« 聴いてない 第178回 ビッグ・カントリー | トップページ | 聴いてみた 第104回 ローリング・ストーンズ その10 »

見ていない 第34回 ミュージックトマト

ポッパーズMTV」の巻でも告白したが、80年代の洋楽プロモーション・ビデオ紹介番組で自分がマメに見ていたのは「ベストヒットUSA」だけである。
当時PVを紹介するテレビ番組は他にもいろいろあったはずだが、「ポッパーズMTV」同様いっさい見ていなかったのが「ミュージックトマト」だ。
この番組は地元のテレビ神奈川が放送していたので、見てはいなかったが存在自体は知ってはいた。
ただし他の地方での放送実績は全然わからない。
また洋楽という分野では自分より先行していた姉も、この番組を見ていなかったと思う。

で、今回「ミュージックトマト」についてネットで調べてみたが、思ったよりも情報が少ない。
正確な放送開始年月日はわからなかったし、いつ終わったのかも不明。
どなたか詳細をご存じでしょうか?
主にウィキペディアで調べた概要は以下のとおりである。

「ミュージックトマト」は80年代に放送開始。
「ベストヒットUSA」や「ポッパーズMTV」との放送開始順序はわからないが、感覚的には同じ頃に放送していたんじゃないかと思っている。

放送時間は毎回16:55~17:45というややハンパな時間。
開始当初は全編洋楽ではなく、邦楽のビデオも混ぜて流していた。
その後邦楽部門は「ミュージックトマトJAPAN」という別番組となり、洋楽部門は「ミュージックトマトWorld」に名前を変更。
90年代には月曜がアーチスト特集、水曜がハードロック、金曜がリクエスト特集といった形で曜日ごとにテーマと担当ビデオジョッキーを分け、そのうち火水金は生放送だった。
水曜の担当は伊藤政則だが、このハードロック特集も見た記憶が全然ない。

同じテレビ神奈川のトマト系番組には「ファンキートマト」もあったが、どっちも見ていなかったのでどう違うのかもよく知らない。
「ファンキートマト」は洋楽中心ではあるが限定ではなく、また電話リクエストが番組の趣旨だったようだ。
司会はシャーリー富岡。
他にも「ライブ・トマト」「夕焼けトマト」「TVグラフィックおしゃべりトマト」「トマト・パーティー」なんてのもあったらしいが、どれも全然知らない。
長いこと神奈川県民なんですけど、なんで見てなかったのかよくわからないです。
なんでトマトなんだろう?
地元の名産品でもないと思うが・・・

「ミュージックトマト」を見てなかった理由として考えられるのは、「放送時間には基本的に家にいなかった」というもので、これは「夕やけニャンニャン」と同じである。
学生の頃はたぶん雀荘にいた時間だし、働いていたとしたらまだ会社にいる時間帯だ。
ビデオデッキは持っていたが、音楽番組はMTVしか録画していなかった。

「ミュージックトマト」って、PVはフルで流してトークをかぶせないスタイルだったんですかね?
もしそうだとしたらエアチェックの代わりにも使えたかもしれないなぁ。
サンスイ・ベストリクエスト」を聴かなくなってからは、MTVの録画映像から音声だけカセットテープに落とすという地味な活動をしばらく続けていたのだ。
レコードを買えない貧乏なリスナーは、実際に楽曲を鑑賞するにはひたすらFMを聴くとかPV放送を見るくらいしか手段がなかった。
だからこそ「テープに録音する」という行為自体に意味があったと言える。

今はかなり薄いアーチストの曲であっても、動画サイトでたいがいのPVを見ることが可能だ。
好きな時に好きなアーチストの好きな曲を能動的に見られる・聴けるという夢のような世界が実現してるんだけど、そう考えると当時の番組をもし録画していたら、価値はむしろトークのほうにあるような気がしてきた。
昔テレビで録画した映画やドラマをたまに見たりすると、感動するのは本編じゃなくてCMのほうだったりすることがあるよね。

ということで、なんだか変な結論になってますけど、「ミュージックトマト」。
そもそも他の地方では放送していたんでしょうか?
またいつ始まっていつ終わったのか、正確な情報をお持ちの方がおられましたら教えていただければ幸いです。

|

« 聴いてない 第178回 ビッグ・カントリー | トップページ | 聴いてみた 第104回 ローリング・ストーンズ その10 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
冬型の気圧配置は「西高東低」ですが、音楽番組は
「東高西低」です。関西出身の私には、関東地方の方が
質・量ともに充実しているように思い、うらやましい限り。

さて、「ミュージックトマト」ですが、何となく
関西では放送していなかった気がします。というのも、
「ミュージックトマトJAPAN」は放送していて
何度か見た記憶があるのです。今回SYUNJIさんの記事を
拝見して、「JAPANは分家で、洋楽主体の本家が
あったのか」と知りました。

なお、テレビ大阪で放送していたと思うのですが
金曜日23時30分?から放送していた「ソニーミュージック
TV」は録画してよく見ました。クラシックロックや
70年代ヒット曲などの特集を重宝しました。

