« やってない 第11回 海外一人旅 | トップページ | 聴いてない 第151回 クラウデッド・ハウス »

読んでみた 第36回 アントレ

「起業」という単語自体、ATOK変換するのは初めてではないかと思うくらいそうした話から縁遠い三流無能寄生惰性会社員のSYUNJIといいます。
何を勘違いしたのか今年最初の「読んでみた」シリーズ、雑誌「アントレ」を選択してみました。

アントレ」は独立開業やフランチャイズ・代理店募集の総合情報雑誌である。
「アントレ」とは世界一カラダの大きなレスラーのことではなく、起業家を意味するアントレプレナーという言葉から来ている。
・・などと断言してるが、もちろん今回初めて知った言葉。

Entrepreneur

年4回発行の季刊誌で、版元はリクルート
買うのはもちろん、手にとること自体が初めてである。
この雑誌、「日経アントレ」だと思っていたのだが、どうも違うようだ。
「日経アントレ」で検索するとけっこうあちこちのサイトに文字列が見つかるが、公式サイトが見あたらない。
版元が変わったということだろうか?
いずれにしても今はリクルートが作るフランチャイズビジネス情報誌ということになっている。
発行部数は2009年時点で65000部とのこと。

買った動機は不明。
特にオレも独立したろとかフランチャイズビジネスで躍進するぜとかヤクザだけどクッキー焼いたよなどという野望があるわけでもなく、なんとなく安いし薄いので買ってみただけである。
果たしてあたしはこの雑誌で無事に起業できるのでしょうか。

・・・・・読んでみた。

今回読んでみたのは冬号、500円。
判型はA4変型、218ページ。
目次はこんな感じである。

【SPECIAL.1】
裸の自分が一番強い
40代独立は捨てて始まる
 
【SPECIAL.2】
独立を妨げる心の壁
プライドの正しい捨て方講座
 
【SPECIAL.3】
あの時、頭を下げときゃよかった
脱サラ開業 聞かずの失敗30連発
 
【SPECIAL.4】
メリハリ投資で個性がキラリ★
独立のお金 かけた!削った!実例集
 
【PECIAL.5】
相場や各社の違いがわかる、リアルな先輩の話が聞ける……
FC説明会知られざる効能10
 
【SPECIAL.6】
アントレ的 100人の「起業の初夢」
40代 僕が会社を作ったら会議
 
Focus Interview
リーダーの流儀 vol.2
やるべき時は戦意むき出しでやる。
強い気持ちがチームを一丸とし、その姿は必ずお客に伝わる
横山 剣 クレイジーケンバンド(CKB)
 
【THE INNOVATION:志こそが人を熱くする】
企業経営の思考と手法で、「優良NPO」を支援する
NPO法人 チャリティ・プラットホーム/東京都港区 代表理事 佐藤大吾 AGE.37

これらは記事の目次であり、雑誌の中ほどにはフランチャイズ・オーナー募集情報が40ページくらいある。
件数は100件くらいだろうか。
事業内容はけっこう多彩で、定番のコンビニ店長募集から弁当宅配ビジネス・絵本のオーダーメイド・飲食店オーナー・保険外交・学習塾経営・メロンパン移動販売なんてのもある。

めくってみて初めてわかったのだが、要するに仕組みは求人情報誌と同じだ。
フランチャイズ本部企業から募集広告掲載料を取り、その掲載料で雑誌を編集して必要部数を発行しているのだろう。
広告掲載料はページによって全く違う。
掲載料は1/4ページ30万円が最低ランクだが、BinB(雑誌の中に小冊子を付けるタイプ)の12Pでは1540万円となっている。

で、巻末には広告の本部に対して資料請求できるハガキが綴じ込んである、という仕掛け。
こういう雑誌だったんスね。
起業や独立のための雑誌だとは知っていたのだが、どっちかっつうと心構えとか信念とか成功体験を語る「ビッグ・トゥモロウ」っぽいものをイメージしていました。

なので極端な話、雑誌自体は無料でもビジネスとしては成立しそうである。
無料にしないのは雑誌流通に乗せて販路をちゃんと確保し、需要に確実に応えるためだろう。
「R25」のように都会で働く若者だけをターゲットにしている雑誌とは違い、全国のフランチャイズ本部と独立志向読者とを結ぶ使命を果たすには、やはり雑誌流通に頼る必要があると思われる。

ただしアルバイト情報誌はもう世の中から消えつつあるのを考えれば、雑誌「アントレ」の発行意義もそろそろ検討段階に来ていると思われる。
実際に「アントレnet」というサイトが運営されており、募集広告の検索という雑誌の持つ機能はwebでも利用可能になっている。

広告の内容はともかく、路線はバイト情報誌と変わらないように思う。
すでにオーナーとして成功している人の談話や笑顔写真などが載っており、「本部の親切な指導で未経験のワタシでも安心して取り組めました」「うまく行き過ぎて怖いくらいです(笑)」などのセリフがファンクに踊っている。
なおバイト情報誌と違って募集広告ページを含めて全ページオールカラーである。
時給1000円といった世界とは全然ケタが違うところを募集するわけだから、これくらいのゴージャス感はあって当然だろうね。

