« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

行ってみた 第39回 松江・出雲・米子

旅は3日目。
足立美術館に行ってみました。
数々の近代日本画コレクションと美しい庭園で有名ですが、もちろん来るのは初めてです。
結論から言うと、日本画よりも庭園のほうが圧倒的に記憶に残りました。

Adati1

Adati2

順路に従って進むと先に庭園を鑑賞することになります。
近くの山を借景として、丁寧に刈り込まれた庭木や白砂や岩で水の流れを表現している庭園は、京都の醍醐寺を思わせるような迫力があります。
逆に言えばわびさびの枯れたイメージはあまりありません。

やや残念なのは、庭を直接見られる場所がかなり限定されていることです。
メインの庭園を正面から見るには、館内からガラス越しに庭を眺めることになるのですが、やはり庭のまとう空気や木の香りや虫の音なども合わせて鑑賞したいところ。
まあ当日はかなり暑かったので、涼しい館内から庭を眺められてラクではあったのですけど。

Adati3

基本的に庭には下りられません。
これだけ手入れの行き届いた庭なので、観光客が大挙して庭をぞろぞろ歩いたりしたらやはり面倒なことになりそうです。

Adati4

敷地内でヘビを見かけました。
旅の途中でヘビに出会うと何か幸運がおとずれる・・・ような話ってありませんでしたっけ?(適当)

Nakuria1

Nakuria2

松江の市街に戻って来ました。
なくりあ」というお店で昼食。
季節野菜のセイロ蒸しランチを食べましたが、野菜の甘みが非常にはっきり感じられておいしかったです。

Matuejou1

Matuejou2

午後は松江城に行ってみました。
黒いシルエットで松本城にも少し似ています。

Matuejou3

Matuejou4

松江城は築城当時のまま天守が現存する12城のひとつです。
天守からは松江の街並みがよく見えます。

松江から宍道湖を見ながら出雲に移動。
この日の宍道湖は風がかなり強かったです。

Sunset

出雲に着いたらちょうど日が暮れました。
ぜひ食べたいと思っていた出雲そばを、「羽根屋」という江戸末期創業の老舗店で食べました。

Haneya1

Haneya2

間口が狭く奥に長いという店構えで、一番奥の座敷に通されました。
とても静かで落ち着いた雰囲気。
そばは香りがしっかりしていて非常にシャープな味がしました。

Taisya1

翌朝は出雲大社に行きました。
行ってない」シリーズで紹介した場所の中で行ってみたのは初めてです。
getsmart0086さんに教えていただいたとおり、入り口付近に「さざれ石」がありました。

Taisya2

Taisya3

Taisya4

しかし。
もっと荘厳で厳粛な場所なのかと思ってましたが、雰囲気は案外ふつうで、あちこちにある日本の神社とそう違わない印象。
今年は伊勢神宮とともに遷宮を迎えた出雲大社ですが、二つの神社は全然印象が異なりますね。
同時に語るべき場所ではないように思いました。

Taisya5

例のでかい大注連縄も見てみましたが、想像していたよりは小さな感じ。
勝手にもっと巨大なものだと思っていたので、なんだかやや拍子抜け。
最近は注連縄に向かって小銭を投げて刺す行為もNGだそうで、下がっている注連縄の底部分には網がかけられていました。
うーん・・・ちょっとやってみたかったなぁ。

日御碕灯台にも行ってみました。

Hinomisaki1

Hinomisaki2

美保関よりも高く断崖にあるので、眺めはこちらのほうが圧倒的に火曜サスペンスです。

Arakiya1

昼は出雲大社の近くの「荒木屋」で再び出雲そば。
ここも有名な店のようで、出る頃には行列ができていました。
この日もとても暑く、午前中でかなりくたびれてしまったのですが、タマゴの乗った出雲そばで体力は劇的に回復しました。

Arakiya2

午後は玉造温泉に寄ってみました。
出雲の伝統工芸品の勾玉のオブジェが橋にくっついています。

Tamatukuri1

川の両岸に大小様々な温泉宿が集まっていて、あの星野リゾートの宿もあります。
温泉にはつかりませんでしたが、足湯で一休み。

Tamatukuri2

玉造温泉は美肌の湯として女性に人気があり、観光パンフレットでもさかんに女子力アップを宣伝しています。
温泉宿のスキマにところどころ女性をターゲットにした雑貨店やカフェなどがあります。
写真はそんなカフェや雑貨店がひとつの建物にまとまっている「玉造アートボックス」にある「mama cafe」のラテ。

