« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

聴いてない 第158回 ルー・リード

前回のジョニ・ミッチェルに続く「私は知らない」シリーズ。
「聴いてない」よりももっとひどい有様ですが、今回はルー・リード。
もちろん一切聴いてません。

今日も張り切ってルー・リードの略歴を紹介しましょう。
本名はルイス・アラン・リード、1943年ニューヨークのブルックリン生まれ。
大学では英文学を専攻し、卒業後はレコード会社に就職。
64年イギリス人のジョン・ケイルとバンドを結成。
これがヴェルヴェット・アンダーグランドである。

ニューヨークで活動していたポップ・アーティストのアンディ・ウォーホルは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのプロデュースを手がけることをルー・リードに申し出た。
ウォーホルはバンドに西ドイツ人のニコを加入させ、映像・ダンス・ライトショウ・音楽を組み合わせたイベントを企画。
さらにアルバム「Velvet Underground And Nico」の発表にも注力し、有名なバナナジャケットをデザインする。

しかしこのアルバム発表後、ニコは薬物中毒などでメンバーとトラブルになり脱退。
その後もバンドはアルバムを出す度にメンバーを失っていき、ウォーホルとも疎遠になり、69年「Loaded」発表と前後してルー・リードも脱退。
72年ソロに転じたルー・リードはコンスタントにアルバムを作り、2003年までに20枚のスタジオ盤を発表している。

ルー・リードのやってきたことを簡単に言うと前衛的で芸術性の高い音楽と詩、ということになるらしい。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの4年間と、ソロとして活動し始めた時期は、オルタナティブ・ロックを生み出した重要な期間として、ロックの歴史に刻まれているそうだ。
一方で自身の活動が商業ベースにどう関わるかについてはあまり興味が無く、ギターのフィードバック・ノイズだらけのアルバムを作ってみたり、「ギターとベースとドラムがロックをやるには最高だ!」と言いながらホーンを導入したり、言動と行動が合致しないことも多いようで、ファンですらもついていくのに苦労するタイプのミュージシャンらしい。

そんなルー・リードだが21世紀になってそれなりに落ち着いてきたところもあり、2004年のフジロックに参加した時のインタビューでは、「若さの秘訣は何か?」という質問に「なぜそんなナイスな質問をするんだ?太極拳だよ」などと素直に喜んで答えている。
また会場周辺にいい温泉があると聞いてきたらしく、記者に「お勧めの温泉情報をメールしてくれ」と頼んだり、ふつうのおっさんな面も持ち合わせているようだ。

ルー・リードの音楽にふれたことが一度だけある。
90年代にボブ・ディランのデビュー30周年記念コンサートの映像をNHKで見たことがあるのだが、このとき「Foot Of Pride」という曲をルー・リードが歌っていたのだ。
当時はルー・リードの名前もかすかに知っていた程度で、ディランとどんなつながりがあったのか今もよくわかっていないが、あまり楽しそうでない曲を、ギョロ目で威圧するような感じで歌っていた。
このコンサートには、スティービー・ワンダーエリック・クラプトンニール・ヤングジョージ・ハリスンなど多くのアーチストが登場したが、ルー・リードのステージはどこか雰囲気が違っていたことを覚えている。

今年6月、メタリカは公式サイトで、サンフランシスコのホーム・スタジオでルー・リードとレコーディングを行い、フルアルバム用の10曲が完成したことを発表。
ルー・リードも非常に満足しており、雑誌「ローリング・ストーン」に「理想的な結婚」と表現したそうである。
うーん・・・どっちも全然聴いてないんでこのコラボがどれくらい衝撃的なのかわからないが、自然界ではあまり出会わない組み合わせのような印象である。
アルバムリリース日は未定だそうだが、どちらのファンからも評価されるのだろうか。

というわけで、結局なんにもわかっていないルー・リード。
おそらくは玄人好みで相当ハードルが高いであろうことは容易に想像がつくのですが、もし自分のような素人でも聴けそうなアルバムがあれば教えていただけたらと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

