« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

観てみた NHK 「SONGS:TOTO」

ふだんNHKなんか全然観ないのだが、たまたま5月18日のテレビ欄で「SONGS」という音楽番組がTOTOを採り上げるのを発見。
録画して観てみた。
この番組自体今回初めて知ったのだが、すでに100回以上放送されており、日本のアーチスト中心ではあるが、たまにこうして洋楽特集もやっているらしい。

番組はTOTOの「Africa」「Rosanna」などのヒット曲のほか、バンド結成から現在に至る経緯をデヴィッド・ペイチ、スティーヴ・ルカサー、スティーヴ・ポーカロのインタビューで紹介する、という構成。

Toto

紹介された曲は以下の4曲。
・Rosanna(1982)
・Hold The Line(1978)
・I'll Be Over You(1986)
・Africa(1982)

「Rosanna」「Africa」は82年に放送された「ヤングミュージックショー」の映像とのことなので、これは同じ年に行われた日本公演のものだと思う。
自分もこの「ヤングミュージックショー」は音声をテープに録音しており、今も手元に残っている。
同級生のスドウ君がこの日本公演を武道館に観に行っていて、弁当箱の中にカセットレコーダーを隠して会場の音を録音してきたのだった。
後で聴かせてもらったが、ガサつく雑音の中で小さくTOTOの音が聞こえる程度だった・・

さてTOTOである。
今さら説明なんかいらない人気バンドだが、自分はBLOGでは一度も採り上げていない。
なんでかっつうと「比較的聴いていた」からだ。
聴いてないアーチストを採り上げる馬鹿なBLOGなので、記事にして来なかったという状態である。

デビュー当時から聴いており、ジェフ・ポーカロが亡くなるまでのメンバーはだいたい言える。
ボズ・スキャッグスのアルバム制作に関わったメンバーが中心となって結成、という情報もミュージックライフで仕入れていた。
ただ今回TOTOを調べて初めて知ったのだが、スティーヴ・ルカサーとスティーヴ・ポーカロはハイスクールの同級生で、ジェフとマイクのポーカロ兄弟もデヴィッド・ペイチも、アレックス&エドワード・ヴァン・ヘイレン兄弟までもが同じ学校出身だそうだ。
すごいスター輩出学校ですね。

聴いていたアルバムは以下である。
・Hydra
・Turn Back
・TOTO IV(聖なる剣)
・Isolation
・Fahrenheit
・The Seventh One(第7の剣)
・Greatest Hits

ベタだが一番聴いたのは「IV」だ。
グラミー賞もとったし、日本でも相当売れたはずである。

ちなみにほぼ同時期に登場して、同じように結成当時から高い演奏技術と高いキーのメインボーカルを持ち、同じように4枚目のアルバムが大ヒットしたのがフォリナーだ。
ただしTOTOの都会的で洗練されたセンスはフォリナーにはなく、当時自分の周辺(特に女の子)には、サウンドもハードで神経質なルー・グラムのボーカルしかないフォリナーよりも、オサレでバラエティに富んだTOTOのほうが人気があった。
自分はどちらかというとフォリナーのほうが好みだったが、友人の中には「どっちも産業ロックでキライ」というヤツもいた。

TOTOは番組でも紹介されたように実はずうっと順調だったわけではなく、浮き沈みはかなり激しいものがあった。
「Hydra」でプログレ、「Turn Back」でハードロックといろいろ路線を変えて模索したが、この時はやや低迷していたと思う。
「Hydra」はかなり後になってから聴いたのだが、「St. George And The Dragon」などいい曲もあるけどやはり少し難解な音になってしまっていると感じた。
また「Turn Back」のジャケットは「TOTO」の文字を顔に見立てた落書きみたいな脱力アートで、中身とともに酷評されたりもした。(あたしは好きでしたが・・)

その次の「IV」で頂点を極めたが、その後ボビーが脱退しボーカルがファーギー・フレデリクセンに交代。
しかしファーギー加入後の「Isolation」はセールス的にも「IV」に遠く及ばず、バンドは再びボーカルをジョセフ・ウィリアムスにチェンジ。
「Fahrenheit」「The Seventh One」を発表するが、やはり「IV」を超えることはなかった。
90年代に入りバンドはルカサーをメインボーカルすることを決めたが、歌い方や声質を変えてしまってまた失敗。
そしてバンドはリーダーであるジェフ・ポーカロを永遠に失う・・

ジェフ・ポーカロは38歳で亡くなっている。
そんなに若かったのか・・とあらためて驚いたが、死亡の原因には諸説あるらしく、バンド運営の行き詰まりがジェフを精神的に追いつめていた、という話もあるようだ。

今回の番組では主にオリジナル・メンバーにスポットを当てており、ファーギー・フレデリクセンやジョセフ・ウィリアムスは名前も映像も全く登場しなかった。
バンド側の意向や権利関係の問題もあるのかもしれない。
歴代のボーカルでは確かにボビー・キンボールが一番だろうが、ファーギーやジョセフの歌う曲にもいい曲はあるので、なんとなく残念だ。

特に初期のファンからはファーギーの評判は良くなく、TOTOのファンが作るサイトでもファーギー参加の「Isolation」はすっ飛ばされたりしていることもある。
それでもファーギーのキャリアの中でTOTO参加は最大の経歴であり、日本でもそれなりに名前が知られているのはおもしろい現象である。
なお2002年頃、ファーギーはデヴィッド・ハンゲイトとバンドを結成してアルバムも出しているそうだ。

TOTOのファンからはそれほど支持されないだろうが、自分はハードロックな路線をこのバンドに期待していた。
なので一番好きな曲は「Goodbye Elenore」であり、「Hold The Line」の他、「Till The End」「Stop Loving You」「Only The Children」などジョセフの歌うロックな曲も好きである。
アルバムは確かに「IV」が最高傑作だが、「Isolation」「The Seventh One」もいいと思う。
シングルの良さとアルバムの好みが必ずしもシンクロしないという不思議なバンドでもある。

現在TOTOは時限付きで再結成しており、本当は今月日本公演もあるはずだったが、震災の影響で9月に延期になったらしい。
再結成の目的はマイク・ポーカロの闘病支援のためだそうだ。
ボーカルはジョセフが務めている。

そんなわけで、TOTO。
しばらく追いかけていなかったが、この番組で思いがけずまた彼らの魅力を思い起こすことになった。
あらためて歴代のアルバムを順に聴いてみようと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

聴いてみた 第83回 ザ・バンド

今日聴いてみたのは、ザ・バンドのアルバム「ザ・バンド」。
聴いてないことを告白した直後、楽天の社是並みに急いで新宿の中古CD屋でザ・バンドを物色。
皆様からのおすすめでもあり、またタイトルがわかりやすいので買ってみました。(単細胞)

The_band

慣例からすればデビューアルバムのタイトルになるところだが、これは69年発表の2枚目である。
ジャケットの色目から「ブラウン・アルバム」と呼ばれているそうだ。
なお録音はサミー・デイビス・ジュニアの自宅で行われたとのこと。

ファーストに比べ、よりポップな形でアメリカン・ルーツな音楽を表現している、ということなので、聴きやすいという評価が多いようだ。
アメリカン・ルーツがどんな音なのかよくわかっていないが、聴きやすいという評価を信用して聴いてみることにした。
果たしてどんな音楽なのだろうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Across the Great Divide
オープニングは意外に楽しそうなリズミカルな曲である。
結構いろいろな楽器の音が聞こえる。
控えめに鳴り続けるキーボードは「明るいヴァニラ・ファッジ」といった雰囲気。

2. Rag Mama Rag
あれ?この曲のイントロはデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズの「Show Me」という曲と同じ。
ということはケヴィン・ローランドがパクったということか?

3. The Night They Drove Old Dixie Down
静かだが奥行きのあるサウンド。
アコースティックギターにハーモニカはなかなかいい。
時々ロールなドラミングがあるが、これもいい。

4. When You Awake
ディラン風のフォークソングだ。
意外と楽しそう。
右奥のほうからキーキーと高いキーボードの音が聞こえる。

5. Up On Cripple Creek
コミカルなメロディに自由気ままなボーカル。
サビの部分にコーラスもあるが、ハーモニーは微妙だ。
ライブのノリに近い感じ。

6. Whispering Pines
ゆったりとした流れに高いキーのボーカル。
カントリーのようでもあるが、この曲もキーボードの音が思ったより高く賛美歌のように聞こえる。

7. Jemima Surrender
下から来るブルースを基調とした旋律。
ライブ感にあふれたガヤガヤしたノリで、みんな結構自由に歌っているので、調和には少し欠ける感じだ。

8. Rockin' Chair
これも乾いた感じの曲だが、バンジョーが効果的に登場する。

9. Look Out, Cleveland
他の曲ではあまり聞こえないようなエレキギターの音。
階段を下りるようなメロディがポップでいい。
この曲が一番聴きやすいと感じる。
エンディングが予想外に遮断系だ。

10. Jawbone
歪んだ風変わりなイントロ。
ソロをとるボーカルが二人いるが、立ち位置が少し違うのでレベルが均等ではない。
(一人が左やや手前、もう一人は右奥)
こういう構成のためライブ感が強いのだろうと勝手に納得。
曲自体はやはり今ひとつまとまりがない。

11. The Unfaithful Servant
やや疲労感漂うリズム。
明るい曲調のはずが、どこか物憂げな雰囲気で、夕暮れの荒野を思い起こさせる。

12. King Harvest [Has Surely Come]
キーボードがずっと鳴りっぱなしなのだが、やや濁っていて曲全体もまとまりがいまいち少ない。

「聴きやすい」という評価には確かに共感できる。
もっと暗めの重いブルースとか粗野で荒っぽいサウンドを想像していたが、どの曲も素朴でおだやかに進行する。
ロックというよりもフォークやカントリーのテイストが濃い。
全体を通じて感じるのはライブ感だが、これはアレンジが少なく演奏や歌唱の生音を大事にしている感じがするからだろう。
クレジットによるとボーカルはリチャード・マニュエル、リック・ダンコ、レヴォン・ヘルムの3人だが、リチャードの声が一番渋い。
ロビー・ロバートソンも歌えるギタリストだそうだが、このアルバムではメインでのボーカルはとっていない。
ジャケット写真だとむさいおっさん集団なんだが、この時彼らはまだ全員20代なのだった。

「ザ・バンドのライブはレコードとおんなじ」という、ホメてんのか皮肉ってんのかわかんない有名な評価があるそうだ。
彼らはおそらくライブでもレコードを忠実に再現するつもりではなかったと思うし、そもそものスタジオ盤もライブ感そのままを録音しているからこそ、こうした評価が出るのだろう。

圧倒されるほどの卓越した演奏技術や歌唱力というものは感じない。
みんな楽しそうに演奏して歌っているが、楽器の音の中で特に前に出ているものがなく、文字通り仲良く合奏という感じだ。
実際のザ・バンドの各パート間にはきっとハードな緊張もあったんだろうけど、このブラウン・アルバムを聴いた限りでは音にはあまり表れていないように思う。
この後多くのロックバンドは互いの楽器が競いあったりする緊張感のあるスタイルに変わっていったものと思われる。

さて。
ザ・バンドを調べると、必ず名前が見つかるのがディランクラプトンである。
ザ・バンドは最も影響を受けたアーチストがエリック・クラプトンであるとされており、一方クラプトンはザ・バンドのデビューアルバムについて「人生を変えた一枚」と評している。
クラプトン自身はザ・バンドに入りたかったと公言していたそうだが、もしクラプトンが加入していたら、パワーバランスはかなり微妙なものになっていったのではないかと思う。
グループの一員として仲良く合奏、というスタイルを果たしてクラプトンがとれたのかどうか?
結局クラプトンがどんどん前に出て行ってしまい、他のメンバーがバックバンドっぽくなってしまう展開だったんじゃないか?
などと親戚でもないのにいろいろと考えてしまいましたが・・

というわけで、ザ・バンド。
まとまりのない感想ですが、拒否感や苦手意識といった感覚はありませんでした。
好みの音楽となるかどうか、他の作品をもう少し聴いて確認してみようと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

行ってみた 第24回 宇都宮・栃木・行田

でたらめにわかB級グルメ好き中高年徘徊修学旅行の続きです。
日光を後にしてこの日の宿泊地である宇都宮へ。
宇都宮といえば餃子ですが、この地に餃子を食べに訪れるのは2回目です。
街をゆく若者のみなさんの会話がみんなU字工事に聞こえます。

宇都宮にはあちこちに餃子の店がありますが、人気店は県外からの客も多いらしく驚くほど行列しています。
市街中心には各人気店の餃子を少しずつチョイスして食べられる便利な「来らっせ」という場所があります。
餃子専門のフードコートといった感じで、観光客には便利なシステムです。
(「来らっせ」は池袋にもあります)

餃子自体は好きな食べ物ですが、店による味の違いにはこだわりは全然ありません。
今回は「みんみん」「龍王」「めんめん」の餃子をチョイスしてみました。

Minmin
みんみん

Ryuou
龍王

Menmen
めんめん

どうせどこの餃子も大した違いはなかろうと思って適当に選んだのですが、意外に味の差がわかります。
今回自分の口に一番合ったのは「めんめん」の餃子でした。
皮の厚さがちょうどよく、うまいです。
他の店の餃子ももちろんうまいのですが、食べ比べるとかなりはっきりとした違いがありました。

さて宇都宮といえば餃子像。
女神を餃子の皮で包むというアナーキーなデザインの大谷石製の石像です。

Gyouzazou

以前駅の東口にあったのを移転しようとして作業中に倒壊したことがニュースになってましたが、今は西口の全然目立たない歩道橋の下の暗いところにありました。
割れた像は修復されたそうですが、傷跡は全くわかりませんでした。

翌日は栃木市へ行ってみました。
蔵の街として最近街おこしをしているようです。
栃木市は県名と同じ地名の付いた市ですが、以前はこの地に県庁もあったそうです。
今の栃木県庁は宇都宮市にあります。

Totigisi1

Totigisi2

街を流れる川には小さな鯉のぼりがたくさんかかっていました。
川沿いには蔵のある古い街並みが続いていて、趣のある風景です。
また郵便局や交番も蔵風の建物になっています。

Totigisi3

Totigisi4

北関東の小京都だそうですが、蔵や古い家屋の数は思ったほどなく、同じように古い街並みで有名な川越に比べスケールはやはり小さい感じです。
もう少し若向きの雑貨店などを出せば、より発展するのではないかと勝手に思いました。
ただ川越は人出も多いですが車も多く、案外歩きにくい街です。
栃木はメインの通りは歩道がきれいに整備されており、車も少ないので散策にはよいと思います。

Totigisi5

Totigisi6

Fukudaya

この街で最も高い建物が福田屋百貨店です。
福田屋は栃木県内に展開する百貨店ですが、この栃木店は残念ながら2月で閉店しており、建物だけがそのまま残っています。

続いて埼玉県行田市に行ってみました。
行田は忍城というお城を中心に栄えた城下町で、歴史ファンとB級グルメファンに人気の土地と聞いていました。
あたしはどちらのファンでもないただの町人ですが、ちょうど帰り道に位置していたので寄ってみました。

Osijou

忍城は現在博物館になっています。
室町時代に築城され、上杉氏・北条氏・石田三成などの戦国武将の攻めにも落城せず、水に浮いているのではないかとまで思われ「浮き城」の異名をとった名城だそうです。
忍城は小説「のぼうの城」でも有名だそうですが、実は行田を調べるまで、この城は「しのびじょう」かと思っていました・・
正しくは「おしじょう」です。

行田の街の中にも蔵がありますが、数は栃木よりもさらに少なく、街おこしとしてもそれほど力が入っていないように見えました。
連休中でしたが人通りがあまりありません。
やや脱力しながら水城公園のつつじなどを鑑賞。

Gyouda4

Gyouda1

Gyouda2

行田の名物に「ゼリーフライ」なる食べ物があります。
B級グルメとして各地のイベントに出店することも多く、2008年のB-1グランプリ第3回久留米大会では第10位を獲得。
徐々に知名度が上がっているけど実態はよくわからないナゾのB級グルメです。
ということで市内の水城公園のそばの「駒形屋」という店でゼリーフライを買ってみました。

Gyouda3

Gyouda5

じゃがいもとおからを小判型にして揚げたもので、ソースがかかっています。
コロッケの衣をはいで揚げたような感じでしょうか。
不思議な感覚ですが、うまいです。
名前を聞いた時は本当にゼリーをフライにしているのかと思いましたが、そうではなく銭形の「銭フライ」が変化して「ゼリーフライ」になったとのことです。
じゃあ「銭フライ」のままでよかったのでは・・とも思いますし、むしろ「裸コロッケ」とか「ソースいも」のほうがイメージしやすいと思われます。(大きなお世話)

というわけで、今回の旅も終了。
今後もB級グルメを求めて全国をゆるくさまようつもりでおりますので、ご当地のおいしい名物などご紹介いただければと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

行ってみた 第23回 日光

カネもないのに連休となれば出かけたがる姉持弟三流腸弱中高年旅芸人のSYUNJIといいます。
今回は日光に行くことにしました。
・・・などと気安く決めましたが、実は日光に行くのは修学旅行以来35年ぶりです。
当時の市立小学校ではだいたい修学旅行といえば日光でした。
しかしながらどんな場所だったのか全っっっ然記憶にありません。
まあだいたい修学旅行については、訪れた場所の風景なんかよりも同級生とやらかした悪事とかその懲罰とか女子との禁断の交流とか他校との抗争とかこっそり持ち出したオールドの小瓶とかペナントとか木刀などといった方面に記憶が残っている中年紳士が多いと推察します。
あたしも小学校の修学旅行で覚えているのは男子生徒に対して先生が夜中に怪談を仕掛けた、ということくらい。
怪談でビビらせておけば夜中に宿から脱走するようなこともあるまい、という教師側の作戦だったようです。