Tamatukuri3

平日だったので観光客そのものがほとんどいませんでしたが、それでも確かにひとりで雑貨や陶器を探して歩いている30代女性を何度か見かけました。
紅葉などの時期ならもっと多くの女性がいるんでしょうね。
そんな女子力アップ系のカフェで休んでいると、どこか仙川や国立の街中にいるような錯覚を起こします。
なんだか不思議な温泉街です。

再び米子に戻り、ある書店に入りました。
業界では有名な「今井書店」です。

Imai

郊外の大きな書店なのですが、「本の学校」と名乗っていて、書店の中で様々なイベントを行ったり、出版業界人育成事業として全国の業界の人たちを集めて研修したりといった先進的な会社です。
米子に行ったらぜひ立ち寄ってみたいと思っていたのでした。

この日行われていたイベントは全国のインスタントラーメンを展示し、その場で調理して食べることもできるという、書店らしからぬ催しでした。
夕方だったので実際に調理してる人はいませんでしたが、本とは全然関係ないイベントに驚きました。
噂通りのすごい書店です。

この日は皆生温泉の「ベイサイドスクエア 皆生ホテル」に泊まりました。

Kaike1

Kaike2

Kaike3

非常にきれいで部屋も広く、浴槽も種類が多く、日本海を眺めながら温泉につかる展望風呂もあります。
皆生温泉はエリアとしてはそれほど広い地域ではありませんが、でかいホテル旅館が林立していて、収容客数としては山陰最大の温泉街だそうです。

さて山陰の旅もそろそろ終了。
米子鬼太郎空港のそばでカニやイカを土産に買いました。

今回行った場所は全て初めてという旅でしたが、非常によかったです。
次に山陰を訪れるなら、鳥取砂丘や石見銀山にも足を延ばしてみたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

行ってみた 第38回 境港・倉吉・大山

諸国漫遊徘徊十二指腸よわよわ虚弱中年のSYUNJIです。
今年もシナリオどおり夏バテを発症し、二ヶ月ほど順調に体調を崩して参りました。
そしてカネも体力も根性もないのに今年も旅行に出かけてきました。

特に目的を持たず全国を徘徊してきたあたしですが、今年の夏は全国47都道府県のうち未踏の地である鳥取県を行程に組み入れることを画策。
そもそも友だちがあんましいない芸人のあたしですが、鳥取県はとにかく全く縁がありません。
知り合いも全然いないし、車や鉄道で通過したことすらない、太陽を待ちながらのまぼろしの世界。
別に全県踏破したところでなんの自慢にもなりませんが、とりあえず鳥取県制覇を企てたのでした。
ちなみに現在最後に残っている未踏の地は福井県です。
こちらは来年のお楽しみ。

ということで羽田から米子鬼太郎空港へ。
体調はイマイチでしたが午後には無事に鳥取入りしました。

Yonagokuukou1

水木しげる生誕の地ということで空港の愛称にまで鬼太郎を付けており、空港内も妖怪だらけです。
手荷物受け取りのターンテーブルには目玉おやじがいました。

Yonagokuukou2

空港からクルマで10分ほどで境港の街に移動。
境港さかなセンターという海産物市場の中にある食堂で昼食。

Sakanacenter2

海鮮丼やカニうどんを食べましたが、さすがにうまいです。
平日だったので観光客もほとんどおらず、食堂も市場も閑散としていました。

Mizuki1

境港の駅前商店街は「水木しげるロード」と名付けられ、銅像から着ぐるみまでそこかしこに妖怪がいます。
街灯やタクシーのサインまでが目玉だったり、JRの車両全体がねずみ男だったり。

Mizuki4

Mizuki5

Mizuki3

妖怪タクシー、日中はいいですけど、夜は怖いんじゃないかなぁ・・・
鬼太郎やねずみ男はまだ誰でも知ってるからいいけど、たんたん坊とか磯女とかアササボンサンとか寄って来たらやっぱ怖いよなぁ。(←実は意外と妖怪に詳しい)

Mihonoseki1

境港から橋を渡って美保関灯台に行ってみました。
ここは島根県です。
鳥取と島根の位置関係がよくわからないという方は多いかもしれませんが、県境がどこにあるかもなかなか難しいクイズになりそうです。

Mihonoseki2

灯台の隣のカフェはとてもながめがよく、遠くに隠岐の島がうっすら見えます。

夜は米子の駅前にある「旬門」という居酒屋で夕飯。

Syunmon1

Syunmon2_2

やはり魚がうまいですね。
大アジのお造りは非常にいい味でした。

Kurayosi1

翌日は倉吉に行ってみました。
白壁と赤茶の瓦屋根の土蔵が特徴的な、古い街並みです。

Kurayosi2

Kurayosi3

風景としては佐原や竹原にも似ている感じです。

倉吉には「なしっこ館」という二十世紀梨の記念館があります。
正確な統計はわかりませんが、首都圏では二十世紀梨はそれほどたくさんは流通していないのではないでしょうか?
我が家の近所でも二十世紀梨は売ってはいますけど、幸水や豊水といった品種に比べて数が少ないと思います。
今日も探してみましたが、近所のスーパーにあった二十世紀梨はいずれも長野県産で、数は幸水や豊水の半分もありませんでした。
酸味がやや強いので最近は敬遠されているのかもしれませんが、自分は二十世紀梨のほうが好みです。

Hanakairou1

Hanakairou2

午後は「とっとり花回廊」という植物園に行ってみました。
大山がよく見える広大な敷地に、季節の花が咲いています。
正直、広すぎて全部見て回るとかなり疲れます・・・
レンタルバイクとかあるとありがたいんだけど。(←根性なし)

Hanakairou4

鳥取県自体が初めてなので、大山も初めて見たのですが、とても美しい形をした山ですね。
「伯耆富士」と呼ばれるのも納得です。
ただ方角によっては富士山よりも荒々しい形に見えたりして、思った以上に変化に富んだ山です。
旅行中はずっと頂上付近に雲がかかっていて全体を見ることはできませんでしたが、雄大な姿に感動しました。

Kotobukijou1

米子の郊外に「壽城」という和菓子の店?があります。
立派な建物なので史跡の城と間違えそうですが、中は和菓子の工場や販売店です。

Kotobukijou2

和菓子だけでなく練り物や栃の実茶などいろいろなものが売られていました。
展望台もあり、周囲に高い建物がないので見晴らしもよく、小さなテーマパークのような施設。
城の形をした物産館というところでしょうか。
入る前は「なんじゃこれは・・・」とやや不安でしたが、案外楽しい施設です。

この日は島根県の松江に泊まりました。
LinQ」という代官山風のオサレなカフェテラスで夕食。
ここは事前に調査しておらず、全くの飛び込みでした。

Linq1

ドリアとパスタを食べましたが、地元の方にも人気のようで、店内は若い女性で満席。
帰る頃には店の外にも行列ができていました。

Linq2

Linq3

というわけで、2日目も終了。
旅はもう少し続きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

聴いてみた 第108回 ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズ他 「炎帝」

前回のヤードバーズに続くジミー・ペイジ歴史探訪シリーズ、今回は非常にマニアックな企画盤を採り上げてみます。
ペイジとジョーンジー参加の「Burn Up」というセッションアルバムで、「炎帝」というナイス(死語)な邦題がついている。

Burn_up

ライナーによると録音時期は1966年から68年あたりらしい。
当時行われたジャム・セッションを収録したもので、参加メンバーは以下のとおり。

ジミー・ペイジ(G)
ジョン・ポール・ジョーンズ(B)
アルバート・リー(G)
ジム・シルヴィアン(G)
ニッキー・ホプキンス(P)
クレム・カッティーニ(D)
クリス・ヒューズ(Sax)
キース・デ・グルート(V)

時期的にはペイジがヤードバーズに加入していた頃の録音であり、「Little Games」同様ツェッペリン前夜のジミー・ペイジの記録のひとつでもあるようだ。
果たしてあたしはこのアルバムでもツェッペリンのかけらを見つけることができるでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Lovin' Up A Storm
2. Everything I Do Is Wrong
3. Think It Over
4. Boll Weevil Song
5. Livin' Lovin' Wreck
6. One Long Kiss
7. Dixie Fried
8. Down The Line
9. Fabulous(伝説)
10. Breathless
11. Rave On
12. Lonely Weekend
13. Burn Up(炎帝)

買ってからわかったのだが、全曲ペイジが参加してるというわけではない。
ペイジがギターを弾いているのは2・3・7・9・12・13である。
それ以外はアルバート・リーとジム・シルヴィアンがギター。
8人全員が参加した曲はなく、曲ごとに少しずつメンバーが替わっている。
メンバーもバンドやグループといった枠組ではなく、たまたま参加できたミュージシャン同士だったようだ。
曲はロカビリーやブルースなどのカバー集で、ヤードバーズで感じたツェッペリンのかけらは一切感じない。
もっと言うとヤードバーズの香りすら感じない、全く違う音楽である。

解説によっていちおうペイジの弾くギターはここだろと推測できるのだが、うなるような演奏でもなく、単なる一人のパートとして機能しているだけだ。
曲によってはベックっぽい音も出している。
ボーカルはキース・デ・グルートという人だが、ジェリー・テンプルという別の芸名で活動していたこともあるようだ。
どこかクラプトンにも少しだけ似ており、それなりに聴かせてくれる。
ラストのタイトルナンバー「炎帝」はノリのいい古きよきロックで、ペイジもいろいろな音を出している。
一度フェードアウトして再び戻ってくるという演出もある。

一方アルバート・リーやニッキー・ホプキンスも参加している貴重なアルバムなのだが、この二人についても名前くらいしか知らず、素人の自分には価値がわからない。
調べたら二人ともクラプトンやベックと交流があり、ニッキー・ホプキンスはストーンズのアルバムにも参加した経歴を持っている。

正直どの曲も軽い感じでさほど特徴もなく、それほど好みの音楽ではない。
福生のレストランやパブでBGMとして流れているようなイメージである。
ここからペイジがどんな経験を経てツェッペリンに発展していったのか、全然想像できないほどかけ離れている。
ツェッペリンの持つ毒キノコっぽいサウンドはやっぱりどこにもない。

なので「ツェッペリンを期待して聴くとがっかりする」のはヤードバーズ以上だ。
非常に失礼な評価になるが、このアルバムはペイジやツェッペリンのファンにとって「聴く」より「持っている」ことに意義があるのだろう。

そもそも自分はどうしてこんなCDを持っているのか?
10年以上前になるが、「オーディオフェア」という音響製品の展示会が東京ビッグサイトで行われた時、「廃盤セール」のような催しも会場外で行われていたのだ。
売っているのが廃盤CDばかりなのでマニアにとっては貴重なものを探す絶好の機会なのだが、ド素人の自分には廃盤の価値があまりわからず、空いているワゴンのまわりをウロウロしていた。

そんな中で発見したのがこの「炎帝」である。
ジャケットの絵でペイジだとすぐにわかったので買ってみることにしたのだが、この時もツェッペリンで聴いていたのは実はまだ「II」と「IV」だけだった。

ツェッペリンすらまともに聴いてなかった自分が、こんなレア盤を理解できるわけがない。
「炎帝」は2回くらい聴いて飽きてしまい、そのまま長いこと放置。
売り飛ばし候補に何度もあがったのだが、「まあ廃盤だし」という貧乏くさい理由でとりあえずここまで売らずに来た。
先週ヤードバーズの「Little Games」を聴いてみたので、続けて聴き比べてみようと思い立ったのだった。
なので聴くのは10年ぶりくらい。
どの曲も全く覚えていなかった。

ネットでもこのアルバムのレビューは非常に少ないが、入手することはなんとかできるようだ。
日本盤は93年発売だそうだが、国によってジャケットが全然違う。
また収録曲が少し異なる別の名前のアルバムもいくつか見つかるので、マニアにとってもそれほど珍しい盤でもなさそうである。

ということで、「炎帝」。
万年初心者の自分にはその価値もよくわかりませんが、ペイジはその昔こんな音楽もやっていたんだなということがわかって勉強になりました。
逆に言えば楽曲として興味がわくようなものは特にありませんでしたが・・・
今後はツェッペリン後のペイジを少し追ってみようかとうっすら考えております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »