« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

聴いてみた 第79回 ディープ・パープル その6

ヤァ!ヤァ!ヤァ!こんばんわこんばんわ!
ボクちんの趣味はズバリ、音楽鑑賞。
特にレッド・ツェッペリンは全てのアルバムを制覇しています。
胸いっぱいの愛で死にかけて君から離れられないボクちんをヨロシク!

・・・・書いていて全身の毛穴が開くような不快感を覚えている自虐ブロガーのSYUNJIといいます。
きっと70年代のヤングの中にはこんな挨拶をラジオの深夜放送番組に投稿し読まれてはふとんの中でひとりどや顔をしていた方もおられたことでしょう。(本当か?)

さて一方のパープルですが(←ひどいフリ)、このバンドの場合アルバムによっては「パープルの作品」としての評価はかなり微妙なものもあるようで、全盤制覇は案外難しいのが実状です。
みなさんもお気づきのとおり、メンバーチェンジが激しすぎるというエレガントな理由からです。
リッチー不在・ジョン不在のアルバムを、「パープルの作品」とは認めないファン心理は、こんなあたしでも理解できます。
そんな中でこれなら鉄板パープル代表作として間違いなく衆議院も通過するであろう「Machine Head」。
今回ようやく聴いてみました。(遅い・・・)

Machine_head

「Machine Head」は72年の作品である。
内乱の予感が充満する第2期、メンバーは世界の御大リッチー・ブラックモア、鍵盤のCEOジョン・ロード、流浪の宿敵イアン・ギラン、戦いの好々爺ロジャー・グローバー、財形貯蓄型ドラマーのイアン・ペイス。
前作「Fireball」よりももっと激しさを追求した、最も濃紫色と評される歴史的名盤である。
録音は当初はスイスのモントレーにある野外ステージでライブ調に行う予定だったが、先にフランク・ザッパ&マザーズがコンサートをやっていて、どっかのバカが火を放ち建物が炎上、火の粉がパチパチ・・という、「湖上の煙」に歌われたとおりの展開で一時頓挫。
しかたなく近くの別の場所で録音を始めたが、あまりの近所迷惑な大音量でその都度苦情が来ては中断・別の場所に移動し、ようやくホテルの廊下で録音し完成をみたという、なんかアマチュアバンドのような話ではある。
こんなエピソードもファンの間では当然よく知られているはずだ。

頂点を極めたと言われる「Machine Head」。
三流リスナーのあたしでもすでに知っている曲はいくつかある。
果たしてあたしは殺到する苦情をかわしてホテルの廊下で大音量で聴くことができるでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1.Highway Star ハイウェイ・スター
今さら説明不要・問答無用の「高速道路の星」。
あまり注意して聴いたことはなかったが、ベースラインの裏メロが意外に楽しい。
構成としてはこれ以上ない王道ロックだ。
高校の頃多くの友人がこの曲を必死にコピーしていて、ギターソロの後半で誰もがグダグダになってしまう情景が思い浮かぶ。
御大への道は遠く険しいことがよくわかる名曲。

2.Maybe I'm A Leo メイビー・アイム・ア・レオ
初めて聴く曲だ。
やや粘り気のあるリズムと、どこか哀れなサウンド。
あまり好みの曲調ではない。
パープルの曲によくあるパターンだが、ギランのムダな叫びとかはないので安心して聴ける。
ペイスのロールなドラムもまあいい感じだ。

3.Pictures Of Home ピクチャーズ・オヴ・ホーム
これも初めて聴く。
メロディは決して明るくないのだが、少しテンポアップしたリズムがなぜかうきうきさせる。
この曲はリッチーのギターよりもジョンのキーボードが目立つ。
ちょっとプログレっぽい音がする。

4.Never Before ネヴァー・ビフォア
ここまで聴いてきたパープルの曲とは少し違う。
ギランのボーカルはいつもどおりだが、メロディがややポップだ。
なんて言うんだろ、表メロのない感じが最後まで続くような曲。

5.Smoke on the Water スモーク・オン・ザ・ウォーター
高校文化祭の定番、「湖上の煙」。(80年代の高校文化祭でもマジメにコピーしてる学生がまだいた)
イントロは日本の童謡「はとぽっぽ」のオマージュという都市伝説?もあるくらいに有名である。
歌詞に文学的叙情的なものはなく、情景をそのまま感情こめて歌うという紫の教科書どおりの展開がここにある。
間奏の部分のペイスのスキップするようなドラミングも、あらためて聴いていくと秀逸なものがある。
・・・のだが、後半から終盤、ドラムが少し行き急いでいるんだけど、これっていいの?

