« 聴いてみた 第71回 U.K. | トップページ | 食べてみた 第12回 「黄金の塩らぁ麺 Ayumi」 »

見ていない 第27回 大河ドラマ

日本の伝統的なテレビ番組シリーズとして名高いNHKの「大河ドラマシリーズ」。
日曜夜は毎回家族そろって鑑賞・・というのが昭和の正しい風景だったと思うのだが、実は昔から全然見ていない。
最近「龍馬伝」てのも始まったばっかだけど、今のところ見ようという意欲も特にない。

大河ドラマは1963年の「花の生涯」から始まったシリーズで、原則として1年間かけて歴史上の人物を採り上げる方針で制作・放映された。
例外的に93年は「琉球の風」と「炎立つ」の2本立てだったようだ。
放送時間は関東では日曜夜9時から45分間。
これまでの作品では87年の「独眼竜政宗」、88年の「武田信玄」が視聴率が高かったとのこと。

見ていない理由は、昔から家族全員が歴史ものに興味がなかったためである。
我が家には時代劇を見るという習慣が全くなく、大河ドラマもその範疇としてとらえていた。
父親は西部劇とプロレス、母親は古い洋画、姉と自分はホームドラマや歌番組や今で言うバラエティなどを好んで見ていたので、毎年どんな大河ドラマが始まろうと、日曜9時の選択肢にはいっさい入ってこなかったのだ。
タイトルとして記憶にあるのは「国盗り物語」あたりからだが、中にはタイトルすら記憶にない作品もある。
「春の波涛」「太平記」「葵徳川三代」なんて誰が主演で誰を描いた作品だったのか全然覚えていない。

80年代になると「久米宏のTVスクランブル」や「天才たけしの元気が出るテレビ」など裏番組を欠かさず見ていたため、ますます大河ドラマを見ない人生が加速していく。
当時「TVスクランブル」は大河ドラマの裏ということを強く意識しており、9時46分頃になると久米宏が「『徳川家康』を見ていた方、こんばんは」などとややヤケ気味にしゃべったりしていた。

86年の「いのち」は友人と軽井沢に遊びに行った時に、つきあいで1話だけ見たことがある。
大河ドラマ唯一の現代劇だそうだが、テーマが重すぎて見ていてつらい内容だった。
本当は裏番組の「元気が出るテレビ」を見たかったのに・・

87年の「独眼竜政宗」ももちろん見ていないのだが、人気番組なので会社でも話題になっていた。
幼少の頃のめご姫役は後藤久美子だったのが、成人となった時の役は桜田淳子で、会社の人たちの評判が極めて悪かったことを覚えている。
当時の上司が飲み会の席で「あんな配役はダメだ!」と吐き捨てるように言い、その場にいた人がみな同調していたのだが、全然見ていなかった自分は「みんな大河ドラマにこんなに入れ込むのか・・」と驚くばかりだった。

そんな中で唯一、何度か見ていたのが75年の「元禄太平記」だ。
ちょうど小学生で日本の歴史を学ぶくらいの年頃だったからだろうか、中身はほとんど覚えていないが、主演が石坂浩二だったことや最終回のラストシーンは覚えている。
自分の大河ドラマ歴はホントにこんな程度である。

21世紀に入ると、NHK側も若い視聴者取り込みにチカラを注ぐようになったらしく、若者受けを意識した配役が目立つようになった。
2001年「北条時宗」の和泉元彌、2004年「新選組」の香取慎吾、2005年「義経」のタッキー、2008年「篤姫」の宮崎あおいなどが顕著な例だろう。
ただ評判は様々で、作戦が功を奏し高い評価を得た作品もあれば、そうでもなかった場合もあるようだ。

21世紀に入って前田利家・山内一豊・直江兼続といったコアな武将に向かっているのも、さすがに40年以上も続けていてネタが徐々に足りなくなってきているためだろう。
信長・秀吉・家康といった有名どころの企画だと、以前の作品・主演俳優とどうしても比較されるというリスクもあるので、最近はムリに採り上げなくなっているように思う。
だったら今後は福島正則・小早川秀秋・宇喜多秀家といった武将を採り上げると、中間管理職のお父さん達の支持を得られたりするんじゃないだろうか。

最近は家族揃って大河ドラマという図式も少なくなりつつあるようで、視聴率が30%を超えることもないらしい。
でも若い女性の間で歴史ブームだったりするし、企画と演出でまだまだやりようはあるかもしれない。
今年の「龍馬伝」はどのくらいの視聴率を記録するのだろうか。