聴いてない 第157回 ジョニ・ミッチェル

本日でテレビのアナログ放送も終了。
午後は画面にアナログ放送終了の告知が映るとのことで、試しに午後アナログにチャンネル変えてみたらふつうに番組が映ったので壮大なドッキリかよツヨシ!(←ユースケ・サンタマリア調)と混乱しましたが、我が家はケーブルテレビなので、ケーブル会社側で非地デジ対応テレビでもそのまま継続して見られるようデジアナ変換サービスをしている、ということに11秒くらい後で気づいたのでした。
午後も何事もなかったかのようにすすけたアナログ映像が表示されております・・・
全国でデジアナ変換の通知を受けてなかった人も多かったらしく、それなりに混乱が起きているようです。

前回コリー・ハートを採り上げた際、「カナダのミュージシャンと言われて日本のリスナーが思い浮かべるのは、70年代を聴いてきた人であれば、ニール・ヤングやザ・バンド。」などと知ったかぶりぶりで書いてしまったが、貴様は大切な歌手を忘れておる!とのご指摘を全国からいただいた。(妄想)
70年代・カナダ・女性シンガーとくれば名前があがって当然なのが、ジョニ・ミッチェルである。
決して畑中葉子ではない。(すべっている)

・・・などと冒頭から快調にすべってみたものの、ジョニ・ミッチェル。
全く聴いていない。
というか、なんにも知らない。
知っているのは名前だけ。
ウスラ7年半もくだらないシリーズでBLOGを続けてきたが、いよいよ「私は知らない」という冤罪のようなシリーズに突入せざるを得なくなった。

ジョニ・ミッチェル、聴いてません。
以上。
これだとツイッターで充分な文字数なので、仕方なく調査を開始。

ジョニ・ミッチェル、1943年カナダのアルバータ州に生まれる。
本名はロベルタ・ジョアン・アンダーソン。
64年頃、最初の夫チャック・ミッチェルとともに音楽活動を始めるが、すぐに離婚。
しばらく下積みの後、68年アルバム「Song to a Seagull」でソロデビュー。
この時のプロデューサーがデビッド・クロスビーである。

69年「Night in the City(青春の光と影)」、「Chelsea Morning(チェルシーの朝)」、70年「Big Yellow Taxi」などをヒットさせ、他の歌手にも曲を提供するなどフォークシンガー及びソングライターとして活躍。
69年の伝説のロック・フェスティバル「ウッドストック」についてジョニ・ミッチェルが曲を書き、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングが映画「ウッドストック」のテーマ曲としてヒットさせた。
しかし70年のワイト島でのコンサートでは、ヒッピーにかぶれた観客の一部が暴徒と化し、アコースティックな曲を歌うジョニ・ミッチェルに対して強烈なヤジを飛ばし続けるというつらい出来事も経験する。

74年「Court and Spark」(全米2位)発表の頃からジャズの要素を強めていく。
多くのジャズ・ミュージシャンたちをアルバムに起用し、ハービー・ハンコック、パット・メセニーとも共演。
79年の「Mingus」はほぼジャズ・アルバムで、全米17位を獲得。

80年代後半より再びロック寄りに変わり、88年の「Chalk Mark in a Rainstorm」にはピーター・ガブリエル、ウィリー・ネルソン、トム・ペティ、ドン・ヘンリー、ビリー・アイドル、ブライアン・アダムスなどそうそうたるミュージシャンが参加。
90年代にも3枚、2000年以降も3枚とコンスタントにアルバムを発表し、活動を続けている。

・・・あらためて書き写すとものすごい経歴である。
しかも活動が2000年以降も続いているのがすごいなぁ。
実際感心しているばかりで全く知らなかった状態。

映画「ラスト・ワルツ」にジョニ・ミッチェルが登場していたことは、いちおう知っている。
ただし映像は会社の忘年会でBGVとして流れていたため、あまりまじめに画面を見ておらず、ザ・バンドのメンバーをバックにギターを弾きながら歌う姿をかすかに覚えている程度である。

今回調べてみて初めて知ったのだが、ツェッペリンの「Going to California」はロバート・プラントがジョニ・ミッチェルを讃えて作った曲だそうだ。
「彼女はギターを弾いて泣きながら歌うそうだ、ららら」という歌詞があるが、これがジョニ・ミッチェルのことらしい。
またジミー・ペイジは「俺の夢はジョニ・ミッチェルに枕元でギターの弾き語りをしてもらうことだ」と言ったことがあるとのこと。
ペイジやプラントがそこまでジョニ・ミッチェルを高く評価しているとは、これも全く知らなかった。
共演したことはあるのだろうか?