投稿: モンスリー | 2013.02.25 20:45

モンスリーさん、コメントありがとうございます。

>音楽番組は「東高西低」です。

これ、西日本での実態がわからないのでなんとも言えないんですが、以前教えていただいた「POPベティハウス」という番組は関西だけの放送でしたよね。

>「ミュージックトマトJAPAN」は放送していて何度か見た記憶があるのです。

そうですか。
自分はJAPANも全然見てなかったんで、どっちが本家かもよくわかってませんが・・

>金曜日23時30分?から放送していた「ソニーミュージックTV」は録画してよく見ました。

これは自分もよく録画してましたね。
ただPVとトークの切り分けが徐々に雑になってきて、PVの音声だけテープに録ろうとするとトークの一部が混じってしまうことが頻発し、エアチェックの代わりにはならないと感じたことを覚えています。

投稿: SYUNJI | 2013.02.26 22:25

ども、久しぶりにコメントさせて頂きます、ajinaです。地元・神奈川ネタだったので!

ファンキー・トマトは僕の最初の洋楽体験です。同様な同世代神奈川県民は少なくないと思います。

僕が見てた頃のMCはシャーリー富岡さんのほかに元ワイルドワンズのよしやん(うえだよしあきさん)と、今でもTVKで音楽番組を持ってる中村真理さん。番組の形式はオールナイトフジのような(?)トークメインのバラエティっぽい番組です。PVをたしかチャート形式で流すほか、わいわいがやがやと洋楽の話をしてみたり、湘南の海の波の高さ(!)を予報するサーフィン情報コーナーもありました。CMでライブハウス「シェルガーデン」のスケジュールが流れてたり、TVKは音楽好きには魅力的な局だったと思います。

僕がこの番組で覚えたアーティストは、クィーン(ザ・ゲームの頃)、P-FUNK軍団(象の鼻のインパクトがすごかった)、デュラン・デュラン、ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー、プリンス、カルチャークラブとか、そんな時代でしょうか。

ミュージックトマトが始まったのはファンキー~が終わってからだったのか、正確なところは覚えてませんが、SYUNJIさんがおっしゃるようにPVをフルで流す番組ですね。JAPANでは、曲のイントロでマイケル富岡さん(シャーリーさんは姉です)が英語の曲紹介をかぶせてたりした記憶が。Worldとかどうだったか覚えてないなぁ。60分全部AC/DCのPV特集という、当時としては驚くべき回があったのは覚えてますけど・・・

おしゃべりトマトは平日昼間にやってたラジオ風なトーク番組ですね。音楽番組ではないです。今でも後継番組がタイトルは違いますが放送されてますよ~。

神奈川ネタが嬉しくてだらだら書いてしまいました。すみません。

投稿: ajina | 2013.03.09 23:39

ajinaさん、コメントありがとうございます。

>ファンキー・トマトは僕の最初の洋楽体験です。同様な同世代神奈川県民は少なくないと思います。

やはりそうですか・・
自分みたいなファントマもミュートマも見ていなかった神奈川県民てのもあまりいないんでしょうね・・
アチーブメントテストは受けたんですけど・・(関係ない)

>湘南の海の波の高さ(!)を予報するサーフィン情報コーナーもありました。

へぇーそうでしたか。
でもオールナイトフジにもサーフィン情報コーナーありましたね。

>ミュージックトマトが始まったのはファンキー~が終わってからだったのか、正確なところは覚えてませんが、SYUNJIさんがおっしゃるようにPVをフルで流す番組ですね。

やはりそうでしたか。
うーん・・ちゃんと見ておけばよかったなぁ。
今もそうですけど、自分は県民のわりにTVKを全然見てません・・

投稿: SYUNJI | 2013.03.10 20:50

> でもオールナイトフジにもサーフィン情報コーナーありましたね。

あ、そうなんですね! でも間違いなくファントマの方が先ですよ、サーフィン情報は。

そうかぁ、そんな昔からフジテレビはtvk(今は小文字表記なんです)をパクってたんですねぇ。

最近は(といっても数年前ですが)、saku sakuのキャラクターを小堺さんの「いただきます」がパクってましたねぇ。

http://blog.livedoor.jp/spikeweb/archives/3862617.html

投稿: ajina | 2013.04.06 15:38

ajinaさん、コメントありがとうございます。

> でも間違いなくファントマの方が先ですよ、サーフィン情報は。

そうでしょうね。
オールナイトフジのサーフィン情報は単純に波の高さを女子大生が学芸会レベルで読み上げるだけという感じでしたし。

>saku sakuのキャラクターを小堺さんの「いただきます」がパクってましたねぇ。

saku sakuは知ってましたが、これもフジにパクられたんですか・・
油断もスキもない世界ですね・・

投稿: SYUNJI | 2013.04.06 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/56825748

この記事へのトラックバック一覧です: 見ていない 第34回 ミュージックトマト:

« 聴いてない 第178回 ビッグ・カントリー | トップページ | 聴いてみた 第104回 ローリング・ストーンズ その10 »