« 行ってみた 第13回 京都 実相院・大徳寺・鷹ヶ峰 | トップページ | 行ってみた 第15回 京都 泉涌寺・南禅寺・京都タワー »

行ってみた 第14回 京都 善峯寺・光明寺・長岡天満宮

京都紅葉の旅の2日目、この日は京都市内には行かず、郊外の大原野というところに行く計画です。
目的地は勝持寺・大原野神社です。
まず阪急東向日駅からバスで大原野方面に向かうことにしました。

65系統が大原野方面ということでバスに乗りましたが、調べていた発車時刻よりも早くバスが動き出しました。
変だなと思って行き先を見ると、「JR向日町駅」となっています。
65系統は合っていましたが、方向が逆だったのです。
気づいた時にはすでに遅く、バスは2分くらいで終点のJR向日町駅に着いてしまいました。
ここからの大原野方面行きのバスは45分後です。しまった・・・
あまりこういう間違いはしないほうですが、駅前でしばし呆然。
濁った目でバス停に目を向けると、別の場所にある善峯寺行きのバスが停まっており、こっちはすぐに出発するようです。
やむを得ず急遽行き先を変更し、善峯寺に向かうことにしました。

結果的にはこの投げやり判断は正解でした。
というのも善峯寺行きのバスはJR向日町駅が始発です。
次のバス停である阪急東向日駅ではすでに善峯寺を目指す観光客が行列しており、ここからでは座っていくことは不可能でした。
行き先を間違えたおかげで、始発のバスに乗れて座っていくことができた、というわけです。

混雑したバスで立っていくことなど京都観光ではいくらでも経験します。
が、善峯寺までは山道もあり、また道路も渋滞していて、結局1時間近くバスに乗っていたので、やはり座れたのは非常にラッキーでした。

Yosiminedera1

Yosiminedera3

善峯寺はバス停から階段や坂道をかなり登った山の上にあります。
標高が京都市内よりも高いせいか、紅葉の色もやや赤く感じます。
ただそれでもやはり時期としては若干早かったようで、まだ青いもみじもたくさん残っています。
もしかしてもみじの品種が違うのか?

Yosiminedera2

Yosiminedera4

この日あまり天気はよくなかったのですが、晴れていれば京都市内まで見渡せる好展望地です。
肉眼でも京都タワーや東寺はよくわかります。
ここは枝垂れ桜で有名だそうですが、桜の時期はもっと混雑しそうです。

Yosiminedera5

善峯寺できつい上り下りにぐらぐらしながら歩いていると、元気なおばあちゃんが話しかけてきました。
90歳を超えているとの告白に驚愕しました。
言葉もしっかりしていて、どう見ても70歳くらいにしか見えません。
おばあちゃんによるとアロエをすりおろしたものを毎日飲んでるそうで、それが若さの秘訣のようです。
握手してもらいましたが、90歳を超えた老人の握力とは思えないほど強い力でした。

午後は長岡京市にある光明寺に行ってみました。
ここも京都市内ではない隠れた紅葉の名所とのことですが、長岡天神駅から臨時バスも出ているので、あんまし隠れてもいないようです。
バスは駅からしばらく田園風景を走り、10分くらいで光明寺に着きました。

Komyoji1

Komyoji2

参道や本堂手前の紅葉は見事でした。
今回の旅で一番赤かったのはここだったと思います。
寺には白砂の庭もあり、境内は思ったより広く見応えがあります。
参道は行きと帰りでルートが少し違うので、紅葉も風景が変わって二度楽しめます。

Komyoji3

Komyoji4

Komyoji5

長岡天満宮にも行ってみました。
桜とキリシマツツジで有名な神社で、一度来てみたかったところです。
が、もみじはあまりなく、ここだけは人もほとんどいませんでした。

Tenmangu1

Tenmangu2

雨が降り始めたので、この日の紅葉観光は切り上げて大阪に戻ることにしました。
なんばをうろうろしているうちにたどりついたのが「なんばパークス」。
なんとなく横浜のららぽーととか錦糸町オリナスのような雰囲気です。
ここはその昔大阪球場があった場所ですが、すでに球場は跡形もなく、オシャレなショッピングゾーンに変貌していました。