そんな完全な他人事目線でぼんやり誌面をながめていたのだが、「失敗しないためのFC加盟基礎知識」というキモなページは意外に読み応えがあった。
業態ごとに求められる個人力を分類したり、開店までに必要な手続きや資金調達のノウハウなど、起業やフランチャイズ加盟なんかに全然興味のない自分でも「へぇー」と思ってつい読んでしまった。

また「読まずに起てるか!」という書籍紹介のページも、どういったチカラをつけたい場合に読む本かを分類して紹介しているのだが、別に起業を目指さないサラリーマンであっても役に立ちそうな本がたくさんある。
じゃあ紹介されてる本を買ってみたのかよと言われると何もしてないんですけど、いかにも起業家向けのムダに熱い成功本啓発本ばかりを紹介するような編集でない分、なんとなく信用できそうな気がしたのだ。(危ない?)

体裁については特に目につくような点はなかった。
表紙はやや厚いコート紙だが、本文ページはかなり薄い紙を使っている。
ページデザインも段組みも書体も級数も気になる部分は何もない。
趣味の雑誌ではないので体裁面はどうでもいい話かもしれないが、ある意味相当こなれた編集である。

なおそもそもがフランチャイズ募集広告雑誌なので、背が高くなる靴とか恋人のできるペンダントなどの商品広告は一切ない。
表4(裏表紙)は「ナッティー・ババリアン」という、テーマパークやショッピングセンター内でキャラメルナッツを販売する事業を展開する会社の広告。
さすがは「アントレ」、抜け目のない状態である。

というわけで、「アントレ」。
読んでみてあたしも起業家になろうとは全く思いませんでしたが、こういう世界もあるんだとわかったことで勉強になりました。
おそらく次号を買うことはありませんが、今回仕事に使えそうなページはスクラップでもしようかと殊勝なことを考えています。

|

« やってない 第11回 海外一人旅 | トップページ | 聴いてない 第151回 クラウデッド・ハウス »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
おお、SYUNJIさんもATOKユーザーですか!
私もパソコン事始め以来のユーザーです。会社の
パソコンにもわざわざ1個購入してインストールして
使っています。

さて、この雑誌も初めて聞きましたが、さすが
「ゆりかごから墓場まで」のリクルート、迷える
40代サラリーマン向けのサービスも抜かりありませんね。

>>「本部の親切な指導で未経験のワタシでも安心して取り組めました」
>>「うまく行き過ぎて怖いくらいです(笑)」

うーん、しかし、コンビニをはじめとするフランチャイズで
開業すると、睡眠時間がゼロになる激務、フランチャイズから
抜ける場合のオーナーと本部社員の怒号が飛び交う閉店作業
など、生々しい話しの方が本当は役に立つと思うのですが。

夢だけを与えるリクルートも、ある意味で罪作りな情報産業
ですね。

投稿: モンスリー | 2011.01.16 20:47

モンスリーさん、コメント感謝です。
あたしもATOKはずうっと使ってますね。
IMEはどうもなじめず、会社でも家でもATOKです。

>40代サラリーマン向けのサービスも抜かりありませんね。

特に40代限定ではないと思いますけど、ターゲットはやはりサラリーマンに見切りをつけたい年頃の人たちでしょうね。

>夢だけを与えるリクルートも、ある意味で罪作りな情報産業ですね。

いやーさすがに今は読者の目も肥えてる上に、ネットという妙な情報源もありますので、いいことばかり書く雑誌もかえって信用されなくなってる気もしますね・・
この雑誌読んで希望しか感じないヒトってのもあまりいないような・・
ちなみにフランチャイズビジネス専門の展示会に仕事で何度か行ったことがあります。
素人目線で見てると意外におもしろいです。

投稿: SYUNJI | 2011.01.16 21:40

SYUNJIさん、まいど♪
今年もよろしくお願いいたします。ATOKユーザーで最近まで仕事の過去の文章がほとんど一太郎だったchikazoと申します。
おお、いよいよSYUNJIさまも脱サラ。新年早々、普段はコンビニ店長、お昼はバイクで弁当宅配して、絵本のオーダーメイドと保険外交をネットで展開しつつ、全国のブログ友達にメロンパン移動販売にやってくるのかと、勝手に妄想してしまいました。^^
・・・と、まあ。ぷく先輩の一党のため暴走妄想しがちですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: chikazo | 2011.01.18 00:00

ちかちゃん毎度です。
ATOKユーザーですが一太郎は使っていないというハンパなあたしです。

>普段はコンビニ店長、お昼はバイクで弁当宅配して、絵本のオーダーメイドと保険外交をネットで展開しつつ、全国のブログ友達にメロンパン移動販売にやってくる

わははは!並べるとすごいことになりますね。
そのうちぷく先輩が軽トラにメロンパンを満載して小食なあたしに売りつけにくるような予感がします・・

あたしも正月早々バカな妄想ばっかですが、こちらこそよろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2011.01.19 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/50595836

この記事へのトラックバック一覧です: 読んでみた 第36回 アントレ:

« やってない 第11回 海外一人旅 | トップページ | 聴いてない 第151回 クラウデッド・ハウス »