« 食べてみた 第10回 ラーメン「ささやん」 | トップページ | 聴いてみた 第70回 レッド・ツェッペリン「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」 »

聴いてない 第138回 スティクス(70年代)

先日「タモリ倶楽部」を見ていて、ビートルズのリマスター盤を聴くという企画に近田春夫と萩原健太がゲスト出演してましたが、番組の中身よりもこの二人の体の大きさの違いに驚いてしまったSYUNJIといいます。
萩原健太ってあんなに大きな人だったんスね・・

インターネットが普及してから、昔の洋楽についていろんなことを知るようになった。
スティクスやジャーニーのことを「アメリカン・ハード・プログレ」などと紹介している文章をネットで見つけて、たいそう驚いたものだ。
どちらのバンドも70年代から存在していたが、80年代に彼らをプログレと紹介するような雑誌記事は読んだことがない。

さて、スティクスである。
そのプログレだったらしい70年代のアルバムは全然聴いてない。
いくつか曲は知っているが、それはライブで聴いたものだ。
79年の作品「Cornerstone」はCDを持っているが、ヒットしたのは80年になってからである。
80年代のアルバムも「Paradise Theater」しか聴いていない。
「Caught In The Act」も聴いたが、これはライブ盤である。
他に「烈風」というタイトルのベスト盤を聴いたが、これは日本の企画盤のようだ。

そんなわけで大して聴いてはいないが、80年代当時は人気もあり雑誌にもよく載っていたので、メンバーの名前も全員覚えている。
当時のメンバーはチャックとジョンのパノッゾ兄弟、デニス・デ・ヤング、ジェイムス・ヤング、トミー・ショウである。

80年代のスティクスは、リーダーはもちろんデニスだったが、バンドの命運を握っていたのは実はトミー・ショウだった。
トミーは他のメンバーよりも後でバンドに加入したため、引け目を感じていたことも多かったらしい。
なんだか小学校の転校生のような感じだが、実際トミーの引け目感覚は、バンド脱退直前にはデニスに対する不満に変わっていったようだ。

ソロアルバム発売後の雑誌記事では、トミーは「スティクスはデニスのバンド。自分の意見は通らない」といった不満をこぼしていた。
さらにライブアルバム「Caught In The Act」には1曲だけスタジオ録音の「Music Time」が収録されているが、トミーはこの曲の収録には大反対だった。
「自分はギターも弾いておらず、コーラスに参加しているだけ。これをバンドのシングルとして発売し、アルバムにも収録するのはイヤだった」というのがトミーの主張である。

結局ソロ活動の後、トミーはダム・ヤンキーズに参加し、スティクスはいったん解散してしまう。
解散後、トミーとデニスはアメリカのどこかの空港で偶然会うことがあったが、軽い挨拶程度で別れてしまったそうだ。
「もう全然いっしょに活動しようという気持ちも起こらなかった」らしい。
こういう情報はとても好きだったので(変?)、今でもよく覚えているのである。
ちなみにトミーはMSファンクというバンドを脱退してスティクスに加入したのだが、トミーの後にMSファンクに加入したのはファーギー・フレデリクセンだそうだ。

その後のスティクスはデニスが脱退したり再結成したり、ジョンが亡くなったりといった紆余曲折があり、2005年くらいまではメンバーが変わりつつシングルを発表している。
デニスは自分のいないスティクスなど存在しないという主張のもと、訴訟を起こしたりしたらしい。

80年代というのは様々な意味でミュージシャンが多様化していった時期だったと思う。
ポップなスティクスが実は70年代はプログレをやっていました、というのも自分のようなミーハーな素人リスナーからすると驚きではあるが、そんな話は80年代には他にもけっこうあったのだった。
ジャーニーはよくわからないが、少なくともイエスジェネシスもエイジアも、はたまたレインボーホワイトスネイクもみーんなチャートを意識した音作りに戦略をシフトしてきたのだ。

スティクスについても、象徴的な話がある。
これも「Paradise Theater」の頃のミュージックライフの記事での話だが、当時この雑誌で人気が高いのはクイーンであることを知り、「OK、打倒クイーン!」と宣言していた。
少なくとも彼らは日本での人気とギャラに気を良くしていて、喜んでポップな曲を作り、喜んでインタビューに応じていたのだ。

そんなポップな時代のアルバムでよく聴いたのが「Cornerstone」である。
デニスとトミーのバランスがほどよくとれていて、どちらの作品にも名曲がある。
「Babe」「Boat On The River」が有名だが、デニスの「First Time」やトミーの「Lights」が好きだ。
トミー自身もソロになってからのインタビューで、このアルバムの頃がもっとも充実していたと発言している。

70年代の曲はライブで歌われる「Crystal Ball」「Come Sail Away」「Blue Color Man」「The Grand Illusion」くらいしか知らないのだが、いずれもトミー加入後のものだ。
デビュー当時はいかにもプログレな長大曲もたくさん作っていたそうだが、あまり想像がつかない。
おそらく聴いてもなじめない可能性は非常に高いのだが、どこかで聴いておかねばならないような変な義務感にも似た感覚があったりもしているので、ご指導いただければと思います。

|

« 食べてみた 第10回 ラーメン「ささやん」 | トップページ | 聴いてみた 第70回 レッド・ツェッペリン「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」 »

コメント

トミー加入後のSTYXは、ドモアリガットまでとりあえず聴いているルドルフです。

そうですねー、「コーナーストーン」がお好きなら、「クリスタル・ボール」「グランド・イリュージョン」「ピーシズ・オブ・エイト」の3枚はどれを聴いても外さないと思いますよ。ただ、強いてあげるなら、「グランド・イリュージョン」ですかねー。「カム・セイル・アウェイ」入ってるし。
アルバムの構成が「パラダイス・シアター」っぽく、トータルアルバムになっているし。私の場合、「パラダイス~」よりもコチラのほうが好きだったりします。

そういえば、昔STYXの記事書いたな。あとでTBしておきますわ。

投稿: ルドルフ | 2009.09.27 10:32

ルドルフさん、コメントドモアリガットです。(スベった・・)
実はルドフィーBLOGのトップの背景がスティクスだということに気づいていました。(みんな気づいてる?)