さて。
このように調べていく過程でどんどんジョニ・ミッチェルの偉大さが明らかになってきたので、さすがにこのトシになるまで聴いたことがないのはマズイなぁ・・と浅薄な思いでいる。
そんなことはジョニ・ミッチェルに限りませんが・・・
聴くとすればやはりジャズよりはロックに傾いた頃のサウンドのほうが、自分には合うのではないかと勝手に考えているのですが、おすすめのアルバムを教えていただけたらと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

聴いてみた 第84回 ドリーム・シアター

「拡散」という言葉がこれほど急速に力を失うとは誰が想像しただろうか・・・と驚きを禁じ得ないSYUNJIといいます。
でもしばらく前から、「拡散希望」と書いてるツイートはスルーが常識なんだとか。
基本的にネットで発生した流行語はサバ並みのアシの早さですね。(←じじい)
その昔西麻布のホブソンズには真冬の深夜でも行列ができていたことなんか、今の若いヒトはきっと知らないよなぁ。
そんなことに感心しながら、もはやメディアとしての力を失いつつあるBLOGに、今日も腐敗した文章を綴る自分がいます。
意味不明だけどどうせ誰も読んでないからいいや。(投げやり)

このようにすでに思想が腐敗しているあたしが今回聴いたのはドリーム・シアター。
実は一度も聴いたことがなく、メンバーも全く知らないバンドである。
ファンの間ではドリムシと呼ばれるそうです・・・

そのドリムシ、ジャンルとしてはプログレッシブ・メタルとされるらしい。
・・・そんなのあり?
プログレとメタルなんてどっちも聴いてないけど、ホストと公務員とか、あざらしとカピバラくらい自然界では出会わない分野ではないのか?
と思ったけど、ドリムシは立派にどちらの分野も成立させているバンドとのこと。
そんなことは全く知らず、一切知識のないまま吉祥寺ユニオンで場当たり購入したのが「Through Her Eyes」というアルバムである。

Through_her_eyes

聴く前にものすごく簡単にドリーム・シアターの基礎学習。
中心メンバーはジョン・ペトルーシ、マイク・ポートノイの2人。
ボストンのジャズ系音楽学校であるバークリー音楽院の生徒だった彼らは、なぜかジャズではなくメタルバンドを結成する。
89年にドリーム・シアターとしてデビュー。
91年カナダ人ボーカリストのジェイムズ・ラブリエが加入し、翌年のアルバム「イメージズ・アンド・ワーズ」が大ヒット。
プログレとメタルの融合、他のアーチストのアルバムをライブで完全再現など、独特な技術と発想によって地位を確立。
しかし2010年、バンド創設者のひとりであるマイク・ボーノトイが脱退を表明。
現在は後任ドラマーのマイク・マンジーニが加入し、活動を続けている・・・のだが、脱退したマイクはバンド側に復帰を申し入れるも、バンド側からはお断りの回答があったというコゲくさい展開に。
メンバー写真を見て「あれ?日本人がいるの?」と思ったら、ベースのジョン・マイアングは韓国系アメリカ人なのだった。

さて「Through Her Eyes」はスタジオとライブ音源をまぜて編集した来日記念盤である。
買う時にあまり深く考えなかったのだが、同じ曲で異バージョンが続けて収録されていたりで、入門編としては少々ハードルが高いのかもしれない。
ひととおりドリムシ(←気安く使う)を聴き倒したファンが、コレクションとしてやはり手元に置いておくという位置づけのようだ。
調べていくうちに不安が増してきたが、まあ聴いてみなければ何もわからないと思い直し、聴くことにした。
ドリーム・シアターはどんなリスナーに対しても平等なのである。(身勝手)

プログレとメタルという、自分にとっては「ゴルフと美容院」くらい縁遠いジャンルを、超絶テクニックにより融合させているドリーム・シアター。
果たしてあたしも彼らのシアターでドリームを見ることができるのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Through Her Eyes (Radio Edit)
2. Through Her Eyes (Alternate Album Mix)
バージョン違いの同じ曲が連続している。
ゆったりと流れるいい曲なんだが、バージョンの細かい違いが素人にはよくわからないので、同じ曲を2回聴いているようでややくどい。
2曲目のほうにはテレサ・トマソンという女性ボーカルが参加している。

