« 読んでみた 第35回 ハルク・ホーガン わが人生の転落 | トップページ | やってない 第10回 犬を飼う »

聴いてみた 第79回 ディープ・パープル その6

ヤァ!ヤァ!ヤァ!こんばんわこんばんわ!
ボクちんの趣味はズバリ、音楽鑑賞。
特にレッド・ツェッペリンは全てのアルバムを制覇しています。
胸いっぱいの愛で死にかけて君から離れられないボクちんをヨロシク!

・・・・書いていて全身の毛穴が開くような不快感を覚えている自虐ブロガーのSYUNJIといいます。
きっと70年代のヤングの中にはこんな挨拶をラジオの深夜放送番組に投稿し読まれてはふとんの中でひとりどや顔をしていた方もおられたことでしょう。(本当か?)

さて一方のパープルですが(←ひどいフリ)、このバンドの場合アルバムによっては「パープルの作品」としての評価はかなり微妙なものもあるようで、全盤制覇は案外難しいのが実状です。
みなさんもお気づきのとおり、メンバーチェンジが激しすぎるというエレガントな理由からです。
リッチー不在・ジョン不在のアルバムを、「パープルの作品」とは認めないファン心理は、こんなあたしでも理解できます。
そんな中でこれなら鉄板パープル代表作として間違いなく衆議院も通過するであろう「Machine Head」。
今回ようやく聴いてみました。(遅い・・・)

Machine_head

「Machine Head」は72年の作品である。
内乱の予感が充満する第2期、メンバーは世界の御大リッチー・ブラックモア、鍵盤のCEOジョン・ロード、流浪の宿敵イアン・ギラン、戦いの好々爺ロジャー・グローバー、財形貯蓄型ドラマーのイアン・ペイス。
前作「Fireball」よりももっと激しさを追求した、最も濃紫色と評される歴史的名盤である。
録音は当初はスイスのモントレーにある野外ステージでライブ調に行う予定だったが、先にフランク・ザッパ&マザーズがコンサートをやっていて、どっかのバカが火を放ち建物が炎上、火の粉がパチパチ・・という、「湖上の煙」に歌われたとおりの展開で一時頓挫。
しかたなく近くの別の場所で録音を始めたが、あまりの近所迷惑な大音量でその都度苦情が来ては中断・別の場所に移動し、ようやくホテルの廊下で録音し完成をみたという、なんかアマチュアバンドのような話ではある。
こんなエピソードもファンの間では当然よく知られているはずだ。

頂点を極めたと言われる「Machine Head」。
三流リスナーのあたしでもすでに知っている曲はいくつかある。
果たしてあたしは殺到する苦情をかわしてホテルの廊下で大音量で聴くことができるでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1.Highway Star ハイウェイ・スター
今さら説明不要・問答無用の「高速道路の星」。
あまり注意して聴いたことはなかったが、ベースラインの裏メロが意外に楽しい。
構成としてはこれ以上ない王道ロックだ。
高校の頃多くの友人がこの曲を必死にコピーしていて、ギターソロの後半で誰もがグダグダになってしまう情景が思い浮かぶ。
御大への道は遠く険しいことがよくわかる名曲。

2.Maybe I'm A Leo メイビー・アイム・ア・レオ
初めて聴く曲だ。
やや粘り気のあるリズムと、どこか哀れなサウンド。
あまり好みの曲調ではない。
パープルの曲によくあるパターンだが、ギランのムダな叫びとかはないので安心して聴ける。
ペイスのロールなドラムもまあいい感じだ。

3.Pictures Of Home ピクチャーズ・オヴ・ホーム
これも初めて聴く。
メロディは決して明るくないのだが、少しテンポアップしたリズムがなぜかうきうきさせる。
この曲はリッチーのギターよりもジョンのキーボードが目立つ。
ちょっとプログレっぽい音がする。

4.Never Before ネヴァー・ビフォア
ここまで聴いてきたパープルの曲とは少し違う。
ギランのボーカルはいつもどおりだが、メロディがややポップだ。
なんて言うんだろ、表メロのない感じが最後まで続くような曲。

5.Smoke on the Water スモーク・オン・ザ・ウォーター
高校文化祭の定番、「湖上の煙」。(80年代の高校文化祭でもマジメにコピーしてる学生がまだいた)
イントロは日本の童謡「はとぽっぽ」のオマージュという都市伝説?もあるくらいに有名である。
歌詞に文学的叙情的なものはなく、情景をそのまま感情こめて歌うという紫の教科書どおりの展開がここにある。
間奏の部分のペイスのスキップするようなドラミングも、あらためて聴いていくと秀逸なものがある。
・・・のだが、後半から終盤、ドラムが少し行き急いでいるんだけど、これっていいの?

6.Lazy レイジー
実はアルバム中この曲が最も長い、大作「Lazy」。
リッチーのギターがのびのびしている。
基本ブルースなんだが、進行や構成はジャズに近い気がするのは、ロジャーとペイスのリズムのせいだろう。
後半やっとギランが登場。
この人の高音シャウトは正直あまり好きではない。
ラストに若干の転調をまじえて終了。

7.Space Truckin' スペース・トラッキン
王様には「宇宙のトラック野郎」と訳された名曲だが、Truckinのホントの意味は「交流」らしい。
中盤ギランが「カモン!」の連呼でややバテてるように聞こえる。
この曲にはドラムソロと言っていい部分もあるのだが、もっと長く激しく主張してもいいと思う。
最後の曲のエンディングにしてはちょっと淡泊にフェードアウト。

聴いてみて思うのは、やはりゴージャスなアルバムだという点である。
結果的に非常に有名な曲が集まっているのでそういう感想になるのだが、裏をかえせばパープルってバンドは曲単位評価が多い、ということなんだろう。
第2期の3作品の中では最もバランスのとれたアルバムだと思う。
じゃあアンタの好みもこれが一番なのかしら?とマツコ・デラックスに詰問されたら、「・・・違うかもしれません」と動揺してしまうような位置づけ。(あまり伝わらない)
正直、「In Rock」「Fireball」との好みの差はそれほどない。
このあたりもツェッペリンの作品とは感覚が異なるところが不思議だ。
(自分の場合、ツェッペリンのアルバムには明確な好みの序列がある)

ポンコツジャケットで鳴らすパープルだが、「Machine Head」も相当なものがある。
タイトルとどう関連しているのか不明だが、壁の前にいるゆがんだメンバーの姿。
うーん・・・
ロジャー爺さんもデザインに参加してるらしいが、なんかサウナっぽい絵で購買意欲をかき立てるものではないと感じる。
発売当時の評価はどうだったのか、パープルのアルバムについてはいつも気になる。

いずれにしてもこれでパープル検定受講のための必要な単位をとれたのではないかという安心感はある。
逆に未聴のうち課題盤と思っているのは、第2期の「Who Do We Think We Are(紫の肖像)」、第3期「Stormbringer(嵐の使者)」、少し下って第7期「The Battle Rages On(紫の聖戦)」である。
これらをなんとか早いとこ聴き終えて、真のパープルマニアと呼ばれるよう精進したいと思います。

|

« 読んでみた 第35回 ハルク・ホーガン わが人生の転落 | トップページ | やってない 第10回 犬を飼う »

コメント

こんにちは!たまに見させてもらってます。
Who Do We Think We Are!は渋くておすすめ、Stormbringerなら、まあまあ行けるでしょう!
The Battle Rages Onを聞くと悲しくなるので…。レンタルでも損した気分になるかも知れませんよ。再結成後は生彩を欠くものが多いです。特にライブとかは…。以上昔のパープルマニアでした。
zepは一枚めやプレゼンス、インスルージアウトドアが好みです。コーダも好きだったりして…。

投稿: mymy | 2010.11.30 12:28

SYUNJIさん、こんばんは。
歴史的名盤ですが、例によって一度も聞いたことが
ありません。正確に申しますと、手持ちのベスト盤
と「ライブ・イン・ジャパン」に数曲収録されて
いますので、それだけ知っています。

が、パープルの項目では何度も書きましたが、
ライブバージョンを一度聞いてしまいますと、
スタジオテイクがどうしても聞けなくなってしまう
のです。
しかしそうも言っていられませんので、久しぶり
にベスト盤を聞いてみました。

・・・・ああ、違いがわかりました。当たり前ですが、
ギランのボーカルがきれいすぎるのです。
これも当たり前ですが、御大とロードのバトルが
短いです。しかし長ければいいというものでも
なく、「ライブ・イン・ジャパン」の「スペース・
トラッキン」は長すぎるので、スタジオテイクの
方がいいなあと改めて思いました。

うーん、やはりパープルは私には壁が高そう
です。ちなみに最初期のパープルはロード色
が強く、「アートロック」と呼ばれていたとか。

投稿: モンスリー | 2010.11.30 22:07

こんばんは。
スモーク・オン・ザ・ウォーター
高校文化祭の定番、2008年当時高校二年だったうちの娘も学祭で演ってましたよ。。今でも文化祭の定番のようです。。多分にその子達の親の影響もあるような気がしますが。。

投稿: kar | 2010.11.30 23:40

こんにちは、JTです。

Machine Headは、ライブで定番の曲が多いですが、
私は定番でない曲(2~4)も結構好きです。

特に4Never BeforeはSYUNJIさんが言われる様に、ポップでよいです。珍しくジョン・ロードがエレピを弾いています。マーシャルにプラグを突っ込んでいるのでしょうか、歪んでいますね(笑)。

投稿: JT | 2010.12.02 06:23

mymyさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

>The Battle Rages Onを聞くと悲しくなるので…。レンタルでも損した気分になるかも知れませんよ。再結成後は生彩を欠くものが多いです。

あ、やはりそうですか・・
「紫の聖戦」には「Anya」という曲があってけっこう気に入ってはいるんですが、アルバムの評判はかなり厳しいらしいですね。

>zepは一枚めやプレゼンス、インスルージアウトドアが好みです。

あたしはIV・II・Iの順で好きですね。
「聖なる館」以降はロバートの声が違うんでどうもなじめずにいます・・

モンスリーさん、こんばんは。

>・・・・ああ、違いがわかりました。当たり前ですが、ギランのボーカルがきれいすぎるのです。

あたしもパープルの変なライブ盤を持ってますが、ギランの声がかなり割れてますね。
この人ホントのところ歌がうまいのかどうかもよくわからなくなってきました・・

>うーん、やはりパープルは私には壁が高そうです。

そうですか・・
でもあたしも結局パープルよりもツェッペリンを聴く頻度が未だに高い状態です。

karさん、コメントありがとうございます。

>高校文化祭の定番、2008年当時高校二年だったうちの娘も学祭で演ってましたよ。。

えええ~??本当ですか?
すごい話だなぁ・・もはやクラシック名曲と同じですね。
リッチー御大は日本で定番になってることは知ってるんでしょうかね?

JTさん、こんばんは。

>私は定番でない曲(2~4)も結構好きです。

自分の好みかどうかは微妙ですが、けっこうバラエティに富んだ感じがしますね。

>特に4Never BeforeはSYUNJIさんが言われる様に、ポップでよいです。

そうですね、パープルにしてはポップで変わった感じがしました。
「ウーマン・フロム・トーキョー」などにも通じるような、妙な明るさを持っている気がします。

投稿: SYUNJI | 2010.12.03 23:50

>ヤァ!ヤァ!ヤァ!こんばんわこんばんわ!
ボクちんの趣味はズバリ、音楽鑑賞。
特にレッド・ツェッペリンは全てのアルバムを制覇しています。
胸いっぱいの愛で死にかけて君から離れられないボクちんをヨロシク!

キャハハ つかみはokなこの出だし!、スゴォイっ! おもしろすぎる・・・
まるでキル・ザ・キングを初めて聴いた時のような衝撃!

またまた失礼しました、四季夏子でした。

投稿: | 2013.06.27 13:17

四季夏子さん、こんばんは。
この記事、あらためて読むとひどいマクラですね・・・
しかもパープルの記事なのにツェッペリンとか書いてるし・・
でもよく考えたらパープルの曲って邦題があまりないですね。
「湖上の煙」「高速道路の星」とか付けてたら定着したかもしれないのに・・(適当)

投稿: SYUNJI | 2013.06.28 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/50155562

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてみた 第79回 ディープ・パープル その6:

« 読んでみた 第35回 ハルク・ホーガン わが人生の転落 | トップページ | やってない 第10回 犬を飼う »