>「クリスタル・ボール」「グランド・イリュージョン」「ピーシズ・オブ・エイト」の3枚はどれを聴いても外さないと思いますよ。

そうですか、それは安心。
「グランド・イリュージョン」はシングルはけっこう好きですね。
ただトミー前のアルバムはかなり雰囲気違うという話なので、そっちは苦戦しそうな感じもしてますが・・

>私の場合、「パラダイス~」よりもコチラのほうが好きだったりします。

なるほど・・
あたしの場合、「パラダイス・シアター」のやや盛り過ぎ感よりも「コーナーストーン」のほうが好きだったりしますが。
そういや元同僚でキルロイというハンドルを使うヤツがいました。
(見た目がジャケットの仏像?だった)

投稿: SYUNJI | 2009.09.27 17:49

SYUNJIさん、こんばんは。
トミー・ショウとトム・ペティは似ていると勝手に
思いこんでいた時期があります。
さて、スティックスの70年代ということですが、
このバンド自体、ベスト盤しか聞いていませんので、
どれが70年代の曲なのかよくわかりません。
ですが、「ベイブ」とか「カム・セイル・アウェイ」
は70年代の曲だったのですね、SYUNJIさんの
記事で知りました。スティックスではこの2曲が
好きです。
あと、スティックスもアルバムではコーラスを多様
していますが、残念ながら私が唯一聞いた再結成後の
ライブ盤では、あまり披露していませんでした。

>>80年代というのは様々な意味でミュージシャンが多様化
>>していった時期だったと思う。
>>ポップなスティクスが実は70年代はプログレをやっていました、

70年代から80年代に、うまく転換できたミュージシャンが
80年代を乗り切った、ということもできるかもしれません。
プログレ勢の場合、ピンク・フロイドはうまくなじめず、
いきなりダンスミュージック(「ロンリー・ハート」)
で勝負したイエスはしぶとく生き残りましたし。

ところで「ポップ・ベティ・ハウス」のOPが
ユーチューブにあるとは、驚きでした。あの女性こそ、
ほぼ毎日(月~金)みていたVJのクッキーです。

投稿: モンスリー | 2009.09.27 20:51

モンスリーさん、コメント感謝です。

>トミー・ショウとトム・ペティは似ていると勝手に思いこんでいた時期があります。

それは意外な組み合わせ・・
二人とも金髪で歯が多少出てますけど、トミーのほうが男前ではないかと・・

>このバンド自体、ベスト盤しか聞いていませんので、どれが70年代の曲なのかよくわかりません。

ええ~そうなんですか?
モンスリーさんならきっとプログレ時代を聴いておられるんじゃないかと思っていたのですが・・

>プログレ勢の場合、ピンク・フロイドはうまくなじめず、いきなりダンスミュージック(「ロンリー・ハート」)で勝負したイエスはしぶとく生き残りましたし。

フロイドは「Another Brick In The Wall Part2」でチャートには登場してましたよね。
ただ中身はプログレのままだったようですが・・
イエスはダンスに転向して成功ですか・・誰のアイディアだったんだろう?

>ところで「ポップ・ベティ・ハウス」のOPがユーチューブにあるとは、驚きでした。

関西で録画していた方がいたということですね。
それだけ人気があったんでしょうね。
ネットで調べるとけっこう情報が見つかりますよ。
クッキーさんはギリシャの人だそうです。

投稿: SYUNJI | 2009.09.27 21:54

私も、ルドルフさんの、BLOGのトップの背景がスティクスだということに気づいていましたよ~
「クリスタル・ボール」「グランド・イリュージョン」「ピーシズ・オブ・エイト」はおすすめです♪♪
トミー加入前のアルバム、数年位前に買ってみましたが、悪くはないけど、なかなか馴染めないでいます。

「アメリカン・ハード・プログレ」と言われていたのには、私もホント、びっくりしました!!

投稿: はまっこ | 2009.09.28 14:38

はまっこさん、こんばんは。

>私も、ルドルフさんの、BLOGのトップの背景がスティクスだということに気づいていましたよ~

そうですか・・
意外に誰も気づいてないんじゃないかと思ってましたが、見ればまあわかりますよね。

>トミー加入前のアルバム、数年位前に買ってみましたが、悪くはないけど、なかなか馴染めないでいます。

うーん、やはりそうですか。
ハード・プログレ、たぶん自分もなじめないんだろうなぁ・・
ムリせずおすすめの3枚から聴いたほうが良さそうですね。

投稿: SYUNJI | 2009.09.29 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/46321157

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第138回 スティクス(70年代):

» スティックス「パラダイス・シアター」について聞きたい [POP'nBlog]
スティックス――日本語で表記するとちょっと間抜けな感じがするけど、当ブログは「アーティスト名はカタカナ」を基本にしているので仕方がないですね。もちろん、英語で表記するとStyxであり、決してSticksではないのであしからず(当たり前だ)。 私ルドルフは、1970年代....... [続きを読む]

受信: 2009.09.28 10:32

« 食べてみた 第10回 ラーメン「ささやん」 | トップページ | 聴いてみた 第70回 レッド・ツェッペリン「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」 »