« やってない 第13回 サッカー観戦 | トップページ | 聴いてない 第156回 コリー・ハート »

聴いてない 第155回 カーディガンズ

90年代のムーブメントといえばオルタナ・グランジだと思うが(知ったかぶり)、その少し後にちょっとした盛り上がりを見せていたのがスウェディッシュ・ポップである。
などと断言してるけど、実態はグランジ同様ほとんど知らない。
スウェーデンと言われて思い浮かぶのは鉄板のアバと、後は「11PM」や「金曜スペシャル」の北欧性風俗特集・・(大貧困)
そんな知識の乾燥の中で90年代中盤でNOW系のCDなんか聴いたりすると、クラウドベリー・ジャム、メイヤ、ソフィー・ゼルマーニなどスウェーデンのアーチストが時々混じったりしていて、テレビCMなどで使われたりもしていた曲もあった。
そのスウェディッシュの中でおそらく最もヒットしていたと思われるのがカーディガンズである。

カーディガンズ、聴いてる曲は「Carnival」「Lovefool」の2曲だけ。
アルバムは聴いてないので、聴いてない度3。
どちらもMTVの音声だけをテープに録音している。
「Lovefool」は日本でも森永カフェラッテのCMに使われた。
なおこのCMにはジョディ・フォスターが出ていたはずである。

カーディガンズというバンド名もどこかオシャレではある。
流行ったのが21世紀だったら「フリースズ」とかになるんだろうか。(適当)
もし「セーターズ」「ジャンパーズ」「パーカーズ」「トレーナーズ」「チョッキーズ」だったらどれもなんかとても野暮ったい。(どうでもいい)

そんなオシャレなカーディガンズについて、ネットで市場調査実施。
元々はメタル系ミュージシャンのピーター(G)とマグナス(B)が中心となって結成された5人組バンドで、紅一点のニーナ・パーションがボーカル。
カテゴリーとしてはオルタナティブ・ロックとなっているようだが、日本では「渋谷系」と評する人もいるらしい。
どっちもよくわかりませんけど。
たまたま同じような時期によくテレビで目にしたからだろうか、自分の中では彼らとピチカート・ファイブがなんとなくセットになっている。

カーディガンズを発掘したのは、スウェーデンのプロデューサー、トーレ・ヨハンソン。
この人の名前もなんだかあちこちで目にするなぁと思っていたら、日本のBONNIE PINKやカジヒデキ・つじあやの・レミオロメンなどのプロデュースもしてた人なんだそうだ。

95年に大ヒットした「Carnival」は2枚目のアルバム「Life」に収録されており、「Lovefool」はその翌年発表のアルバム「First Band on the Moon」からのシングルカットである。
この曲は映画「ロミオとジュリエット」にも使われたとのこと。

90年代末にいったんバンドとしての活動は停止したが、2003年再開。
2005年まではアルバムを発表している。
98年以降の活動はアメリカや日本ではあまり評価されていないが、本国スウェーデンでは今も人気は高いようである。

2曲しか聴いてないけど、サウンドはフォークに70年代のサイケを混ぜたような雰囲気だととらえている。
激しいギターワークとか重いドラミングとかステージで火を噴くとか生きたコウモリを食べるとか仔牛の焼き印押しなんてのはなく、どこかくもったベースラインと乾いたドラム、びろびろしたキーボードでスピーカーを安っぽく震わせながら物憂げに女性ボーカルが歌う・・・という構成。
ボーカルのニーナさんも、ジャケットで笑顔を見せているんだけど好みと聞かれればそうでもなく、「ブスかわいさ」などといったシャープな表現をしてるサイトもあって、どうなんだろう・・という感じ。
この人は「Life」のジャケット写真と、ソロアルバム「A Camp」のジャケットではかなり雰囲気が違う。
「A Camp」のほうは写真でなく絵ではあるが、眼光鋭い活動家のような感じですけど・・

「Carnival」「Lovefool」のサウンドやニーナの声・歌い方は悪くないと思う。
歌詞は英語なのだが、どう聴いてもあんましきちんと発音していないところがかえって雰囲気を作り出している。
「Carnival」は「Come on and love me now」という言葉を連呼するのだが、最後のほうは滑舌がとても適当。
鼻歌寸前のような歌い方である。
かと思うと同じ言葉をコブシをきかせて歌ってみたり、不思議なボーカルだ。
バンドのメンバーがもともとメタル系なこともあってか、サバスオジー・オズボーンなどの曲をライブで演奏することがあるそうだ。
ニーナ・パーションはあの「胸いっぱいの愛を」を、元祖のペイジ・プラント・ジョーンジーの前で歌ったこともあるらしい。

ということで、いまいちよくわからなかったカーディガンズ。
だいたい90年代以降のアーチストについてはわかっていないことだらけなのですが、カーディガンズについておすすめの情報があれば教えていただきたいと思います。

|

« やってない 第13回 サッカー観戦 | トップページ | 聴いてない 第156回 コリー・ハート »

コメント

酔った勢いで、先週に引き続きコメントさせて頂きます。Cardigansは年甲斐も無く、リアルタイムで良く聞いました。おっしゃるとおり、ロードウォリアーズの入場テーマ「Iron Man」などBlack Sabbathのカバーも、ライブだけでなく普通にスタジオ盤にも入ってました。でも元曲がわからないぐらい大幅にアレンジされてます、脱力系に。これでは絶対アニマルもホークも入場できません。

えーっとあとカーディガンズは、プレイステーションのグランツーリスモに曲を提供していたような。

セーターズってのは、泉谷しげると仲井戸麗市かな、パロディーでそういう名前のグループを作ってましたよ。

支離滅裂でスイマセン。酔ってるせいにさせてください。m(__)m

投稿: ajina | 2011.06.26 02:13

ajinaさん、コメントありがとうございます。

>ロードウォリアーズの入場テーマ「Iron Man」などBlack Sabbathのカバーも、ライブだけでなく普通にスタジオ盤にも入ってました。

そうなんですか?
聴いてる範囲での雰囲気とメタルってのがあまり結びつかないんですけど・・

>えーっとあとカーディガンズは、プレイステーションのグランツーリスモに曲を提供していたような。

調べたら98年に「グラン・トゥーリスモ」という名前のアルバムを発表していました。
これとプレステの関係はわかりませんでしたが、曲がゲームにも使われたということでしょうか?

>セーターズってのは、泉谷しげると仲井戸麗市かな、パロディーでそういう名前のグループを作ってましたよ。

これは知りませんでした。
とするとパーカーズやチョッキーズなんてのももしかして実在するのかな?

投稿: SYUNJI | 2011.06.26 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/52041877

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第155回 カーディガンズ:

« やってない 第13回 サッカー観戦 | トップページ | 聴いてない 第156回 コリー・ハート »