6.Lazy レイジー
実はアルバム中この曲が最も長い、大作「Lazy」。
リッチーのギターがのびのびしている。
基本ブルースなんだが、進行や構成はジャズに近い気がするのは、ロジャーとペイスのリズムのせいだろう。
後半やっとギランが登場。
この人の高音シャウトは正直あまり好きではない。
ラストに若干の転調をまじえて終了。

7.Space Truckin' スペース・トラッキン
王様には「宇宙のトラック野郎」と訳された名曲だが、Truckinのホントの意味は「交流」らしい。
中盤ギランが「カモン!」の連呼でややバテてるように聞こえる。
この曲にはドラムソロと言っていい部分もあるのだが、もっと長く激しく主張してもいいと思う。
最後の曲のエンディングにしてはちょっと淡泊にフェードアウト。

聴いてみて思うのは、やはりゴージャスなアルバムだという点である。
結果的に非常に有名な曲が集まっているのでそういう感想になるのだが、裏をかえせばパープルってバンドは曲単位評価が多い、ということなんだろう。
第2期の3作品の中では最もバランスのとれたアルバムだと思う。
じゃあアンタの好みもこれが一番なのかしら?とマツコ・デラックスに詰問されたら、「・・・違うかもしれません」と動揺してしまうような位置づけ。(あまり伝わらない)
正直、「In Rock」「Fireball」との好みの差はそれほどない。
このあたりもツェッペリンの作品とは感覚が異なるところが不思議だ。
(自分の場合、ツェッペリンのアルバムには明確な好みの序列がある)

ポンコツジャケットで鳴らすパープルだが、「Machine Head」も相当なものがある。
タイトルとどう関連しているのか不明だが、壁の前にいるゆがんだメンバーの姿。
うーん・・・
ロジャー爺さんもデザインに参加してるらしいが、なんかサウナっぽい絵で購買意欲をかき立てるものではないと感じる。
発売当時の評価はどうだったのか、パープルのアルバムについてはいつも気になる。

いずれにしてもこれでパープル検定受講のための必要な単位をとれたのではないかという安心感はある。
逆に未聴のうち課題盤と思っているのは、第2期の「Who Do We Think We Are(紫の肖像)」、第3期「Stormbringer(嵐の使者)」、少し下って第7期「The Battle Rages On(紫の聖戦)」である。
これらをなんとか早いとこ聴き終えて、真のパープルマニアと呼ばれるよう精進したいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

読んでみた 第35回 ハルク・ホーガン わが人生の転落

今回読んでみたのはあのハルク・ホーガンが書いた自伝の翻訳本である。
タイトルは「わが人生の転落」。
原題は「My Life Out Side The Ring」。
生い立ちからミュージシャンを経てレスラー入門、リング上で絶頂を極めるまでの経緯、映画スターとも競演した華麗な経歴と、離婚騒動・息子の交通事故などの私生活でのダメージ部分を描いた内容である。

Hogan

版元は双葉社、2000円。
共著者マーク・ダゴスティーノ、訳者は森本恵介。
336ページで厚さ3cmの大作だが、4時間くらいで読み終えた。

ハルク・ホーガンが書いた本は実はその昔読んだことがある。
1983年頃の本で、確かタイトルは「プロレス仁義なき大戦争」だった。
すでにブッチャーが書いたとされる本「プロレスを10倍楽しく見る方法」が続編も合わせてけっこう売れたこともあり、当時のホーガン人気にも乗っかってゴーストが書いたものと思われる。
当時はレスラーだけでなく村松友視や栃内良といった作家によって確立された「プロレス本」というジャンル全体に活気があり、よき時代であった。

さて「わが人生の転落」の内容だが、多くの日本人プロレスファンにとっても、あまり知られていないことが多いと思う。
ホーガンがあまり新日本に参加しなくなって以降の話は、相当詳しく追っかけていた人でなければ知り得ない情報だろう。

アメリカでのプロレスに関する話は、日本で人気があったホーガンの姿とは少し違った印象を受ける。
実際たまに本国でのホーガンの試合の映像を見たことがあったが、日本では明らかにファイトスタイルを変えていたことがはっきりとわかる。
これはホーガンに限った話ではなく、ブッチャーもドリーもブロディも、日本に来たら日本人が喜びそうなスタイルに変えていたのだ。

多少残念なのは日本でのプロレス生活のエピソードがほとんどないことだ。
新日本や猪木の名前もほとんど出てこない。
ただ日本で人気があったことを誇りに思っているといったくだりがあるので、ホーガンは日本での活動は気に入っていたようだ。

映画「ロッキー」に出演した時のエピソードは、名作漫画「プロレススーパースター列伝」に掲載されていた話とそれほど違わない。
あの漫画は梶原センセイの演出が多分に散りばめられており、冷めた読者からは「ウソが多い」なんて評価をされていたものだ。
シルベスター・スタローンから「自分を力いっぱい叩いてみてくれ」と頼まれ、75%くらいの加減で背中にハンマーパンチを落としたら、スタローンはそのまま崩れ落ちた。
しかし鼻血を出しながらも立ち上がり、「合格だ」と告げるスタローンのプロ根性に敬服した、と書いてある。
描写は若干違うが、このやりとりは「プロレススーパースター列伝」のとおりである。

本の後半はほとんどがホーガンの私生活のゴタゴタを綴ったものになっている。
読み進むのがつらくなるほどキツイ話だ。
離婚の話なので奥さん側の言い分も聞かないとフェアな判断はできないと思うが、ホーガンの主張どおりの女性だとすると、こういう人と暮らすのは非常に厳しいよなぁ・・・という感想になる。
アルコール依存の傾向もあるようで、息子より若い恋人を作ったりして、ホーガン自身かなり追いつめられていたらしい。
また息子の交通事故は最近(2007年)起きた話で、書かれている限りでは同乗者である息子の友人ジョンは大ケガから再起もしていないようだ。
しかもジョンの父親というのがあまりいい筋の人ではないようで、ホーガンから多額の賠償金をせしめようと息子の生命維持装置をはずしそうとしたりしたらしい。
(後にこの父親は知人を使って妻を殺そうとした容疑で逮捕された、と書いてある)
日本でもこうした苦労を抱える人はいるかもしれないが、やはり出てくる話は病んだアメリカの象徴のような「闇」の部分である。
この二重苦により一時は自殺まで考えたホーガンだが、あるスピリチュアルな本とその著者に出会い、今では精神的に復活途上にあるところと記されている。

ホーガンはブロディほどではないが、自分にとっては好きなレスラーの一人だ。
新日本の放送はあまり見なかったのだが、ホーガン人気が高まるに連れて見るようになっていったという感じだ。
IWGP決勝戦で猪木をKOしたあの試合もテレビで見ており、ホーガンの動きや猪木の倒れる姿、古館の絶叫などは今でも脳内再生がけっこう可能なくらい記憶に残っている。

そんなパワフルかつクールなホーガンが、実はその後の人生でここまで苦悩し追いつめられていたとは全く知らなかった。
かつての多くの人気外人レスラーは、当たり前だが日本ではほぼ全員が「過去の人」だ。
ブルーザー・ブロディ、アンドレ・ザ・ジャイアント、ディック・マードック、アドリアン・アドニス、スティーブ・ウィリアムス、テリー・ゴディ・・・彼らは過去どころかこの世にもいない。
当時と同じようなウェーブは二度とないことを、この本を読み進めるだけでも痛感させられるような気がした。

ホーガンの苦悩と、アメリカの持つ闇の話にかなり気が重くなるが、最後に書かれている、ホーガンが再起に向けて希望を捨てていないことが救いである。
楽しい昭和のプロレスの思い出を持つ日本の人々にとっては意外な内容ではありますが、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やってない 第9回 接待

サラリーマンの必修科目、接待。
定義は業種や職務によって違うだろうが、基本的な路線としては、自分の側にとって非常に近い将来なにがしかの営利を相手に期待しつつ、主に飲食において経費を使って取引先の要人を歓待する・・という、小難しく言うとそういうところだと認識している。
場合によって飲食が飲酒になったり風俗になったりゴルフに行ったりマニラやバンコクになったりするのだろう。
接待卓球とか接待柔道ってのはたぶんないと思う。

ということで、上記の定義に当てはめた場合、自分には接待の経験はほとんどありません。
だいたい酒も飲めず小食でヨイショはおろか世間話もおぼつかないし普段話している日本語もカタコト寸前のポンコツ会社員なので、まあそんなヤツに会社側が接待させませんわ。おカネもったいないし。
長く会社にいるけど、営業職についたことが全くないので、そもそも接待の機会そのものもほとんどなかった。

なので接待の現場というのがどういう状況なのか、実はテレビドラマとか漫画の情報でしかわかっていないのである。
昔読んだ「島耕作」に、島さんが取引先から裸踊りを強要される場面がありましたけど、あーいう昭和な接待ってのが未だにハバきかせてる業界ってまだあったりするんでしょうか?
長くサラリーマンやっていて、そういう泥の部分を実は知らない、というのは幸せなことかもしれない。

しかしながらどんな会社にも、仕事はそれほどじゃないけど接待の場では超人的なチカラを発揮する男、というのがいると思う。
それはそいつの「優れた能力」であり、日本においては会社がそれをうまく使うことが重要なのだ、と今さらながら思います。
なぜならば、そういうチカラはたとえどんなに研鑽しても結局は個人の資質と才能に依存するからだ。
もし、日販が(別に日販でなくてもいいですけど)「接待検定」なんてのを実施したら、きっと全国からウデと肝臓に覚えのあるサラリーマンが続々と会場に登場するんじゃないだろうか。

あたしはサラリーマンの必修科目の中では麻雀しかやらないが、この技能を接待に使ったことは一度もない。
21世紀の今、接待麻雀というのがまだ実施されているのか不明だけど、楽しくはないだろうなぁ。

接待というほどカタイ場ではなかったが、取引先の人と飲食する場面には、若い頃何度か出席したことはある。
当時は日本を代表する某電子部品メーカーからの受注業務を担当していて、たまに先方からこちらに出向いてもらって商談することもあり、そんな日は会社の近所にあった「経費で落ちるが味も落ちる」という絶望的にいまいちな寿司屋にご案内するのである。
まあ若い頃はふだんの食事にロクなもん食ってなかったので、会社のカネで寿司が食えていいやくらいにしか考えていない、緊張感の欠落した低能社員だった。
正直に言うが、我が社は今はそんな交際費なんぞ絶対に認められない。

当時自分の上司は接待上手というほどの才覚はなかったが、それなりに一通りの作法は身に付けており、役員に呼ばれて銀座に出動したり、先方のエライ人に誤ってかなり年かさのお姉さんをあてがってしまったりという漫画のようなことをしていた。

バブルのさなかのとある日、役員と上司と先輩の3人で取引先の方を接待の後、先方の行きつけである銀座の店に行った時の話。
当然接待に使えないSYUNJI君は参加を却下され一人残業。
なので以下は先輩の話をもとに再現しています。
その先輩は当時30歳手前くらいだったが、もちろん銀座の一流店なんて初めてでそりゃもう大興奮。(←表現が昭和)
見たこともないくらいの美しいお姉さんと飲んだこともない高級酒ですっかり気分がよくなり、帰りがけにママに「また来ます」と挨拶したら「アンタの会社の給料じゃ二度と来られないわよ」とあしらわれた、そうです・・

同じ取引先から別の技術系社員が上京した際、会議の後で上司はなぜか「所用がある」とかでさっさと帰ってしまい、たまたま自分しかカラダが空いておらず、前述のさえない寿司屋で歓待したことがある。
先方も寡黙な技術者で、酒は飲むが特に話をふることもなく、こちらの問いかけに答える程度で会話が進まず、さんざん盛り下がったあげく1時間ほどでお帰りになりました。
お見送りした後どっと疲れが出たことを覚えている。
しかも翌日先輩に聞いたら、上司はなんと接待をほったらかしてバイトの女の子を誘って飲みに行くことを画策していたというのだ。
画策しただけでバイトには無視されたので実行は失敗したそうだ。
部下に接待を押しつけておいてテメエはナンパかよ!と激怒したのだが、おもしろいので先輩と二人で上司のナンパ失敗を若干脚色して会社中にふれてまわりました・・(バカ会社)

そんなわけで、接待。
あたしの場合もはや会社からそんな場面をあてがわれる可能性もまずありませんが、皆様のご経験で「こんな変わった接待をした・された」とか「こんなヘンな人を接待した」など、接待にまつわる香しいお話をお聞かせいただけたらと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

聴いてない 第149回 ブラー

聴いてないシリーズもまもなく150回を迎えようとしており、ネタもすっかり枯れてもう聴いてないものなんかないですよ先輩と三軒茶屋のCD店内で豪語したくなったのですが、ありましたよ先輩、まだ聴いていない強豪バンド。
ブラーです。

ブラー、聴いている曲は1つだけなので聴いてない度は2。
「Girls & Boys」という曲なのだが、たぶん図書館で借りた「NOW」系のオムニバスCDにあったのだと思われるなう。(←大スベリ)
アルバムは全く聴いていない。
「Girls & Boys」は特に好みの楽曲ではない。
なんとなく若いあんちゃんたちが集まって粗野にわうわう歌ってる感じで、美しいメロディに圧倒されたりものすごいギターテクに感動したり・・ということもなかった。
出会いがこんな感じなので、それ以上のことは何もしていない。

90年代以降の人気グループと認識しているので、情報も極端に不足している。
メンバーで知ってるのはデーモン・アルバーンだけだ。
ただし顔まではわからないし、そもそも何人組バンドなのかもよくわかっていない。
あとブラーってどういう意味なのかも実は知らない。
今日のところは以上である。

・・・といってこのままスタジオにお返しするのもあんまりなので、ブラーについてゆるい国勢調査を開始。
89年イギリスで結成され、翌年ブラーと改称し「Leisure」というアルバムでデビュー。
メンバーはデーモン・アルバーン(Vo・K・G)、グレアム・コクソン(G)、アレックス・ジェームス(B)、デイヴ・ロウントゥリー(D)の4人。
サイケ・ブリットポップ・ダンス・バラード・グランジなど、90年代のアーチストに特徴的な、音楽性の変更を実行して人気を確立してきた。
95年「The Great Escape」を発表し、デーモンは「ブリットポップは死んだ」と発言。
97年にバンド名と同じアルバム「Blur」を発表。
このアルバムではアメリカで台頭していたグランジ・オルタナの影響を強く受けた形で変貌をとげているそうだ。
2003年グレアムが脱退し、しばらくしてバンドは活動を休止するが、2008年にはグレアムが復帰してベスト盤を発表。
今年はシングルも出たそうです。

ネットで拾ったブラー情報をつなぐとこんな感じだが、デーモンが「ブリットポップは死んだ」と発言したことは有名なので覚えている。
ただそれ以外のことは全く知らない。

ネットで調べるとアルバムでも「Blur」がおすすめと書いてあるサイトやBLOGが多いように思う。
ブリットポップなどともてはやされた音楽から脱却し、グランジ・オルタナ色を帯びた変革の一枚、という評価のようだ。
この後バンドとしては失速しているようなので、最も輝いていた時のアルバムとして高く評価されているのかもしれない。

ブラーと言えば有名なのがオアシスとの対立抗争である。
特にデビュー間もない94・95年あたりは激しいセールス競争が繰り広げられたそうだ。
94年にオアシスはデビューアルバムで初登場1位の快挙。
続く95年のブリット・アワォードでは新人賞獲得。
しかし年間ベスト・バンドはブラーが受賞し、ベストアルバムもブラーの「Park Life」。
オアシスの「Roll With It」は、ブラーの「Country House」と同じ日に発売されたが、1位を獲得したのはブラーの方だった・・・
今んとこオアシスはほぼ解散状態らしいので、この戦いは最終的にはブラーが勝利した形になるんだろうか。

よく聞いたのがデーモンとリアム・ギャラガーの仲の悪さである。
リアムは「世界で一番嫌いなタイプのミュージシャン」としてデーモンを名指ししたり、オアシスのライブ会場では「blur : are shit!(ブラー・・ヤツらはうんこだ!)」と書かれたTシャツが売ってたり、という朗らかな話題が多いのがこの人たちである。
まあ互いに切磋琢磨して成長していったのなら喜ばしい話だが、おそらくレコード会社や事務所やマスコミによる演出の部分は相当あったんじゃないかと思う。
実際のところデーモンとリアムがホントに仲が悪かったのかはよくわからない。
そもそもリアムって人もお兄ちゃんも含めてムダに敵の多いミュージシャンらしいので、からまれたブラー側も迷惑だったのかもしれないけど・・

これからブラーを聴くとなると、昨年入門編としてのベスト盤が出ており、ロッドの名曲「Maggie May」もカバーしているとのことなので、まずはこれを試すのがよさそうである。
ベスト盤で様々な時代の音を聴いて、気に入った時代のアルバムに横展開しようと甘い作戦をぼんやりと思い描いておりますが、「先にこれを聴け」というアルバムがあれば、ご指導いただけると助かります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »