« 読んでみた 『たぬきちの「リストラなう」日記』 | トップページ | 聴いてない 第143回 ジャーニー(70年代) »

やってない 第1回 葬式を出す

初回からいきなり葬式。
話題が暗くって申し訳ないが、要するに葬式において葬儀委員長とか喪主とか、責任者・代表者の立場で立ち振る舞うことである。
これは今まで経験がない。
父親が死んだ時、自分は未成年だったので喪主はつとめていない。
ちょっとコドモにはできないことである。

これまで身内や知人の親族の葬儀に参列したことは何度かある。
宗派や家のしきたりにもよるだろうが、葬式は全般的に忙しいものだ。
悲しみを多少でもまぎらす意味で、次から次へと忙しく進行するのが葬式である、という説もある。
葬儀だけでなく、香典返しや坊さんへのお布施、墓の手配などまで、とにかくやることだらけである。
考えただけで面倒だ。

葬儀屋が全部やってくれて喪主は座ってアタマ下げてりゃいい、という場合もあるだろう。
それでも会葬者に挨拶くらいはせんといかんし、坊さんにお布施渡す時のふくさの色は決まってんのかとか、入れるお札の向きはどっちだっけとか、ビール券じゃやっぱまずいよなぁ母さんとか、香典返しのタイミングはいつ頃がいいのかしらねえお父さんとか、わかってる人から見れば「バッカじゃないの?」ということばかりだろうけど、いやー考えただけでもう混乱してきました。
実際葬式出す立場になったら、そんな細かいことは全部すっとんでしまいますよ。

近しい人の死は残った者にとってはハードだ。
自分の都合で予定はできないし、葬式が趣味の人もいないだろうから、だいたいは準備も不十分な状態で始まることになる。
悲しみにくれるのは誰でも同じで当然のことだが、葬儀の責任者となれば話は別だ。
不測の事態にどれだけ冷静に円滑に対応できるか、オトナの器量が問われるという一面もあるだろう。

この先自分自身が死なない限り、いつかは葬式を出す機会があると思うが、どれだけ気丈に立ち振る舞うことができるのか、実は全く自信はない。
まあ葬儀屋でもないのに「オレはいつでも葬式を出せる自信がある」と言うヤツもおかしいですけど。
オトナでいる以上はいつかは経験せねばならないし、またいつそうした事態になろうともきちんと対処できる、それが大人に求められるお題目だと思いますが、みなさんはお葬式、出した経験をお持ちでしょうか?

|

« 読んでみた 『たぬきちの「リストラなう」日記』 | トップページ | 聴いてない 第143回 ジャーニー(70年代) »

コメント

ワタシはSYUNJIさんよりわずかに年下ですけど、葬儀委員長やら何やら、葬儀に関してはいろいろとやっています。で、その経験から述べさせていただきますが、

ご指摘どおり葬式そのものは葬儀屋がすべて段取りを整え、進行まで指示してくれるので、(忙しいですが)大変なことはない。

それより葬儀後、ですね。親とかの場合だと、相続やらなにやらいろいろありますからねぇ。その手続きと整理が一番大変かも。私に言わせりゃ、香典返しや喪中はがきの手配程度はどうってことないっす。

実は昨日、身内の法事&親戚の葬式、というダブルパンチ(?)でした。私の場合、ここ数年、毎年近しい人間が亡くなっている。つまり、葬式続きです。そういう年になったんですかねぇ。

投稿: ルドルフ | 2010.04.26 05:51

4年前、親父の葬儀を喪主として出しました。

確かに、葬儀の手配は葬儀屋がやってくれるのですが、落ち込んでいる中で、色々段取りを決めなくてはならない事が多く、余裕がない中での決断のため、「本当にこれでいいのだろうか?」と冷静に考えられないですね。そこが、葬儀ビジネスのおいしいところなんでしょうね。

注意深く進めたのは銀行対応です。死亡してしまうと、いくら息子とはいえ相続の関係で勝手に下ろしてはならないので、後々トラブルにならないために銀行も死亡記事には目を光らせているようです。そのため、弟に了解の下、死亡前に新しく僕の口座を作り、そこに父の預金を全額移しました。大した金額ではなかったのですが、それでも通常の引き出し限度額よりは多いので、銀行には「入院費の管理に当てるため」ということで行いました。また、実家の光熱費なども、その新しい口座から引き落とすようにしたのですが、その時も「父が病気のため自分が管理しなくてはならないので」と説明しました。今、銀行は色々聞いてくるんですよね。

本当は、役所の手続きが結構面倒なのですが、市役所に勤めている叔父がいたため、必要な手続きと窓口などを調べておいてくれてたので、すごくスピーディーに手続きを終えることが出来ました。

投稿: getsmrt0086 | 2010.04.27 07:22

こんにちは。私も父親の葬儀を5年前にやりました。段取り王の私は「もうあぶない」という医者の一言で父親の貯金を移動し(といってもそれほどない)、葬儀屋を手配したのでした・・・・(ひどい)

葬儀屋は色々手配してくれるので楽なのですが、田舎なので近所の人が色々口を出してきて、「大丈夫ですよ」と言ったら、後々まで「あそこの息子は近所を無視する」と言われ続けていました。

一つ感じたのは子供の誰かが大企業に勤めていると非常に(金銭的には)助かるということです。私の場合姉の亭主が(一工員ですが)とある大企業に勤めており、各部署から数千円の香典が届きなんとか「いってこい」になったのを覚えております。

もうひとつ注意しなければならないのは坊さんの数です。不況のため坊さん同士連絡網をつくってあり、ある坊さんの檀家から不幸が出たら「坊さんは二人にしますか、三人にしますか?」と聞いてくることが多いのです。我が家はもちろん、「一人で結構です」と言ってしまいましたが・・・・

投稿: ぷくちゃん | 2010.04.29 15:53

みなさんコメントありがとうございます。
さすがに経験された方のコメントは勉強になりますね。

ルドルフさん、コメント感謝です。

>親とかの場合だと、相続やらなにやらいろいろありますからねぇ。その手続きと整理が一番大変かも。

これ、みなさん同じこと書かれてますけどホントに大変みたいですね。
今の時点で親に「ねえ、いくら持ってる?」なんて聞かないしなぁ・・

>私の場合、ここ数年、毎年近しい人間が亡くなっている。つまり、葬式続きです。

自分の身内にはしばらくありませんが、友人の親や身内の不幸は毎年ありますね。
確かにそういう年齢なんだろうな・・

ゲッツさん、コメント感謝です。

>注意深く進めたのは銀行対応です。

これは勉強になりますね。
というか経験がないとわからないことが多いですね。
最近はそういうことになっているのか・・
と思ったら銀行ではどこでも相続手続き代行サービスをやってるんですね。

>役所の手続きが結構面倒なのですが

これもよくわからんなぁ・・
何をどう手続きすればいいのやら。

段取り王先輩、コメント感謝です。
先輩の談話には臨場感がありますなぁ・・

>「大丈夫ですよ」と言ったら、後々まで「あそこの息子は近所を無視する」と言われ続けていました。

うーん・・こういう話も難しいですねぇ。
我が家は昭和の新興住宅地なので、各家庭ごとに出身地がバラバラで、土地のしきたりというものが存在しません。
よその葬式を手伝うことも少なく、だいたい葬儀屋にまかせて近所の斎場で行う家が多いです。

>もうひとつ注意しなければならないのは坊さんの数です。

これはすごい情報ですね。
不況による坊さんネットワークですか。
三人だとやはりお布施も三倍でしょうか・・
我が家に毎年命日とお盆に来ていた坊さんは不動産が大好きという、これ以上ない俗っぽいヒトでしたけど・・

投稿: SYUNJI | 2010.05.01 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/48171519

この記事へのトラックバック一覧です: やってない 第1回 葬式を出す:

« 読んでみた 『たぬきちの「リストラなう」日記』 | トップページ | 聴いてない 第143回 ジャーニー(70年代) »