夕食はせっかく大阪なんやから粉モンを・・とも一瞬考えましたが、かなり歩いていて探すのもおっくうになっていたので、「なんばパークス」内の京風茶漬け屋「金の穂銀の水」で食べました。
目の前にあったんで飛び込みで入ったのですが、いろいろな味の茶漬けが楽しめてうまかったです。
ちなみに「なんばパークス」、各階通路に外を眺めることができる椅子があるのですが、数が少なくてほとんどの階で埋まっていました。
今後の高齢化社会に向けて、関係者の方に再考をお願いしたいところです。(虚弱体質)

さてこの日はモンスリー師匠と2年ぶりの再会です。
二人とも酒を飲まないので、梅田の地下街の甘味処で抹茶と菓子を食いながら談笑という、毎度のことながらシニアな展開になりました。
今回もモンスリーさんはあたしの「聴いてないアーチスト」をよく覚えていて、いろいろ説明してくれました。
また昨年ぷく先輩と衝撃の邂逅を果たした時の印象を、沈痛な面もちで低い声で語っていました。(相当脚色)

というわけで、旅はもう1日続きます。

|

« 行ってみた 第13回 京都 実相院・大徳寺・鷹ヶ峰 | トップページ | 行ってみた 第15回 京都 泉涌寺・南禅寺・京都タワー »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
>>65系統は合っていましたが、方向が逆だったのです。

いやはや、よくあることだと思います。私も9月に
青春18きっぷの鈍行旅行で、乗り継ぎを間違えて
しまい、2時間ロスしてえらい目に遭いました(笑)

さて、
>>善峯寺

全く知らないお寺ですが、さすが京都、写真で拝見して
もとても立派な造りですね。
一方の光明寺ですが、妻が毎年紅葉の撮影に行きます
ので私も知っておりました。写真で拝見しても、
あいにくの曇り空&寒空にもかかわらず、とても
きれいですね。

梅田では、2年前と同じところで失礼いたしました。あそ
こは割と静かで梅田の中ではありがたいのです(←言い訳)。

>>沈痛な面もちで低い声で語っていました

それは脚色しすぎです(^^;)。SYUNJIさん、ぷくちゃんさん、
一度全員集合したいですね!

投稿: モンスリー | 2009.12.06 22:22

モンスリーさん、今年もお世話になりました。(早い)
電車やバスの乗り継ぎをしくじると予定が変わってしまい、旅先できぃー!!となって夫婦仲にも影響するんで、事前にくどいくらい調べていくのですが、今回は見事に間違えました。

>一方の光明寺ですが、妻が毎年紅葉の撮影に行きますので私も知っておりました。

そうですか!
実は善峯寺のほうは以前から知っていて、光明寺は今回初めて知りました。
光明寺があんなに紅葉がきれいな寺だとは思いませんでした。
善峯寺も実はずっと行きたいとは思っていたのですが、ものすごく山奥にあって見物は1日がかりだからダメだろうと勝手に考えていました。
今回行けてよかったです。

>あそこは割と静かで梅田の中ではありがたいのです(←言い訳)。

いや、あそこの店は確かに静かでありがたいですよ。
ぷく先輩ならお汁粉は3杯くらい大丈夫ですから、次回の集合場所もあの店でOKです。(強行採決)

投稿: SYUNJI | 2009.12.06 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/46944814

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第14回 京都 善峯寺・光明寺・長岡天満宮:

« 行ってみた 第13回 京都 実相院・大徳寺・鷹ヶ峰 | トップページ | 行ってみた 第15回 京都 泉涌寺・南禅寺・京都タワー »