そんなつまんない記憶しかない日光。
あまり深く考えずに出発の数日前に発作的に宿を予約。
震災の影響で日本中の観光地が影響を受けていると聞いていましたが、日光もその通りで連休直前にもかかわらず宿泊施設はどこも空室がありました。

まず最初に東照宮を目指します。
何のイントロもなくいきなり世界遺産直行。
東照宮は徳川家康をまつる神社で、豪華絢爛な陽明門が有名です。
また三猿・眠り猫など小学生にもわかりやすい見所があるのが特徴。
・・というのが東照宮基礎知識ですが、今回見に行くまで、三猿も眠り猫も陽明門の中にある彫刻だと思っていました。
実際にはそれぞれ別の建物にあります。

Sanzaru

Umaya1

三猿は「神厩舎」という神馬をつなぐ厩(うまや)にあります。
なんで厩に猿が?というと、猿が馬を守るとされているからだそうです。
しかも猿は「見ざる・言わざる・聞かざる」の3匹だけではなく、彫刻自体は8面に施されており、人間の一生を全16猿によって表しているとのこと。

Youmeimon1

Youmeimon2

Youmeimon3

で、ゴージャスでグラマラスな陽明門は三猿を通り越して右折した先にあります。
唐様なデザインと精緻な彫刻はさすがに圧巻です。
クレイジーさではさすがに金閣寺や醍醐寺といった戦国時代の建造物にはかないませんが、時代がもう少し新しいせいか、非常にポップなものを感じます。(鈴木拓調)

続いて眠り猫。

Nemurineko1

Nemurineko2

奥宮に続く参道の入り口にあり、三猿同様に門の上の彫刻です。
ただ門そのものが狭い上に多くの善男善女が写真を撮ったりするので必要以上に混雑します。

Tourou

なお境内入り口付近に銅製の灯籠がたくさんありますが、ひとつだけ地震のせいで傾いていました。
ただこれ以外には特に地震による損壊は見あたりませんでした。

Rinnouji1

午後は輪王寺に行ってみました。
東照宮の参道に隣接する天台宗の寺院総称で、東照宮よりもずっと古く奈良時代の創建です。
本堂は三体の仏像がある東日本最大の木造建築として有名です。

しかし。
昨年から始まった平成大修理のため、本堂外観は工事用の建屋に覆われていました。
(三体の仏像自体の見学は可能です)

Rinnouji2

Rinnouji3

2月に行った名古屋城と同じような光景で、工事用建屋を見学コース「天空回廊」として設定していました。
公式サイトでは「10年間だけの新名所」などといったキャッチが書いてあります。
最近の文化財は「修理中でも見せたるよ」というのがトレンドなんですかね?

Taiyuin1

東照宮の西側にある徳川家光の墓所「大猷院」にも行ってみました。

Taiyuin2

東照宮より豪華であってはならぬ、というのが家光の遺言だそうですが、金箔の使い方や色彩の鮮やかさなどはむしろ大猷院のほうがゴージャスに見えます。

Taiyuin3

Taiyuin4

夜叉門には色鮮やかな四体の夜叉像があります。
今の大河ドラマ「江」は家光の母ですが、思ったほど便乗した案内や土産品はありませんでした。

この日の宿は中心部から少し離れたところにある「ナチュラルガーデン日光」です。

Garden1

Garden2

Garden3

震災の影響で満室ではありませんでしたが、部屋も広く食事もおいしく満足しました。

Yunoko1

翌日はいろは坂を通って奥日光の湯ノ湖に行ってみました。

Yunoko2

Yunoko3

釣り人が思い思いに湖上に船を出したり岸で糸を垂れていてのどかな春の一コマ・・・のような写真ですけど、実は強風で異様に寒く、湖周りの木道には雪も残っていました。
こんなクソ寒い中釣りなんかしてたらOPP芸人の自分は間違いなく腹が冷えてゲリするはずです。

ゲリを避けるべく素早く移動し、中禅寺湖のほとりで昼食をとり、華厳の滝へ。

Kegon1

Kegon2

修学旅行で来た時に、滝壺にどばどばと流れる水を見て先生が「あそこに落ちたら田口選手でも助からない」という話をしたことを思い出しました。
昔の話で恐縮ですけど、田口選手とはミュンヘン・モントリオールオリンピックで活躍した水泳選手です。

Kegon3

で、田口選手に思いをはせつつ写真を撮っていたら、斜面にふつうにカモシカがいるのを発見。
カモシカは傾斜のきつい斜面で悠然と草を食っており、滝を見ていた観光客も半分くらいしか気づかない様子でした。

というわけで、旅はもう一日続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »