« 読んでみた 第34回 ラジオライフ | トップページ | 行ってみた 第18回 京都 保津峡・嵐山・法金剛院 »

行ってみた 第17回 京都 三室戸寺・平等院・藤森神社

ポンコツ人見知り気にしすぎ旅芸人のSYUNJIといいます。
実は先週末はカゼで倒れており、東京国際ブックフェアや世話になった人の通夜など一切の予定をキャンセル。
夏カゼはタチが悪いと言われますが、まー今回のカゼも症状がえげつないことこの上なかったです。
熱や食欲方面はそれほど重い症状ではなかったんですが、ノドの痛みが吐き気を誘発し、1分おきにオエッとなる始末。
南千住駅でユラユラ揺れてる二日酔いのサラリーマンみたいな状態で仕事をしていました。
吐き気がなんとか治まったら頭痛。
BLOGもすっかり放置してしまいましたが、誰からも捜索願いが出ず、世界経済には何の影響もございませんでした。

実は先月、そのカゼの合間に京都に行っていました。
いいかげん自分でもしつこいと思いますが、やはり半年に1回くらいは行かないと気がすまないようです。
なぜここまで京都はあたしをひきつけるのでしょうか。
「もしかして、先祖は公家かも・・」とつぶやいてみたりしますが、誰も相手にしません。
公家はどうでもいいのですが、特に今年は桜の時期もゴールデンウィークも京都はおろか東京スカイツリーくらいしか行けませんでしたので、ややキレ気味に旅行代理店で京都行きの予約。
梅雨の季節なんで宿は簡単にとれました。

で、こんな梅雨のさなかに見所なんぞあるのか?と言うと、そこは戦いのワンダーランド京都。
あじさいの名所がいくつかあるのです。
まああじさいなんて地元の鎌倉でなんぼでも見られるんですけど、京都のあじさいをマジメに見たことがなかったので、テーマはあじさい鑑賞京都1泊2日の旅としました。

ムダに朝早い時間の新幹線で京都駅に到着。
まずはあじさいでは京都で最も有名な三室戸寺に向かいます。
以前紅葉の季節に来たことがあったのですが、あじさいの時期にいつか来たいと思っていたお寺です。
前回は京阪三室戸駅から歩きましたが、かなり距離がありました。
この季節はあじさい見物客が多いので、宇治駅から直行バスが出ています。

Mimurodo1

Mimurodo2

Mimurodo3

さすがにかなりの人出ですが、鑑賞に支障をきたすほどではありません。
門をくぐるとあじさいがむやみやたらと激しくヤケクソに咲いているのがよく見えます。

Mimurodo4

Mimurodo5

Mimurodo6

普段あじさいをあまり注意して見てませんが、この寺の花は種類や色がとても多いです。
おそらく日本の古来種だけでなく、西洋種もたくさんあると思われます。
ちょうど雨も上がった後で、どの花もきれいでした。
あじさいの花の色は土のPHで決まるらしいですが、三室戸寺においてはどうもそんなに単純ではないようです。
同じような土から生えている木でも色は違いますし、同じ木でも花によって色が違ったりします。

Mimurodo7

Katatumuri

葉の上に何か乗っていると思ったらカタツムリです。
あまりにもベタな絵でしたが、最近あじさいの葉にカタツムリなんて見ないので、けっこう感動。
いるところにはいるもんですね。

写真を撮りまくり、再びバスで宇治駅に戻り平等院へ。
ここも2回目ですが、やはり梅雨時では観光客もそれほど多くないようです。

Byodoin1

Byodoin2

平等院を出て宇治川を渡ったところに「福寿園宇治工房」があります。
宇治茶の作成体験工房や、茶店・売店などがあり、抹茶アイスなんぞをいただきました。

Hukujuen1

Hukujuen2

Iemon

駐車場に自販機がありましたが、見事に全部「伊右衛門」でした。

宇治駅から京阪に乗り、墨染という駅で降りました。
藤森(ふじのもり)神社が次の目的地です。

Hujinomori1

Hujinomori2

Hujinomori3

Katatumuri2

この神社にはあじさい園が2つあります。
規模は三室戸寺よりずっと小さく通路も狭いですが、咲いている花は三室戸寺にひけをとらずきれいです。
ここにもカタツムリがいました。

Hujinomori4

Hujinomori5

Hujinomori6

Hujinomori7

京都の中心ではないせいか、藤森神社はとても庶民的でドメスティックです。
敷地のとなりはすぐ民家だし、この日は地元のイベントで露店が出たり神殿?では若者のバンド演奏があったりで、京都の下町風情が充満してる感じです。

この日は二条城の前にある京都国際ホテルに泊まりました。
このホテルも以前泊まったことがあります。
場所は京都駅前や河原町といったメインの街からは微妙に離れていますが、地下鉄駅がすぐそばなので移動するには便利です。

夕食をどこでとるかを決めていませんでしたので、三条通り商店街を西に歩いて店を探してみました。
が、意外にどこも店じまいが早く、7時を回る頃でしたが開いている店がなかなか見つかりません。
結局二条の駅まで歩いてしまい、駅前の「タベルナ・イル・ヴィアーレ」というイタリア料理店に入りました。

Ilviale1

夏野菜のサラダや桜エビのパスタを食べましたが、これはうまかったです。

Ilviale2

Ilviale3

この日の夜は折しもワールドカップの日本×オランダ戦。
どうも商店街の店じまいが早いような気がしたのはそのせいでしょうか?
ホテルに戻って観戦しましたが、残念ながら結果は1-0で日本が負けてしまいました。

というわけで、あじさいの旅はもう1日続きます。

|

« 読んでみた 第34回 ラジオライフ | トップページ | 行ってみた 第18回 京都 保津峡・嵐山・法金剛院 »

コメント

京都の歴史に紫陽花にカタツムリ、そしてイタリアン
とても季節を感じる記事ですね
次の記事も楽しみです。

投稿: ボレロ | 2010.07.18 01:21

風邪のノドの痛みが吐き気を誘発するなんて事があるのですか。
私もノド弱いので、ちょっと恐いです(>_<)。
復活されたようで何よりです♪

で、また京都に行かれたのですね。いいなぁ……。

藤森神社に行かれましたかhorse
私にとっては近藤勇&競馬の神社ですが(^^;)、紫陽花もキレイなのですね。

投稿: YAGI節 | 2010.07.18 19:07

ボレロさん、コメントありがとうございます。

>京都の歴史に紫陽花にカタツムリ、そしてイタリアン
>とても季節を感じる記事ですね

梅雨時の京都は2回目ですが、前回はただひたすら暑かった思い出しかなく、今回は天気もおだやかで良かったです。
あじさいはカタツムリが似合いますね。

YAGI節さん、コメント感謝です。

>風邪のノドの痛みが吐き気を誘発するなんて事があるのですか。

これは自分だけですかね?
最近あまりなかったんですが、カゼでノドが傷んで魚の骨がささったような感覚になることがあります。

>私にとっては近藤勇&競馬の神社ですが(^^;)、紫陽花もキレイなのですね。

ああーそうそう、ここは勝運と馬の神様をまつる神社なんですよね。
絵馬に「万馬券があたりますように」などと書いてあって「そんなお願いごと大丈夫なのか?」とも思ったりしましたが・・

投稿: SYUNJI | 2010.07.18 22:26

何年も旅行に行っていないのに、よく行くSYUNJI家に嫉妬の念を燃やしているぷくちゃんといいます。

た●吉なみの給料もらっているんだろうな。(←あさましい)

京都、本当にお好きですね。私も一人で行ってみようかな。

投稿: ぷくちゃん | 2010.07.19 19:41

ぷくちゃんさん初めまして。(他人行儀)
映画や観劇のために上京してマンゴーを買って帰る先輩に嫉妬しているSYUNJIといいます。

>た●吉なみの給料もらっているんだろうな。(←あさましい)

マジメな話、あの会社給料高いスよ。
このクソ不況のさなかウチの会社であんなにもらってる社員は誰もいません。(断言)
今日も横浜のでかい書店に行ったらウチの本の売場が一段と少なくなってやがって(うるせえよ)

>京都、本当にお好きですね。私も一人で行ってみようかな。

いいですねえ、京都一人旅。
でも実は一人旅は苦手です・・

投稿: SYUNJI | 2010.07.19 21:41

SYUNJIさん、まいど♪
京都はええですね。ああ、一人旅でいらっしゃったんですね。
ぷくちゃんをお連れしての旅も検討されたのでしょうか? 小生は数年前から一人旅が 苦手→好き になりました。
藤森神社はいったことがないです。ここは紫陽花がきれいなんですね。
この時期は雨が降っても味があるからいいですね。また、比較的人も少なめなので情緒がありますね。
さすがにステキなホテルと食事ですな。
こちらもぷくちゃんをお連れしての宿泊と食事は検討されなかったのでしょうか? ←ひつこい(笑)

旅行記ありがとうございました。勉強になります。行きたいところが増えましたよ。

毎日、暑い日が続きますがくれぐれもご自愛を。

投稿: chikazo | 2010.08.07 20:59

ちかちゃん毎度です。
今回も夫婦での旅行です。
というか結婚してからは一人旅はしなくなりました。

>ぷくちゃんをお連れしての旅も検討されたのでしょうか?

ええ、実は直前まですごく迷っていてエステにも通って(ざわざわざわ場内騒然)

>藤森神社はいったことがないです。ここは紫陽花がきれいなんですね。

ここはあじさいもきれいだし、庶民的でいいですよ。
一番あじさいがきれいな時期なのに混雑してないのがよかったです。

投稿: SYUNJI | 2010.08.07 22:43

数年間堪え忍んで京都に行ったぷくちゃんといいます。しかし、聞かれる言葉はもはや外国。平等院も修復後ですのできらきら輝いていました家にいたら飲んでばかりなので、結果としてはいいかな

投稿: ぷくちゃん | 2015.09.25 06:42

あたしに断りもナシに京都に行ったことについて説明責任を果たしてほしいSYUNJIといいます。(ウザイ)
いいなぁ京都。
平等院は修復終わってたんですね。
数年前に銀閣に行った時はまさに修復中で、拝観はできましたが半壊状態でブルーシートもかかってました・・・

投稿: SYUNJI | 2015.09.26 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/48902301

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第17回 京都 三室戸寺・平等院・藤森神社:

« 読んでみた 第34回 ラジオライフ | トップページ | 行ってみた 第18回 京都 保津峡・嵐山・法金剛院 »