3. Home (Radio Edit)
一転重たいサウンドのイントロ。
しかしボーカルにドス黒いヤバさがなく、楽器の重さに比較して軽い印象だ。
モトリーやナイト・レンジャーを思わせる音もところどころある。
聴いていてなんか不整合な感覚がするのだが、どうもドラムの音もてんてんと乾いて軽いのがそう思わせているようだ。
この曲はあちこちにちょっとインドっぽい旋律がある。

4. Home (Live)
同じ曲のライブ版。
イントロのインドっぽいギターにラジオ番組のようなノイズと観客の手拍子を重ねている。
スタジオ版よりもアレンジのような細工が入れられたりしていて、造りはライブと思えないほど緻密だ。
ギターもドラムもライブのほうがしっかりしており、楽曲としてのまとまりも強い。
ちょっとインギーっぽいギターだ。
ただムードとしては暗く、あまり楽しい曲ではない。

5. When Images and Words Unite (Live)
Pull Me Under~Under a Glass Moon~A Fortune in Lies~Only a Matter of Time~Take The Time
切れ目なく続く5曲目。
途中にシングル曲のメドレーがある・・ということだが、全部初めて聴くのでどの部分がどの曲なのか全然わからない。
ポイントはやはりギターにあるようだ。
インギーっぽいと書いたが、イエスに似た理系音も出している。
このぽりぽりした様式美サウンドは、ジョン・アンダーソンのヒラヒラの白い衣装を思わせるプログレの音である。(若干知ったかぶり)

聴くまでは「プログレ・メタル」なんて意味が全然わからなかったが、なるほど聴いてみると両者の要素がそこかしこに存在するのがわかる。
リズムや旋律はメタルで、サウンドにプログレを注入するという、非常に高度な音楽をやっている。
世の中にはこういう音楽もあるんだなぁ・・と比較的素直に感動。

しかし。
好みかと言われると極めて微妙。
楽曲構成やサウンドの緻密さはすごいと思うが、「好み」という感覚には至っていない。
インギーのサウンドもそうだが、「すごい!」とは思うが「いい!」「好き!」「次も聴く!」「金も使う!!」「フルーツ頼む!!」となるかどうかは別の話だ。
中年になってからけっこういろいろな音楽を聴いてみたのだが、「すごい」と「いい」が感想として同居したケースはあんまりないことに気づいた。
ツェッペリンレインボーはわりと同居してる例だと思うが、ザ・フーは「いい」と思っているが「すごい」とは感じなかったし、イエスは「すごい」と思ったけど「いい」とはまだなっていないのだ。
このあたりが音楽の難しいところだ。
まあ「すごい」「いい」のいずれも自分の主観でしかないのだが。

ということで、ドリーム・シアター。
大型免許もないのに生コン車を200mほど動かしてしまったような状態で、よかったのかどうかもはっきりしませんので、機会があればスタジオ盤からきちんと勉強してみようと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

見ていない 第31回 プロジェクトX

自分はドラマや映画よりもバラエティやドキュメンタリーを好んで見ているのだが、ドキュメンタリー番組として超有名なわりに全然見てこなかったのがNHKの「プロジェクトX」である。

「プロジェクトX」は2000年3月から2005年12月まで、関東では火曜日21時15分から45分間放映されたドキュメンタリー番組である。
作品は全部で191本。
主に戦後の企業や団体における難問に、果敢に取り組み突破した名も無き挑戦者たちを描く、というのが基本路線。
中島みゆきの「地上の星」をテーマソングとし、田口トモロヲのナレーションで番組は進行する。
番組は国内外で賞賛され、DVDにもなり、採り上げた話は書籍や漫画にもなるという発展を遂げた。
しかしながら、自分は一度も放送を見ていない。

見ていない理由は2つ。
・放送時間に家にいない
・いても裏番組の「開運!なんでも鑑定団」を見ている

番組自体はあちこちで話題になったりパロディに使われたりしていたので、存在は知ってはいた。
ただこの時間帯は基本的にまだ仕事から帰っていないし、たまに早く帰っても「なんでも鑑定団」を見ることが決まっているので、「プロジェクトX」を見る余地は全くなかった状態である。
なので放映が2000年から2005年・191回というのも今回調べて初めて知った。
そんなに長くやってた番組だったのか・・・

「プロジェクトX」は特に中高年男性に支持された番組のようだ。
採り上げられる挑戦者たちの姿に、同じ時代を同じように苦労して過ごしてきた世代が共感した、ということだろう。
「オレにも昔こんなことがあった」などと言いながら相当大げさに自分を番組で紹介される挑戦者たちに投影する・・というのが、正しい見方のようだ。
ちなみに最高視聴率をとったのは「あさま山荘 衝撃の鉄球作戦第2部」だそうです。

放送タイトルリストを見るといかにもな表現がたくさんある。
「挑む」「懸ける」「執念の逆転劇」「若手社員の闘い」「復活に賭ける」「出動せよ」「地底の戦士たち」など、どこかウルトラセブンっぽいタイトルが並ぶ。
「退治せよ」「当てろ」「掘れ」など命令形タイトルも多いところが、21世紀の番組でありながらなんか昭和の特撮な雰囲気が充満している。
タイトル見てキリヤマ隊長やゴドラ星人を連想するのはあたしだけでしょうか?

テーマソングの「地上の星」も不思議な曲だ。
番組とどちらが先に作られたのかわからないけど、明るくもなく恋愛を歌ったわけでもないこの曲が、番組の人気とともに大ヒット。
正直、好みからはほど遠い曲なんだが、紅白歌合戦で中島みゆきが生で歌う、というだけでものすごく話題になってたなぁ。

さてそんな「プロジェクトX」だが、いい話ばかりではないらしい。
番組で採り上げた話の中には事実と異なるものがあって抗議されたり、やらせが問題となってNHK側が謝罪するなどの事態にもなったとのこと。
まあ昨今のテレビではドキュメンタリーであっても演出のない作品なんかほとんどないとは思うが、事実を曲げてまで伝える必要があった話なのかは難しいところだろう。
番組内容とは関係ないが、2008年にプロデューサーが万引きでつかまるなど、マイナスな話題も多いようだ。
そういうことで番組の評価が下がったとしたら、本当に真面目に難題に取り組んだ挑戦者たちも番組制作に関わった人たちも気の毒である。

その大げさな様式美?からか、パロディの対象にされることも多いのは宿命のようなもんだろう。
ゆるい映像でも、BGMに「地上の星」を流し田口トモロヲ調のナレーションを入れれば、それっぽい雰囲気が簡単に作れる、と思われているようだ。
バラエティ番組でもCMでもよく使われる技法であり、原典である「プロジェクトX」を見ていない自分でも、「これはプロジェクトXのパロディなんだな」とわかるくらい浸透している。
10年くらい前、「タモリ倶楽部」ではダッチワイフ製作に関わった人たちを思いっきり「プロジェクトX」風に仕立てて紹介していたことがある。(なぜか乾貴美子が進行役のようなことをしていた)

というわけで、「プロジェクトX」。
相変わらずズレてるテレビライフで恐縮ですが、みなさまの評価はいかがでしたでしょうか? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聴いてない 第156回 コリー・ハート

カナダのミュージシャンと言われて日本のリスナーが思い浮かべるのは、世代によってもちろん違うであろう。
70年代を聴いてきた人であれば、ニール・ヤングザ・バンド
80年代ならブライアン・アダムスラヴァーボーイ
90年代だとセリーヌ・ディオン、2000年以降はアヴリル・ラヴィーンになるだろうか。
そんな中で80年代に「ブライアン・アダムスの弟分」といった扱いを受けてきたのが、本日の主役コリー・ハートである。

コリー・ハート、アルバムは聴いてないので聴いてない度は3。
80年代当時はFMでもかなりかかっていたほうだと思う。
聴いたのは以下である。
・Never Surrender
・Everything In My Heart
・I Am By Your Side
・Boy In The Box
・Can't Help Falling In Love(好きにならずにいられない)
・Dancin' With My Mirror
・Baby When I Call Your Name
・92 Days Of Rain
・Rudolph The Red-Nosed Reindeer(赤鼻のトナカイ)

