーカルも、あああなにもそこまでやらんでも的なムリめな音が多用されてるので、まともにつきあうと少し疲れる。
「Tonight I Fly」の大げさ加減などは繰り返し聴くには結構キツイ。
そんなリスナーの体力を考慮してか、アルバム全体としては35分程度とかなり短め。

クリス自身はどうとらえているのか不明だが、良くも悪くもインギーの存在が何かと影響しているのは間違いなさそうだ。
グラハムのバンドであるアルカトラスで人類史上最速のギタリストとして地位を確立したインギー。
実際クリスとインギーの奏法にはかなり違いがあるそうだが、後発のクリスはやはりあちこちでインギーのクローンだのコピーだのと評価されてしまったとのこと。
実際ギターサウンドを聴いてみても「げぇーインギーそっくり」なんて思う箇所はたくさんある。
クリスはアルカトラスのオーディションを受けた経歴を持っており、やっさんとはインペリテリ結成以前から面識はあったそうだ。

この後インペリテリはアルバム「Grin & Bear It」を発表しているが、もうやっさんは去っており、ロブ・ロックが復帰して歌っている。
ただし音楽性は少し変わっていて、いわゆる普通のアメリカンなロックに仕上がっており、メタルなファンからはかなり不評を買ってしまったらしい。
時代的にも若干グランジ台頭の影響はあったんじゃないかと思うが、その後も作品ごとに趣向をいろいろ変えるなどしてきたようだ。

というわけで、インペリテリ。
超絶ギターには確かに圧倒されるのですが、逆にすごすぎて正直とまどいを覚えました。
この後も引き続き彼らの作品を聴いてみることになるのか、まだ自分でもよくわかっておりません・・
他におすすめのアルバムがあれば教えていただきたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

読んでみた 第44回 文藝別冊「レッド・ツェッペリン」

最近ジミー・ペイジ周辺の学習に意外とまじめに取り組んでいるSYUNJIといいます。
まあ学習と言ってもヤードバーズを聴いたり「炎帝」というレア盤を掘り起こしたりしてるだけですけど。
そんなペイジ検定必勝合格強化合宿中のある日、とある書物が視界に入ってきました。
それが文藝別冊「レッド・ツェッペリン」。

Zeppelin

河出書房新社の「KAWADE夢ムック」というシリーズなのだが、これまでにクイーンやジョン・レノンやポール・マッカートニーなどが出版されており、その最新刊である。
昨年「祭典の日」が公開されたこともあり、ペイジ周辺は相変わらずいろいろ騒がしいようだ。
そんなタイミングでの出版に、版元のしたたかな戦略を感じる。(知ったかぶり)

これまでツェッペリンに関する書籍や雑誌はいくつか読んだことがある。
もちろんどれも非常に面白くてためになる?本だったのですが、ロック・ミュージシャンに対する自分の最大の興味が「争い」「モメ事」「暴力」「いたずら」などの分野に向けられており、その範囲においてはパープル・ファミリーが圧倒的に他のミュージシャンやバンドをリードしているのだ。

ツェッペリンもモメ事や争いや蛮行と無縁な品行方正公務員バンドでなかったはずだが、そういう話は思ったほど東洋の小国には伝わってきていないように思う。
少なくとも書籍でもネットでも、そうしたモメ事レビューが多いのはやっぱりパープル(とそのファミリー)。
偏見だけど、ツェッペリンのファンは純粋に彼らの楽曲や創造性やデータやアイテムなんかを楽しむという傾向が強く、争いやらモメ事やらそういう下品な話題にあまりふれたくない意識があるんじゃないだろうか。(何言ってんだか)
というかミュージシャンの最大の興味ポイントをモメ事に置いてる自分が一番邪道なんだとはわかってますけど・・・
渋谷陽一がペイジの暴力沙汰を面白おかしく活字にしたりラジオで話したりする、ということもあまり想像できないし、実際そんなになかったんじゃないかと思う。
今回この本にはそんな彼らの闇の部分にも踏み込んだ記述があることを期待して読んでみました。

・・・・・読んでみた。

版元は河出書房新社、判型はA5、200ページ、1260円。

目次はこんな感じ。

■ジミー・ペイジの証言1
「ツェッペリン再結成の葛藤と決意」
 
■ジミー・ペイジの証言2
「ツェッペリン・サウンドを育んだレコード・コレクション」
 
■ツェッペリンのロック革命
・対談/伊藤政則×大貫憲章
 「唯一無二」の理由 伝説の正体 ? ツェッペリンは、なぜ特別か
 
・インタビュー1
 山本恭司 ZEPマジックの正体 バンドが現出するマジック
 
・インタビュー2
 土屋昌巳 バンドの音を死守 プレイヤーの熱情とプロデューサーの制御
 
・インタビュー3
 折田育造 レッド・ツェッペリン、日本上陸 レコード・リリース時の裏側と初来日時の噂の真相を語る
 
■ヒストリー
・レッド・ツェッペリン奇跡の足跡 高見展
 
■ロック史のなかのレッド・ツェッペリン
・セッション時代の全貌 小松崎健郎
・ツェッペリンとビートルズ 矢吹渉
・ツェッペリンとストーンズ 寺田正典
・ツェッペリンとジェフ・ベック・グループ 赤岩和美
・ツェッペリンとディープ・パープル 大鷹俊一
・ツェッペリンとブラック・サバス 平野和祥
 
■全アルバム徹底ガイド
・オリジナル・アルバム
・ベスト・アルバム
・ライブ・アルバム
・DVD
・ソロ作品

なお表紙はツェッペリン本といいながらやっぱりペイジ&プラント。
なんかちょっと宝塚っぽい絵だ。
チープ・トリックみたいなロコツな格差はないものの、ビジュアル的に考えると編集サイドとしてもやはりこの二人で行きましょうとなるんだろうね。
なお表4(裏表紙)は4人のいまいち地味な集合写真です。

中身のほうだが率直に言うと、ツェッペリンと言うテーマで編集するとこうなります、という基本的な方針からは特にはずれていない。
インタビューあり対談ありアルバムレビューありという構成は、この手の音楽情報書籍ではむしろ定番である。
なのでその中から自分がこれまで知らなかった話にいちいち驚いたり感動したり、というのが一般的な運用と思われる。(まわりくどい)

で、記事の中で突出して面白かったのは折田育造氏のインタビューである。
この人はレコード会社でツェッペリンを担当していて、来日公演の際に彼らに同行していた経歴を持つ。
なのでツェッペリンの音楽ではなく主に来日時の素行について語っているのだが、やっぱりいろいろな蛮行で苦労させられたようだ。

切り取って紹介すると誤解を招くとは思うが、折田氏によればペイジは「意地悪でオフステージはデタラメ」でボンゾは「人間的にはいいんだけど行いが最悪」、ジョーンジーも「一見いい人ぶってるけどクセ悪い」そうだ。
でもプラントのことは「大スターの雰囲気がある」という評価。
まあ4人とも素行においては全然まともじゃなく「聞きしにまさるひどさ」だったらしい。
いい話ですねぇ。

特にペイジは女グセが良くなく、京都の街を夜クルマで走っている時に、道行く女性を見て「あの女連れてこい」と命令したり、寝台車で逃げ出したグルーピーを追っかけて夜中にあちこちの寝台のカーテンをめくっては「どこに行った?」と探したりといったナイスなエピソードがたくさん出てくる。

コンサートの最中にボンゾとプラントがけんかになり、アンコールを待つ間ジョーンジーだけがステージに残ってキーボードでつなぎ、再び登場した時は二人のどっちかが流血していた、なんて話も書いてある。
この手のプロレスチックな話題はパープルではしょっちゅう聞くのだが、やはりツェッペリンにもあったんですね。

でもこの本でそういったファンクな話が書いてあるのはここだけ。
そういう意味でもやはりパープルとは音楽性も方向性も素行も違うバンドなのだ。
好みは別として、この本は基本的にはツェッペリンの真面目な学習教材的建て付けになっている。

ペイジのインタビューはどちらも貴重なものだとは思うが、ペイジの好きなレコードコレクション紹介については、自分のような素人は1枚も聴いてないので、共感できるものは何もないのが残念。
というかこのコレクション全部聴いてる人なんているのかなぁ?

お約束な企画ではあるが、他のバンドとの対比や関連を採り上げたコーナーも読み応えがある。
ジェフ・ベックとの関係やパープルとの対比については他の本でも読んだことがあったが、ビートルズやストーンズサバスとの関係については、それほど語られてこなかったのではないだろうか?
ビートルズとの関連性については、ポール・マッカートニーがペイジをかなり意識していたという有名な話があるが、一方でペイジはジョン・レノンに一度も会えなかったことを非常に悔やんでいたそうである。

ディープ・パープルとの対比については、この手の論評だと書き手の好みが記事内容に強く投影されすぎてしまうことが多いのだが、この本では比較的冷静に両者を分析している。
どちらがいいとか好きとかではなく、志向や方向性の違いを語る内容となっているので、若干物足りなさは感じるが、秀逸な構成だと思う。

さて自分はツェッペリンについては完全後追い世代なのだが、後期におけるプラントの声のヘタリは未だに残念に感じている。
前期の力強い声のまま、後期の名曲を歌ってもらったらもっと良かったのに・・といつも思うのだが、賛同してくれる方はあまりいない。
しかも。
ツェッペリン関連の本を読んでいても、後期におけるプラントの変声についてふれている文章には滅多に出会わない。
この本も例外ではなく、どの記事でもそんな話題はいっさい出てこない。
今さら採り上げたところでどうにかなるような話でもないし、そもそもそんなことにこだわって聴くヤツが浅はかだということだろうか・・・

というわけで、ページ数はやや少なく物足りなさはありますが、全体としては非常に楽しめる内容で良かったです。
ペイジは巻頭のインタビューでもジョーンジーやジェイソンとの共同作業で新曲も作ったことを明かしているので、その発表も楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

食べてみた 第14回 ひるぜん焼きそば

全国徘徊麺類大好き虚弱小食ハードロック芸人のSYUNJIといいます。
久しぶりの「食べてみた」シリーズ、今回は旅の途中で出会った「ひるぜん焼きそば」。
もちろん食べたのは初めてです。

ひるぜんという少し変わった名前がついていますが、昼のお膳専用というわけではもちろんなく、蒜山という地名がその名の由来。
場所は大山の南側山麓に広がる高原地帯で、行政名で言うと岡山県真庭市です。
「蒜山」と漢字で書くとちょっと読めない人も多いかもしれません。
あたしも漢字で書けと言われても書けません・・

ひるぜん焼きそばについての基礎的な情報を調べてみました。
特徴としてはジンギスカンのタレや味噌ダレで味付けされており、鶏肉とキャベツが入っていること。
発祥は1960年代で、「ひるぜん焼きそば」として名称を固定したのは21世紀になってからだそうです。
B級グルメの祭典「B-1グランプリ」では2010年の第5回大会で2位を獲得。
この大会は我が家からもわりと近い神奈川県厚木市で行われ、あたしは行けませんでしたが地元でもけっこう大きなニュースでした。
なので「どうやら大山のふもとにうまい焼きそばがあるらしい」という情報は、この時知ったのだと思います。

蒜山にもやはり「ひるぜん焼そば好いとん会」という店舗連合団体が存在し、鉄の掟と血の結束で富士宮太田といった各地の焼きそばの街と、毎年大仁田vs貴闘力ばりの血みどろの抗争を繰り広げているそうです。(誇張)

で、今年の夏は未踏の地である鳥取を旅の行程に組み入れたのですが、倉吉から蒜山まではクルマで1時間以内で行けることを発見。
これはぷく先輩に市場を荒らされる前になんとしても行かねばなるまい。(意味不明)
麺類ブロガー(死語)としての使命感に燃えたあたしは、倉吉を後に一路蒜山へ。
「好いとん会」加盟店舗の「やまな食堂」に行ってみました。

Hiruzen1

店内は地元の方でいっぱい。
さっそくひるぜん焼きそばを注文。

ほどなく待望のひるぜん焼きそばが目の前に登場。
果たしてどんな味なのでしょうか。

Hiruzen2

・・・・・食べてみた。

一口食べると、普段食べている焼きそばの味とは全く違うことがわかります。
味噌ダレなので、まずソース焼きそばよりもずっと甘いです。
麺はふつうの焼きそばよりやや太くやわらかめな感じですが、これが甘いタレとよくなじんで非常にうまいです。
タレは店ごとにそれぞれ違うようですが、ここの焼きそばは30年前から変わらない味だそうです。

タレが麺にからんでいるため、ソース焼きそばのようにすすって食べるのは少しやりづらいのですが、その分しっかりとした食べ応えを感じます。
鶏肉とキャベツの組み合わせもいいですね。
食感としてはナポリタンやカルボナーラに近いというところでしょうか。

店内には大山の写真が掲げられていて、やはり地元の人に愛されている山なんだなと思いました。
お店の雰囲気が非常に地元密着で、お店の人とお客が土地の言葉で楽しそうに話す様子は、我々観光客から見るとまるで映画のワンシーンのようです。
このお店もまた地元の人に愛され続けていることがよくわかります。

ちなみに。
前述のとおり2010年の「B-1グランプリ」で見事2位になったひるぜん焼きそばですが、この時のベストテンは以下のとおり。
 

1位 甲府鳥もつ煮(山梨県)
2位 ひるぜん焼きそば(岡山県)
3位 八戸せんべい汁(青森県)
4位 津山ホルモンうどん(岡山県)
5位 三崎まぐろラーメン(神奈川県)
6位 豊川いなり寿司(愛知県)
7位 黒石つゆ焼きそば(青森県)
8位 十和田バラ焼き(青森県)
9位 みしまコロッケ(静岡県)
10位 オホーツク北見塩焼きそば(北海道)

 
なんと焼きそばが3つもランクインしていました。
その中でも蒜山は黒石や北見を抑えて堂々の2位です。
全国の中にあっても東西問わず多くの支持を集められる、そんな味だと思います。
ちなみに3つの焼きそばのうち、これで食べてないのは黒石つゆ焼きそばだけになりました。
これはぷく先輩に制圧される前に、早いうちに食べておく必要がありそうです。

というわけで、ひるぜん焼きそば。
非常にうまかったです。
関東でひるぜん焼きそばを出す店ってないのだろうか?
と思ったら、お好み焼きチェーンの「ぼてぢゅう屋台」は「好いとん会」承認でひるぜん焼きそばがメニューにあるそうです。
都内では東京ドームシティやダイバーシティに店舗があり、メニューには富士宮焼きそば・横手焼きそばもあるとのこと。
蒜山はなかなか簡単に何度も行けるところではないので、近いうちに「ぼてぢゅう屋台」でも食べてみようかと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »