« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

聴いてみた 第74回 レインボー その6

今日聴いてみたのは、レインボーの「Straight Between The Eyes」。
邦題のほうがたぶん有名で、「闇からの一撃」という1982年の作品である。
ジョー・リン・ターナー参加の2作目で、完全にアメリカ市場向けにシフトされたサブプライムでリーマン・ブラザーズなサウンドに仕上がっている。(全然意味不明)
吉祥寺の中古CD店で物色中、安かったので紙ジャケを買ってみました。

Rainbowstraight

さて今回も張り切ってメンバー紹介をしよう。
世界の御大・孤高の麺打ち職人リッチー・ブラックモア、哀愁のボーカリストことジョー・リン・ターナー、爺さんことロジャー・グローバー、大顔面ドラマーのボブ・ロンディネリ、そして新加入キーボーディストのデビッド・ローゼンタール。

ここまで来るとレインボーの楽曲に対する不安は全くない。
序列はあるがどの時代の音も全て自分の好みに合っていることははっきりしており、なぜ発表当時にリアルタイムでアルバムを聴かなかったのか反省することしきりだ。
パープルのほうは未聴盤についてまだ若干の不安が残っているのだが・・

バンドは相変わらずリッチー社長とロジャー専務によって経営されていたようだが、ジョーの加入とともにアメリカでの評価が高まり、セールス的にもたぶん最も成功していた時期の作品である。
果たしてあたしは御大のギターで目の間に一撃をくらうことができるでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Death Alley Driver
あまりちゃんと聴いたことはなかったが、ものすごいスピード感にあふれたヤケクソナンバーである。
リッチーのギターソロが2部構成っぽくなっていて、前半がカリカリした乾いた音で、後半は少しブルージーな重みを持たせている。
ジョーの声はこの頃が一番伸びがあるように聞こえる。

2. Stone Cold
実はレインボーの歴史の中でこの曲が一番好きである。(変?)
リアルタイムで聴いていたという理由も大きい。
ぶぶーんという重いベース音に暗いころがりドラムとキーボードがからまる不思議なイントロだ。
展開としては結構地味で、ジョーお得意の哀れでもの悲しいお助けボイスなのだが、それがもっとも顕著に現れているのがこの曲なのだ。
リッチーのギターも哀愁漂う暗い音色に満ちている。
エンディングあたりのジョーの「Ice Cold!」というかけ声が印象深い名曲。

3. Bring on the Night (Dream Chaser)
後期レインボーの典型的なアメリカ市場向けサウンド。
ここまでの3曲でジョーの意外な器用さが伝わってくる。
ライブでは観客によるサビの大合唱がお約束だそうだが、そうなるのもよくわかる。

4. Tite Squeeze
ミドルテンポでややどろんとした、フォリナーっぽいリズムと旋律。
間奏部分ではキーが少し低めに落とされ、怪しい雰囲気。
かっちりしたギターソロのパートはなく、リッチーはバックに徹している感じだ。

5. Tearin' Out My Heart
胃もたれ系バラード。
これは結構長いギターが聴ける。
ジョーが時々ボーカルにコブシを効かせるが、不要だと思う。

6. Power
これも後期のアメリカンなレインボーの典型。
このサウンドならやっさんが歌ってもヒットしたのではないかと思う。
ギターソロは主旋律とはちょっと感じが違うが、悪くはない。

7. Miss Mistreated
哀れ系サウンドだが「Stone Cold」ほどの深い悲しみ色はない。
これはしっかりリッチーのギター聴かせ所があるが、少し短いなぁ。
ばしばしドラムが意外に効いていて、タイトな極めができている。

8. Rock Fever
いまいちアカ抜けないタイトル。
サウンドもレインボーでなくても聴けるような音。
ジョーはこういう歌もうまいんだけど、これはやっさんのボーカルのほうがよかったかも。

9. Eyes of Fire
イントロはなんとなく中近東を思わせる不思議な旋律。
「バビロンの城門」に似ているが、音階だけだと、どこかツェッペリンの「カシミール」を連想するのだが・・
リッチーのギターがゆっくりと左右にふれ、乗り物酔いしそうな感覚。
後半の演奏が長く、終わりそうで終わらない状態を繰り返してエンディング。