最初に聴いたのは「Never Surrender」。
当時のFM雑誌にも写真付きで紹介されていたが、ジーンズの上下を着た細い目の純朴そうな赤ら顔の青年が、組んだ手にあごを乗せて物憂げに宙を見つめる・・といった感じだった。
ブライアン・アダムスよりもどこかあか抜けなく、またブライアンほど声にインパクトはなかった。
なのでレコード会社や事務所的にどういう戦略だったか不明だが、「ブライアンの弟です」的なプロモーションは、むしろどこか損してるような状態だった気もしますが。

好みかと言われると非常に微妙だが、バラードありロックありの器用なアーチストであり、エアチェックでも特に遠ざけたことはない。
可能な限り録音してみた、という結果が上記の曲だ。
ただし「Baby When I Call Your Name」「92 Days Of Rain」はMTVの音声をテープに録音し、「赤鼻のトナカイ」はクリスマスCDに収録されていたものである。
アルバム借りても良さそうなところだが、そこまでには至らなかった。

ネットで経歴を調べると、意外な才覚やキャリアの持ち主のようだ。
本名コリー・ミッチェル・ハート、モントリオール出身だが育ったのはアメリカのフロリダ州。
幼少の頃はイタリアやメキシコでも暮らしたことがあり、英語以外にフランス語・イタリア語・スペイン語も話せるそうだ。

デビューは1983年。
アルバム「First Offense」にはエリック・クラプトンも参加している。
85年にシングル「Never Surrender」がヒットし、この曲を納めたアルバム「Boy In The Box」も大ヒット。
続く86年にはアルバム「Fields Of Fire」を発表。
プレスリーのカバーである「Can't Help Falling In Love(好きにならずにいられない)」をヒットさせ、スターの地位を獲得した。
しかし88年の「Young Man Running」以降は急速に低迷。
以後日本でもあまり売れていないようである。

この後の活躍は基本的にカナダでのものとなる。
97年、映画「タイタニック」のテーマソングで一躍有名になったセリーヌ・ディオンに曲を提供。
セリーヌのアルバム「Let's Talk About Love」にキーボードとバックボーカルで参加し、99年のセリーヌのコンサートツアーにも同行している。
現在はバハマに住み、主にカナダのミュージシャンに曲を提供する作曲家として活動しているとのこと。

自分はどちらかと言えば「Never Surrender」「Everything In My Heart」「I Am By Your Side」などのバラードのほうがいいと思って聴いていた。
ロックな曲だと声に今ひとつインパクトがなく、頼りない感じもしていたのだ。
比べたつもりはあまりなかったが、カナダに行った時もブライアン・アダムスのCDは買ったけど、コリー・ハートを買おうとは思わなかった。

さてネットで見つけたこの人の意外な経歴が以下の2つだ。
・1980年に単独で来日したことがある
当時18歳だったコリー・ハートは、ヤマハ世界歌謡祭のカナダ代表として武道館で歌ったそうだ。
ヤマハ世界歌謡祭って、確かに毎回どこの誰だかわからない外タレ(死語)が登場してたような気もするが、カナダ代表だったとは・・・って、あれってそういう国別対抗の催しだったの?
さらに調べてみたら、世界歌謡祭公式サイトの1980年(第11回)の記録に、コリー・ハートが「Trudy Blue」という曲を歌ったことが書いてあった。

・映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主役を断った
もちろん実際に主役を演じたのはマイケル・J・フォックスである。
しかしその前に実はコリー・ハートにオファーがあり、しかもコリー側は断ったという話。
ホンマかいな。
これって映画ファンの間では鉄板な話ですかね、ぷく先輩?
映画公開は88年だから、オファーがあった頃はコリーの絶頂期でもあったと思う。
もしコリーが主役を演じていたら、あのシリーズは果たしてどんな評価であったのだろうか。

というわけで、コリー・ハート。
聴く前にいろいろ調べてみたら意外な情報が見つかって勉強になりました。
当時のアルバムは廃盤になってしまったものもあるようですが、みなさまの鑑賞履歴はいかがでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »