« 聴いてない 第187回 サード・アイ・ブラインド | トップページ | 聴いてみた 第108回 ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズ他 「炎帝」 »

聴いてみた 第107回 ヤードバーズ その2

十二指腸よわよわサラリーマンのSYUNJIです。
今年の夏も結局都合2ヶ月ほど台本どおり夏バテ。
2ヶ月間3食まともに食えた日はほとんどありませんでした。
しかも7月末にはカゼまで併発こいてしまい、来年からは夏だけアイスランド移住を本気で検討せねばならないのではないかと心乱れる毎日です。

そんな夏バテクソ野郎(下品)のあたしが今日聴いてみたのはヤードバーズの「Little Games」。
ジミー・ペイジが参加した唯一の、またバンドの公式スタジオ盤としては最後のアルバムである。
以前聴いた企画盤ではペイジ参加の曲がひとつも収録されておらず、ヤードバーズ所属のペイジのギターを聴くのはこれが初めてだ。
久しぶりに立ち寄った下北沢の中古CD店で購入。

Little_games

このCDは2003年3月5日に発売された日本盤で、オリジナル10曲に加えてボーナストラック7曲とBBCセッション8曲が収録されている。
オリジナル「Little Games」は67年発表だが、イギリスでは発売されずアメリカでのみ発売。
翌68年にはキース・レルフとジム・マッカーティがバンドを脱退。
ペイジはロバート・プラントとジョン・ボーナムを加入させ、ジョン・ポール・ジョーンズにも声をかけてニュー・ヤードバーズを結成。
北欧ツアーなどを経てレッド・ツェッペリンと改名し、ヤードバーズは消滅した。
ここまではツェッペリンのファンであれば誰でも知っている話だろう。

名門ヤードバーズ加入後も、その名に慢心することなくその先の偉大なる野望に向かって着実にポテンシャルを高めていったジミー・ペイジ。
果たしてあたしは若き日のペイジのギターに幻惑されて弱った十二指腸をユラユラグルグルすることができるのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1.Little Games
2.Smile On Me
3.White Summer
4.Tinker, Tailor, Soldier, Sailor
5.Glimpses
6.Drinking Muddy Water
7.No Excess Baggage
8.Stealing Stealing
9.Only The Black Rose
10.Little Soldier Boy

[Remaster CD Bonus Tracks]
11.Puzzles (1991 US Stereo Mix)
12.I Remember The Night (1991 US Stereo Mix)
13.Ha Ha Said The Clown
14.Ten Little Indians (1991 US Stereo Mix)
15.Goodnight Sweet Josephine (Version 1)
16.Think About It
17.Goodnight Sweet Josephine (Phased"US Single" Version)

[BBC Sessions]
18.Most Likely You Go Your Way(我が道を行く)
19.Little Games
20.Drinking Muddy Water
21.Thinking About It
22.Goodnight Sweet Josephine
23.My Baby
24.White Summer
25.Dazed And Confused(幻惑されて)

BBCセッションの「Most Likely You Go Your Way」はディランのカバー、「My Baby」はジャニス・ジョプリンもカバーした名曲。
どういう状況で録音されたのかわからないが、イントロにはDJの曲紹介みたいな声が入っている。
ラストの「Dazed And Confused」はツェッペリンでおなじみの「幻惑されて」である。

以前聴いたクラプトン期・ベック期のヤードバーズの音とはずいぶん違う気がする。
「Glimpses」「Drinking Muddy Water」「Only The Black Rose」などはペイジ参加前のヤードバーズのサウンドを継承してるように聞こえるが、「Little Games」「Tinker, Tailor, Soldier, Sailor」「No Excess Baggage」「Stealing Stealing」あたりはなんだかポップで歌謡曲っぽい雰囲気もある。
どっちも好みとは相当離れてはいるんだが、三大ギタリストの歴史をなぞってみるという妙な目的意識を持って聴くとそれなりに面白いから不思議だ。

「ツェッペリンを期待して聴くとガッカリする」という評判はまさしくその通りだった。
楽曲そのものは正直ツェッペリンとは全然比較にならない。
このCDでは「Dazed And Confused」も聴けるのだが、完成度としてはまだ相当低い。
感じたままを言えばヤードバーズにはツェッペリンの持つ怪しさやいかがわしさやクスリっぽさが全然ないし、ペイジのギターもまだ慎重な感じだ。
ボンゾもプラントもいないので当然ではある。

ペイジのファンにとっては鉄板な話だろうけど、サウンドのあちこちにすでにツェッペリンの音が見え隠れしているのがわかる。
あーあーこの音がツェッペリンに行ってあの音になったんだ・・と気づく度に、パズルが解けたような感覚になる。
ペイジはヤードバーズでプレイしながらツェッペリンでまきちらすための毒キノコをじっくり育てていたのだろう。
ただBBCセッションの各曲は音質がかなり悪く、ブート盤を聴いてるような感覚になる。

なおメンバーのクリス・ドレヤによれば、ボーカルのキース・レルフはミュージシャンとしての才能は非常に優れたものがあったが、バンドをまとめるチカラが足りなかったのだそうだ。
クリスはベックとペイジのツインギターでバンドを強固なものにしようと画策したり、ペイジとも比較的良好な関係を保ったりしていたが、ヤードバーズをやめてカメラマンに転身。
この転身の理由には諸説あるようだが、クリスは本音ではペイジとヤードバーズを続けたかったらしい。
ヤードバーズもメンバー間でいろいろあったようだが、いずれにしろペイジの鉛の野望に必要とされた人は結果的に誰もいなかったことになる。

このアルバム、純粋に音楽を楽しむ人ももちろんいるんだろうけど、やはり若き日のペイジが参加してるという付加価値で一応コレクションしておく、という方向性の人も多いのではないだろうか。
もちろん楽曲として優れたものを発表したからツェッペリンはビッグなバンドに成長したのだろうが、他にもレコード会社のエライ人にお中元贈ったり接待ゴルフしたりタクシーチケットをばらまいたりといった商売上の努力もぬかりなくこなしたのがペイジである。(知り合いかよ)
いや、ホントのところはどうか知らんけど、たとえば、たとえばだよ?
もしロック検定でこんな問題が出たらどうする?

Q:バンドの活動中、レコード会社の社長に欠かさずお中元を贈ったというギタリストは誰か?
 1.エリック・クラプトン
 2.ジェフ・ベック
 3.ジミー・ペイジ
 4.リッチー・ブラックモア
 5.キース・リチャーズ

ほら。
ね?
やっぱり3に丸印をつけたくなるでしょ?
ミュージシャンとしての評価の順位は意見が割れるだろうけど、ビジネスマンとして最も才覚を発揮してきたのは間違いなくペイジさんなのである。(知り合いかよ)
ベックからお中元が来たら誰かと間違えてんじゃないかと疑うし、キースやリッチーからお中元来たらそれはそれで怖いよなぁ。
そんなくだらない妄想をしながらこのアルバムを聴いてみました。(邪道)

というわけで、「Little Games」。
実際のところ楽曲としてはどれも微妙でそれほどの感動もわきませんでしたが、ツェッペリン前夜の学習指導要領としては興味深いものがありました。
結果論ですが、ツェッペリン全盤制覇を終えてから聴いてみてよかったと思います。
今後はツェッペリン以降のそれぞれの活動も順に追っていきたいと考えております。

|

« 聴いてない 第187回 サード・アイ・ブラインド | トップページ | 聴いてみた 第108回 ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズ他 「炎帝」 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
ヤードバーズは、クラプトン期、ベック期はそれぞれの
ベスト盤に収録されていますので、多少聞きました。
が、ペイジ期は全然聞いたことがありません。

>>「ツェッペリンを期待して聴くとガッカリする」という
>>評判はまさしくその通りだった。

そう、ファンの方には申し訳ありませんが、ヤードバーズを
わざわざ聞こう、それも最後のペイジ期を、という気には
ならないのです。ベック期は結構いいのですが。

この「リトルゲームス」、曲としては「6.Drinking Muddy Water」
が重要だと言われています。タイトルは「ブルースの王様である
マディ・ウォーターズを飲んでやる」という意味で、当時
イギリスで幅をきかせていたブルースロックから飛躍する
ペイジの強い意志が現れているとのことです。
(by 日本におけるロック評論のマエストロ=渋谷陽一御大)

そんなことを考えながらSYUNJIさんの評を拝見しましたが、
>>「Dazed And Confused」も聴けるのだが、完成度としてはまだ相当低い

ペイジのあふれる才能を、ヤードバーズでは表現できなかった
ということなんでしょうね。

投稿: モンスリー | 2013.09.01 16:09

モンスリーさん、コメントありがとうございます。

>そう、ファンの方には申し訳ありませんが、ヤードバーズをわざわざ聞こう、それも最後のペイジ期を、という気にはならないのです。ベック期は結構いいのですが。

なるほど。
自分もまだこのアルバムをそれほど聴いてませんが、確かに楽曲としてはクラプトン・ベック期のほうがいいように思います。
でも買ってよかったと思います。(←聴いてよかったとはまだ言えない・・)

>ペイジのあふれる才能を、ヤードバーズでは表現できなかったということなんでしょうね。

先にツェッペリンで聴いていたから余計にそう感じたんだと思いますが、ペイジのギターもそうですけどやはりプラントの絶叫があまりにすごすぎて、ヤードバーズ版は物足りない印象ですね。

投稿: SYUNJI | 2013.09.01 20:29

SYUNJIさんこんばんは、ご無沙汰してます。
毎回楽しみに拝見してます。

ヤードバーズに関しては、あまりにも有名すぎて
逆に聴いていないバンドですねぇ~。
ツエッペリンで洋楽に目覚めた私としましては本来聴くべきルーツなんでしょうけど・・・【聴いていない】です。