全体を通した感想としては、特に不満はない。
それぞれの曲単位ではまあいい感じだし、「Stone Cold」のような秀逸曲もある。
Amazonのレビューなんかを見ると、意外に多くの人がこのアルバムを高く評価している。
しかし、印象に残るようなアルバムかというと、これもやや違う。

多くのヒトがそう感じているように、このあたりでレインボーは「それなりに聴かせるアメリカのバンド」っぽくなっているのだ。
吠え系のロニーや金属系のやっさんといった濃すぎるボーカリストはもうおらず、ふつうに歌える哀愁系のジョーがいる。
ジョー・リン・ターナーは好きなボーカリストの一人だが、力量においてロニーややっさんより上だと評価している人は、レインボーのファンでもそう多くはないだろう。

ここから先はやはり好みの問題になる。
サウンドは高い水準にあることははっきりしているが、楽曲自体はレインボーでなくても聴けそうなものもある。
リッチーのギターにしても、思わずフレーズを脳内再生してしまう曲はあまりない。
こういう点が特にロニー時代・やっさん時代のファンにとって不満であろうことは想像に難くない。

続いてジャケット。
目の間からギターネックが突き出ている絵なのだが、これも微妙だ。
この顔はリッチーなのかよくわからないけど、どこかいまいちあか抜けないメタルバンドのようなデザインだ。
上にある「RAINBOW」というロゴにも全然ヒネリがないし。
いかんなあリッチー。
もう少しジャケットにも凝ったほうがいいのでは・・(←偉そう)
前作のほうがまだアートとしては優れていたと思う。

ここから本題。(じゃあ今までは何?)
レインボーは同じメンバーでのアルバム連作が一度もないという一期一会バンドである。
まあこんなことはパープル・ファミリーや他のハードロックにおいてもふつうの話かもしれないが、レインボーと言えばどうしても御大リッチーや三頭体制や歴代ボーカルばかりに光が当たってしまい、他のパートをこなしたメンバーにはほとんどふれてこなかった。
他の人はよく知らないというのが実状なんだが、これでは真のパープル・ファミリー(のモメ事)マニアとは言えまい。
ということでこれまでの慢心を反省し、他のメンバーにも注目してみました。

今回このアルバムを聴くにあたり、ネットでレインボーをいろいろ調べたところ、ドラマーのボブ・ロンディネリは、鍵盤の予備校生ドン・エイリーに相当嫌われていたらしいという情報を私はつかんだのである。(いばってどうする)
「ドンの脱退はボブが原因」というのが、ファンの間では定説になっているらしい。
ボブはこの後サバスにも参加するが、やっぱりトニー・アイオミからクビを切られている・・
実はボブ・ロンディネリのこともあまりよく知らなかったのだが、ジョン・ボーナムの影響を強く受けているそうで、リッチーも「ボブはボンゾのようなドラマー」といった評価発言を残しており、実際ボンゾのように手でドラムを叩いたりしていたこともあるそうだ。
レインボーというただでさえ心休まるヒマのないバンドにおいて、コージー・パウエルの後任という大役をこなすのは相当なプレッシャーだったに違いない。
2009年には「Over The Rainbow」という同窓会ユニットに、ジョーやトニー・カレイとともに参加して日本でも公演を行っている。

ちなみにこの人、「顔がでかい」という評価も多い。
態度がでかいのではなく、物理的に頭部が大きいということだが、「Stone Cold」のシングルジャケットを見ると確かにでかい。
というかおそらく頭蓋骨自体がでかい上に髪型がアフロなので、ロジャー爺さんの3倍くらいの大きさに見える。
今風に言うと響の「みつこ」のような感じでしょうか。(違うと思う)

鍵盤の新入生デビッド・ローゼンタールはクラシックを学んだ経験があり、リッチーの受けもよく、この後レインボーが存続していればバンドでの存在感も増していたはず、という評価が多いようだ。
レインボーの後はスティーヴ・ヴァイやインギーシンディ・ローパーとの活動記録があり、90年代以降はビリー・ジョエルのアルバムやライブ参加が多い。
ビリー&エルトンのツアーにも毎回参加しており、二人のピアノマンから信頼されるプレイヤーであることがわかる。
デビッドさんの公式サイトを見ると、オバマ大統領の抱擁を受ける写真なんかも載っている。
こうしてあらためてメンバーに注目してみると、やはりレインボーというのは超エリート集団バンドなんだと思う。

