« 聴いてない 第186回 ウォレント | トップページ | 聴いてみた 第107回 ヤードバーズ その2 »

聴いてない 第187回 サード・アイ・ブラインド

以前から告白しているとおり、90年代以降はFMエアチェックもCDレンタルもほとんどせず、新しい音楽を積極的に聴かずに過ごした闇の時代である。
まあ新しい音楽を聴いてないのは2000年以降も同じなんだが、その闇金時代でCDを買って聴いていた貴重なバンドが少しだけある。
オアシスがそうだ。
そしてもう一つがサード・アイ・ブラインドである。
と言っても聴いたのはアルバム1枚だけではあるが・・・

サード・アイ・ブラインド、従って聴いてない度は4となる。
聴いたのは97年発表のデビューアルバム「Third Eye Blind」。
ただしバンドの存在を知ったのは98年になってからで、アルバム購入はさらに2年ほど後のことだ。

最初に聴いた曲が大ヒット曲「Semi-Charmed Life」だ。
MTVの年間ヒット曲特集番組を丸ごと録画し、その音声をテープに録って聴いたものだ。
PV映像はもう全然覚えていない。
好みのジャンルとは微妙に違ったが、タイトなリズムやギターサウンド、荒っぽいがコーラスを当てた秀逸なボーカルなど、安いセリフだが非常に衝撃を受けた。
衝撃とか言ってるわりにアルバム聴くまで2年もかけてるんだけど。

で、そのアルバムを買った日にたまたま会社のイベントがあり、その打ち上げみたいな席で若い連中に「今日こんなCDを買ったんや」と自慢したら誰もサード・アイ・ブラインドを知らなかったので、結果的に自分が大スベリしたような感じになってしまい、悲しい記憶だけが残った。

あそこでスベったのが悔しかったせいでもないが、結局その後サード・アイ・ブラインドを聴くことはなく、またメンバーについて情報を仕入れるようなこともなかった。
なのでアルバム1枚聴いてはいるが実はよく知らないバンドという相変わらずヒドイ扱いなのだった。

遅まきながらバンドの生い立ちについて緊急に学習してみることにした。
サード・アイ・ブラインドは90年代半ばにサンフランシスコで結成された。
結成時のメンバーは結成時のメンバーは、スティーヴン・ジェンキンス(Vo・G)、エイドリアン・バーリー(D)、ジェイソン・スレーター(B)、ケヴィン・キャドガン(G)。
このうち3人はカリフォルニア大学バークレー校出身というインテリジェンスなバンドである。

1997年デビューアルバムを発表。
大ヒット曲「Semi-Charmed Life」が収録され、全米で300万枚のセールスを記録し、約2年に渡りビルボードの200位以内にチャートインした。
またバンドは97年の第1回フジロックフェスティバルにも登場している。

99年にセカンド・アルバム「ブルー」をリリース。
このアルバムは1曲目から5曲目までをシングル・カット曲で集めるという80年代っぽい仕込みが施されている。
このアルバムもアメリカでは200万枚以上売れた。

順調に見えたサード・アイ・ブラインドだが、ロックバンドの台本どおりボーカルのスティーヴン・ジェンキンスとギタリストのケヴィン・ギャドガンとの間に亀裂が発生。
ケヴィンは解雇され、後に裁判沙汰にもなったそうだ。

ケヴィンはU2のジ・エッジに強く影響を受けたギタリストであり、初期の曲の大半はケヴィン作とのこと。
バンドにはもともとトニー・フレディアネリというメタル志向なギタリストがいたが、デビュー当時にはバンドを離れていた。
トニーはケヴィン解雇とともにバンドに復帰し、3枚目のアルバム「Out Of The Vein」でギターを弾いている。
今のところ最後のアルバムは2009年発表の「Ursa Major」であり、2012年スティーヴンは「次のアルバムが最後になる」と宣言しており、レコーディング予定とその後の解散まで公言している。

アメリカではサウンドはもとより歌詞も多くの若者から支持されていたようで、「Semi-Charmed Life」はかなり長い歌詞なのだが、ライブでは観客のほとんどがバンドともに歌えるのだそうだ。
ニュアンスや細かい雰囲気はわからないが、訳詞を見ると結構神経質で多感な男の心情が歌われている。

よく考えるとサウンドはパンクっぽくて粗野な感じでもあり、自分の好みに整合したとも思えないのだが、「Semi-Charmed Life」のノリの良さや印象的なボーカルはなぜか繰り返し聴きたくなったのだった。
アルバムの中でも「Semi-Charmed Life」は突出していて、他の曲は実はそれほど印象には残らないのだが、通して聴いていても飽きたりするようなことはあまりない。
オープニングの「Losing A Whole Year」などはいいと思う。
アルバム1枚きりで続きを聴いてないところが相変わらず情けない有様だが・・・

というわけで、サード・アイ・ブラインド。
アルバムはベスト盤を含めても5枚しかなく、制覇するのもさほど困難ではなさそうです。
日本ではもしかすると一発屋の扱いもされかねない感じですが、みなさまの鑑賞履歴はいかがでしょうか?

|

« 聴いてない 第186回 ウォレント | トップページ | 聴いてみた 第107回 ヤードバーズ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/58057860

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第187回 サード・アイ・ブラインド:

« 聴いてない 第186回 ウォレント | トップページ | 聴いてみた 第107回 ヤードバーズ その2 »