ということで、今回こそは全国各地からお説教ものの「大河ドラマを見ていない」あたしですが、みなさまが一番印象に残っている作品など教えていただけたらと思います。

|

« 聴いてみた 第71回 U.K. | トップページ | 食べてみた 第12回 「黄金の塩らぁ麺 Ayumi」 »

コメント

こんにちは。ウルトラシリーズ更新したのに未だにコメントをよこさない事態に「きぃー!」と叫んでいるぷくちゃんといいます。

私も大河ドラマは観ていません。というか、そもそもドラマを観ないので(海外ドラマは別)なにも言いようがありません。

なぜか?たぶん一年を通じて鑑賞するのが無理なのかも?飽きっぽいので・・・ブログもいつまで続くか・・・

だから2時間ドラマはよく観ます。(なんだそりゃ)

投稿: ぷくちゃん | 2010.01.23 11:12

こんにちは、JTです。

大河ドラマで1年通して見たのは、2004年「新選組」だけです。

脚本が三谷幸喜だったので見てました。でも彼の映画や舞台と比べると、いつもの癖のある舞台を意識した三谷風ではありませんでした。それはそれで面白かったです。山本耕史の土方歳三もよかったなぁ、乗り移ったみたいで。

あ、6年ぶりに大河ドラマ「龍馬伝」みてます。幕末ものが好きなのかな。

投稿: JT | 2010.01.23 11:56

僕も全然見ていません。ただ、全てではないですがある程度見ていたものがあります。それは「黄金の日日」です。

これは、ルソン助左衛門と呼ばれた堺商人の物語です。若き日の松本幸四郎が主演を演じていました。

この中で強烈に印象深いシーンがあります。助左衛門の仲間役の川谷拓三が代官につかまり死刑となるのですが、その刑というのが残酷なんです。

関所に頭だけ出して埋められ、関所を通る人にのこぎりで首を少しずつひかせるのです。しかも生き地獄を長く味あわせるために、そののこぎりは竹製なんです。

あまりにも残酷なので、最後に恋人が一気に引き、首を飛ばすのです。

どうです。残酷でしょ。

その時僕は小学生だったのですが、あまりにも残酷だったので、しばらくそのシーンの恐怖の感覚が残っていた事を憶えています。

高知出身の僕としては、山之内一豊の妻や坂本竜馬なんかがとりあげられるので見るべきなのかもしれませんが、ドラマを見る習慣がない僕には、とても1年間も見続けることは耐えられません。

ということで、今度の会合では決して大河ドラマの話題は上らないと思いますので、ご安心ください。

投稿: getsmart0086 | 2010.01.23 16:44

ぷく先輩、コメント感謝です。

>私も大河ドラマは観ていません。というか、そもそもドラマを観ないので(海外ドラマは別)なにも言いようがありません。

そうスか・・
あたしもドラマ観なくなってどのくらい経つのかわからないくらいですが。

>だから2時間ドラマはよく観ます。(なんだそりゃ)

それは混浴露天風呂シリーズですね。(決めつけ)
今は2時間ドラマすら観なくなりました・・

JTさん、コメント感謝です。

>大河ドラマで1年通して見たのは、2004年「新選組」だけです。
>脚本が三谷幸喜だったので見てました。

あ、なるほど。
大河ドラマに三谷幸喜脚本ってのもNHKにしては冒険な感じですね。
三谷作品も全然観てませんが、「古畑任三郎」はたま~に観てました。

>あ、6年ぶりに大河ドラマ「龍馬伝」みてます。幕末ものが好きなのかな。

やはり「龍馬伝」、人気が高いですね。
観たほうがいいのだろうか・・(不安)

ゲッツさんこんばんは。
意外にみなさんの視聴率が高くないですね。

>それは「黄金の日日」です。

これはタイトルは覚えてますが、誰を扱った作品なのかは知りませんでした。

>どうです。残酷でしょ。

うーん・・よく放送しましたね。
今だったら抗議を恐れて局側で自粛しそうな描写だなぁ・・

>高知出身の僕としては、山之内一豊の妻や坂本竜馬なんかがとりあげられるので見るべきなのかもしれませんが、ドラマを見る習慣がない僕には、とても1年間も見続けることは耐えられません。

たぶん高知出身の人はみんな「龍馬伝」は観てるんだろうなと思ってましたが、そうでもないのかな?
まああたしも「北の国から」を観てないですけど・・(関係ないか)

投稿: SYUNJI | 2010.01.23 18:47

大河ドラマの話だーっ!!