ということで「闇からの一撃」。
不満はそれほどありませんが、インパクトもそれほどではなかったというのが正直な感想です。
ただここまで聴いてきて駄作アルバムがないレインボー、さすがというほかありません。
残る2枚の鑑賞を急ぎたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

見ていない 第28回 刑事コロンボ

前回の大河ドラマとなんとなくNHKつながりですが、今日のお題は「刑事コロンボ」。
説明不要・天地無用の必殺刑事アクションドラマである。(違います)

「刑事コロンボ」、ほとんど見ていない。
ただ母親がわりと好んで見ていたような記憶はあり、当時はNHKで放送していたはずである。
声はもちろん小池朝雄の頃だ。

見ていない理由は単純に小学生には難しかったためだ。
あ、「小学生には難しかった」は正しくないかもしれない。
「小学生のあたしには難しかった」ですね。

刑事ドラマと言えばやはり刑事が頻繁にムダに殉職したり血潮が吹き出たり「なんじゃこりゃあ」と叫んだりパトカーが大破して炎上したりサングラスに角刈りの主人公がヘリに乗ってショットガンをぶっぱなしたりするのが当然だと信じていたので、「ウチのカミさんが・・」という独特のセリフで犯人を対話によって追いつめるというコロンボの見所を理解できるようなガラではなかったのだ。
血潮が吹き出る刑事ドラマは父親とともによく見ていたのだが、母親にしてみればそんな物騒で野蛮な刑事ドラマより、コロンボのほうがおもしろいと思っていたのだろう。

ただしどこの学校にもマセたクソガキはいるもんで、よそのクラスのKというヤツはどうやら好んで見ていたらしく、小学校の卒業文集にも「尊敬する人:ピーター・フォーク」などと書いてあって、見てなかったあたしは「けっ」と思っていた。(←くやしかったらしい)

構成としてはミステリー仕立てだが、犯人が誰なのかはかなり初めの段階から視聴者にも主人公にもわかっているという展開は、このドラマの特徴のひとつだろう。
「古畑任三郎」がこのドラマに強く影響を受けていることは容易にわかる。
また見てくれがイマイチさえないとぼけたおっさん刑事が、鋭い洞察と絶妙な語りで犯人を追いつめていく、というミスマッチも見所だと思う。
犯人のキャラクターがいかにも極悪非道でマフィア然としてるようなことは全然なく、むしろ地位の高い紳士や高貴な女性だったりというのが多いらしい。
そのハイソでセレブ?な犯人を、対照的なよれよれの庶民刑事コロンボが論破していくのが痛快なのだろう。

なので当たり前だが最初からきちんと見ていないとおもしろくないし、そういう点でも飽きっぽいガキだった自分にはやはりハードルが高かったのだ。
だったら大人になったら少しは見てもよさそうなもんだが、なぜかどのシリーズでも映画でも、興味はほとんどわかなかった。
「ミセス・コロンボ」というカミさん主役のシリーズもあったらしいが、夫婦で登場するシーンはいっさいなく、全く別のドラマになっており、母親もそれほど見てはいなかったと思う。

かすかに記憶に残っているラストシーンがひとつだけある。
最後は例によってコロンボが犯人を理詰めで追いつめるシーンなのだが、被害者の靴ひもの結び方が本人が結んだものでなく、他人が被害者の正面から結んだ形になっている、という点をあげ、犯人の主張にウソがある・・という内容だった(と思う)。
子供心に「ちょっとムリがあるのでは・・」と漠然と思ったりしたのだが。
このドラマでは犯人が逆上して暴れたりすることはないので、最後はコロンボが得意そうな笑みを浮かべて終わり、というエンディングだったような気がする。

ちなみに劇中では本名を明かしたことがないのが刑事コロンボ、という定説があるが、警察手帳の身分証明部分には「フランク」という本名が書いてあるそうだ。
ということはブロディと同じ名前ですね。