>ペイジはヤードバーズでプレイしながらツェッペリンでまきちらすための毒キノコをじっくり育てていたのだろう。
(笑)どんな腹黒い野望なんですか!!(大爆笑)

>ビジネスマンとして最も才覚を発揮してきたのは間違いなくペイジさんなのである(知り合いかよ)

1. エリック・クラプトン(統括本部長)
2. ジェフ・ベック(一級建築士)
3. ジミー・ペイジ(営業主任)
4. リッチー・ブラックモア(地主もしくはクレーマー)
5. キース・リチャーズ(現場監督)
大手ゼネコンでいうと、こんなイメージです(笑)

ヤードバーズで知っている曲は「ストロール・オン」ぐらいでしょうか・・・


 

投稿: ボレロ | 2013.09.01 23:50

ボレロさん、コメントありがとうございます。

>ツエッペリンで洋楽に目覚めた私としましては本来聴くべきルーツなんでしょうけど・・・【聴いていない】です。

そうでしたか。
まあ自分もやっと聴いてみたところですが、「すごい!さすがジミー・ペイジ!!」といった高揚は全然ないですね。

>1. エリック・クラプトン(統括本部長)
>2. ジェフ・ベック(一級建築士)
>3. ジミー・ペイジ(営業主任)
>4. リッチー・ブラックモア(地主もしくはクレーマー)
>5. キース・リチャーズ(現場監督)
>大手ゼネコンでいうと、こんなイメージです(笑)

うわははは!これいいですね!
いやーリッチーのポジションが最高ですね。
全員会ったことないですけど(当たり前や)、なんかすごくわかるたとえだなぁ。
調子に乗ってあたしもやってみます。

1. エリック・クラプトン(新事業推進部長)
2. ジェフ・ベック(専門誌のベテラン編集者)
3. ジミー・ペイジ(営業部長兼広報部長兼経理部長)
4. リッチー・ブラックモア(校閲部顧問もしくはクレーマー)
5. キース・リチャーズ(週刊誌サブデスク・主にヤクザ&風俗記事担当)
出版社でいうと、こんな感じです・・・
すんません、あちこちマネしてしまって・・

投稿: SYUNJI | 2013.09.02 21:51

SYUNJIさん、こんばんは!
私も「Little Games」を聞くことができました!
曲ごとでちぐはぐな印象がありますね。ペイジ色が
強いのではなく、良くも悪くもヤードバーズのアルバムなんだと
思いました。

1曲目「Little Games」は小気味よいビートソングで、これが
キース・レルフ他のメンバーがが目指していた方向性なのかな
と思います。ペイジはリフでがんばっていますが、なかなか
目立ちません。2曲目も同じような感じで、むしろベック時代の
曲に聞こえます。時代を反映するビートソングは、4、7、13曲目
にもあります。

3曲目は「おお、ZEPらしい!」と興奮しましたが、これは
ZEP時代にもよく演奏していたインスト曲ですね。ハードな
曲ではなくこういう曲で気を吐いたのは、ペイジの抵抗だったの
かも!?
「おっ、ブルースで有名なクロスロードが!」と思ったら、6曲目
「Drinking Muddy Water」でした。他にもブルースのフレーズを
いろいろ取り入れているようで、パクリのうまいペイジの面白躍如
といったところでしょうか。偉そうなことをいってはいけませんが、
20曲目の同曲ライブテイクでは、ボーカルの弱さが・・・・

その他のボーナストラックを含めて、なんとなくペイジが頭を抱えている
様子が目に浮かびました(笑)。12曲目「I Remember The Night」なんて
一体どういう曲を演奏したいのか、全くわかりません(^^;)。
ヤードバーズを聞くならベック時代、ペイジはZEPに入ってから花開く
と感じだ次第です。

投稿: モンスリー | 2013.12.09 22:31

モンスリーさん、先日はお世話になりました。

>ペイジ色が強いのではなく、良くも悪くもヤードバーズのアルバムなんだと思いました。

そうですね。
クラプトンやベックのヤードバーズともツェッペリンとも違う不思議な感じがします。

>3曲目は「おお、ZEPらしい!」と興奮しましたが、これはZEP時代にもよく演奏していたインスト曲ですね。

なるほど、そうだったんですね。
少し調べたらツェッペリン時代のライブではこの「ホワイト・サマー」のあとに「ブラック・マウンテン・サイド」「カシミール」という流れでの演奏に人気があるそうですが・・

>その他のボーナストラックを含めて、なんとなくペイジが頭を抱えている様子が目に浮かびました(笑)。

そんな感じですか(笑)。
ツェッペリンで大成功したペイジですけど、ヤードバーズでの暮らしはどう思ってたんでしょうね?
頭を抱える日々だったのか、成功を夢見てバンドを実験台にしていたのか、本人に聞いてみたい気がします。

投稿: SYUNJI | 2013.12.10 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/58100546

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてみた 第107回 ヤードバーズ その2:

« 聴いてない 第187回 サード・アイ・ブラインド | トップページ | 聴いてみた 第108回 ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズ他 「炎帝」 »