>見ていない理由は、昔から家族全員が歴史ものに興味がなかったためである。

家族の影響というのは大きいですね。
ウチは父が必ず見てました。
私は歴史ものが好きだから見ていたわけではなく、大河ドラマを見たせいで歴史が好きになったという感じです(好きな時代は偏ってますが)。

>みなさまが一番印象に残っている作品など教えていただけたらと思います。

shine『新選組!』shineですっっっ!
これで人生変わりました(大袈裟)。
子供の頃は大河大好きだったんですが、その後洋物にかぶれ(^^;)、大河全く見なくなりました……。
三谷幸喜作品という事で久々に見、ハマり、それからは大河ファンに戻り、なんだか日本が大好きになっちゃって現在に至ります。
ちなみに生まれて初めてテレビを見て泣いたのは getsmart0086さんも触れている『黄金の日日』です。

投稿: YAGI節 | 2010.01.23 20:06

SYUNJIさん、こんばんは。
大河ドラマは父親が見ていましたので、子供の頃は
よく見ましたが、それ以降はほとんど見ていません。
「篤姫」は話題になりましたので、後半を見ました。
ただいま、妻が「龍馬伝」に夢中ですので、私も
となりで、こうやってブログにコメントをつけながら
ちらちらと見ています。

>>当時の上司が飲み会の席で「あんな配役はダメだ!」と
>>吐き捨てるように言い

これなのですが、私の父親が全く同じことを言います。
どうも、昔の大河ドラマは「重厚な俳優」でしめられていた
と思っているようなのです。確かに現在は「重厚な俳優」
になっている人が多いと思いますが、放送当時は
どうだったでしょうか。。。。

>>若者受けを意識した配役が目立つようになった。

「天地人」などはイケメン俳優の品評会のような気がして
なりません。どうせなら、萌え系女優をずらりとそろえて
もらえないでしょうか。

投稿: モンスリー | 2010.01.23 20:44

YAGI節さんこんばんは。
YAGI節さんは必ずご覧になっていると思っていました。

>家族の影響というのは大きいですね。
>ウチは父が必ず見てました。

やはりそうでしたか。
我が家はとにかく時代もの歴史ものを観る習慣は全くなかったです。

>shine『新選組!』shineですっっっ!
>これで人生変わりました(大袈裟)。

やっぱり(笑)。

>三谷幸喜作品という事で久々に見、ハマり、それからは大河ファンに戻り、なんだか日本が大好きになっちゃって現在に至ります。

あれ?大河ドラマをずうっとご覧になっていたわけではないんですか?
でもYAGI節さんを大河に戻した三谷作品もやはりすごいチカラだったということですね。

モンスリーさん、コメント感謝です。
今回みなさんの挙げる番組がわりと重なりますね。
我が家はやはり誰も「龍馬伝」観てません・・

>どうも、昔の大河ドラマは「重厚な俳優」でしめられていたと思っているようなのです。

うーん・・昔は確かにそうだったんでしょうね。
当時の上司はとにかく桜田淳子のめご姫がダメだという主張でしたが・・

>どうせなら、萌え系女優をずらりとそろえてもらえないでしょうか。

そうだなぁ・・
自分の場合、好きな女優がたくさん出演するとたぶんストーリーなんか追わないと思います。

投稿: SYUNJI | 2010.01.23 22:12

こんばんは~。
「大河ドラマをまったく見ていない」だなんて、またSYUNJIさん
マジョリティを敵に回すような発言を!…と思いきや、
コメント欄拝見すると、意外に「見てない」人が多いんですね~!
やっぱりここに出入りする人って少々偏…いや、なんでもないです。
そういう私も、大河ドラマほとんど見てません。(見てないのかよ)
実家の父は「大河ドラマは初回から1シリーズも見逃したことがない」のがご自慢の
典型的な昭和のお父さんだったんですが…、私は見てなかったですね。
でも、1シリーズだけ、ハマって欠かさず見ていたのが、
中井貴一が主演した88年の「武田信玄」。どうしてハマったんだろう…
武田信玄がわりと好きなのと、基本的に山岳地帯がけっこう好きだからかなあ。
中井貴一にはあまり興味なかったけど、
脇を固める俳優陣がえらい豪華で(大河はおおむねそうですが)、
児玉清のあまりのカッコよさにシビレまくってました。
山本勘助役の西田敏行もカッコよかったなあ。
またちょっと見てみたいかも…。

投稿: moonlightdrive | 2010.01.24 02:20

moonlightdrive姉さん、コメントありがとうございます。
あたしもみなさんの視聴率の低さにちょっと驚いています。

>やっぱりここに出入りする人って少々偏…いや、なんでもないです。
>そういう私も、大河ドラマほとんど見てません。(見てないのかよ)

なんだ、姉さんも少々偏・・いや、なんでもありません。
まあ欠かさず観てる方からすれば、こんなBLOGあきれて相手にもしたくないとは思いますが・・

>中井貴一が主演した88年の「武田信玄」。どうしてハマったんだろう…

へぇーそうだったんですか。
でも「武田信玄」は平均視聴率も歴代1位だそうですので、いい作品だったんでしょうね。
あたしの場合、中井貴一だとどうしても「仲手川くん」「カッパとたぬき」しか思い浮かばないんですけど・・

投稿: SYUNJI | 2010.01.24 09:55

> あたしもみなさんの視聴率の低さにちょっと驚いています。

いやいや、私らの世代で毎年欠かさず観ているというほうが○○(自主規制)では?
私も観ませんよ。最近の、時代劇慣れしていないキャストによる時代劇なんか、観たいとも思いません。

ただ、そんな私も、子供のころは観ていたことがある。上でも触れられていますが、「黄金の日日」。川谷卓三のシーンはえぐかった・・・

投稿: ルドルフ | 2010.01.24 15:11

SYUNJIさん、お邪魔します。

大河ドラマ、実家生活の時は父親がチャンネル権を持っていた&私自身が歴史好きなこともあって、けっこう見ていた方ですが、家を出てからはほとんど見なくなりました。この10数年は、ヒマな時に単発で見る程度ですね。

見なくなったのは、原作となった小説を読んでいる事が多いので「その映像化かよ!主演は○○かよ~合わねぇよ!」と、否定的な勝手な思い込みも多分に影響しています。
大河自体、話題作り?から若手俳優を使う近年は、ますます魅力が無くなってきた気がします・・・。

個人的に「独眼竜政宗」の渡辺謙が印象深く残っています。

投稿: Junk | 2010.01.24 18:32

ども、SYUNJIさん。

自分、TVスクランブルが好きでした。
最後に海岸線を日本一周するんだとかで飛行機で映していたりしていましたよね。
地図帳大好き男としては大好きな企画でした。

私は歴史が好きですが、さすがに一年を通して見るということは出来ません。
やはり、「リアル」ではないと言うのに行き着くような気がします、、。

それから、、自分はどうしても「三国志」派なんで、日本の歴史は三国志ほどには入れ込めない感じです。中国の春秋戦国時代もいいかもです。
後、ローマとかカルタゴとかだと燃えるかもしれません。

後、なんだかんだでドラマは時間の無駄だと思います、、、。
特に朝の連続テレビ小説、、、。
まったくの時間の無駄。
だったら、世界の名作でも読め、、、、、。

投稿: だいまつ | 2010.01.24 20:02

同世代代表ルドルフさん、コメント感謝です。

>いやいや、私らの世代で毎年欠かさず観ているというほうが○○(自主規制)では?

そうかぁ・・
みなさん思ったほど観てないんですね。
あたしゃ今度こそ叱られると思ってたんですが・・

>上でも触れられていますが、「黄金の日日」。

なるほど・・意外に観ていた作品も共通してる感じですね。
時代物でも切腹とかガイコツで酒飲むとかグロい描写があるもんなぁ・・

Junkさんこんばんは。

>この10数年は、ヒマな時に単発で見る程度ですね。

そうスか・・
だいぶ気がラクになってきましたよ。(単純)

>大河自体、話題作り?から若手俳優を使う近年は、ますます魅力が無くなってきた気がします・・・。

そのようですね。
ただ宮崎あおいは比較的評判が良かったと聞いていますが・・

>個人的に「独眼竜政宗」の渡辺謙が印象深く残っています。

あたしは観てないのに桜田淳子の刷り込みだけが残ってしまいました。

だいまつさん、コメント感謝です。

>最後に海岸線を日本一周するんだとかで飛行機で映していたりしていましたよね。

そうそう、あたしもこの空撮シリーズは好きでした。

>自分はどうしても「三国志」派なんで、日本の歴史は三国志ほどには入れ込めない感じです。

なるほど。
でもネタがなくなってそのうち三国志も大河ドラマで採り上げるかもしれませんね。

>特に朝の連続テレビ小説、、、。

これは大河以上に観てないですね。
まだ現代劇もありだからネタ枯渇の心配は大河よりなさそうですけど。

投稿: SYUNJI | 2010.01.24 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/47367135

この記事へのトラックバック一覧です: 見ていない 第27回 大河ドラマ:

« 聴いてみた 第71回 U.K. | トップページ | 食べてみた 第12回 「黄金の塩らぁ麺 Ayumi」 »