最近缶コーヒーのCMでコロンボのテーマソングが使われているが、「この曲、オリジナルが何かは今の若いヒトにはわかるまい・・」と思っていた。
しかしこれはむしろ自分の勘違いで、あの曲はコロンボ固有のテーマソングではなく、アメリカ放映当時の「NBCミステリームービー」というシリーズのテーマソングとのこと。
そうだったのか・・
でもそう言われてもコロンボ以外にどんなドラマがあったのかは知りませんけど。

ピーター・フォークは最近アルツハイマー病を患い、ビバリーヒルズ近辺で徘徊する姿がニュースとなった。
コロンボのイメージが強い俳優なだけに、こういう形で話題になるのは気の毒な話だ。

というわけで、「刑事コロンボ」。
当然ご覧になっていた方が多いだろうと予想していますが、見てくれも脳みそも未だにさえないあたしに、見所や思い出など教えていただけたらと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

使っていた 第4回 カセットインデックス

郷愁のEMIシリーズ、前回はカセットテープの巻でしたが、テープを買ってエアチェックで録音して、その後何をするかというと、そう、インデックスを作るわけです。
ここでいうインデックスとは、カセットテープとともにケースに入れる、曲目を書いておく台紙のこと。
今のナウいヤングのみなさんには何のことやらでしょうけど、このインデックスにも当時のナウいヤングは凝っていたのです。

カセットテープを買うと基本的にインデックス用紙も付属なのだが、その付属しているデフォルトものは案外書きにくかったりデザインが気に入らなかったりするので、あえて市販のものを買ったりすることがあった。
特に90分テープの場合、テープ片面の曲数が多いとデフォルト台紙では書ききれなかったりするので、折り畳んで使うインデックス用紙を使ったりした。
文字で説明すると今ひとつ伝わらないスね。
実物はこんなヤツです。

Index1

Index2

Index3

Index4

SONYのテープばかり使っていたので、市販品もSONY製が多かった。
近所にSONY製品を扱う専門ショップがあり、そこで買ったものだったと記憶している。
枠線だけの無機的なデザインのものや、風景など写真つきのものがあった。

さらにインデックスをより美しく演出するための素材のひとつとして、インレタがある。
インスタントレタリングシートが正式名称だと思うが、台紙の上に乗せてこすると文字が台紙に貼り付いて、印刷したように美しく見えるというもの。
これも文字で説明してもうまく伝わらないので、実物をどうぞ。

Inleta1

Inleta2

要するに手書きでないきれいな書体で、インデックスのタイトル(アーチスト名・アルバム名など)が作れるという画期的な商品だ。
若い頃から字の汚いあたしですが、手書きでインデックスにアーチスト名を入れた時は、あまりのヘタ字に絶望したものです。
なのでインレタを使い始めてからは、作ったインデックスをながめるのも楽しくなった。
インレタは市販のインデックスに付属しているものを使っていたが、もともとデザイン用品なので画材店などに売っており、これを買うこともたまにあった。(結構値がはるものだったような気がするが。)

ただし。
インレタの弱点は文字数が限定されることにある。
アルファベットのシートだと、突出して使用頻度が高いのが「E」だ。
BEATLESやQUEENなんていきなり「E」を2つ使うし、とにかく英語表記は「E」が多いのだ。
当然シートも「E」が多めに作ってはあるのだが、すぐに枯渇するので、「E」欲しさに新しいシートを調達しなければならず、コストがかさんでやむを得ずまた手書き・・という状態だった。
上の写真でも左側のインレタはすでに「E」を使い切っている。
「F」と「L」を重ねて「E」を作るということまでやっていたなぁ。
さすがに曲名全てにまでインレタを使う根性はありませんでしたけど。

その後Macを買い(!)、クラリスワークス(!)でインデックスを作るようになったので、インレタは不要となった。
ただ実際にクラリスで作ったインデックスはせいぜい20本程度だと思う。
Macに挫折したのと、MDを使うようになってカセットテープを卒業したのがほぼ同じころだ。

インレタとともにインデックスを彩る素材が、アーチストの写真である。
当時の音楽雑誌にはまさにカセットインデックス用のページがついていることがあり、これを使うのだ。
実物がいくつか残っているのでご紹介しよう。

Picture1

Picture2

Picture3

ビートルズはやはり人気があったので、様々な雑誌からゲットできた。
ポールとリンゴのカップリング写真はなかなか貴重な感じだ。

Picture4

これはカルチャー・クラブである。
「戦争のうた」の頃の写真。
多少人気にかげりが出てきた頃だ。

Picture5

ELO。
「コーリング・アメリカ」の頃の写真。

Picture6

左はケニー・ロギンス。
右は誰だかおわかりでしょうか?
ジュリアン・レノンです。
今どうしているのだろう・・・

Picture7

このバンドはご存じの方も多いだろう。
メン・アット・ワーク。
中央がリーダーのコリン・ヘイ。

Picture8

この写真でバンド名を当てた方はかなりの洋楽通ではないだろうか。
38スペシャルである。

Picture9

これはイエスだ。
80年代の彼らはこんな感じだったのだね。

Picture10

週刊FMのストーンズ特集。
まだビル・ワイマンがいた頃の写真。

Picture11

これはミュージック・ライフのものだが、ロバート・プラントとナックが上下に並んでいる貴重なページである。(そうでもねえよ)
当時の編集センスがかいま見えるレイアウトですね。

結局これらはカセットインデックスに貼ることはせず、かと言って捨てることもできずそのまま残っているという状態。
また特にインデックス用ページに限らずアーチストの載っているグラビアページをカセットの大きさに切り抜いて保存しておく、ということもやっていた。
こんなチープな趣味で集めた写真が100枚くらい残っている。

できれば全てのカセットにアーチスト写真を貼りたかったのだが、意外に雑誌に写真が載らない人たちも多く、なかなかうまくいかないものだった。
ボストンやカーズはなかなか写真がなくて苦労した記憶がある。

今にして思えば、アーチストの写真ときれいな書体を組み合わせてインデックスを作るなんてのは、それこそMac(クラリス)を使って簡単にできそうな話である。
コアなアーチストだってネットで探せば顔写真くらいは見つかるだろうし。
もし今でも音楽を聴く主流メディアがカセットテープだったら、EXCELやWORDでも使って凝ったインデックスを作っただろうなぁ。

というわけで、カセットインデックス。
こんな文化を体験したことを共有できるのはおそらく限られた世代の方々だけではないかと思いますが、みなさまのインデックス製作の情熱はどのようなものだったのか、教えていただけたらと思います。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

読んでみた 第33回 懸賞なび

世の中には物の数だけマニアがいると言われている。
火葬場や送電線鉄塔やパラフィン紙など、そんなものにまでマニアがいるのか・・と驚くものもある一方で、まあ一定量の人数はきっといるんだろうなと推測できる分野もある。
自分は全く該当しないが、懸賞というジャンルがそれだ。
今回読んでみたのは、その懸賞マニア(または予備軍)のための「懸賞なび」という雑誌である。

Kensyonavi

この雑誌、名前は知っていたが手にとること自体が初めてである。
どこの書店に行っても必ず置いてあることは知っていた。
たいていはパズル雑誌のそばにあるが、いずれもナゾの分野だ。

「懸賞なび」というからには、きっと懸賞における心構えやよく当たるノウハウなんかが書いてあるのだろう。
果たしてあたしはこの本によってなすび(古い)のように懸賞だけで生きていけるのでしょうか。

・・・・・読んでみた。

版元は白夜書房
判型はB5、4月号は420円、140ページ。
発行部数は驚きの40万部。本当か?
表紙は主に食品のキャラクターが使われており、今月号は「ハッピーターン」の「ターン王子」である。

今月号の目次はこんな感じだ。

・ガバちゃんの攻略法が知りたい!
・総計200名様に当たる! 生活応援資金プレゼント!!
・編集部厳選! 今、欲しい家電プレゼント
・ブランド2010スプリング・コレクション
・金券特プレ!!
・編集部オススメプレゼント
・モンドセレクション受賞フード特集
・懸賞特集記事 「ハガキde応用編」
・「懸賞フレンズ」大阪編 達人親子が初参戦

当たり前だが、全ページ懸賞&プレゼントのオンパレード(死語)である。
目次にもはやそれほど意味はなく、「豪華賞品・旅行」「食品・飲料」「生活用品」などカテゴリー別にページが組まれ、基本は1ページ4本の懸賞記事が掲載されている。
月刊誌だが、まあよくこれだけ毎月様々な懸賞が実施されているもんだと感心する。
「芝桜はいつ咲くか」を当てる懸賞なんてのもある。
ちなみに「ガバちゃん」とは懸賞ライターである長場典子氏の愛称。
彼女は懸賞でマンションもゲットしたそうだ。

雑誌の制作原理はかつての就職情報誌と同じだろう。
企業側が掲載料を払って雑誌に懸賞記事を載せてもらい、消費者から注目を集めたり新商品に関心を持ってもらったり・・ということで成立していると思われる。
(違ったらすいません)

この雑誌ならではの企画?に、「切り取って封筒にできるページ」がある。
複数の懸賞について、この封筒にまとめて入れて応募できるのだ。(宛先が白夜書房になっている)
懸賞のお知らせは新聞やテレビや企業のサイトでも見ることはできるが、まとめてチェックできることがこの雑誌の便利な点なのだろう。

懸賞をチェックしてもらうことが目的なので、編集は相当ゆるいものがある。
特集ページなどのイラストもかなり生あたたかいテイストだし、書体も全ページほぼ同じ。
(明朝はあまり使っていない)
巻末には読者のおたよりページがあるが、企画自体が昭和な上に編集側の回答もすごいファンクで飲み会の合いの手みたいなノリである。

体裁面もあまりカネをかけていない感じだ。
カラーページはほとんどないし、中綴じで紙も薄い。
ただしこの紙質はボールペンや鉛筆でチェックしやすいものを使っていると思う。
ひたすら実用性重視なのだ。
価格も懸賞に応募するための最低投資額としての設定。
これが1000円だったら誰も買わないよね。

読者層は20代から40代までの女性中心だそうだ。
まあそうかもしれない。
通勤電車でサラリーマンが楽しそうにこの雑誌をチェックしている姿は見たことがない。
中身は別に年齢や資格を問うものではないので、誰が読んでもいいのだが、ターゲットはやはりOL(死語?)や主婦層ということだろう。
懸賞記事自体が広告も兼ねてるような感じなので、広告だけのページはほとんどない。
表3は占いのページだし、表4は講談社の「ブタさんイラストコンテスト」の募集広告である。

懸賞なびのホームページも見てみた。
メインのサイトとBLOGに分かれているような、よくある構成だが、メインのサイトのデザインがどこか中途半端で、出版社の作るページにしてはこなれていない印象。
アオリの表現も「あげちゃいます」「もちろんのこと」「読みごたえ」など、同じ言葉が重ねて書かれていて、どうもアマチュアっぽいんだよなぁ。
町内会の会報みたいな文章だ・・・

さて。
自分の場合、懸賞に応募するという行為はほとんどしたことがない。
基本的にはあまり興味がないのである。
「どうせ当たらないし」という考えが先に来てしまうのだ。
ハガキにいろいろ書いて投函するという根性もないし・・
子供のころ友達といっしょに少年ジャンプの懸賞に応募して、友達にだけ賞品が当たったことがあって悔しい思いをしたもんだが、それが尾を引いているのかもしれない。(器が小さい)

懸賞の好きな人は割り切ってやっているとは思うのだが、最近はやはり個人情報の問題が気になるところだ。
企業側も「お客様のご意見を参考にすること以外に使いません」などとお断りはしてるけど、もし賞品は当たらないわ個人情報だだ漏れだわ、という展開だとしたらやっぱ躊躇するなぁ。
懸賞とは関係ないが、以前妻がちょっとケガをした時、絶妙のタイミングで生命保険会社からセールスの電話が相次いでかかってきたことがあり、なるほどそういうことかよ・・と思ったりした。

そんなわけで「懸賞なび」。
雑誌というよりは情報誌なので、そもそも編集や体裁がどうこうと分析するあたしの行為自体がズレてますね。
懸賞記事の中身をもう少したんねんに読めば、ほしい賞品があったりするかもしれません。
続けて賞品が当たるという成功体験があると、こういう雑誌に対する見方も変わってくるのだと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »